« 2013年3月3日 - 2013年3月9日 | トップページ | 2013年3月17日 - 2013年3月23日 »

2013年3月16日 (土)

すばらしい韓国の食事743 時間がないときのキムパプ包装

140

 ちょっと前の記事、5時40分過ぎに鍾路5街のモテルを出発して、地下鉄を乗り継ぎ、江南の高速ターミナル駅。セントラルシティ6時40分発の高速バスにぎりぎり乗れた時の朝飯です。

 水は宿のサービスのものを1本持ってきています。切符を買ったのはもう6時半を過ぎていました。バスは発車ホームに入っている時間です。さて、と、、、こういう時にはキムパプの包装が一番。切符売り場の先、乗降場の手前の食堂で3000W。すぐに手渡してくれます。


141

 乗車して、出発。一息ついてからいただきます。アルミホイルを開くと、端っこの一番具がたっぷりな場所が見えてきました。お腹がすいていれば何でも美味しいものです。水を飲みながらのキムパプだったとしても。


142

 断面です。なぜかヘム(ハム=キムパプ用の初めから細長く切られたもの)が入っていません。野菜、それも生の野菜が多い感じ。何も言いませんでしたが3000Wにする、ちょっと付加価値をつけるために、何も言わないでの包装でのキムパプは「野菜キムパプ」になっているのかもしれません。あまり日本では食べない生のニンジン、よく咬んでいただきました。でも、やはり、キムパプの醍醐味はタクアン(たんむじ)とヘムの味が混ざるところだと思っています。次回はもう少し時間の余裕を持って行動しましょう。

 最後の予約の方が変更。片づけに入ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4187 防寒服姿の安重根?

169


 長項線の駅がある忠清南道洪城の駅近くにある洪城市外バスターミナルから、ちょうどあったバスで洪城郡の南塘里南塘港へ行く途中。バスの車窓からの1枚です。町の中心あたりの三叉路の真ん中に園地があって、でっかい銅像。刀を持って北西のほうを指さしています。長いコートに毛皮の帽子?確か安重根義士も一時は満州のほうへ逃れて抗日の義兵を組織していたはず、満州は寒いから、防寒服姿の安重根義士かと思ってしまいました。

 1時間弱バスに乗って南塘里。トリガイのしゃぶしゃぶでお腹いっぱいになって、またバスでこの洪城の邑内へ。駅まで乗らずに町の真ん中で降りて五日市を見物、その後歩いてターミナルへ戻る途中に確認しましたが、この銅像、映画「将軍の息子」で有名な金斗漢のお父さん、金佐鎮将軍なのでした。

 そういえば南塘里へ行く途中の町に金佐鎮将軍生誕地だかいう看板がありましたが、あまり日本人が知らない、韓国の偉人の一人です。かくいう私も将軍の息子の「将軍」というくらいしか知りません。「将軍の息子」1、はなかなか面白く、中古VHSで何度も見ました。「林の親分」でデビューしたあの男優さん(シンヒョンジュンさんでした)の初演作でもあるし、キムスンウさん、学生馬賊の頭目など、見たことある俳優さんがたくさん出演。でも、肝心の主役の人はその後あんまり当たらず、「スカイドクター」だの、「チューブ」だの、ちょっとぱっとしない感じが残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4186 江南 瑞草洞の普通の街

107

 江南駅から10分ほど歩いたソチョ洞の普通の街です。ウソンアパート、ムジゲアパート、そんな古めのアパートが並ぶ江南の住宅街。初等学校がありました。韓国お得意の標語が掲示されています。読める方、読んでみましょう。


106

 校門前の歩道のガードレール。何かと思ったらテッコンドー体育館(道場)の広告のよう。プリントとかたぶん安く簡単にやってもらえるのでしょう、こういう横断幕、あちこちで見かけます。群山シティツアーの錦山女子高等学校のトンアリのところでもありましたよね。

 そういえば、今は日本でも当たり前になりましたが、こういう出力をしてくれる店、昔から韓国のが進んでいました。学会のポスター展示、韓国の先生の発表は1枚、でかいのを持ってきてぺたっと貼るだけ。今は日本でもそれが普通になりましたが、かつては何枚もプリントしたのを張り付けていました。


