« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月30日 (水)

2013年10月30日 昨日は英会話教室の後期初日

384


 おはようございます

 前に通っていたクラスの曜日が変わり、別のクラス、前よりも少しやさしいクラスに出ることにしました。英語の耳を作る、外国人と英語で話す、そんなのが目的ですのでケンチャナと言う所、初日は愉しく勉強することができました。

 ベトナムヘ行ってみたいということでスタートした英語。読めばわかるんですが、本当に言葉が出てきません。ついつい韓国語が混ざってしまう困った生徒です。言葉って、慣れが大事。しばらくまた続けてみようと思います。

 今日は休み。ちょっと出かけてみましょう。紅葉はもう始まっているかなぁ。写真は一昨年の矯正学会大会のときのもの。名古屋市の朝の風景です。水のある風景、いつもながら心が和みます。それじゃ、また。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4508 遊び心たっぷり

079

 6号線でしたっけ?緑沙坪駅です。最初のエスカレータは普通ですが、


080

 丸いドーム型の空間、いつも行く度におおっ!って感じてしまう駅です。


081

 忠武路駅が洞窟風だかは、昔からガイドブックでも出ていましたが、このノクサピョン駅、遊び心満点。


082

 無駄と思わず、やりたいことをやる、そんな韓国の人のデザインらしいなぁって思う駅です。

*一番近い道がベストとは限らない

*一番安いのを探す無駄な時間を他の楽しいことに使おう

 

 そんなふうに考える今日この頃です。さて、あと何回ご飯を食べられるのだろう?美味しいものを食べて「美味い!!!」って感じる食事をしたいものです。たとえミニ牛めしとかでも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

とうちゃんの自転車日記742 阿賀野川

003

 台風が遠くを通過した日曜日の写真です。国道49号を走り、あ、車で走り、道の駅なのかな?阿賀の里というドライブインというかお土産屋兼食堂みたいな場所へ行きました。初めて裏へ、川の方へ行ってみましたが、けっこう水量の多い阿賀野川で、ちょっと心が和みました。向こうに見えるのは高速道路の橋。ちょうど遊覧船が下ってきました。


004

 こちらは下流方向。遊覧船の船着き場かな?磐越西線三川駅のあたりに乗船場所があったはず。そこで観光バスを降りて、人は船でここへ。バスはバスで先に着いて運転手さんは休憩。お客さんはここに着いてお昼を食べて土産を買って、、、そんなふうになっているのだと思います。地元のもんには縁がない感じかなぁ。

 最近、郡山だの会津へ行くようになって気づきましたが、福島県内では阿賀野川ではなく阿賀川というみたい。新潟に入って阿賀野川になるようです。途中、車も人も行けそうもない「銚子の口」という急流、唯一磐越西線の汽車の窓から眺めることができます。新潟から会津若松への快速あがの号、なかなか利用価値がありますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4507 京釜線に沿って天安市を歩いた

141

 天安神社址を訪問したときの写真ですが、この1枚を撮れただけでも価値ある遠足でした。京釜線を渡る人道橋です。建物と建物の間、どれくらい利用されているのかわかりませんが、かなり古いものだと思います。


142

 割合新しいもののようですが、京釜線をくぐる道。


144

 塀の向こうは京釜線です。


145

 箒を撮りました。ずっと使われていないふう。ここ、バス停の小さなシュポみたいな場所です。


146

 右が京釜線。緩やかに左にカーブする場所に差し掛かりましたので南山公園はもうすぐのはずです。汽車で通る度にまた行きたいなぁと思って見ていた場所ですので。


147

 振り返っての風景。昔は何もなかった線路の向こう側はアパートになっています。この天安駅、古い地図で見るとソウル側の手前、長項線の分岐があったためかものすごい広さの空き地があったのです。長項線の電車化で今は線路も、通る場所も大きく変わりました。


148

 お年寄り用の電動車の店。新潟でも国道沿いなんかにありますが、中古がかなり出ています。使っていた人がいなくなる、そんな確率が高いものなんだよなぁ、、と一人で納得した記憶があります。


153

 これは再掲。天安の南山公園。かつての天安神社です。見直せば右手の2階建てももしかしたら古い建物なのかもしれません。天安の日本人町、また歩いてみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

2013年10月28日 写真になってじっくり見て気づいた事

001


 ちょっと間が空きました。もうひと頑張りで上がれます。

 これ、昨日の9時頃の写真なのですが、サンドイッチ(会社側の正式な呼び名はこれのよう)を置く場所=紙に印刷された手、となっているようです。受け取って、食べ終わって、片づけての間には気付かなかったこと、写真になって改めて気づくことがあるんですね。

 本題はまた別なんですが、これって、あると思いませんか?

 「ハンバーガー、最初の一口二口めは大きめにかぶりつくけど最後に近づくに従ってだんだん一口の量が小さくなる。」

 そこまで極端ではありませんが、例えて言うと最初の一口は2分の1、次はその残りのまた半分の4分の1、次は8分の1、次は16分の1、最後もまた16分の1。 私はそんななのです。 お腹がすいてる時に食べることが多いせいか、最初はもう、空腹に任せてがぶっと一口。次はちょっと小さくなるけどまだ大きめで二口め。これで約半分がなくなるけど、後半はだんだん一口に食べる量が小さくなり、最後はほんとに小さな一口でなくなるのを惜しみつつ食べ終える。こういうの、あると思いません?

 と、最後の仕事です。がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記741 郡山市内の旧街道、追分

088

 古い町、古い道が好きです。ウォーキングのテーマもそんなことを考えて決めることが多いのです。郡山駅まで高速バスで行き、目星をつけていた旧奥州街道を探しました。東北本線、旧国道4号線との間にあったこの道が多分旧街道です。


089

 北へ進みましょう。


091

 うん、当たり。石碑のある三叉路に出ます。左はまっすぐですので、割合新しく広げた小さい道、右が旧街道でしょう。


921

 緩やかにカーブしつつ北へ行く道です。昔からたくさんの人、馬なんかが歩いた東北地方の大事な道です。


093


094

 戻って石碑を見ます。左は会津へ行く道でした。同好の士も多いようで歩いて旧街道をめぐった報告などもあります。お金と時間がかかる趣味ですが、私も自分なりにこんな道、歩きたいと考えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4506 何もなくなった龍山駅前の一角

083

 地下鉄の出口です。これだけでは誰もどこだかわかりませんね。

841

 これでみんなわかるでしょう。新龍山駅です。大通りと駅前に入る道に囲まれた台形の一角、真中に直交する広めの道があり、横に2本くらいの並行する道が通っていて、ソウルを代表するHな街の一つでした。もちろん、そういう店だけではなく、スーパーも、カムジャタンだのの食堂も、軍装品の店もトーストの店もありましたが、道路を含め、全部が再開発のため、フェンスに囲まれています。


851

 同じ場所から見た国際ビル。相当古い、でもお金をかけたビルです。いくつもの企業、事務所が入っていて、朝暗いうちから煌々と明かりが点いているビルです。龍山駅前の再開発、香港資本だったか、話がこじれて頓挫だか、そんな話も聞いていますが、とにかく、街ごとぶっつぶしてでかいビル、広い道を作る、韓国の再開発は大胆です。

861

 駅へ行くにはちょっと戻ってぐるっと回らないといけません。フェンスの中が昔あった街です。





030

 駅へ入るエスカレータ。右手にも同じ規模のがありますし、昔は階段が七色に光る仕様でした。この新しい龍山駅ができたときは驚いたものです。自転車をそのまま乗せたアジョシがいたので撮ったのですが、よく見えませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4505 天安駅から京釜線に沿って南へ

133

 天安駅前です。ソウルから比較的近いこともあり、どんどん発展中、そんな地域です。


134

 多分、大学校の通学用シャトルバスの乗り場でしょう。有名大学の天安キャンパス、京釜高速から湖が見えるあたりにいくつもあったと思います。バックは塀かと思ったら無窮花号の客車かな。


135

 さて、駅前の通りを右へ行くとすぐ、市内バスのバス停があります。独立記念館へはここから乗ります。3分の1か4分の1くらいのバスは独立記念館に寄る感じですので、すぐに来ます。今回は南山公園が目的地、この道を南へ、線路に沿って歩きます。


136

 太極堂というお菓子やさん。1957年創業とありますので奨忠洞の店とは違うみたい。やはりくるみ菓子が売り物のようです。植物好きのご主人なんでしょう、鉢植えがたくさん。


137

 けっこう小さな丘があるようです、天安市内。


138

 地下水開発公社かと思ったら地下水開発工事かな?要は井戸掘りと井戸用のポンプ、パイプの店でしょう。名前は壮大、そんな感じ、韓国ではよくあります。「~ナラ(国)」とか、「~百貨店」とかね。


139

 「~ボルト}という店。ねじとかそんな工具関係のけっこう大きな店です。いわば「百貨店」かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

とうちゃんの自転車日記740 국토종주

277

 慶尚北道義城郡丹密面を走る地方道912号線、こんなふうに赤く塗られた自転車レーンが設けられていました。ばりばり走るサイクラーは車道を走っていましたが、ゆっくり楽しみたい人のためのこんな施設、思うにほんとうに速くできたという感じがします。18年間ソウルと地方を歩いていますが、90年代には、多くの本に書いてあるように、スポーツとしての自転車に乗る人口はほとんどいないと言っていいくらい少なかったのが韓国です。自転車=荷運びの手段、ということで良家の子女はあんなのには乗らない、そんな話もあり、自転車に乗れない大人が今も多いと聞いています。

 それが、2000年代になり、まだまだ中国製のなんちゃってMTBが多いことは多いですが、本格派の、かなりお金をかけた自転車に乗る人も激増しました。輸入の品物はかなり高い韓国なのに、、、高級フレームの自転車だけでなく、高い部品、用品もたくさん売られています。やはり「変化が速い韓国」、こんな点でも言えそうです。

 さて、自転車の絵とともに描かれた文字、「国土」はすぐにわかりましたが、종주はわかりません。後半の주は多分「走」という字、、、最初は一周というような意味で、「周走」なんて言葉があるかとも想像しましたが、ハングルがちょっと違います。「綜走」だとハングルは合ってるけど、そんな言葉あるのでしょうか?  結局帰国後小学館の辞書を引いたらば、なんと「縦走」でした。しかし、国土縦走ができる自転車道が完備してるとしたら、、、自転車道路についても日本は追い越されてしまっているのかもしれません。 「やるとなったら仕事が速い韓国」というのも当たっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 昨日今日と雨、自動車で出勤しています。

013


 おはようございます

 台風は幸いかなり遠くを通過してくれそうですが、昨日からずっと雨で、時折激しく降ります。いつも通り起きて、寝床でラジオをつけたら、地震と津波のニュースばかり、民放に変えたら通常の番組、大事が無くてよかったです。

 6時前に下へ行って、雨具を着て犬の散歩、そして朝食をとり出勤しました。午前はかなり忙しく、午後はちょっとゆったり。明日の休みを楽しみに働きましょう。

 写真は先日の休みに西山町のお寺へ行った時のもの。国道116号線新潟西バイパスからの写真です。一般道では珍しい制限速度80キロ。30数キロもの距離、信号が無いのも日本でトップクラスだか、そんな道です。 左が弥彦、右が角田山。弥彦は弥彦山と多宝山の双耳峰です。小学生の頃に切手集めをしていましたが、佐渡弥彦国定公園のやつ、ご存知の方おられますか?緑と水色の感じ。あの弥彦山の近くで人生の大半を過ごすことになるとは、あの頃は思いもしませんでした。

 晴れるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4504 尚州市中心部 伽耶ミルミョンへ

322

 この尚州、3回行って、けっこうじっくり歩いています。バスターミナル、尚州観光ホテルのある中心部、市庁だの女子中学校がある西側の町、尚州駅、南山公園と弓道場、日本家屋の残る中央市場、北川倭乱戦績地、大体つかめた感じです。


323

 これは何の店かな?と思ったら酒の問屋のよう。焼酎やマッコリを配送する会社のようです。慶北ですのでチャム焼酎なんでしょう。


324

 古い下水の蓋。残念ながら日帝時代のものではないでしょうけど、こういうのも好きです。



325

 流通のいい韓国、国土が狭いというのも理由の一つでしょうが、山の中でも海産物は豊富です。甘浦ふぐ屋なんて店がありました。看板はふぐとアンコウです。


326

 朝鮮時代の古いものを模倣して石を埋め込んだ塀。尚州初等学校の裏側です。


327

 そこで右折。ここでのお昼を楽しみにしてきた伽耶ミルミョンはもうすぐです。


328

 ありゃ、と思ったら伽耶ミル麺のすぐ手前、新しい道を作っていました。韓国、地方都市でもどんどん変わります。1年2年行っていないと、初めての人とおなじような感覚を味わうことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4503 ソウル濁酒の長寿マッコリ

086

 誰でも知ってる長寿マッコリ、ソウル濁酒という会社の製品で、1000Wちょっとで買える嬉しい酒です。運が良ければその日に瓶詰した、沈殿物ゼロのものも飲めたり、ソウルへ行く楽しみの一つです。これは梨泰院クラウンホテルの部屋ですが、2本、ちょっと蓋が違うのにお気づきでしょうか?

