« 2013年6月30日 忙しい日曜日です | トップページ | 普通の韓国を探して4351 武橋洞は夜の町 »

2013年6月30日 (日)

普通の韓国を探して4350 경남 함양군 안위면 당본리

311

  安義面の中心地は堂本里という町、そこに小さなターミナルと数十の商店が集まっていて、初等学校、面事務所などもあります。名物のカルビタンを食べた後はバスの時間まで腹ごなしに町を歩いてみました。ビルはほとんど無く、平屋の韓屋ばかりです。


312

 メインの旧国道から離れないように考えつつ裏通りを歩きます。静か静か。


313

 前の写真の少し先、右手に見えたお宅。納屋のような開け放たれた小屋で何かを煮ています。旧来のかまどのようです。右に積まれた古材はその燃料のようでした。


315

 こちらがその家なのですが、食堂のようです。ソウルではこんな食堂、見かけませんよね。お客さんの話し声が聞かれましたが、何の食堂かな?と思って通り過ぎると次の写真。


314

 「コルモク食堂」という食堂で、すだれのかかった場所が入り口のようです。次の社いsんの左に写っている看板でわかったのですが、補身湯(四季湯)が売り物の食堂のよう。あとは、参鶏湯という文字も読めました。

 韓国どこでもケコギは食べられますが、こんな田舎の小さな町にもちゃんと補身湯の専門店があるとは、、、 カルビタンはまぁ、美味しかったけど牛のあばら骨のスープです。最近食べていなかったケコギ、こんな田舎の、あまり知られていないであろう食堂で食べるのも一興だったかな?と思いました。バイクのアジョシは電話中かな?


316

 その先、安義本通りの方へ曲がると古い農協の倉庫。日本も韓国も一緒ですが、収穫した米を納める倉庫、駅の前、田舎の町、どこでも見かけます。日本同様、最近はトラックですぐに出荷してしまうのか、あまり使われていないのが大部分です。大きな鉄の扉に消えかけた農協のマーク。なかなか風情がある写真だと思いませんか?

|

« 2013年6月30日 忙しい日曜日です | トップページ | 普通の韓国を探して4351 武橋洞は夜の町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/57695344

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4350 경남 함양군 안위면 당본리 :

« 2013年6月30日 忙しい日曜日です | トップページ | 普通の韓国を探して4351 武橋洞は夜の町 »