105

 リンゴのトラック露店販売。小白山豊基とあります。栄州の隣の町です。峠を越えると丹陽、そんなソベクサンの麓、確かにリンゴ畑がたくさんありました。わざわざソウルまで行商に来ているのかな?昔、ニュースで見たのですが、やはり慶北のリンゴの産地で売れ残りが多く、現金の代わりに、ジュースで代金を受け取るだのいう話がありました。韓国の農家、たいへんです。リンゴも柿もとても安いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記763 東京ウォーキング11 3コーナーズ歩き

114

 崖の上にのぼる道です。


115

 こんな感じ。


116

 まずは下の道をちょっと行って、やはり上へ行こうと引き返しました。


118

 こんな坂。途中、階段もあります。


119

 上がってきた方向を望みます。


121

 猫がいた。


122

 見えるかな?昔の井戸の手押しポンプがありました。


123

 たくさん路地が分かれています。


124

 まだまだ進めるのですが、この辺で渋谷区、世田谷区方面へ足を進めましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

2013年4月15日 恒例 春の買い物

073


 お昼を食べに出たついでに、これ、買ってきました。最近は年に1冊しか買わないことが多いけど、私には必需品です。昨年、韓国の観光交通時刻表が廃刊になったこと、ここでもお知らせしましたが、日本でもスマートフォンの普及でだんだん売れなくなってきてるのかもしれません。でも、地図とこれを見ながらあれこれ計画を練るのは愉しいもの。やはり画面を見るより、こちらの印刷されたページのが私は性に合っています。

 今、メモ用の大型ノートに書いてある「行きたい場所」は、京都、佐世保、天童、高知、成田、建功寺、市川大門、一橋学園、和歌山県由良、紀伊長島、新宮、尾鷲、浅草。そして一番最近加わったのが対馬です。連休とかの混む時期にわざわざ出かけるのは好きじゃないのですが、なかなか長い休みはしばらくとれそうにありません。混んでるの覚悟で、今年は出かけてみるかもしれません。「人の多い場所へ行くと運気が上がる」とも言います。早めに手配して、安い切符を探してみるかな。

 できるだけ楽しいことを考えて人生送りたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事742 투뿔등심で육회と등심구이

120

  韓国語で肉は「コギ」、焼肉屋などの総称を「コギッチプ」とか言いますが、サムギョプサルとか内臓肉とかの1人あたり10000W以下でお腹いっぱいになれる店もあれば、高級韓牛で1人前5万6万、そんな店もあります。今回はアプクジョン洞の高級店「トゥプルトゥンシム」という店、李準圭先生に連れて行ってもらいました。もしかしたら私が一番詳しくない街がこの辺かもしれません。瑞草洞のベンベンサゴリは左折できませんので、ずーっと東へ行きメボントンネル入り口で彦州路に入り北上。いかにも江南の繁華街という感じの場所にある店でした。


121

 ちょっとフォーカスが甘いです。お腹がすいていたからかな?先について、李先生の息子さんと、娘さんの旦那さんを待ちます。

122

 パムチム、これもやや甘めのフォーカスですな。


123

 で、日本では食べられなくなってしまったユッケ(肉膾、ユkフェ)。梨の他に芹も入っています。


124

 だいぶ時間が飛びましたが、肉。


125

 追加の肉です。たぶん、鐘岩洞のカルビの時にもありましたが、2人前が大きなステーキ肉の形で出てくるのだと思います。これはその半分。分厚い、そのまんまの肉です。美味しかったぁ。

 酒は私が土産で持って行った越乃寒梅の上から2番目、金無垢と、その後はワイン。チリ産、イタリア産だったかな。肉も酒も美味しかったです。でも、食事の時に大事なのはいつも書いている通り、「何を食べるかよりも、誰と食べるか」です。初めてお会いするお二人とも楽しく話して食べて、とてもいい時間を過ごすことができました。いい夜になりました。ありがとうございました、李準圭先生。

 追加です、店の名前、韓国語らしくないなぁって思っていたら李準圭先生もそう思っておられたらしく、店の人に尋ねていました。투 뿔は「++」、「2+」かもしれませんが、肉の等級を示す用語なのだそうです。日本で言うならA5トゥンシムっていうところでしょう。アプクジョンのトゥープル(トゥップル、トゥプル)トゥンシム、いい店でした。