 ソウル市内に確か6つの醸造所があり、それぞれちょっとずつ違うという話を聞いています。


087

 2本の瓶、キャップも違っています。どっちがどっちだか忘れましたが、片方は道峰区倉2洞、スユリからちょっと行った牛耳3橋という橋のたもとにある倉洞醸造所のもの。ソウル旧市内で飲むとこれに当たる可能性が高いような気がしています。もう一つは中浪区の面牧洞だったか、そちらのものでした。

 往十里にあった配送所の写真、ここの古い記事にあったと思いますが、工場から市内の主な場所にある配送所に送られ、そこから各スーパー、コンビニ、飲食店などへ配達されるものと思われます。中には、私は○○醸造所のものが一番、なんて方もおられそうですが、私は日付が新しくて、冷えていればオーケー。夏でも冬でも美味しい長寿マッコリです。

  追記:長寿マッコリの工場、江東区、恩平区、永登浦区、城東区、中浪区、九老区、道峰区、合計7つでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

2013年10月25日 日帝時代にあった韓国の神社址

085


 2泊3日の旅行だと、大抵中の一日、地方へ出かけます。あまり遠いと交通機関に乗ってる時間ばかりが長くなるので困りますが、なかなかいいものです。少し前に2度目の訪問で天安の南山公園、旧天安神社址が大きく変わっていたこと、ここでも書きましたが、韓国の人たち、けっこうそういう歴史探訪が好きみたいで、ハングルでの検索でいろいろ出てきます。大きな都市の名前に신사(神社)をくっつけて検索すると面白いですよ。

 ソウルは南山公園と漢陽公園(標柱を前にアップ済み、南山ケーブルカーの駅周辺です)、全州神社は多佳公園、光州神社は光州公園、江陵神社は小さかったみたいですが、あの釜山の龍頭山公園も釜山神社の址なのでした。

 街中の一等地にあった日帝強接期の神社址、皆、日帝時代の痕跡を意識して消している、そんな感じですので、天安神社はまだまだ昔の様子が残っていたほうなのでしょう。90年代に見ることができたことを喜ぶしかありません。

 唯一、昔の面影が残っていそうなのが春川神社だそうです。移築かなにかで韓国式の建物を利用しただかで、場所は思ってたとおり世宗ホテルのあるあの山の中腹。今も当時の門だのそのまま残っているとか。もしかしたら石だのに何か刻まれてるのが残っていやしないか?この夏に行って来たばかりですが、またちょっと行ってみたくなりました。ITX青春号に乗れば清涼里から1時間もかからない春川、あまり美味しいものは期待しませんが、古い町が残っているかもしれません。行ってみようかなぁ、、、

 コメントいただいたnaguneさんのお話でこの春行って来た洪川、海美の写真を探してみました。なるほど、お堂の後方に小高い部分があり、立派な階段が伸びています。神社址と言えばそんな感じです。慶福宮の中に総督府の巨大建築を作ってしまった話は有名ですが、ここも、朝鮮時代のお城の中に神社を作ってしまったとすれば、やはり朝鮮の人の気持ちを無視した짓(わざわざ韓国語です)だったと言えましょう。

330

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4502 ソウルの過ごし方

678

 ノクサピョン駅付近、梨泰院の通りと盤浦路の交差点です。歩道の広くなった部分にこんなものがありました。下にキャスターが付いていますが木製のステージのような感じ。かなりの大きさです。何か行事をやるためのものか??でも、上に人や物が載ると撓んでしまいそう、大丈夫かな?とも思えます。

 どうも、観光観光してて敬遠気味だった梨泰院ですが、今年は安いツアーのクラウンホテル、2回も行っています。じっくり歩くと味のある裏通りもあるので、そんな毛嫌いする街ではないなと思うようになりました。

 どこを歩いていても適度な刺激がある面白い街、それがソウルかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記739 越後観音霊場三十三か所の5番 宝蔵寺

019

 カーナビの指示で到着して見たら、来たことある場所だった、と書きましたが、旧西山町、広い田んぼが広がるいい所です。田中角栄さんの出身地でもあります。大きな送電線の鉄塔は新新潟幹線だったか、東電柏崎刈羽原発から関東に電気を送る高圧線。遠くに見える姿のいい山は刈羽黒姫山。米山のが有名ですが、この黒姫も昔からの信仰を集めるいい山です。


020


022


023


024

 立派なお寺でしょう?早い時間でしたのでそっと入ってそっとお参りさせてもらいました。とにかく、たくさんの石造物があるそんなお寺です。手を合わせて目をつぶると不思議に心が落ち着くものです。年かなぁ、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4501 古い学校は敷地がゆったり

317

 早起きしてセマウル号で亀尾。歩いて亀尾市外バスターミナル。市外バスで善山。タクシーで義城郡丹密面。歩いて洛東江を渡り洛東面。市外バスで尚州市外バスターミナルときて、タクシーで「近いけどすみません」と言って尚州市の中心部へやってきました。中央市場とか古い商店街、尚州観光ホテルなんかがあるすぐ西に尚州初等学校があります。シンプルな名前→一番古い、おそらく日帝時代の国民学校だった初等学校です。

 アップして写真を見たらこれは併設幼稚園のほうの表札でした。


318

 かなり大きな校舎、そして校庭も広々、そんな小学校です。


319

 李舜臣?世宗大王? あとで見たらただの金属彫刻でした。2大像は校舎のほうにきっとあるのでしょう。


320

 日本の学校に比べるとかなりオープンで、お年寄りたちの憩いの場にもなってる感じです。バスを待つ人たちかもしれませんが、町角の椅子同様、誰かとおしゃべりしていたい、韓国の特にハルモニはそんな傾向があると思います。


321

 そんな尚州初等学校の前を東へ。裏の方へ回り込むように歩いて行きました。

 尚州、あまり観光客は行きそうにありませんが、北川戦績地の他、郷校、南山公園、石仏公園、そして日帝時代の日本家屋もけっこう残る面白い街です。地方旅行にも慣れ、大体大きな都市は回ったよ、という方、ソウルからの日帰りも可能ですので、いかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

普通の韓国を探して4500 尚州市外バスターミナル

313

 慶尚北道、南道の名前のもとになった街、尚州です。洛東面の洛東里からバスでやってきました。日本家屋が残る、静かな町です。朝鮮時代は釜山からソウルへの重要な通り道だったのでしょう。


314

 チューブのようなのはターミナル上の駐車場へ上がる車の通路です。でも、最初に来たときは営業していましたが、昨年か一昨年に来たときはもうやっていませんでした。

315

 けっこう大規模な建築なのでなおさら寂しい感じです。


316

 一番商売がやりやすいはずの1階もすべて空き家。なかなか地方都市での商売、たいへんなようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 曇り時々雨の予報です

025


 曇りで時々小雨が降る木曜日です。午前中、12時までに帰るということで出てきました。スーパー銭湯へ行って、少し買い物、そんな予定です。

 昨日は早起きして刈羽地方へ。越後観音霊場三十三か所の一つであるお寺を訪問しました。カーナビ頼りで行ってみたら、なんとかなり前に自転車で来たことがあるお寺です。それほど広くない境内には石仏石造石塔がたくさん。人によってはなんかなぁ、、、と思ってしまいそうなお寺でしたが本堂は立派です。何度かここでも書いている通り、柏崎刈羽地方、江戸時代とかにはかなり栄えた、お金があったことを伺わせるお寺でした。

 今日はのんびり過ごせますが明日からまた忙しい月末です。がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

2013年10月22日 本日はオープンデイ

001


 どうしても今日にという方の予約が少し入っていますが、研究日の今日はいろいろ雑務を片づけました。扇風機を掃除して、しまったり、石膏印象材関係の流しの掃除、会計関係の用事、雑貨の買い出しなど、大体終了。これから2人患者さんをみて、明日は休みです。 ちょっとまた脚が痛いのですが、明日には何とかなりそう。明後日からは台風の影響も出てきそうなので、できれば明日の水曜日、半日でもいいから歩いてきたいと考えています。

 写真は磐越西線の会津若松行き、快速あがの号が越後石山駅付近を通過する様子。110型2両に、E120型1両の3両編成。磐越西線の新潟側では長い方です。 普通乗車券だけで乗れるのに停車駅は特急並み、快速列車ってありがたいもんです。新潟県内では、米沢行きのべにばな号、このあがの号、新井行きのくびき野号などがありますので、うまく利用して楽しみたいものです。

 さて、18時まで診療です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4499 3466の7枚目の写真

346


 慶北尚州市の中心部、尚州観光ホテル北側の道をきれいに整備された石仏公園のほうに行った左手の家です。

 「普通の韓国を探して3466 慶北尚州の普通の街6」、2011年10月4日の記事ですが、その7枚目、同じ場所のものでした。当時は上記記事の本文にもあるように、普通の家のような按摩施術所だったのが、今年行ったら、廃業してたという訳です。

 

 後ろの「パーク荘モテル」の茶色い建築を目安にこの夏の写真の中から探したのですが、茂っていた木々が整理され、家の外壁などをリフォームした様子ですが、建物自体は按摩施術所だった時と一緒のよう。2つの入り口がある同じ建物です。また右に見えるレンガ造りの門柱は変わっていませんでした。

 2011年の写真でも、もうやっているのかどうかわからない感じでしたが、尚州の男性が遊びに来てた場所が消え、一つの時代が終わったという気持ちです。 働いていたアガシ、いまはどうしているのかなぁ?幸福になってくれていれば、と望んで止みません。

 韓国地方旅行、どこそこへ行ったとか自慢するために行くのはつまりません。面白そうな街は何度も行って変化を楽しむ、そんなふうにできればと考えています。まぁ大体全部行ってしまったからかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4498 もう少し荒れてくるとレインコート

750

 前にもちょっと紹介しましたが、韓国の天気予報、外で頑張ってる記者に敬意を表してか、スタジオ内のアナウンサーも台風の時などはレインウェアを着ます。この時はそれほどの大雨でなかったためか普通のミニドレス。普通っぽい感じのいいお姉さんでした。

 映画、「キラーたちのスダ(日本題は忘れた。ウォンビンやハヤシの親分、鄭ジニョン兄が出るやつ)」で、主人公たちがテレビのアナウンサーにほれ込んでて、その人が出るニュースを楽しみにしてる、みたいなのがありましたけど、私も朝の寝床テレビ、ここ2年ほどは中田さんが楽しみでいつも4チャンネルです。その前はえ~と、、、あの、結婚されたあの人がよかったのですが、さらにその前の時間に出てる中田さんのファンになりました。いつまでもがんばってほしいものです。冬ソナでヨン様に心ときめかせた日本ハルモニ、日本アジュマの気持ち、ちょっとわかります。気に入った人が出てるだけで嬉しい、そんな気持ちです。 

 今週後半もまた台風。その次のも後方に控えてて、、、どうも秋晴れが続かないこの秋ですが、被害が少ないことを祈願いたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4497 尚州市洛東面洛東里バス停留場

303

 町の真ん中辺と思われる場所には市外バスの停留場、、、ちゃんとありました。


306

 やはりスーパーを兼ねているようです。なかなかハイカラな感じです。


305

 隣には、個人タクシーなんて書いてあって、丸い部分、中に入れますが、今は使われていないふう。作った時はかなり気合を入れて建築施工されたようです。


304

 これが時刻表。ソウル近郊、京機道内とかはバンバンGバスが走っていますが、慶北のそれもかなりの田舎、本数は少なく、経由地として停まってもらっている感じ。一番近い都市である尚州行きも1時間に1本という感じです。


307

 個人タクシーの駐車場でしょうか?奥は茶房(タバン)になっています。マートと同じ名前ですのでかなりの実業家なんでしょう。


308

 チキンとチョッパルの店。この辺だと配達が中心かもしれません。

310

 切符を買って道路の反対側で待つと、逆方向のバスがやってきました。座席、とあります。先ほど本数が少ないと書きましたが、尚州市内バスとして他にももしかしたらあるのかもしれません。韓国の地方交通の主役である市外バスですが、その他に市内と言いつつけっこう田舎までのバス、ありますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

