« 普通の韓国を探して4524 これからは中国語が増えるのかな? | トップページ | 普通の韓国を探して4526 しかし何でこんなに武骨なんだろう »

2013年11月11日 (月)

普通の韓国を探して4525 ピチョゲとコマク

597


 韓国の食堂のおかず、また最近増えている「おかず屋(パンチャンチプ)」の店頭などでも小型の貝の醤油漬け、よく見かけると思います。それがこの写真の右側のネットに入ったやつで、サルボウ貝と呼ばれる小型の赤貝の仲間、韓国ではコマk(コマク)と言います。年中あって、たぶん、ふつうにパンチャンの一つとして出るので高くはないものだと思うのですが、順天とか筏橋、そんな半島南部の干潟が発達した場所での名物です。コマクのフルコースなんてのも聞いた事がありました。

 でも、なかなか見なかったのが右の「ピチョゲ」と呼ばれるアカガイ。それほど大きくありませんが、みなちゃんと生きているのを売っています。これは鳥致院市場の中の魚屋の店頭のものですが、どうも年中あるものではなく、秋から冬に出るみたい。 この春、トリガイで腹一杯というのをやりましたが、次は赤貝かなと思っていた私、どうやって食べるの?と尋ねたら「焼いて(クウォソ)」とのこと。せっかくの新鮮なアカガイ、刺身で食える店、今度探してみましょう。また30000Wでお腹いっぱいになれる店、あるといいなぁ。ちなみに、ここではキロ万Wとのことでした。

|

« 普通の韓国を探して4524 これからは中国語が増えるのかな? | トップページ | 普通の韓国を探して4526 しかし何でこんなに武骨なんだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/58553783

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4525 ピチョゲとコマク:

« 普通の韓国を探して4524 これからは中国語が増えるのかな? | トップページ | 普通の韓国を探して4526 しかし何でこんなに武骨なんだろう »