 また追加、この店も日本の観光ガイド本に出ているのですね。実際行ったというブログ記事は数件。どんな本なのでしょう。お昼にジュンク堂で立ち読みかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4185 日本では最近見かけなくなった「荒物屋」

111_2

 若い人だと「荒物屋」という言葉自体知らないかもしれません。「金物屋」という言葉もあまり使われない今の日本です。そんな店、韓国では「鉄物(チョルムル)カゲ」とか、「鉄物チプ」、そんな呼び方をします。

 気づいたのは大好きな映画「ラジオスター」。寧越のタバンアガシがラジオに出たとき、店のツケを払ってください、という台詞の中で「洗濯チプ」の何とかさんとともに、「鉄物カゲ」だったか、「鉄物チプ」だったかの何とかさん、という言葉が出ました。すぐにはわかりませんでしたが、その後のシーンで、「鉄物カゲ」=日本で言う荒物屋、金物屋のことだと理解。映画も勉強になります。

 

 今やあちこちに大型のホームセンターができています。コメリもムサシも新潟の企業。昨年学会で東北へ行ったとき、あちこちにコメリの看板があるのに驚きました。まぁ、雑貨も金物、工具、文具、何でもあり、便利だとは思いますが、町ごとに、商店街ごとにあったような、荒物屋、金物屋さんが消えてしまったのは寂しく感じます。

 韓国語で철물가게、荒物屋のことです。写真はソウル、瑞草洞です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記762 東京ウォーキング10 神田川の段丘

106

 神田川の上流方向です。


107

 下流方向、新宿のほうです。


108

 橋を渡ると、すぐに崖に突き当たります。


109

 左手はこんな。


110

 右手はこんな。


111

 上流方向に少し歩くとこんな場所。左が渋谷区。右は神田川。ここも武蔵野台地を川が削った河岸段丘でしょう。沖積平野の新潟には見られない地形です。


112

 下流方向。おでんの屋台の元締めがいるのかな?


113

 

 さらに上流方向、上にのぼる道があります。傾斜のある町、やはり歩いていて楽しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月14日 (木)

2013年3月14日 寒いです、新潟市

889


 昨日は歩くぞ!と思って出かけたはいいけどお昼頃から冷たい雨。夏用の靴でしたので、傘をさして歩く気にもなれず、3時頃には帰りました。やっとこ2万歩は超えましたが、休日のウォーキングというからには3万は歩きたいものです。

 今日は昼から家内が用事。ちょっと出てきて雑貨の買い物、荷物の準備、沐浴湯(スーパー銭湯)に行ってお昼前に帰宅予定。今日も最高気温が5度だとか。でも、もう1~2週もすれば春でしょう。たくさん運動するつもりです。

 写真はアラレ、雹に近いサイズですね。新潟市とか、あっという間に道がこんなので真白くなったりします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4184 東京식マッサージ 地下1層

628

 昔教育院で教わったことなので、前にも多分書いていますが、「悪いものは日本から来た」という傾向による命名があるとか。

 例を挙げると悪性の風邪、インフルエンザを「日本感気」、これは世界的にそうなのかな?アカイエカが媒介する悪性のバイラス(韓国語)性疾患の「日本脳炎」とか。

 「日帝憎し」という感情があったのはしょうがないとも思いますが、悪いものは何でも「日本」。「日本」と付けば悪いもの、そんなのはちょっと困ります。今はだいぶ、そういう感覚も薄れてはいると思いますが、今回の1枚は「東京式マッサージ」。

 どうもこれ、韓国歴17年の私は「H」さを感じてしまいます。韓国でももともとあったのかな?「独湯」というのの話がえ~と、あの、、、忘れたけど70年代くらいに韓国へ行っての韓国語小辞典なんて名前のエッセイ集を書いた人(長王+章吉=ちょうしょうきち さんでした)の本に出ていました。その後、日本のトルコ風呂の文化が流入して「トッキ湯」ができ、それも今は無くなりましたが、サービス内容などは日本のソープランドの方式を模倣しただか、、、 どうも、「日本式」とかって、「음란」な、というニュアンスもあるのかなぁって思っているのです。瑞草洞の「東京式マッサージ」、さて、どんなサービスをしてくれるのでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記761 東京ウォーキング9 3コーナーズ

095

 