2013年10月21日 今日は秋晴れ

056


 おはようございます

 週末も仕事でしたが、今日の夜間診療も忙しくなりそうです。今週もまた後半に台風が来そうですが、水曜の休みを楽しみにがんばりましょう。

 昨日言っていた自室のベッド足元の小型箪笥にあったホテルのアメニティ類、今朝捨てました。一緒に入っていた無線インターネットのためのPCカードスロットに差し込む器械2枚も燃やさないゴミで出そうかと思いましたが、最近市役所の出張所で始めた小型電気機器の回収ボックスに出せば、少しはリサイクルの役に立つかもしれません。大体、今のノート機、PCカードスロットさえなくなってしまっています。いらない物を長いこととっておいてしまいました。 本の類、洋服はまた時間があるときに選んで整理(=捨てること)しましょう。

 とにかく、身の回りのものが減り、空間が増えるのはいい気持ち、少しでも心が自由になる感じがします。

 物を使わないで楽しめること、、、やはり私の場合、ウォーキング、サイクリングを初めとする旅行でしょうか?でも、自転車ももう少し減らしていいかもしれません。一度に乗れるのは1台だけですから。また、たくさん乗ってくれる人の手に渡れば自転車も幸福でしょうから。

 毎年やっているインフルエンザの予防注射、先ほど電話したら11月1日以降とのことでした。ワクチンの効果かどうかはわかりませんが、この20年くらい、食あたり以外では寝込むような病気をしていません。そんな身体に産んでくれた両親には感謝しないといけませんね。それでは、月末仕事、早く出てきて準備した給与手続の書類から出してしまいましょう。今月も無事に給料を出せて、自分ももらえることに感謝です。

 写真は秋夕前で賑わう廣蔵市場。右手に小さく看板が見えるスニネ(スンヒの家の)ピンデトック屋台に並ぶ韓国の人たちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4496 洛東面洛東里へ

292

 洛丹大橋の西詰めです。やはりこちら側もドライブの人向けの食堂やモテルが集まっています。


293

 いかに韓国が自動車社会になったか、そんなのが感じられます。


295

 さて、私の目的地は村の中心のバス停。先を急ぎましょう。「モッコリ村」というのは、食べる店の集まる場所てな意味でしょう。天気はいいし、さっさか歩きます。


296

 しかし端から町まで、けっこうありました。


297

 北に山をおく洛東面の洛東里です。面事務所はもう少し尚州寄りの上村里と言う所にあります。


298

 チョゲクイの店。海から相当あるであろうに、こんなのもあります。ソウルだってそうですが、ハングルが読めれば、どこでもなんでも食べられるのが韓国かもしれません。


302

 やっと町らしくなってきました。やはりここにも手打ち手チャジャンの店。中華の店もどこでもあるのが韓国です。よほどチャジャン麺、チャムポンが好きなんでしょう。 昔からの国道の旧道に沿って伸びる田舎の町、町の中心のスーパーの前あたりに市外バスの停留所があるのが普通です。韓国の地方を自由旅行したことがある方ならおわかりですよね。そんな店を探して進みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記738 安曇野、松本平、渡来人の痕跡?

011

 便利になったもので、ネットで全然違う地方の市内バスの時間を調べることができます。松本の日矯大会の前日に新潟大の同級生、坂下さんの診療所を訪問したときも、前もって調べておいた美ケ原温泉行きのバスに乗り新井口と言う所で降りて行ってきました。その帰りの写真です。 Y字型に分かれる道、古い道、古い町の証拠です。松本、やはり雲がきれいです。右が坂下歯科になります。


015

 うん、青空に白い雲、しっかり秋、という写真です。


013

 少し下って北へ行って横田町方面へと思っていたら、こんな交番がありました。惣社交番という名前。そういえば、駅前のバスターミナルから乗車したとき、確か「ソウザ方面美ヶ原温泉行き」だか、車内放送がありました。「ソウザ」って聞き慣れない地名、さてどんな字を書くのかな?と思いつつそのまま降りてしまいましたが、松本市の惣社という地名、「ソウザ」と読むのでした。


014

 ちょっと逆光ですが、「ソウザ交番」とローマ字でも書いてあります。「社」の字を「ザ」と読むの、韓国語に似ているなぁって感じたのです。やはりこのあたりに「御射山=ミサヤマ」という由緒ある地名があったはず。簡略化されて「三才山」だかいう表記もありますが、「シャ」という恩の漢字を「サ」と読むのは韓国語でも「社」、「射」、「紗」、いくつかあります。

 前に、集落の神社の幟を建てる石の支柱が韓国の단간지주にそっくりと書いたこの松本市周辺、安曇野も、渡来人が多かったことは確認されているはず。この「惣社」という地名も半島からの渡来人由来だったら面白いなぁと思うのです。

 他に総社、惣社で思いつくのは群馬総社という地名、あとは岡山県に総社市だかがあったはず。「養蚕文化」を持ち込んだ渡来人の住んだ場所、そう考えられれば面白いでしょう。岡山の総社あたり、昔養蚕が盛んだったら、、、この推論、けっこう当たっていそうです。


017

 その名前の由来になった神社の説明板です。神社というものも半島からの渡来人が作ったという説もあります。お寺、神社など、明治以後の傾向として、半島由来とかを隠す傾向があると思います。何でなのかなぁ?と思うのですが、日本の古代史に半島からの渡来人が果たしたことはたくさん。国に誇りを持つのはいいことですが、日本人が一番優れている、と言い切ることは間違っています。公平な目で、歴史を学ぶべきだと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

普通の韓国を探して4495 トルソッパプのヒミツ

063

 牛耳洞のとある韓食の店の食事の後半に出てきたトルソッパプです。この日の食事はトッカルビでしたが、なかなか美味しかったです。


064

 で、蓋を開けたところがこれ。何かこの店、男性用と女性用でご飯が違うのだとか。「モメチョッタ(身体にいい)」をアピールしてるのでしょうが、男性用はデチュ(棗)が入ったご飯、特に変わった味はしませんでした。 ヒミツ、ともったいつけたのはこの石釜の口の部分にステンレスの帯というか輪が付いているところです。

 日本の釜飯屋でもそうですが、本来であれば20分とか30分はかかる炊飯、圧力容器だと3分の2か半分の時間で可能なので、多くの店では釜飯調理器と圧力蓋を使ってできるだけ早く炊き上げ、出来上がったらさも普通に炊いたように見せるために、木の蓋などに替えてサービスするのです。

 新潟でも有名な釜飯屋がありますが、そこも、「お待たせします」とことわりつつ10分ちょっとで出てきます。圧力釜でスピード調理というと何だか有難味が失せるのであまり表には出ない話ですが、日本の多くの釜飯は圧力釜で調理されているのでした。「釜飯器」だので検索すると業務用のコンロとか、容器、木の台、蓋、そして、そんな1人分のセットよりも高価な圧力蓋の広告がみつかります。

 何でまた韓国というと、韓国でも最近「トルソッパプ」が流行り。普通の定食は5000Wのところ「500W増しか1000W増しでトルソッパプにできます」、なんて表示も食堂にあったり。でも、日本の小さなアルミのお釜ならともかく、石釜でどうやって密着密封するのだろうかと思っていました。

 あれは冬の報恩の朝飯のトンテタンだったか、トルソッパプを頼んだことがあります。あの時は店の奥に10個くらい一度に炊ける圧力釜飯調理器があったこと、ここでも書いたかもしれませんが、「隠す日本」、「隠さない韓国」なんてふうにも思いました。

 写真の石窯の口に巻かれたステンレスの帯環は、その圧力蓋をしっかり密着させるためのものなのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月20日 雨の日曜日です のんびり働きます

039


 今朝、起きて考えました。断捨離で本だのCDやDVD、VHSだのゲームソフトだのは半分以下になりました。自室の本棚もがらがらにはなりましたが、まだけっこう大事だと思っている本や地図帳、DVDなどが残っています。大きなマッサージチェアがなくなった場所にはばらばらに使っているソファの一部を置いていますが、相変わらず服置き場、そんなです。

 大事だと思ってるキムギチャン先生写真集「路地裏の風景(コルモクアン風景)」だの、荒木のぶよしさんの写真集「ソウル」だのも、この前見たのはいつかなぁ?と思うとずいぶん見ていません。クローゼットには先日夏の半そでをしまいましたが、冬物でずいぶん着ていないコートやジャンパーがけっこうあります。やはりまだまだモノを持ちすぎている私でしょう。

 今度は「絶対必要なもの」を考えました。=毎日使うもの、とも言えましょう。

*まずは、ベッドと寝具、寝具は最低限でいいでしょうが、必要です。ガンジーさんも持っていました。

*次にテレビ。少しだけではありますが、毎日見ます。枕元の目覚まし時計と小型のラジオも必要です。

*あとは、、、テレビを置いている台になってる小型の箪笥は家族のものやベッド用のシーツなどが入っています。でも他に入ってる、常備薬に綿棒だの。韓国や日本のホテルから持ってきたアメニティの類はほとんど捨ててよさそう。

*椅子はあってもいい。でも、無くてもよさそう。

*最低限の暖房器具(冷房設備は私の部屋にはありません)

*雨風をしのげる屋根と、風を入れ、外を見たりする窓。

*必要充分な生活費

*少し楽しめるくらいの食費

*本当にやりたいことのために使う娯楽教養費

*多すぎない服

 そんなこんなで、まだまだ捨てられるもの、数年間使わないでいるものなど、けっこうありそうです。使わない物、使わなかった物を捨てるの、気持ちいですよ、ホント。

 写真は16才を過ぎたあさこ。彼女はあまり持ち物を持っていない分、自由です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記737 新潟、長野、松本

002

003

 新潟からの長野行高速バス、途中米山で休憩をとります。後から自衛隊の車両がぞろぞろ。並んで停車しました。あちらも休憩のようですが、駐車時に車止めを右前輪にするのが決まりのようです。安全第一、新しい発見でした。


004

 長野駅前に着いて、松本行きの高速バスの時間を見たら行ったばかり。結局JRで行くことにして、長野駅ホームの立ち食いそばで月見そば。320円でしたが、そこは長野県、心なしか美味しく感じました。少なくとも新潟よりも安いです。できればおばちゃん、卵を真ん中にのせてほしかったなぁ。


005

 しなの号です。2編成くっつけての運行のよう、私には珍しい電車、嬉しい移動です。ただ、自由席が2両しか無いのはちょっと少ないかなと感じました。


009

 かわって松本市。坂下歯科そばの住宅街風景。青空に雲がきれいです。すっかり秋という感じです。前に訪問したとき、自転車を借りて松本の山の麓を走ったことがあります。向こうに見える目立つ格好の木が坂下歯科の場所の目印、そんなふうにして知らない場所を走りました。


027

 坂下さんに会って、見学して、歩きで学会会場の下見に向かいます。ここは旧遊郭だったという横田という町。温泉を掘って少し旅館などがあります。かつての姿は、、、ほとんど見られず、道路の区画だけがその名残をとどめています。


032

 信州大病院のドクターヘリ、これは、前にもアップしましたね。


037

 腹ごしらえ。チャーメンという塩味の焼きそばでしたが、美味しかったです。新潟にもあれば嬉しいなぁ。


038

 松本ローカルの安い中華の店、「テンホウ」でのおやつでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4494 낙단대교を歩いて渡る

266

 観水楼から見た橋のたもとの食堂村です。そろそろ洛東面に行くことにしましょう。小山を下ります。


278

 さて、洛丹大橋です。


279

 軍部隊の警告かと思ったら高圧電線についての韓国電力の看板でした。


280

 これを渡れば洛東面です。


282

 下流方向、新しいバイパスの橋でしょうか?いい景色です。


285

 上流方向には堰があります。右手が観水楼です。


287

 洛東の村が見えてきました。ここも後方に山がある風水の村のようです。


289

 河川敷の公園には、、、ああ、やっぱり韓国、でっかい虎がいますね。大人も無邪気なところのある韓国、遊び心溢れる国、大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

2013年10月19日 感謝 無欲 行動 そして今をできるだけ楽しく

127

 

 人が自分のお金をどう使おうと勝手、他人がそれをとやかく言ってはいけない、確か中谷彰浩さんの本にあった言葉です。尊敬する佐世保の前畑満雄先生も言っています、「今を楽しく」と。 限られた小遣いの中でやりくりしつつ、できるだけ有効にお金を使って楽しむ、そんな人生を送れれば、と考えています。

 とはいえ、大人は働かないといけません。忙しい土曜日ですが、がんばって夕方まで仕事です。人生何でも修行。ソウルの金正国先生が日本人のちょっとひねくれた質問に対して答えたときの言葉、「최선을 다 하다.(最善を全部する)」で行きましょう。

 次の訪韓の切符を買ってあります。新潟仁川便の減便にもうまくひっかからなかった日程。たくさん学んで、そして楽しんできたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4493 東廟の脇の通り 昼と夜

107

 1号線の東大門と新設洞の間に新しくできた東廟アプ駅。その名のもとになったのが東廟という朝鮮時代のお堂です。これは清渓7街からその東廟アプ駅へ行く道。日本のガイドブックなんかだと「蚤の市」なんて言葉も使われていますが、休日にはガラクタ市が立つ場所です。左は初等学校だったかな?

