« 2013年10月25日 日帝時代にあった韓国の神社址 | トップページ | 普通の韓国を探して4504 尚州市中心部 伽耶ミルミョンへ »

2013年10月26日 (土)

普通の韓国を探して4503 ソウル濁酒の長寿マッコリ

086

 誰でも知ってる長寿マッコリ、ソウル濁酒という会社の製品で、1000Wちょっとで買える嬉しい酒です。運が良ければその日に瓶詰した、沈殿物ゼロのものも飲めたり、ソウルへ行く楽しみの一つです。これは梨泰院クラウンホテルの部屋ですが、2本、ちょっと蓋が違うのにお気づきでしょうか?

 ソウル市内に確か6つの醸造所があり、それぞれちょっとずつ違うという話を聞いています。


087

 2本の瓶、キャップも違っています。どっちがどっちだか忘れましたが、片方は道峰区倉2洞、スユリからちょっと行った牛耳3橋という橋のたもとにある倉洞醸造所のもの。ソウル旧市内で飲むとこれに当たる可能性が高いような気がしています。もう一つは中浪区の面牧洞だったか、そちらのものでした。

 往十里にあった配送所の写真、ここの古い記事にあったと思いますが、工場から市内の主な場所にある配送所に送られ、そこから各スーパー、コンビニ、飲食店などへ配達されるものと思われます。中には、私は○○醸造所のものが一番、なんて方もおられそうですが、私は日付が新しくて、冷えていればオーケー。夏でも冬でも美味しい長寿マッコリです。

  追記:長寿マッコリの工場、江東区、恩平区、永登浦区、城東区、中浪区、九老区、道峰区、合計7つでした。

|

« 2013年10月25日 日帝時代にあった韓国の神社址 | トップページ | 普通の韓国を探して4504 尚州市中心部 伽耶ミルミョンへ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/58455072

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4503 ソウル濁酒の長寿マッコリ:

« 2013年10月25日 日帝時代にあった韓国の神社址 | トップページ | 普通の韓国を探して4504 尚州市中心部 伽耶ミルミョンへ »