 神田川の方向へ行くと橋がありました。


096

 うまい具合に左岸の上流方向、遊歩道があります。ここからはまた、川に沿っての歩行になります。


097

 右岸、下流方向、こちらが新宿になります。


098

 小さな商店街のゲートがあります。ちょっと見てみたいけど先を急ぎました。まだまだ世田谷までは距離がありますので。


099


100

 遊歩道の一部に儲けられた小さな公園というか園地。猫の春はもう始まっていました。


103

 次の橋に着きます。


102

 この橋です。


104

 下流方向


105

 この橋を渡ったあたりが、この日のウォーキングのメインの目的地。タイトル、「3コーナーズ」ですが、アメリカの「4コーナーズ」は有名。「3」というのは新宿区と中野区と渋谷区の境界が集まる場所ということです。一部の街歩き好きには有名な場所、私も前から来てみたかった場所なのです。19まで住んだ東京、高校時代は世田谷、目黒、渋谷、新宿、4つの区の中学から生徒が集まっていました。でも、まだまだ学区内でも知らない所ばかりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

普通の韓国を探して4183 やっぱり日本と韓国、似ています

558


 道峰区の繁華街、倉洞の街角にあった看板です。右は、金などの貴金属買取の広告。日本でもやたら見かけます。

 左は、「え~」と思いましたが、桶谷式の広告。ご存知ない方はネットで調べてみてください。私は「桶谷式」+「宗教」で検索しましたが、ちょっと変わった(?)産婦人科のお医者さんと助産婦さんのグループです。昔ニフティの会議室、FSKYでちょっと論争に参加したことがありますが、凝り固まっている感じの「グループ」です。母乳育児がいいことはわかっていますが、杓子定規に歯の事、舌の事、決めつけて実行するのは良くないなと感じています。その辺、「宗教」という意見が多いので安心しました。

 しかし、古くは天理教、新しくはエホバの証人、そしてこの桶谷式、日本のそんなのがけっこう韓国でも見かけられるのは、やはり切っても切れない2つの国なんだと感じます。仲良くできると思うのですがねぇ。

 今日は曇り後雨の予報。これからウォーキングに出かけます、クロm、安寧。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記760 東京ウォーキング8 ヨドバシ 淀橋

085

 また大きな通りにぶつかりました。信号機に表示された地名は「淀橋」。今ではカタカナのとある店の名前が先に出てきてしまいますが、新宿のはずれ、神田川にかかる橋が淀橋だったのでしょう。


086

 ここからは橋を渡って左岸の道に移ります。


088

 杉並区?中野区?ともかく、西方向にも高いビルがあります。東京ってすごいです。


089

 横断歩道で渡り、向こうのビルとビルの間の細い道が地図で目星をつけた古い道です。


090

 また静かな古い住宅街に入ります。


091


092

 曲がっているのは古い道の証拠ですが、ここは川の湾曲によるカーブのようでした。


093

 できるだけ川のそばを歩きたいので細い道に入ります。どうやら橋がある模様。


094

 家々の間からは新宿の高層ビル群。なんか鍾路の裏通りにも通じるものがありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月12日 (火)

普通の韓国を探して4182 冷蕎麦 ん!?冷ソバ?

619


 場所はソウル特別市瑞草区瑞草洞。大法院とか芸術の殿堂なんかがある江南地区の街です。食堂の広告看板ですが、この店、韓国語で検索すると結構出てきます。チェーン店かと思ったら違うようでした。

「면선생 특선메뉴 1탄」とあって店名が「麺先生」っていうのです。麺料理の専門店なのでしょう。あとは「特選メニュー1弾」で、薄い文字で「クロレラ」。そして大きな字が

 

 「冷ソバ 6000W」

 でした。

 

 写真の様子ではざるとかではなく、ここの記事だと東テグ駅とか龍山の龍門市場の中の店で食べたようなぶっかけ風の冷たい蕎麦のようでした。

 その2点は確か、「냉메밀(メミル=蕎麦)」だったのに、ここでは「ネンgソバ」と「蕎麦」はそのまんま日本語です。 居酒屋などで日本語の店名、メニューが増えている韓国ですが、「そば」もそのまんま通じるのでしょう。マスコミは日本嫌いでも、普通の人は客の側も店の側も「そんなの関係ない」、ってところでしょう。