 このあたり、前にもちょっと書いたけど、鍾路区、東大門区、中区、城東区の境界になる場所で、ちょっと北へ行けば城北区もある、そんな町です。アジョシ、未安ヘヨ。


108

 これがその東廟。まぁ、アジョシハラボジが平日でも多い街ですね。私もそうだけど。


733

 これは夜景。黄鶴洞の知り合いの店に行った帰り道です。清渓川路を渡ってすぐのあたりです。表通りは明るく、全然平気な12時前です。


734

 夏だったので若者のグループがまだまだ歩いていますね。これ、1枚目とほぼ同じ場所の写真です。きれいな写真でしょう?キャノンG15様様です。


735

 大通りに出る手前です。左へ曲がればすぐに東廟アプ駅。鍾路の続きの清涼里へ行くあの通り、1号線が地下を走る通りです。

 黄鶴洞、清渓8街、そしてこの東廟あたり、江南のサモニムはまず来ない場所かもしれませんが、私は15年も歩いている、居心地のいい町です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4492 慶北義城郡丹密面洛井里の観水楼

257

 どうやら観水楼という名前のよう、少し坂道を上がって入り口があります。


259

 自転車道の案内。でも、多くのサイクラーは道路を走っていました。それくらいすいているし、広い道が整備されています。


260


261

 いろんな注意書きがありますね。


264

 やっと楼閣の下に着きました。上り口は向こう側。自由に入れるのは韓国の大らかなところです。


265

 沿革というか歴史が書かれています。読んでみましょう。


267

 洛丹大橋を望むなかなかの展望です。向こう側が尚州市の洛東里になります。昔は渡し船とかだったのでしょう。


271

 いろいろ禁止事項が掲示されていた割には路宿者(浮浪者)の寝た跡でしょうか? まぁ、その辺も韓国の面白さの一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月18日 (金)

2013年10月18日 言うのは簡単だけど実現は難しい「無我」

005


 今日は夜間診療、でも、午後早くに保健所検診があります。銀行の用事、写真の用事を済ませて一回りしてきたところです。これから洗濯物の片付けだの、院長担当部分の掃除だの、検診から戻ってすぐに働けるように準備しましょう。

 写真は昨日のもの。磐越西線の山都駅です。カーナビ通りに行くのはつまらないので、西会津(野沢)で49号を離れ、山都町経由で喜多方へ向かいました。阿賀の魚市場でキムチ商売をやっている韓国人アジュマの住んでいる町でもある山都町、今は喜多方市になってしまっていますが、昔はそれなりに独立した宿場町由来の自治体でした。蕎麦で有名ですが、飯豊山の登山口でもあります。学生時代、夏休みに同級生数人とここ経由で川入という登山口までバスで行き、飯豊連峰を縦走して新発田の奥、湯の平温泉に下山しました。途中、雨で一日停滞しましたが残雪の多い東北の夏山を楽しむことができました。

 話を本題に戻します。昨日の朝、車で会津へ向かったのですが、福島県に入ってもまだまだ新潟放送のラジオがよく聞こえます。武田鉄矢の三枚おろしという番組をこのあたりで聞いていました。武田さん、たくさん本を読んでいて、なるほど、、、と思う話がよくあります。昨日の話は、「武道家が一番強くなるのは自分のプラスを考えなくなった時だ」というものでした。

 李舜臣の「必死必生、必生必死」という言葉をここでも紹介していますが、勝とうとか、うまくやろうとか、そんな自分のプラスになることを考えずに戦えば一番強い、というわけです。

 なるほど、、、これは禅の考えにも通じるなぁと感じました。要は「自分を捨てる」ということです。 すでに、断捨離&禅で、「身の回りに物が多すぎるとストレスのもとになる」というのはわかっています。使うかどうかわからずにとっておいた物を捨てる気持ち良さも知っています。でも、自分を捨てるのは、なかなかできません。

 法頂さんとかガンジーさんはそんな境地なのでしょうが、身の回りのものばかりか自分も捨てる人生、なかなか難しいなと思います。 でも、その後思い出したのは「無我」ということば、誰でも知っている、昔からあった言葉です。自分を捨てる=無我、ですよね。「自我を捨てる」という表現もあります。 少しでもそういう状態に近づけたらいいなぁと思った昨日です。ラジオを聴きながら、そんなことを考えつつ喜多方へ向かったのでした。

 

 地デジ化で前の現代車のカーナビのテレビが見られなくなってからラジオを聴くことが多くなりました。水曜や木曜の休みに車で出かける時もまずラジオを聞いています。なかなかラジオもいいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記736 美しい日本、美味しい会津

008

 高くはないけどずっと広がる山、その間にある田んぼ、家々、新潟平野とはまた違う、山里の美しさです。ついつい車を止めてしまいました。こういう普通の風景が好きです。場所は、、、山都町、今は喜多方市かな?そのへんです。すいている道をよく曲がる小型の車で走るのは愉しい時間でした。


006

 1枚目のちょっと前の写真です。鉄道写真などではよく見ていた橋ですが、古いレンガ造りの脚を持つ大鉄橋、これも見事でした。ばんえつ物語号が走る日にはきっとカメラを準備したファンがたくさん集まることでしょう。上をDCで何度も通っていましたが、下から見るのは初めて。これも、嬉しいことでした。

009

 目的地はここ。喜多方市にある有名な中華そばの店、まこと食堂でした。

 朝からやっている店で、10時前という中途半端な時間でしたが駐車場はいっぱい。ちょっと待って車を入れて入店。まるで普通の家の土間という感じ。テーブルの向こうにはいろりを切った居間があり、茶箪笥には高級洋酒などが見えます。夜は居間なんでしょう。店員さんはみな女性、元気な会津美人がそろっています。みな普通に東北弁というか会津訛りの言葉でしゃべっているのが嬉しかったです。

 600円の中華そばも美味しかったです。何というか、、、変わった味を期待して行くと裏切られるようなごく普通の美味しさ。奇をてらわない昔からの味、そんなでした。「ここでしか買えない」というお土産用の1100円のラーメン、買ってこなかったのをちょっと後悔しています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4491 KRの電鉄試験車

561

 春川駅です。新線開通の記念碑のむこうに、あの電鉄試験車がいました。


563_2

 古い記事にもありますが、最初にこれを見たのは金泉駅。まだKTXが無かった時代、釜山からソウルへの長大列車のセマウル号16両編成に乗ろうとしていたとき、大田方面からライトをつけてものすごい速さでテグ方面へ走って行きました。180キロとか出ていたのではないかな?その後、龍山で見たりしていましたが、久々の再会。JRの保線用の車両にもある、プレッサー&トイシャーだか、そんな読めないアルファベットの会社のものでした。とにかく速いんですよ、これ。クモヤ93000だかいうのが狭軌の記録を持っていたと思いますが、あんな電車なのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4490 洛東江の橋のたもとで

248

 善山のターミナルからタクシーでやってきた洛東江の橋のたもとです。こちら側は義城郡、向こう側は尚州市になります。料金は技士ニムの行っていた通り2万Wちょっと。小銭のお釣りはもらわずに降りたところです。


249

 「たんみつ」??ここ1年ほど日本では「だんみつ」というお姉さんが人気ですが、ちょっとギクッとしてしまう漢字の石碑。義城西ロータリークラブとありますので、有志がお金を出し合って作った村の名前を表示した石です。義城郡丹密面の入り口です。


250

 韓国ではよくあること、川魚のメウンタンを出す食堂が並んでいます。


253

 一番端の1軒は中華の店。しかし本当に田舎の、人里離れたような場所でも大きな道沿いには「手打ちイェンナルチャジャン」なんて店があるんですよねぇ。どこの人もチャジャンは好きということでしょうか? 奥にはモテルもあります。


255

 道路の向かい側、橋の付け根のほうにも食堂、こちらはガーデンとあるので、焼肉屋のようです。そして、少し上流には楼閣があります。タクシーで時間を稼げたのでちょっと見に行ってみましょう。


256

 地方道912号線。けっこうMTBで走る人がいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

とうちゃんの自転車日記735 やっぱり鉄道がすきだなぁ

309

 鉄道好きじゃない方にはあまり面白くない話ですが、これ、特急しなの号です。

 初代はずいぶん前、私が鉄道関係の雑誌を買っていた最後の頃にデビューしたんだったと思いますが、振り子電車というやつです。その時は183系と同じような車体。でも、急カーブの多い中央西線とかで速く走るため、カーブで強制的に車体を傾けて走る、そんな電車ができたのです。

 この写真はその数十年後ですが、やはり長野と名古屋を結ぶしなの号、同じような電車のようでした。横向きのシリンダーが付いてる台車がちょっと違うでしょう?と言ってもわからないか、、、 本来、鉄道線路にはカーブで「カント」という外側のレールと内側のレールの高さに差をつけて、車体をカーブの内側に傾けて脱線を防ぎ、かつ、速く走れるような工夫がされていますが、これはさらに、台車自体でも電車の車体を傾斜させる装置なのです。 あまり面白くないかもしれませんが、鉄道好きには、おっ!と思う台車なのでした。


310

 やはり松本駅での1枚です。あずさ号でしょうか?列車の長さを調節するためなのかな?本来の運転台ではない、電車の途中のとこに運転席があるのでしょうか?それとも、運転台はやはり最後部で、無線で連絡しながら運転してるのでしょうか?ともかくこんな電車が動いているのは新潟ではめったに見られない状況でした。


277

 最後は大糸線の島内駅。右の電車に乗ってきて、下車。急いで駅舎に走り、切符を買って戻ったところに、松本行きの電車が入ってきました。こちらは115系。新潟でも馴染み深い古い電車です。「快速」なんてありますが、大糸線で快速? 帰ったら時刻表で調べようと思いつつ、まだ見ていません。

 トンネルが多い新幹線には無い、「人間のにおい」が在来線にはあります。休みの日、ちょっと電車で知らない町へ。そんな小さな旅行、これからもやりたいと考えています。

 休みの今日、もうすぐ転送電話を切ります。今夜はチリ産の赤ワインでいきましょうか。それじゃ、明日から頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 午前中は車で出かけました

010

 3日続けて2万歩以上歩いたのでたまには一人でガソリンを燃やしていいことにして、早起きしてドライブ。12時過ぎに戻りました。台風一過の秋晴れ、とは行かず、冬型になった新潟県、時折激しい雨もありましたが、今は晴れています。小さな、でも、「運転していて楽しい車」を買ってよかったなぁと思いつつのドライブ、楽しかったです。 午後は留守番。また明日からの忙しい週末に備えて身体を休めましょうか。

 写真は長岡市になった寺泊港です。ちょうど佐渡の赤泊港からの高速船が到着するところでした。神様に感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

とうちゃんの自転車日記734 松本のローカル中華、「テンホウ」

038

 遅いお昼を食べた店です。同級生の診療所から歩いて、どこか途中で食べるところはないかなぁと探しながら北へ。2時を過ぎてしまうとお昼の営業を終えてしまう店も多いようで、結局松本市街の北の端みたいな場所まで来てしまいました。やっとこみつけたのが通し営業のこの店。テンホウと検索してみると結構出ています。地元系の安い中華の店のよう。ローカルな王将ってところでしょうか?お腹を空かせて入ってみました。


036

 かなり豊富なメニューを見て、頼んだのがこれ。左上のやつは出張スペシャルです。メインはチャーメンという、塩味の焼きそば。麺をさっと茹でて、それを炒めるのでしょう。野菜も豊富で美味しかったです。焼きそばというとソース味が主流、もちろん、ソース焼きそばも好きですが、小さいころ一時的にいた中目黒の目黒銀座にあった中華の店のこんな焼そばが好きでした。近い時期では医院のそばにあった末廣食堂という店の焼きそばもそんなふう、野菜も肉も豊富で結構お昼に食べていました。今度自分で作ってみるかなぁ、、、 今近いのは王将の醤油味焼きそば420円かもしれません。

 今日は台風で大荒れ。下は濡れてもいい半ズボンにサンダルです。写真の用事と銀行の用事。時間があればスーパー銭湯へ行きたいです。台風の進路にあたる地域の方々、お気を付け下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4489 亀尾市善山ターミナルから

238

 善山市外バスターミナルへ戻ってきました。ずいぶん前から来てみたかった町である全山、なかなかいい所でした。何と言っても胡麻を干してる風景があったこと、それだけでも充分です。

