« 普通の韓国を探して4439 タンゴル文化 | トップページ | 普通の韓国を探して4441 梨泰院は坂の町、そして過去の町? »

2013年9月14日 (土)

普通の韓国を探して4440 4号線チャンドン駅前のホットバー屋台

168

 ソウル地下鉄1号線と4号線が接続する倉洞駅です。道峰区になるのかな?ソウルに詳しい方はお気づきでしょうが、1号と4号、ソウル駅でも接続しています。1号線は市庁、鍾路から東大門、清涼里、そこから地上を走って石渓とかを経てこの倉洞へ。4号線はソウル系から退渓路の下を南大門市場、明洞、忠武路と走って東大門、そこで1号と交差して大学路からキルム、ミアサムゴリを経てこの倉洞へ来ます。ソウル駅、東大門、倉洞と3か所で交差するのですが、前にどっちが速いか、時刻表で比べてみました。そしたらやはり4号線のが確か早かった、そんなです。

 この辺では1号も4号も地上を走ります。1枚目、4号線の高架線の下、西側の出口です。


169

 出口と直行する通り。北方向。南側にはすぐ、Eマートがあります。


170

 その4号線高架下で繁盛していたのがこれ、ご夫婦でやっているホットバーの屋台です。学生さんかな?ごめんね。 何種類かの生地、魚のすり身をその場で器用にこねて棒にまとめて揚げて揚げたてを売っています。芥子とケチャップが置かれてて買ったのに好きなのをつけて食べておしまい。でも、かなり回転が良く、どんどんお客さんが来ます。

 魚肉練り製品、昔からあるオデンに使う「釜山魚ムク(ムク=動物植物の練り物)」はポピュラーですが、この10年くらいでどんどん出てきた「ホットバー」、韓国語だと「ハッバー」もなかなかの人気。昔ここでも南大門市場の中の屋台を紹介していますが、高速道路での休憩所でも、KRの駅でも、こちらは真空パックですが、しっかり韓国の軽食の一つとして定着した感があります。

171

 若い、すらっとしたカッコいい女性が立ち寄ってささっと食べて行ったり。とにかく、お客さんが途絶える時間が皆無、そんな風なうれっこ屋台でした。1本いくらなのでしょう?2000Wくらいかな?この時は食事の約束があり食べられませんでしたが、いつかきっと食べてみましょう。 サモニムは食べないけど一般庶民、学生にはありがたい韓国の屋台文化です。

 さぁて、忙しかった土曜日の仕事もおしまい。明日も仕事です。台風が来るって予報ですが、うちの連休、天気は大丈夫かな?まぁ、天候はどんな王様でも変えるわけにいかないこと、心配しないほうがいいでしょう。明日も仕事、がんばりましょう。

|

« 普通の韓国を探して4439 タンゴル文化 | トップページ | 普通の韓国を探して4441 梨泰院は坂の町、そして過去の町? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/58191124

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4440 4号線チャンドン駅前のホットバー屋台:

« 普通の韓国を探して4439 タンゴル文化 | トップページ | 普通の韓国を探して4441 梨泰院は坂の町、そして過去の町? »