« 普通の韓国を探して4362 安義面堂本里5 | トップページ | 普通の韓国を探して4364 거창市外バスターミナル »

2013年7月 6日 (土)

普通の韓国を探して4363 案外ゴミの処分に関しては厳しい韓国

5311


 「あ、牛の骨だ」と思って何気なく撮った写真ですが、置いてある場所、下にあるポリタンクの記載から、へぇ~と、あとで気づいた1枚です。

 場所は何度も紹介してる麻浦のマポオクのビルの南側、細い通りに面した場所。骨髄が抜けて皮質骨だけになった牛の骨です。

 昔、本町市場にあった肉屋で牛の骨を1本買い、ソルロンタンを作ったことがあります。骨代は100円、でも切るのにもお金がかかりました。いちばん大きな鍋にも入りきらない量だった記憶があります。でも、韓国ではけっこうどこでも牛の骨、売っています。大抵は切ってあったり、頼んで切ってもらうのもあるのでしょう。けっこういい値段がついています。

 と、「牛の骨」の写真のつもりだったのですが、今回下の白いポリ容器に書いてある文字を拡大して読んだら「動物性油脂」とあります。それに、これ、荷物専用のエレベータであるのに気づきました。しっかりしたフレームに、上には引き上げる鎖がついています。2階にあるマポオクの厨房から、店と階段を通らずに骨、掬い取った不要な脂などを外へ持っていくための簡易エレベータなのでした。

 何度か書いていますがゴミの分別に関してはかなり前からきっちり厳しい韓国、こういう店舗からの廃棄物も専門の業者が引き取って処分しているのでしょう。犬が持ってかないように、蓋のできるタンク、そして骨は上に、ってしているのでしょう。やはりマポオク、「ちゃんとした店」なんだなぁって感じた一件です。

|

« 普通の韓国を探して4362 安義面堂本里5 | トップページ | 普通の韓国を探して4364 거창市外バスターミナル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/57733001

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4363 案外ゴミの処分に関しては厳しい韓国:

« 普通の韓国を探して4362 安義面堂本里5 | トップページ | 普通の韓国を探して4364 거창市外バスターミナル »