 田舎の町にしてはけっこう立派な建物で、サウナ、そしてホテル、さらには右端に見えるようにボウリング場もあるターミナルです。中の商街もまぁまぁ埋まっている様子でした。


240

 読める人は読んでみてください。いろいろあるでしょう?地方都市だと大きなデパートクラスのテナントが空き家だったりすることもあるんです。ホテルもやっているとすれば、優等生的ターミナルです。


241

 中長距離の料金表です。私の次の目的地は尚州。尚州でミルミョンのお昼でしたが、途中、洛東江に橋があるところにその名も洛東という町があります。まだお昼には早いので、洛東江を歩いて渡るの一興かと思いました。尚州行きのバスで途中で降りれば洛東面があります。と、ところが、亀尾からここまでは市外バスの他に市内バスもあり、いくらでもバスが走っているのですが、郡というか市の境界を越えるこの先は市外バスだけ。尚州方面は1時間も先になってしまいます。さてどうしましょう。


243


242

 一度外へ出ました。カピの自販機は故障中。もしかしたら韓国のコーヒー自販機の5%くらいは故障してるのかもしれません。代金を回収してm水や原液を補充する仕事、、、、「一番街の奇跡」に出てきましたが、実際はもっとのんびりなのでしょう。「故障。修理依頼中」ですので。


244

 バスで行くか?とも思いましたが、


245

 結局タクシーで、洛東江に架かる橋のある町、洛東へ行くことにしました。メーターで行ってくれるとのことです。大体2万Wちょっと、という話でした。片側2車線でほとんど車が走っていない状態。120キロくらいで走ります。韓国の地方、高速でなくても道路はすごく整備されています。日本以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月15日 (火)

とうちゃんの自転車日記733 新潟大も新大(신대)、信州大も信大( 신대)

032_2

 先週、学会で行って来た松本市の信州大学の病院です。歩いていたら、おっ!と気付いたのが屋上に見えているドクターヘリ。いつもここにいるのかな?と思いました。操縦できる人がいないといけないから、たぶん新潟では市内東部にある新潟空港とかにおいてあるのではないかと思います。それが屋上のヘリポートに。常時操縦士さんが待機しているのか?それとも、たまたま患者さんを搬送してきたところなのかはわかりませんが、すごいなぁ!って感じました。


006

 こちらは昨日のウォーキングの時に通りかかった新大の医歯学総合病院前。なんかヘリの音が近づいてくるなぁ、、、と思っていたら本当に近くに来てて、気づいてカメラを取り出した時にはもう着陸してしまっていました。少しだけ羽根が見えます。

 しかし、新潟大も略称は新大、長野県の信州大学も信大です。当然ながら長野県松本市では新潟大は「にいがただい」と呼ばれていました。もしかしたら神戸大学も「神大」なのかなぁ?とも思います。

 韓国だと漢字の名前を略して呼ばれているのは延世大学校と、高麗大学校くらいでしょうかねぇ。この辺、書けば区別できる漢字の利点を感じた一件でした。

 追加です。新潟大学でも、常時大学病院のヘリポートに待機しているそうです。操縦の人はさて、どこに何してりのでしょう?ナゾです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4488 黄鶴洞から清渓7街へ

101

 中央市場の北口からまっすぐの広めの道、昔は半分が駐車場でした。今は全部が道、ちゃんとすれ違える道になりましたが、そのため、知り合いの果物露店の商売ができなくなってしまいました。アジョシは塗装関係の仕事につき、アジュマはチェーンのホプをオープン、鐘岩洞のプルティナのアジュマ夫婦の話です。

 この通りはその駐車場通りではなく、左手にある旧道。やはりこの馬場路でコプチャンのポジャンマチャをやっていたアジュマの家はこのへん。昔からの市場の道です。


102

 バイクなら通れる、そんな道です。ロッテキャッスルベネチアができて、何か無理してこのあたりの道路とかきれいに、規制を強化したのかもしれません。まぁ、決まりは決まりとはいえ、ケンチャナヨで暮らしてきた庶民が押しのけられた感じがします。


103

 左がその旧道の北の出口。小さな露店だったサンミジョンはちゃんとした固定店になりました。繁盛していましたし、あのアジュマ、けっこうお金を貯めていたのかもしれません。今でも行けば、顔、覚えていてくれることと思いますが最近は行っていないなぁ。


104

 右手はコプチャンクイの固定店が並ぶ場所。でもだいぶ減りました。ロッテキャッスルの入り口部分も昔はコプチャンをメインにした飲食店が多い場所でした。この通りも屋台の飲み屋、左側は海産物の店が多かったのですが、高級アパートができて、きれいになってしまいました。


106

 清渓川を渡った東廟へ行く道。こっちはあまり変わっていないかな?中古ビデオカゲはすっかり姿を消し、中高DVDカゲが少しだけあります。あとは、休日のガラクタ市。日本人が喜ぶようなものは売っていないと思いますがガイドブックや観光サイトでは昔から紹介されています。本当にガラクタ、が大部分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記732 電車なら9.4キロ、230円分

007

 昨日のウォーキングの道です。新潟駅のマクドナルドでマックトーストという新しいのを買って歩きながら食べつつスタートしました。マクドナルドのレシートは7時47分でした。万代シティ、古町、東中通と歩いて写真は市役所前というか新潟大学歯学部前です。116号と学校町通りの分岐手前でもあります。左の赤い看板、広来飯店はちょっと人気の店。医学部、歯学部への出前も多い古い店です。


015

 ちょっと寂れてしまった学校町通り、中央高校前の少し手前です。昔はここをバスが走っていたと聞いています。小さいバスだったのかなぁ?


027

 中央高校、商業高校、新潟高校と過ぎ、ちょっと坂を上って関屋本村、116号線(旧)とまた合流する場所です。昔は新潟市のメインストリートでもありましたが、新しい住宅地が低い田んぼの方に増えたのと、バイパスができたのでかなり交通量は減りました。


029

 関屋分水の橋。堰の先は日本海です。いい天気です。


032

 昔は小針銀座なんて言葉もあった小針十字路手前。建物も減ってしまっています。歩いているのは中高年ばかり。若い人があまりいない感じです。


033

 寺尾駅を過ぎ、足が痛くなったので無理をせず越後線の寺尾駅へ戻りました。何百回と通過していますが乗降は初めてかもしれません。


034

 昔は2時間も間隔が開くときもあった越後線も今は20分間隔、便利になったものです。

035

 18217歩、寺尾駅のベンチに置いて撮影した万歩計。この後もまだ途切れ途切れにではありますが歩きましたので昨日の歩数は26734歩でした。一昨日も2万以上歩きましたので、けっこう運動した休みになりました。新潟駅から新潟大学へ行くバスの経路をほぼたどったのですが、時刻表で見ると越後線の距離では9.4キロ、230円分を2時間半で歩いたことになります。徐々にトレーニングして脚を慣らしたいと考えています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

普通の韓国を探して4487 秘湯?????

367


 今朝の朝刊に入っていた旅行社の広告です。「韓国の秘湯に泊まる」と、ありますが、温陽温泉というか、牙山市、何度も通っているし、実際に温泉が出るという荘旅館に泊まったこともありますが、「秘湯」というと、、、ちょっと違うかなぁ、、、って思います。

 最近、韓国旅行の人気が低下気味とか。円安もありますし、政府間のちょっとした揉め事もあったり。我が新潟ソウル便も月末から毎日運航が週5便に減ってしまうとか。でも、しっかりした韓国ファンはちゃんといるし、韓国へ行きたいって考えていると思います。旅行社の人も、何とか席を埋めるお客さんを集めたいのでしょうが、円安もあって、あまり料金は安くできない。そんなのもあって、こんな地方の、また日本人が好きな温泉に泊まるツアーが安く企画されるのかもしれません。

 秋は韓国旅行のハイシーズン、さっきちょっと見てみたらソウルのホテル、みな強気の料金です。円安とはいえ、、、かなり値上がりしているように感じました。

 話は戻りますが、温陽温泉行って、秘湯情緒、まず無理ですよねぇ。お客さんがどんな感想を持つか、ちょっと面白く予想しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月14日 今日も午前中は運動に

018

 午前中、また歩くことにしました。写真は昨日の朝のウォーキングの時のもの、日本海と日和山第4突堤です。


019

 降りて、屈曲部まで行ってみました。この先は波がかぶっていますので戻りました。


024

 古町10の甘納豆の店。うちで紹介したのがかなり早いと思いますが、けっこう検索キーワードで今でも出てきます。夏は甘納豆はやっていません。固まらないとのことです。年中あるのは添加物を使って固めるのだとのお話でした。


011

 もう10月、製造を再開したようです。


025

 古町十字路。新潟シティマラソンのための交通規制で車はゼロ。民防衛の日みたいです。


026

 同じ場所から萬代橋方向。やはり車は走っていません。この後、数分後に信号が起動。車が動き始めました。


029

 萬代橋と新潟島、ホテルオークラ新潟です。


031

 下流方向、日航ホテルと柳都大橋、新潟西港。


033

 萬代橋東詰め。新潟日報本社ビル。


036

 新潟駅へ戻ってきたら9時43分のSLばんえつ物語号の出発直前。いい天気なのでラッキーな日です。

 少し前に松本市、長野県、観光資源がたくさん、と書きましたが、新潟ってやはり素朴かなぁと思います。でも、いい所です。無理して新しいものを作るより、普通の新潟の良さを伝えるほうがいいのではないかなぁ。「あなたたちがもっている良いものを大切にしなさいよ。」と言ったのは柳宗悦さんでしたっけ?無理すると続かない、そう思います。

 それでは歩いてきます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4486 慶北善山を歩く7 胡麻

233

 善山の町歩き、ぐるっと歩いてもうすぐターミナルというあたりのお宅です。家の入り口はカボチャかな?よく日本で言う韓国かぼちゃは「エホバク」というズッキーニみたいなやつ、でも全然ズッキーニは別の味です。日本で普通にいうカボチャは「タンホバク」=甘いかぼちゃ、って呼ばれているよう。これらとは別に韓方用ので大きな薄茶色のカボチャもありますね。 家の小さな土地、もしくは鉢植え、時には肥料用のビニル袋で野菜を作る、韓国の人ってそんなのが好きです。


232

 同じお宅のものですが、コチュ(唐辛子)とカジ(ナス)の鉢植えです。5月頃韓国を歩くと苗の店がたくさん。それがこんな風になるのでしょう。自分で育てた野菜、ほんの少しでも嬉しいもの、私もそんなのをやっていたこと、あります。


234

 前にちょっと出した胡麻を干す風景。先日、日本の胡麻はほとんどここで、という鹿児島県の島の話、テレビで見ました。50代60代、農村で過ごした方は見たことある方もおられるでしょうが、胡麻、今ではほとんど見られなくなってしまった作物です。


235

 けっこう背が高くなる草で、上の方にたくさんつく莢の中に列になって胡麻が実るのです。でも、一つ一つはあの胡麻サイズ、これだけあっても5合にもならないのではないかな?