 あとで写真を見ました。もしかしたら蕎麦ではなく、ソバでいいのかも。ミルミョンとかのような小麦の麺なのかもしれません。韓国の蕎麦、メミルは不自然なくらいに黒っぽく色を付けているのが大部分。うん、小麦粉の麺のようです。ああ、ミルミョンを食べたくなってきてしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記759 東京ウォーキング7 もうすぐ新宿

075

 

 東京の普通の町の写真です。でもここは新宿。にぎやかな東口、高層ビルが立ち並ぶ西口、そのどっちにも似ていない昔からの普通の町です。「健康道場」って何でしょう?少しずつ曲がった道を進みます。



076

 大好きな追分。右は制限速度30キロ、少し広い左は20キロ。古そうだと地図で目星をつけた右の道を行きます。


077

 細いけれどまっすぐ続く道です。


078


079

 古いお宅、古いアパート。新宿にもこんな場所があるのだなぁ、と思いつつ初めての町を歩きます。


080

 高層ビルも近づいてきます。


081

 また分かれ道、直進です。


082

 またもや三叉路。ここも直進。


083

 こんな路地もあったり。昭和のそのまんまなのでしょう。


084

 スタジオなんてのがあり、ちょっと古い町が途切れます。いやぁ、面白いウォーキングです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4181 案外時間がかかる早朝の地下鉄移動

135

 韓国行くといつも早く起きてしまいます。これは5時50分頃の鍾路5街駅。宿を5時40分に出て、暗い街の写真なんか撮りつつ駅へ行きました。目的地は高速ターミナル駅。1時間あれば充分だろ、と思っての行動開始です。


136

 しかし電車がなかなか来ません。6時ってまだ始発から何本目とかの時間。次列車の表示板にも電車が見えなかったり。けっこう待たされました。


137

 鍾路3街ですぐ降りて3号線に乗り換え。まだまだすいています。でも、この辺で間に合うかどうか心配になってきました。一応目的地に決めた洪城行きのバスは6時40分。鍾路3街から高速ターミナルまで、けっこう駅の数があります。

 もし遅れたら他へ行けばいいや、と思いつつやはり6時40分の始発に乗りたい、そんな葛藤の時間でした。


138

 結局6時30分ちょっと前に高速ターミナル。3号線の駅がセントラルシティ寄りだったのか、電車の中の乗った場所がよかったのか、案外すぐに新しい方の高速バスターミナルへ行けました。案内表示とかが読む気がなくても目に入って理解できる。そんな韓国語の力があったことを喜ばないといけません。

 急いで切符を買って、キムパプの包装を頼んで乗り場へ急ぎました。


139

 めでたく乗れた洪城行き1番のバスです。地方旅行は愉しいもの。でも、慣れない方は時間の余裕を見て計画を立てた方がよさそうです。鍾路5街から高速ターミナル、早朝はけっこう時間がかかるのをこの私も痛感しましたから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事741 本粥(ボンジュク)鍾路2街店(?)

452

 李準圭先生たちと夕食をとった後、宿でまたテレビを見ながら飲んでしまったため、ちょっと飲み過ぎの朝でしたので、たまたま目についた本粥の鍾路の店で朝ごはんを食べました。ソウルに詳しい方なら、「あ、あそこだ」とわかるであろう写真です。YMCAのすぐそば。また、左に見える「ミンドゥルレヨント」という店は一時はガイドブックだの韓国観光サイトでも有名でした。1階はコンビニとコーヒーショップかな?2階と3階が店のようです。


455

 入ったとこにあったメニュー。下の3分の1はビビムバッ(ビビンバ)。ここも空港の店同様、粥とビビムパッpの店のようです。面倒なのでアワビ粥の普通のを注文。韓国でのお粥3度目です。


456

 あわび粥、並が10000W、「真あわび粥」が15000W、さらにもっとアワビの多い2万Wの「特あわび粥」もあります。いくら円高だと言っても2万Wは1800円以上。並です

457


458

 出てきたのがこれ。アワビの薄切りと、あとはシイタケの薄切りが入っています。ぱっと見ではシイタケもアワビも似ています。ちょっとシンゴプタ、薄味すぎたかなと思いましたが塩分カットなのでしょう。美味しくいただきました。そうそう! 「二日酔い気味なので、余るともったいないから60%くらいの量にしてください」と頼んでの量です。

