« 普通の韓国を探して4382 ソウル 乙支路の夕刻 | トップページ | 普通の韓国を探して4384 忠北洪城郡西部面梨湖里の農協 »

2013年7月26日 (金)

普通の韓国を探して4383 慶南咸陽郡西上面大南里市外バスターミナル

377


 安義面の中心地堂本里でカルビタンを食べて町をぐるぐる歩いた後はソウル行きの高速バス、というか主に高速道路を走る市外バスに乗りました。安義から中くらいの川に沿って上ります。けっこう観光地になっているようで岩のごろごろした川のそばには駐車場を備えた食堂なんかもけっこうあります。地図を見ると東湖亭、君子亭、居然亭なんて赤い名所の表示がありました。徳裕山の山麓、学者先生が住んでいたとか、そんななのかもしれません。

 さて、直行と記されたバスでしたが、そのまま大田晋州高速道路に入るのかと思ったらインターが見えるとこを過ぎて小さな町に入りました。それがこの写真、西上面の中心地である大南里です。険しい山ではないですが、かなりの田舎。山一つ越えれば全羅北道の長水郡長渓です。韓国の地方のバスの便、そして高速道路、やはりすごいです。運転技士さんの過酷な労働のおかげでしょうが、安いし本数も多いし、かなりの田舎でもバスのネットはできています。一人バスを待つハルモニはどこへ行くのかな?

 この後、少し戻って高速道路へ。すぐに全北長水郡、ついこないだ行った感のある茂朱、錦山を経て大田で京釜高速に合流するまではほんとうにガラガラの道でした。「こんな山の中にまで」としばしば感じる韓国の高速道路網、作り過ぎの感さえもあるくらいに発達してきています。地図も毎年変わるのはしょうがないくらいに新しい高速が伸びています。

|

« 普通の韓国を探して4382 ソウル 乙支路の夕刻 | トップページ | 普通の韓国を探して4384 忠北洪城郡西部面梨湖里の農協 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/57865574

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4383 慶南咸陽郡西上面大南里市外バスターミナル:

« 普通の韓国を探して4382 ソウル 乙支路の夕刻 | トップページ | 普通の韓国を探して4384 忠北洪城郡西部面梨湖里の農協 »