236

 ここも柿の木が見えています。それに耕耘機。元農家の方が少しだけ、自分の家の分を作ってる、そんな感じでしょうか。


237

 少しだけ時期をずらしての栽培か胡麻の草が残っていました。右手、莢が見えています。あそこに胡麻ができるのです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

普通の韓国を探して4485 他を全部否定しちゃダメ

038

 明洞の北部、外換銀行本店の裏のあたりじゃなかったかと思いますが、基督教の、、、特別な流派でしょうか、前にもここでプラカードの写真を紹介したと思いますが、信じる人は天国へ行けて信じない人は地獄へだか。ちょっと断定的すぎます。今回はそんな流派の宣伝のためのスピーカー付きのスクーターです。

 宗教、いいものだと最近思うようになってきました、知り合いのキリスト教徒の人はみな真面目で正しいいい人だし、仏教もいいお坊さんの話はいいものです。でも、自分の宗教だけが正しく、他はみんなダメってのはよくないですよね。全部理解しているわけではありませんが、イスラム教って何だかそんな部分があるみたい。今地球上でやっている戦争のうち、かなりのものがイスラム教がらみではないでしょうか? 信じるのはいいけれど、他を否定するのは困りものです。 世界が平和になりますよう。真面目に働く人が幸福になりますよう。神社に行くとそんなふうにお参りしています。

 ちょっと患者さんに顎間ゴムというのを郵送するのに出てきました。院長だから一番働くのは当たり前、そう考えないといけませんね。それでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月13日 韓国女俳優さん

759


 おはようございます。休みの日曜日です。午前中、出かけていいということになり、車で駅近くまで出てきました。この秋、ある先生にアオリイカの疑似餌釣りの指導を乞うことになり、ちょっと下見に海の方へ行こうかと思っていましたが、今日は新潟マラソン大会。朝の駅付近、ウォーミングアップの人がたくさん。そして、午前一杯、かなりの交通規制がしかれることを思い出しました。へたに新潟島に入ってしまうと帰れなくなって困る可能性があります。このため、駅南に戻り、軽く食べてこれから私も歩こうかと考えています。少し雨もぱらつきましたが、だんだん晴れる予報。参加者ヨロブンのご健闘、完走を祈願しましょう。

 写真は韓国のテレビドラマ。ちょっと意地悪な悪役の女性かな?デジカメのデータを確認、削除中だったので撮ってみました。何という女優さんか、お分かりの方、お教えいただければ嬉しいです。 それじゃ、もうすぐ出かけます。

030

028

 失敗失敗、2枚目が目的の写真です。もう少し大きく鳥を摂りたかったなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

普通の韓国を探して4484 愛校心の表れ

479


 「豊田歯科」、忠武路のホテルPJ(旧豊田ホテル)の入り口階段わきにあった看板はホテルの中に入っている歯医者さんのものでした。しかし一番大きく描かれているのは延世大学校の校章。地方都市でも歯医者、医者の看板、さらには医院名に大学校の名前を入れたところがけっこう見られますが、一番多いのが延大のような気がしています。愛校精神の現れもあり、ちょっと「えっへんっっ」という部分もあり、というところでしょう。

 自分も歯医者になってずいぶん経ちますが、大事なのは経験しつつ習得した技術と診断の力、それに、「ちゃんと患者さんに話せること、患者さんの話を聴くことができること」だと考えています。出身大学≒「高校3年の時にどれくらい勉強ができたかどうか」は、あまり歯科医師の質には関係ないということがわかりました。

 忙しかった土曜日の仕事、おしまいです。片づけて2連休。楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4483 慶北善山を歩く6 

226

 韓国の地方旅、町を歩くときはできれば市場を見ながら町の中心へ。その後は好きな道を通って宿、もしくは次の町への移動のための市外バスターミナルへ、ということが多いです。韓国戦争(朝鮮戦争)の激戦地でもあったこの善山、古い町は少ない、と前に書いたと思います。でも、できるだけ古そうな、普通の家々が並ぶ道に入ってみました。細くてゆるやかに曲がっているのがそんな町の目印になります。


227

 道路の状態もいろいろ。私道なのでしょうか?ソウルの山の町なんかもそうですが、素人仕事のように見えるセメントの階段とかもたくさん。そんな所にも古い町の味があると考えています。


228

 塀の状態も、各家ごといろいろ。やはりここ、石を埋め込んだ古いタイプとかはない感じで、戦争の影響があるのかなとも思いました。

229

 こんな路面もありますし、


230

 そこにまたいろんなマンホールやら下水孔やら。


231

 急に広い場所に出てきました。水色に見えてるのはおなじみ水道のメーター。きっちりしているようで、実はバラエティ豊か、新しい家もそんなふうになってるのが韓国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 忙しい土曜日です

147

 先日の北国街道ウォークの時の写真です。直江津から旧北国街道を歩きましたが、前半は上越市でも最も元気な町という感じで大型店が並ぶ道でした。ちょっと興醒めしつつ後半の田舎道歩き、稲田の古い町を見て、高田市内へ。ここでもけっこう曲がってた旧北国街道を歩いて高田駅。その後高田の本町、仲町を歩きました。1枚目、「みあり」という店。わかるひとはわかるソウルの地名です。韓国アジュマがやっているのでしょうか?


152

 これが仲町通り。飲み屋、料亭など飲食店が並ぶ通りです。高田へは80年代からバイトで毎月行っていましたが、夜の仲町通りはあまり知りません。「サラン」というのは韓国スナックでしょうか?行ってみたいです。


156

 これは駅前を過ぎて北の方。焼肉屋さんですね。


162

 ずっと仲町を北上。新しい道ができていたのでここで右手、東の方へ行き、新しい大通りを歩いて行きたかった中華の店を訪問。ちょっと贅沢して鮑と紹興酒を楽しみました。

 今日は午前は大忙し。午後はゆったり。がんばりましょう。午後に時間があれば新しい記事をアップしましょう。それでは皆様、よい週末をお送りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4482 秋夕前の中央市場から黄鶴洞へ

096

 90年代末から何十回行ったでしょう?ここの裏手のポジャンマチャで韓国語を覚えたと言ってもいいかもしれません、中央市場です。夕方などは混んでいますが、こんなに人が多いのは初めて。やはり韓国の人にとって秋夕は特別な時期なのだと感じました。


097

 北の端、馬場路近くになると少し歩きやすくなります。この屋根ができたのはいつだったかなぁ。一緒に、地面の排水溝も作られたのですが、その前のここ、雨が降ると大変でした。天幕にたまった雨水を、アジュマが棒を使ってざーっと流す風景、今ではあまり見られなくなっているのでしょう。わかる方、おられますよね。思わぬ方向から大水しぶきが飛んできてびっくりしたこと、昔は何度もありました。


098

 北口に出て、馬場路です。正面、ロッテキャッスルができてだいぶ風景が変わりました。昔の清渓川高架道路の両側、古い雑居ビルというかアパートというか、あれもまぁ、ソウルの一つの景色ではありましたけど。古い時期にソウルの市内中心部からタクシーでウォーカーヒルカジノへ通った人は覚えておられることと思います。


099

 馬場路の東大門市場方向。この景色はあまり変わっていません。


100

 往十里方向。こっちも、相変わらず食器、食堂家具、厨房機器、屋台のオーダーメイド、ガス器具、水道関係、そんな店がたくさん。食堂をやる前には黄鶴洞へ、そんな街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

とうちゃんの自転車日記731 前から行ってみたかった場所へ

013

 昨日は午前中、遊びに出てもいいということになり、早起きして柏崎と柿崎の境界にある大清水観音堂という所へ行ってきました。車で柏崎を過ぎ、もうすぐ柿崎というあたりで左へ。高速をくぐって山に上る細い急坂を行くとあります。標高200mとか。車も機械もなかった昔に、よくこんな場所に作ったと驚くような場所でした。

004

 今は道も通じなくなってしまってるようですが、もともと柿崎の人たちがお参りしたお寺のようで、西側の風景が大きく開けています。北陸自動車道と柿崎の町がよく見えました。天気がよければ妙高とかもよく見えると思います。


006

 車止め、とあるのは柿崎からの道の終点です。でも車も、歩く人もいなさそうな細い道でした。比較的整備された柏崎側からの道ばかりが利用されているのでしょう。

 飯綱神社というのも境内にあり、石仏などもたくさん。昔は神様仏様の展示場みたいなものだったのかもしれません。

014

 本堂の前の石塔。かなり立派なものです。左の明るいほうが柿崎方面。2枚目の写真のように景色がよく見える方向です。





020

 帰りは自転車で走りたいと思ってる刈羽郡の山道を通って国道17号に抜け、新潟に戻りました。写真は柏崎のコンビニ。やはり北陸道が見えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記730 松本市 西堀

079

 旅行の時はいくら遅くまで飲んでいても早く起きてしまいます。ホテルの朝食券を捨て、外で食事というのもよくやります。この日は松本駅から大糸線で島内駅。交換する列車に乗り換えて北松本駅。そこから歩いてお城の手前、西堀というあたりまで行き、南へ曲がると、「西堀」という、古い繁華街があります。「うら町」というのも古い繁華街なのですがどちらもさびれ気味だとのことでした。


080

 自転車の師匠である坂下先生がいますので2年に1度くらいは行っている松本市。この西堀でも飲んだことがあります。外国人の店が多いのです。ベトナムの店だったかで、カンボジア人だか、ラオス人だか、ものすごい美人に会ったこともあります。


081

 昔はもう少しこんな雰囲気の店、もっと広い範囲にあったと思うのですが、今はこの一角だけになってしまったのかもしれません。


082

 やってるの?と思うような建物に小さい店がたくさん。


084

 外観です。3階建て?


083

 上の1枚でも写っていますが、町角の椅子。韓国みたいですが、夜の客引き用なのでしょうか?濡れると困る布の椅子のようにも見えますね。夜はどんななのでしょう?この辺。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4481 慶北善山を歩く5

222

 善山の邑内のそのまた中心部、農協銀行の並びにはテグ銀行の支店がありました。日本だと都市銀行と地方銀行なんて区分がありますが、テグ銀行、釜山銀行、そんな地方銀行らしい会社は少なめに思えます。


220

 これは農協銀行の左手。でも、そろそろバスターミナルに戻ろうかと思います。


221

 農協銀行T字路の角、おもちゃだのの店です。最近は韓国でもアウトドアブームが起こりつつあるようです。昔から人口の多かった登山でなく、家族で屋外で楽しもう、そんななのでしょう。


223

 結局右へ、旧国道の方へ戻り、ターミナルへ向かおうと歩きはじめました。角の店の縁台にハラボジ。町角の椅子もそうですが、近所付き合いとかは韓国のが盛んなようです。よいことです。

224

 ベートーベンピアノ教室、かな?


225

 右へ入るとこんなバイク。ソウルでもいくらでもありますが、どこで改造してもらうのでしょう?車検とかが甘いのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 9日 (水)

とうちゃんの自転車日記729 松本市へ行って来た

098


 昨夜戻りました。大会だけでなく、同級生のオフィスを訪問、夜は昔の医局の同僚と会って仕事の話をしながら歓談、有意義な2日間になりました。長野県の松本市、最近は1年に一回も行かなくなってしまいましたが、からっとした感じのいい地方都市です。新潟市よりはだいぶ規模が小さいのですが、周囲はすべて山、扇状地に発達した都市です。また、山からの水が豊富で町のあちこちに水路があります。それが、澱んだ感じがなく、みなサラサラ流れている、そんなのが印象に残りました。

 もう一つ感じたのは外国人が多いこと。欧米人、中国人、駅の他、町のあちこちで目につきました。観光資源という点では長野県、日本でもかなり恵まれた県であるのでした。おいおい写真を含め紹介します。

 写真は昨日のお昼に食べた蕎麦のときのもの。タクシーの運転手さんに松本城のそばで美味しい蕎麦の店を推薦してくださいと頼んで行った「こばやし」という店のものです。私たちの後からも学会関係、また一般の観光の人が続々来て、店を出るときには外に行列ができていました。この運転手さんの件でも、非常に稀な偶然の出会いがあったのですがそれもまた稿を改めます。

 本日も休みですが、わたしが留守番を務めます。2日間やってくれていた家内に感謝しましょう。

068

 こちらは、早起きしてちょっと乗りに行った大糸線島内駅。筏橋駅のように、ホームの端に駅舎への通路があるため、通常とは逆のホームに入って列車交換するのでした。写っているのが下りの有明行きで、これに乗ってきたのです。急いで右手の駅舎で帰りの切符を買い、またホームに戻るときの写真です。松本行きの電車は左のホームに着くので、左側通行のJRとしては例外的な交換なのでしょう。言ってること、お分かりかな?

 実は松本電鉄に乗りたかったのですが、ちょうどいい時間の電車が無く、比較的本数のある大糸線で180円+140円乗って往復しました。帰りが140円なのは、北松本で降りて早朝松本の古い町を散策したからです。松本市、天気がよかったのもありますが、雲がきれいだなぁと感じた出張でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 7日 (月)

2013年10月7日 新潟駅から高速バスで出発予定

001


 おはようございます

 写真は新潟駅、東側跨線橋からの1枚です。左の高架部分が新幹線の新潟駅、下は在来線ですが、前にも紹介したように、高架化工事が始まって、すでに左側の5、6、7番線は撤去され、この写真の右後方(見えません)に新しく仮の8、9番線ができました。「ミニ大宮駅」のようになるという話ですが、まだまだ相当時間がかかるようです。

 今日は出張。嬉しくて早く起きてしまいました。医院の駐車場に車を置いて、万代口へ歩き、長野行の高速バスに乗って長野駅。そこからはお昼ご飯を優先するか、JRに乗るか、また高速バスに乗るか、まだ未定。交通機関の接続やお腹のすき具合で決めましょう。

 目的地は松本市。明日の日本矯正歯科学会大会に参加します。時間があれば、新潟大の同級生、自転車の師匠でもある坂下さんのオフィスを訪問するつもり。夜は懐かしい医局仲間と食事します。2日間、のんびりリフレッシュ、そして少しだけお勉強、と考えています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記728 上越名物? を食べてみました。

010

 上越市はかなり前に城下町だった高田と港町だった直江津が合併してできました。父方の田舎が新潟県だった東京人としては、ついつい上越線のほうが頭に浮かんでしまい、なんだか違和感がありましたが、数十年が過ぎ、やっとこそんなイメージが消えた感があります。南口から出て関川の方へ。堤防沿いの道に出ると簡素な建築の店があります。ネットで見て前から来たかった店です。


012

 店名は「かけそばつかだ」。製麺所がやっているのでしょうか?手軽なそばやとしてネットでも有名な店です。


011

 ゆで麺のそば、うどん、そして、これは珍しい中華の3種の麺があるのです。伸びてしまいやすい中華そばはあんまりゆで麺って無いと思います。一番高い天玉中華の食券を買いました。それでも300円。よく利益が出るものだと思うし、お客さんがたくさん来る人気店なのだろうなと思いました。 すでに茹でてある中華めんをデボに入れて湯がき、丼に入れてつゆを注ぎ、生卵とほとんど玉ねぎのかき揚げを載せて薬味の葱を振って出来上がり。つゆはそばうどん共通の和風だしですが、違和感なく食べられます。予想通り麺は柔らか目で、コシが、なんてのは言えませんが、あったかい一杯、美味しく食べることができました。しかし周囲を見るとあまり天玉は食べてる人がいません。もっとあっさり系のわかめうどんだのが目立ちます。私も、この後3時間も歩いたのですが前半はちょっと胃のもたれが気になりました。次回はわかめうどんに卵入りくらいにしておきましょう。でも、ほんと、8時からやってて200円台であったかい一杯が食べられるいい店です。感謝感謝。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4480 慶北善山を歩く4

214

 善山のメインストリートです。古い町だと、ソウルはじめ風水に基づいた町づくりがなされています。小高い山を北に、というのが基本でしょう。ここも中央通りの先は突き当りのT字路で、その後ろは少し高くなっています。


215

 亀尾漆谷農協の動物病院がありました。韓国の地方を歩くと、犬や猫でなく、豚や牛のための動物病院、ちょっとした町にも見かけられますが、ここは農協の病院、立派な建物でした。でもここに牛や豚が来るのかな?それとも往診するのでしょうか?