 言葉は母国語、外国語を問わず、基本は真似して覚えるもの。前に空港で食べたときの韓国人オンニの言葉を真似て使ってみました。「キムチハゴチャンジョリムジョムトーチュセヨ」って。좀 더は日本人には慣れない、使いにくい表現ですが、習うより慣れろ、です。ちゃんと通じましたよ。

 余談ですが、家賃を聞いてみました。経営者ではないアジュマの話ですが1000万以上だとのことです。やっぱりソウルの鍾路ですからね。でも、いい場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月11日 (月)

普通の韓国を探して4180 韓国地方旅の鉄則

175

 ここで何度も、韓国の地方交通の主役は市外バス、って書いていますが、それ以外にも郡内バスとか緩行バスとか、小さな村へ行くのがあります。ターミナルがあるような町ならいいけれど、田舎の田舎へ行くときは降りた停留所の周囲のシュポを探します。スーパーというかその集落の真ん中にあるよろずや、食品店がバスの切符の販売所を兼ねていたり、その前が停留所だったりするのです。

 路線によっては日に3本(楊口=亥安線とか)なんてのもあるので、帰れなくなったら困ります。まずは、そんな停留所になっている店で帰りのバスの時間を確認しましょう。これは忠南の南塘(ナムダン)里。一応ここが終点のようでした。一緒に降りたアジュマたち、大部分はここの港にたくさんある刺身店(フェッチプ)の人です。


191

 降りた場所の向かいにあるスーパー。まず間違いありません、ここで。


192

 ありました。

193

 最近はデジカメでメモ代わりの写真を撮ります。洪城郡なので、洪城行きのバス。その他に別の郡になりますが、廣川行きのバスもあるようです。大体1時間に1本弱というところ。まず、帰りのバスを決めて、それに従って行動します。

 もう少し大きな町だと路線が多い場合にはこういうスーパーの中に時刻表が掲示されています。「ちょっとバス時刻表を見せてください」と言って中に入って確認することもあります。韓国地方歩きの鉄則です。このブログ、役に立つでしょう?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4179 地下鉄保安官

489

 何度も書いていますがソウル、そして韓国、行く度に変化します。大体2か月に1回くらいは行っていたのですが、この時は4か月ぶり。「地下鉄保安官」というのができていました。前も地下鉄会社というか公団の警備員が社内での商売だのの取り締まりをやっていましたが、ちゃんと制服も新設。「地下鉄保安官」と背中に書いてあり、銃まで携帯しています。



490

 少し前の話に続きですが、話しかけてみました。「安寧ですか?」、「それ、ガス銃ですか?」と。やはりガス銃だそうです。以前いた警備の人はこんなの持っていませんでした。警備の強化でもあり、取り締まりも厳しくなったのでしょう。


491


492

 1億W出すとワンルームが手に入り、毎月いくらいくらの家賃収入が、だのいう広告です。


493

 こんなのも新しいかな?


494


495

 ちょうど、車内のキアバイのアジョシがやってきました。顔は入らないように写真を撮ったのですが、気づかれてしまいました。「どうして写真をお撮りになったのですか?」と丁寧語ですが強い口調でしたので、「未安です」、「日本人観光客なんです」。「ごめんなさい」と謝り、「この先、あっちの方に地下鉄保安官が2人いますのでお気をつけて」と言ったらその場は収まりました。元もと地下鉄での写真は禁止。みなさん、ご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記758 東京ウォーキング6 大久保通りも越えました

065

 

 中央線、総武線のガードをくぐりました。この先、川沿いには道がないので古い道だと思われる、細いけど長く続く道に入ります。川から離れて、


066

 ここを右へ曲がりました。


067

 狭いけどまっすぐ続く道。たぶん江戸時代からのこの辺の道です。


068

 今は千葉県が1番、2番が大阪と聞いていますが、ひったくりとかあるのかなぁ。少し曲がったりするのも古い道の証拠です。


069

 立派な公園。緊急時の避難場所でもあるのでしょう。東京都、新宿区、お金があるのでしょう。


070

 ちょっとした通りに直交。大久保通りでした。新大久保は何度も高校時代から行っていますが、このあたりは初めてです。渡って、また細い道を南下します。


071


072

 小さな児童公園がありました。


073

 公園の脇の路地も生活道路です。


074

 もうすぐ新宿。高層ビルが見えてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月3日 - 2013年3月9日 | トップページ | 2013年3月17日 - 2013年3月23日 »