216

 左手の脇の道ですが、モテルが見えてて、ずっと家が並んでいます。昔の釜山から漢城へ行く街道沿いの町ですから、このあたりの中心地だったのでしょう。何度も書いた通り、日帝時代になり京釜線が交通の主流になってからは発展がゆっくりになった、そんな街です。


217

 上の標識は「南門路」となっています。やはり城郭都市だったのかもしれませんね。昔の地図がある方はご覧ください。また、突き当りも農協関係の施設のようですね。右の黄色い看板は子供保護ゾーン。初等学校も町の中心にあることが多いです。


218

 柳歯科さんがありました。ついつい同業者は気になります。


219

 メインストリートの突き当り、やはり農協でした。南門の方に、ハナロマート、真中へんに「動物病院」、そしてここも農協で、「農協銀行」とあります。日本の「郵貯銀行」みたいな感じのネーミングですね。さて、ここから右へ行くか左へ行くか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

2013年10月6日 今日はのんびり

382


 午前午後とも働きますが、ゆったりの日曜日、時間をとっていい仕事をしましょう。

 写真は2年前のもの、やはり矯正学会で行った名古屋市の風景です。水がある風景、やはり心が和みます。明日は松本、水のある風景というと、、、松本城のお堀でしょうか?

 心が和むと言えば、座禅? お寺へ行って坊さんにぶたれなくても、自分の家で一人でやるのも座禅です。大仏様のように下で手を組まず、合掌して座るのが好きな私ですが、一人で座して合掌、そして目をつぶると、やはり心が落ち着きます。ほんの数秒でもいい気持ちになれると思います。皆様もお試しください。

「座って、合掌して、目をつぶる」です。

 これって日本人だけでしょうか?韓国の方、いかがでしょう?やはり手を合わせて目をつぶる、それだけで、心が和む感じ、ありますでしょうか?

 さて、洗濯ものの整理、そして掃除を始めましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4479 慶北善山を歩く3

206

 善山、新潟市の古い繁華街、古町にある焼肉屋の名前の町を歩いてみました。お昼は尚州でミルミョンを食べて、夜までにソウルに帰る、そんなことだけ決めての韓国地方旅です。看板は「チャムセパンアッカン」、チャムセって雀のことでしたっけ?「パンアッカン」は、唐辛子を挽いてもらったり、大豆をきな粉にしてもらったり、ごま油を作ってもらったり、そんな業種で、日本にはそんな業態はありません。新潟韓国教育院、そんなことも教えてもらったいい学校だったなぁ。


207

 5・16食堂。朴大統領の軍事革命の日でしたっけ?済州島に516道路というのがありましたね。8・15は光復節という名前がありますが、6・25だの、あとは、、、馬山事件は何日でしたっけ?済州4・3とかは不幸な話なのであまり出てこないみたい。あとは、光州民主化運動(光州事件、光州事態)も数字があったはず。ともかく、そんな名前の店がありました。


208

 脇道の古い長屋は、、、ガラス部分が多いのは日本式でしょうか?戸の上に装飾があります。まぁ、こんなふうに、寄り道しながら知らない道を歩くのが私のスタイルです。


209

 コチュと、、、緑の茎というか皮みたいなのは何でしょう?


210

 どこの町にもタバンはありますね。


211

 日本製の品物の店?ソウルの下町なんかにもありますが、商売になるのかなぁ?昔はともかくこれだけ簡単に個人で往来できる時代ですからね。


212

 モテルニューソウル。平屋かな?なんか、こういうの好きです。だから地方歩きはやめられません。


213

 パンチプ。これも教育院の昔の教科書にありましたが、パンの店が洋菓子店も兼ね、喫茶店も兼ねていたのです。90年代、韓国のパンとかケーキとか、ちょっと失礼ながら遅れていました。コーヒーもそうですね。わざわざ「生クリーム」と表示していたのがちょっと前のように感じますが、今は地方でも美味しいパンをそこで焼いてという店が増えているのでしょう。コーヒーショップも一緒。とにかく、変化の速い韓国、やるとなったらすぐにやる韓国。流行するとみな追いかける韓国。いい点でもあり、短点でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4478 天安市 日帝時代の痕跡

193

 天安の南山中央市場、南山公園前から北へ伸びるアーケードは少しずつ上るようになっていました。南山公園へは京釜線に沿ったバス通りを歩いたので、帰りは市場を通り抜けたまま、小高い丘のようになった古い町を行くことにしました。1枚目、市場の北、すぐの商店がいですが、道が不規則に分かれてて古い町であることがわかります。商店街だからというのもありますが、古い韓屋は全然なく、古い2階建ての商店が多い感じでした。もしかしたらここら辺が日帝時代の天安の日本人が多く住む地域だったのかもしれません。


194

 さらに駅の方へ進むと、どこか日本でも見たような風景。小高い丘の頂上の平地が初等学校になっています。韓国でも「勉強、修行は山で行う」という風習があるのか、大学校はたいてい山にあります。寄り道になりますが、校門の方へ行ってみました。


195

 門は新しいもののようですが、両側の石造りの門柱、どうも日帝時代の国民学校の時からの石柱です。学校名は外されていますが、ここ、きっと日帝時代につくられた天安市でも一番古い小学校の一つなのではないかと思いました。

 日帝はいいこともやった、という説もあるにはありますが、人の家に土足で乗り込んでそこに住んでいた人を追い出して改築したようなもの。決して肯定はできないと考えていますが、ソウルから長項線の分岐点であったこの天安。湖南線の分岐点だった大田、昔からの朝鮮の大きな町だったテグ、そして釜山、京釜線が走る都市にはきっとどこか、日帝時代の名残があるのだと考えています。 昔は天安神社だった天安南山公園の訪問、残念ながら前に来た時のような「神社の名残」は、消えてしまっていましたが、にぎやかな市場、そして、この昔の日本人町であったであろう場所を見ることができてよかったと思います。

 

 昔、井邑に泊まってタクシーを借り切って、あの辺の田舎、神谷さんの本にあるような、日帝時代の名残を残す町を歩きました。昨年には群山シティツアーで、日帝残滓めぐりをしました。私の韓国地方旅、これからもそんな旅を続けるつもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

普通の韓国を探して4477 秋夕ソンムルを見せてもらった

063


 秋タは秋田みたいですが、秋夕(추석=チュソク)、中秋節で、陰暦の8月15日だったかな? 旧正月(旧正=구정)とともに韓国の大事な行事のことです。今年は9月20日で、前後を含め3日間が祝日。22、23が土日でしたので、韓国では19日から23日までの5連休。19日の仁川空港が大混雑というのは少し前に書きました。

 今朝の記事で、秋夕の実家というかお爺ちゃん、おばあちゃんの家への贈り物(膳物)はけっこう張り込むって書きましたが。前から何度か泊めてもらったことのあるハルモニの家で息子さんからのそんなプレゼントを見せてもらいました。国産韓牛カルビの2.4Kgに、カルビチム用のレトルトがついてるセットです。箱は保冷箱ですのでかなりの大きさ。開けてみたらこんなくらい。でも、1パックがけっこう深さがあって、800gの骨付き牛肉が3つ入っていました。高い肉だと韓国でもグラム10000W以上しますので、2~3万円でしょうか?なかなかそれだけ牛肉に張り込むのは勇気がいる日本人です。

 カルビというと日本人、カルビクイ(カルビ焼肉)を思い浮かべがちですが、一般家庭では煙も出ますので焼くのは困難。ということで、カルビチムが調理法の主流だと聞いていましたが、ちゃんとカルビチム用のレトルトヤンニョムが入っていました。あとは栗だのなんだのを入れて煮込むのでしょう。最近カルビチムに興味を持っている私、肉は持ち込み禁止ですので、こんなヤンニョム(味付け用合わせ調味料)を今度買ってきたいと思います。安い、アメリカ産か豪州産のカルビがあればいいのですが、新潟で売っているとこ、あるのかなぁ、、、

 さて、忙しい土曜の仕事を終え、帰ります。明日も仕事、今日に比べればのんびりですが、ちょっとだけ飲んで食べて、早く寝ようかと思います。 皆様、よい週末をお過ごしください。それじゃ、また。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月5日 한국 가고싶다.

075


  忙しい土曜日です。今週は明日も仕事。本業以外もちょっと忙しい週末になりそうです。来週は松本市で日本矯正歯科学会大会。大学医局時代の友人と会うのが楽しみ、あまり美味しいもの、というイメージが浮かばない長野県ですが、「何を食べるかよりも、誰と食べるか」のほうが大事。楽しく話して、少し勉強してこられたらと考えています。

 写真は鍾路1街。秋夕2日前、9月18日の月です。フォーカスは信号灯のブラケットに合っていますが、銀杏でしょうか?街灯に照らされた木の葉も案外きれいに映ってくれました。

 真ん中の看板は中国語学院の広告?今年に入って始めたベトナム語はあえなく挫折。文字が違うんですもの。難しいです。代わって始めた英会話も、後期は同じクラスの時間が変更になり、少なくとも同じレベルのコースは受講できません。さて、どうしましょう? 

 大事なのは今ここにいる私の行動、とにかく、今を大事に、できれば楽しく生きたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4476 慶北善山を歩く2

1931

 善山のメインストリートです。しかしこのまままっすぐ行くのは面白くないので、一度町の入り口の方へ行ってみます。


1941

 善山農協のハナロマートです。大小の差はありますが、邑、面、かなりの田舎でもそこの中心の町にはあります。この辺、車で出かけないといけない、もしくは車の移動販売に頼る日本より進んでいるように思えます。


1961

 昔からの街の南端、復元されたものでしょうが、門がありました。となるとここも城郭があったのでしょうか?少し前の市場の写真はこの右側あたりです。ここで引き返します。


197

 やっぱりちょっと邪魔っけな水道メーター。何でこんな場所にあるのかな?とも思います。


198

 けっこう店が並ぶ通りを北へ進みます。


204

 ちゃんとモテルもあります。これくらいの街に泊まってというのも面白そうです。


205

 これは何を撮ったのだっけ?? そうそう、「安全第一」という工事用の柵だったと思います。古い韓国のことを書いた本で「安全運転」という言葉が無かっただか、読んだことがありますが、こういう新しい言葉、案外自然に日本から伝わったというのもありそうです。互いに見習うべき点が多い二つの国、世界で最も仲良くなれる2つの国だと思うのですがねぇ。あれやこれやのいざこざ、マスコミや政治家のポーズ、のように思えて仕方がない私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4475 倉洞ハナロクラブ 8月17日と9月19日

160


  8月17日の倉洞ハナロマート、野菜果物売り場です。自分用と土産用の松の実を買いに行った時のものですが、広い売り場なので混んでいる感じは全くありませんでした。基本的に韓国産の農産物を扱っているという信頼できる店だとのことです。

058

 こちらは約一月後。9月19日の秋夕連休初日のほぼ同じ場所の様子ですが、びっくりしました。秋夕膳物専門の売り場もできていて、その他一般の品物を大量に買う人のカートでごった返していました。代表的な高級プレゼントである、韓牛カルビ、鮑、クルビなんかもたくさん。高いものでは100万Wを超えるセットもあります。牛肉を何万円分も買ったこと、ずいぶん前のバブル時代の名残だった頃、関西へ行った時に一度だけやったことがありますが、使う時には使う、韓国もすごいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 4日 (金)

普通の韓国を探して4474 거치장소=こちじゃんそ???

026


 和製韓国語で「コチュジャンソース」なんて言葉がありそうですが、「コチジャンソ」って何だろうと思いました。장소は初学者でも知っていそうな「場所」ですが、「コチ」は自称「上の下」の私も浮かんできません。月に数回しかひかない小学館を見てみると「据置」という漢字語なのでした。上半分の自転車をどうにかする「場所」だとはわかりましたが、据置なんて漢字語が普通にあるとは思いませんでした。「堅い感じの漢字語がたくさん残っている国」が韓国です。

 場所は、勘のいい方ならわかると思いますが、停車駅の表示から某空港鉄道であることがわかります。一度、韓国へ自転車を持って行って乗りたいなぁ。

 もう一つ、漢字語の話を思い出しました。「자전거」は「自転車」そのまんまの漢字語です。普通のよくある読みだと자전차となりそうですが、「車」という漢字は韓国では珍しい2つの音読みを持つ文字の一つ。本来は昔の王様が乗るような車とかを「거」と言っていたそうですが、人力で動く自転車も「チャ」でなく、「コ(ゴ)」なのだとか。 他には無いものだとばかり思っていましたが、先日飛行機に乗った時に読んでいた新聞で、「留学よりも起業」だかいう記事がありました。ソウルの大学生が「人力車」を作って、観光客向けにソウルの鍾路区あたりを案内する商売を始めた、という話なのですが、そこに出てきた単語が「인력거」でした。最初はこれも「ん?!」と思ったのですが、写真があったのですぐに「人力車」のハングル読みだとわかりました。

 漢字を知っている日本人には韓国語は比較的学びやすい外国語ですが、ちょっとした特別な部分があるのに遭遇します。まぁそんなのも外国語学習の楽しみの一つかもしれません。

 夜間診療の金曜日、あと1人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記727 10月2日北国街道ウォーク1

002

 朝の新潟駅です。犬の散歩を家内に任せてのウォーキング。今回は直江津と高田の間の北国街道歩き。始発の高速バスで出発しました。


003

 高田駅行きのバスだったのですが、できれば高田から直江津でなく、直江津から高田で歩きたかったので、途中、潟町という停留所で下車しました。18分の接続で信越線の直江津行があるのを調べておいたのです。階段を上がり、上に見える橋を右へ行くとすぐ駅、というわけです。


007

 何の変哲もない田舎道を歩いて行くと蓮池の向こうに潟町駅が見えました。よしよし、計画通り、と思っていましたが、直接駅へ行く道が無いのです。慌てて戻って左手にあった歩道橋を渡り、かなり大回りしないといけません。


009

 ゆうゆうのつもりだったのが最後はちょっと走って駅へ到着。何とか間に合いました。


013

 直江津駅の写真は何度もアップしてますのでパス。少し戻って関川に架かる橋を渡るところです。直江津の街、あまり高いビルは無いのですが右手に見えるNTTの塔、この2時間くらい後、高田にかかる稲田橋という橋の上からもこれが見えました。何だか嬉しかったです。


014

 ここが起点の春日神社。春日新田という宿場だったそうです。


017

 昨日の写真にあった踏切を渡り、北国街道ウォーキングのスタートです。しかしこの先、意外や意外、ちょっと私には興ざめする道を行くことになったのでした。つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4473 이게 뭐야?

174

 4号線倉洞駅そばの駐車場のフェンスに括り付けられた「車」です。車としか言えませんが、何でしょう?これ。


175

 手作りですが、かなり丈夫に作られています。人が乗るものでもなさそう。何か重たいものを運ぶための車?でも、2輪ですのでそれも難しいかな?착한존복(真面目な鮑)という店(昔は横城韓牛のカルビチプだったとか、4号線からも見える大きな店です)に行く途中でしたが、カメラを取り出して撮影。

 どなたか、これ、何だかわかる人おられますか?コメントお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4472 慶北善山を歩く1

184

 バスターミナル前のタクシー、客待ちの間はお喋りしたり、自販機コーヒーで一服したり。よくやっていけるなぁと思うくらい、待ち時間がありそうな田舎のタクシーです。


185

 まずは町の中心と思われる方へ歩いてみます。この2枚はすでにアップしてたかな?


1871

 初めての町はいつも新鮮な気分で歩けます。


188

 面白そうなものがあればパチリ。


189

 道路が不規則なのが古い町の証拠。


191


192

 メインストリートでしょうか?邑事務所とか農協、初等学校、そんなのがある方を目指します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

2013年10月3日 大韓国人 安重根

004

 90年代後半に流行った車の後部に貼るスティッカーです。わかる方がおられたら嬉しいです。左手の薬指が短い手形のはんこ。「為国献身軍人本分」にもあるしるしです。大柿国人と間違えられたこともありました。


288

 鍾路3街の裏通り、小さな食堂がならぶ通り。サンシャインゲストハウスの門の前の食堂。飛行機だけ予約して、仁川空港の案内所で宿を紹介してもらった旅行のときのもの。

 韓国、旅券と、航空券、そこそこのお金があれば安全に楽しめる近くて近い外国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4471 괜찮아요? 慶尚北道亀尾市善山邑にて

190


 犯人は車でしょうね、うん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記726 昨日のウォーキング

016

 おはようございます

 

 今日は留守番なのですが、10時くらいまでと言って出てきました。昨日は久々、しっかりのウォーキングができました。軽い朝食の後、お昼の食事までの約4時間、座っての休みはほとんど無しで歩きました。万歩計の数値は33000なんぼ。新しく買ったサンダルで、裸足だったため、大きなまめができてぐずぐず皮が動く感じ、おわかりでしょうか?疲れよりもそんな足のコンディション悪化のため、お昼でやめたというところです。帰りは用意していた靴下を履いてゆっくり歩いて戻り、夕方には自宅。まめも破けないで済みました。

 写真は9時前のスタート付近。神社の写真を撮っていたらちょうど踏切の警報が鳴りだしました。何が来るかな?と思ったらこれでした。

170

 こちらは午後1時頃、お昼は前から行ってみたかった店で、ちょっと豪華に食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 2日 (水)

2013年10月2日 おはようございます

116


 今日は休みです。明日は家内が友人と会う約束があり、今日がとうちゃんの休み。ちょっと高速バスに乗って、あまり知らない町のウォーキングに出かけます。午後から天候が崩れるという予報ですので、早く出てきました。これから駅へ向かい、始発の高速バスに乗ります。車では何度も行っている県内の某都市、じっくり歩くのは初めてかもしれません。とても楽しみです。 美味しいものも食べられたらうれしいです。

 写真はやはり高速バスで初夏に行って来た郡山市の繁華街。駐車場ばかりが目立ちましたが、車を置きやすくなった=お客さんが戻りつつある、そんな雰囲気も感じられました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

普通の韓国を探して4470 ちょっと寂しかった善山市場

1971

 慶尚北道、亀尾市善山の市場です。正面が邑事務所だの初等学校がある昔からの街の中心へ行く道。善山のメインストリートです。

 前にもちょっと書きましたが、昔はこの善山は交通の要所で、歴史のある古い町だったそうです。でも、鉄道が開通して、またセマウル運動などで亀尾付近に大工業団地ができたりで、今は亀尾市になってしまった小さな田舎の町です。ターミナルの割合そば、町の入り口に善山市場がありました。


1981

 1枚目の写真の左方向の画像。町の端なので、道が広いです。


199

 入り口には派手な看板の刺身屋。流通のいい韓国、山の中でもどこでも活魚の刺身が食べられます。


202

 さて、市場の中は、と思うとシャッターが下りたままの店多数。新しくアーケードを設けたようですが、寂しい状態です。


203

 こんな雑貨屋というか荒物屋は商品が長持ちするからいいのでしょうが、野菜や魚、肉の店なんかはお客が少ないとやっていけません。市場を改装したときはどうだったのかな?と思いますが、こんなさびれた在来市場、韓国の地方都市のあちこちで見ることができます。


1951

 通路の地べたに小さな商売を営むアジュマ。かえって身軽な小さな商売だからやって行けるのかもしれませんね。自分の家で作った、自家用分の余裕を売って現金収入を得る。そんなでしょう。

  1枚写真を追加です。魚以外の海産物の写真と名前ですが、みな大好きです。韓国語学習者のみなさん、読んでみてください。セウがアイなのかオイなのか、まだ覚えていない私です。犬と蟹はわかるのですが。

200

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月1日 歳月이 빠르다.(歳月は速い)

001


 もう10月、年をとると本当に1年が短く感じられます。できるだけ楽しく生きたいものです。断捨離をして、そこから禅的生活を目指すようになり、お茶も始めて、と言う私ですが、座右の銘みたいなの、あれこれ本を読んで自分なりにまとめました。少し前にも書きましたが、

*感謝して生きる=感謝

*執着心を捨てる≒無欲

*今ここにいる自分の行動≒行動

 大体こんなふうになりました。同じようなこと、あっちこっちの本に書いてあるかもしれませんが、感謝、無欲、行動、と時には口に出して唱えつつ生活しています。

写真はたまにお昼を食べに行く東横というラーメン屋さんの前の天理教の施設。「感謝、慎み、たすけあい」とあります。似てるなぁ、と思っての1枚でした。銀行へ行くときなど、旗を持って歌を歌って拍子木をたたいて歩く天理教の人たちをよく見かけます。長く続くということは、それなりにいい所がある宗教なのだろうなと想像しています。感謝、無欲、行動、です。

 お茶を入れて、座禅をちょっとして、働きましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4469 천안남산중앙시장

185

 タイトルは「天安南山中央市場」です。

 天安神社がすっかり面影をなくしていたのにちとガックリ。その後は市場を抜けて駅方面へ戻りました。観光客、また、韓国の専門家というか、韓国関係で飯を食おうとしてる人たちと比べても、地方歩きに関しては負けていないと思う私、あちこちで、「きれいに改装してアーケードを設けたけどお客さんが少ない在来市場」を見ています。でも、ここは違いました。立地か?それとも何かの努力があるのか?秋夕前ではあったにしてもこんな賑やかな在来市場、ソウル、釜山以外では久々に見ました。


186

 非常に高さのあるアーケードになっています。天安は4回目、90年代後半に天安神社址を訪問したときも大きな市場だった記憶はありますが、いつこんなふうにしたのでしょう?


1871

 空き店舗がほとんど無い、これは地方都市の在来市場では珍しいことです。


188

 一番の気に入ってる写真。犬がいます。あと、後姿のアジュマの引く買い物カート、最近ソウルでも多く見かけます。袋が有料、ごみを減らそうという動きは日本よりも先行しているように思えます。広告ビラは相変わらず多いけれど。


189

 観光客が市場で写真を撮って怒られた、なんて話もよくありますが、生鮮食品、魚、肉などは特に写真を撮るのを嫌われることが多いです。特定の店、品物でなく、風景として撮っていればあまり咎められたことはありません。もしくは、ちゃんと申請して許可を得ています。


190

 レターが似てるハナロマートならぬ、ハーモニーマート。大バーゲンセールの「大」くらいは誰でも読める漢字なのかもしれませんね。


191

 流石にはじっこまで来たら人が減りました網に入った黒いものは紅合、ムール貝とかムラサキイガイというやつで、韓国ではものすごく消費します。安くてポピュラーな海産物の一つです。

 しかしここ、なかなか元気な在来市場です。わざわざ行くほどでもないですが、嬉しい賑わいを見ることができました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4468 静かな裏通り 鍾路3街

044

 楽園商街裏から、鍾路税務署のある広い道でなく、1本南の細い道を東へ歩きます。似たような路地に似たような家々。でも、こんな風景も5年10年後には消えてしまってる可能性があります。


045

 めったに行き止まりになることはありません。すれ違う人がいたら、安寧でしょうか?と挨拶&スマイル。


046

 結構歩いている街なのですが、完全には掴めていません。歩く方向は常に頭に入っています。


047

 この先は右へしか行けませんが、それであそこに出られる、くらいの見当は付いています。


048

 振り返っての1枚。


049

 目標はこれ。ガイドブックや観光HPにも紹介される路地裏の超人気店、鍾路カルククスだったか、鍾路ハルモニククスだったか。お昼時には行列の店。どうも地元の人が集まる店、観光客が邪魔してはいけないという気持ちがあり、いつも混んでいるここ、入ったことがありません。相席当然なのでしょうが、近々行ってみようかとも思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »