« 2013年3月24日 - 2013年3月30日 | トップページ | 2013年4月7日 - 2013年4月13日 »

2013年4月 6日 (土)

すばらしい韓国の食事749 韓国の日式(イルシク)料理コース

040

 食堂アジュマと幼稚園児で、日式の店「サッポロ」という店に行きました。全部が個室で、かなり大きな店です。夜は4万~昼は2.5万~という感じ。飲むわけではないのでまぁ韓国の食事の勉強代、5万Wで2人分だったかな?


041

 初めから出ていたのがこれ。まぁ、野菜のサラダです。かなりカッコつけてるわりにドレッシングなど特別ありがたくありません。


042

 こういうの、カルパッチョというのでしたっけ?日本でも「なんたらダイニング」とかいう雑誌の流行を真似たような料理が出そうな店は行きたくない私。やはりありがたくありません。


043

 これは、何という料理だろう?揚げたナスに山芋のとろろだのを合わせたやつだっけ?どうも日本でもこんなのやってもあまり有り難くないような気がします。材料と形を真似て適当に作ったのかな?やはり日式は日本の和食とは違います。むこうも和食と一緒になるのは願い下げかもしれませんけど。


044

 メインでしょうか?たぶんスズキメインの刺身です。石を模したプラスティックの台の上に載って出てきました。皿の大きさの割に食える部分は少なめですが、まぁ2人前ですのでこんなものでしょう。大きいのが好きなのかなぁ?韓国の人って。


045

 しかしまたまた驚いたのがこれが刺身につけるヤンニョムです。胡麻とねぎ、もみじおろしだったか?塩辛だったか。あとは茶色いのはキュウリの古漬けのような漬物を刻んだもの。いちいち料理が出るたびに仲居アジュマが説明してくれますが、一切れ食べて、普通に醤油を、とお願いしました。


046

 これはヌードキムパプというのでしたっけ?ご飯が外の海苔まきみたいなの。しかしいちいち野菜の飾りが邪魔なくらい。日式ってのは基本、飾りの多い食事なのかもしれません。


047

 横から見た図。海苔の内側はなんと蕎麦でした。日本でもそういうの見たことありますが、蕎麦の海苔巻、特別ありがたくはありません。


049

 そろそろ変わった趣向の料理に飽きてきたころに出てきたのはこの煮魚。やせっぽちのメバル?皿が大きいけど魚は小さく、また、私には甘過ぎでした。


050

 この辺で、普通の物を食べたくて、ウドンを追加注文。麺はいかにも冷凍でしたが普通の食事に安心して幼稚園児と分けて食べました。一番普通だったのがウドンかも。と、、、最後にこんな焼うどんも出てきたのです。こちらはコースなのでしょう。丸っこいのはチュクミだとか。日本の飯蛸のことかと思っていましたが、もっとずっと小さく、薄い頭のたこです。まだまだ知らないことばかりですが、日式料理。店によってはかなり「変わってる」てのが充分わかった一食でした。うどんを追加してサービス料もかかって、ちょっと痛い勉強代になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月6日 忙しい土曜日です

011


 今夜から明日いっぱい、爆弾低気圧で大荒れという予報ですが、自転車で出てきました。なんとか帰る時間まで天気が持ってほしいものです。

 今日のではありませんが、「松屋」の食券。早朝から午前中の人気は断然「ソーセージエッグ定食小皿はミニ牛皿」390円なのですが、どうも牛丼で食べるのと、エッグ定食の後半で牛皿を丼にあけて食べるのとでは前者のが明らかに美味しいような気がします。

 スタッフの意見では、牛丼屋さんとかはあんまりいい米を使っていないので、すぐに食べるのはいいけど持ち帰りで一度冷めると美味しくなくなるとのこと。ソーセージエッグ定食に関しては個人的な食べ方の方法、順番(ソーセージエッグ定食で検索)がいろいろあり、検索するといろいろ出てきますが、確かに後半になって冷めた牛皿を冷めてきたごはんにのっけるのは「冷めた牛丼」に他なりません。ですので、最近はこんな頼み方が多いです。

 エッグ定食のお新香と、単品もしくはお新香セットで頼むお新香の量に関しても、店により差をつけている(後者のが盛りがいい)説がありますし、リターナブル箸による「牛丼屋の音」の話、七味唐辛子マニアのJR職員さんの話などもあり、牛丼チェーン、なかなか面白いものです。

010

 忙しい土曜日、午前は超多忙。午後は少しゆったりなので新しい記事は午後にアップいたします。여러분 좋은 주말을 지내세요.(皆様、よい週末をお過ごしください)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

普通の韓国を探して4217 韓国の飲酒文化 焼酎以外の酒へ

039

 韓国の酒というと、まずは焼酎。やはり今もそういわざるを得ません。希釈式と言って、工業的に作られたアルコールに、甘い成分、最近は身体にいい成分、中には酸素なんかを添加して作った酒です。伝統酒もあるにはありますが、たいていは甘いもの。日本で言えば果実酒みたいな薬目的での酒のようなのが多い感じ。とにかく、酒は「酔っぱらって楽しい気分になるもの」という位置づけが強いように思えます。でも、最近増えてきた日本式の居酒屋などでは日本酒もけっこう人気だとか。ここで紹介している写真でも空き瓶を店に飾ったそんな店が出てきていますが、「酔っぱらわない程度に飲んで酒の味を楽しむ」、そんな傾向がこの10年くらい出てきているように思えます。

 世界で、路上でゲロを履くような酔っぱらいが夜の町を闊歩してるのは日本と韓国だけしかないと言いますが、徐々にそんな飲酒文化の改善、洗練、そんなのがあるのかもしれません。1枚目は知り合いの食堂アジュマに付き合ってもらってのランチで行っ日式チプのテーブルですが、空き瓶がやはり飾られています。日本人から見るとぜんぜんありがたくない、まさに空っぽのディスプレイですが、こういう店、案外多いのかもしれません。ロレックスの箱だけでも売れるとか言いますが、名酒の空き瓶、大事にされてるのかなぁ?決してバカにして言ってるんじゃないです。そんなら韓国ももっと日本の酒税率を下げて買ってくれればいいのにな、とは思います。


129

 こちらは李準圭先生たちとの会食の時の空き瓶。これは飲んだやつです。「トゥプルトゥンシム」、酒は持ち込み自由だとか。これはいいですね。同席した弁護士さんの持ってきたチリ産の赤ワインと日本酒は私の手土産です。最近は日本酒ブームもひと段落、手に入りやすくなった寒梅の金無垢。こんなのも飾りになるのかもしれませんね。

 韓国、輸入品の税率が高め。持ち込みの洋酒とか100%だかの税金がかかったような覚えもあります。ワインブームと聞いていますが、いいなと思うのは、値段ばかり高いフランス産とかでなく、チリ、アルゼンチン、そんな新大陸産の割合リーズナブルな価格のワインが人気なこと。同じ値段を出すなら、一度失敗したけど木が大きくなって美味しくなった南米のは絶対得です。そんな実質的な選択をしてるところは韓国、えらいです。

 この宴の後、前に李先生に差し上げた86年のマルゴー、どうでした?と尋ねたら、いい日のためにまだとってあるとのこと。いつか楽しく飲んだ感想をお聞きしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記778 中里から上馬、真中へ

217

 旧大山街道、世田谷区中里付近の様子です。昔はたくさんあったこんな中華の店。今はラーメン専門店に押されてずいぶん減ってしまいました。我が家のそばにも商店街に1つや2つあったのに、今はどっちも閉店。何でもありの食堂もなくなってしまいました。


218

 三叉路の一角に壊れたままのお堂。大山参りの盛んだった江戸時代からあったのでしょうか?昔は三軒茶屋のそばながらそれなりに栄えていた商店街だったのでしょう。


219

 上馬の手前で246及び高速3号と合流です。


220

 次の交差点が環七の上馬です。


221

 上馬で246の北側に渡ります。右が駒沢小学校前を通る旧道かな?でも、ここでは246を歩きました。


223

 真中の交差点。向こうへ行くと駒沢公園、国立大2病院。後者は名前が変わったかもしれません。

 ここ真中にも玉電の駅があったのですが、新玉川線、そして田園都市線になった今はそんな地名自体消滅してしまったのかな?渋谷、大橋、池尻、三宿、三軒茶屋、中里、上馬、真中、駒沢、新町、桜新町、用賀、瀬田、二子玉川。真中は町名でも残っていません。中里もそうかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4216 瑞草洞 ムジゲ綜合商街へ

100

 「大韓民国有名トランスジェンダー総出演」、ここも元ルームサロン風の入り口ですが、韓国でもこんなの、おおっぴらにできるようになってきたのですね。昔は新沙あたりにそういう店があって、朝ご飯の時にびっくり、という経験をしていますが。後方は江南に残る韓式料亭「豊林」です。


102

 名門家ルーム。名前の割には値段の安さが売りのよう。2人の標準飲み代の伝票が掲示されてて26万Wってなっています。でもそれだけで済むのかなぁ?


103

 突き当たり、飲食店の多いビル。瑞草洞ってそんな街。


108

 1本通りを越えますが、初等学校の校門脇の個人経営の書店。日本でもどんどん減少してる業種です。がんばれ~。


109

 で、ムジゲ綜合商街。韓国語では総合と綜合、区別があり文字自体が違います。日本がいい加減なのかなぁ。漢字の面倒な点を省略してしまってるんですよね。中国大陸ほどでは無いけど、先日台湾人の先生に指摘されました。


110

 キムヨンモ菓子店の本店です。今回は李歯科スタッフへの土産は笹団子でしたので、ここでは買いませんでした。3階に李準圭歯科、そしてこの菓子店の工場があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

とうちゃんの自転車日記777 旧大山街道 玉電中里駅付近

206

 国道246号線と言えば、東京近辺に在住の方ならきっとご存知の大事な道。青山通りでもあり、渋谷を通り世田谷区の真ん中を突き抜けて二子玉川へ走る道路です。今は上に首都高速3号線が走る道ですが、昔は渋谷から三軒茶屋、用賀、二子玉川へと走る玉電の道でもありました。この玉電、渋谷駅を出て坂を上り大坂上のあたりから路面電車になりますが、三軒茶屋で下高井戸線を別けた後、中里という駅のあたりも少しだけ専用線がありました。1枚目、三軒茶屋から中里へ向かう道の、246と旧道、大山街道の分岐です。左が旧道、上が高速3号と下が246。

 平均寿命は短かったけど案外気楽に、幸福だったと言われる江戸時代の生活。けっこう多くの庶民が何か月もかけて伊勢参りをしたとか。よく仕事しないで旅行できる時間があったなぁと感じます。物質的にはまだまだでも生活は案外充実していたのかもしれません。まぁ、お伊勢参りは月単位の時間がかかりますが、もっと手軽な江戸の市民のレクリエーション旅行の行先が、成田山新勝寺と、大山のあふり(阿夫利?)神社参りだったと聞いています。大山なら2泊3日かそれくらいで行けそう。山に上ってお参りし、麓の宿で精進落しの遊びを、なんて、ちょっとやってみたい気もします。 今回はそんな大山街道の写真です。


207

 古いながらも趣向を凝らした商店建築があります。


208

 小さな居酒屋は開店準備中。ハルモニが玄関を開けて中へ入って行きました。


209

 すごく小さい店。行ってみたいです。ハルモニ、私が行くまでがんばってください。


211

 ここもいい感じの大衆酒場。最近ネットだの雑誌だの、古いいい店が紹介されていますが、良し悪しかも。そんな風にならないでほしい店かもしれません。


212

 新しい道ができていて、旧街道は分断されつつも続きます。


213

 昔はこれがこのあたりのメインストリート。店が並びます。


214

 いい感じのそばや。小さな植え込みに粋と意気を感じます。


215

 現役かな?銭湯がありました。


216

 古い商店建築のバイク屋さん。昔は自転車屋だったのかな?ともかく、昔からの店のよう。いい感じの通りでしょう?

 つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4215 2号線江南駅付近2

093

 江南というのは漢江の南、瑞草区と江南区とソンパ区、この3つの区のこと。銅雀区とか永登浦区とかは江南ではありません。しかしこの三星タウン、目立ちますねぇ。裏手に回りましたがでっかいです。


094

 これはオフィステル、瑞草トラパレス(トレペリス)の入り口。地下には高級サラリーマン相手かな?飲食店がたくさん。その他、このあたり、高そうな飲食店がたくさんあります。


095

 宇成かな?ウソンアパート。やはり道路の1ブロックを占めるアパート群。その向こうが李準圭歯科があるムジゲアパートです。中を斜めに歩いて行ければいいのになぁって思います。


096

 振り返っての風景。


097

 右手がウソンアパート。


098

 江南大路のほう。三星火災なんて文字も見えます。


099

 前はルームサロンだったような気もする地下の飲み屋。入り口がこんなふうに別になってるルーム、江南のあっちこっちにあるのでしょうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4214 2号線江南駅付近

086

 1995年秋の初ソウルの時もこの辺を歩きました。江南大路とテヘラン路の交差点、江南駅サゴリです。こんな感じの写真、自分でも大好きです。昔のガイドブックでもこの辺、記載がありましたがずいぶん変わりました。昔の目標だった第一生命ビルなんてのはなくなって、北の1ブロック先の交差点は教保生命ビルが建ち、この江南駅の角にはいつの間にか三星の総本山みたいなビル群ができています。


087

 1枚目、2枚目の風景はそう変わっていませんが、、、


088

 これです。


089

 とてもカメラのフレームに入らない高層ビル群。三星本社です。地下鉄駅からも専用の通路ができていますし、


090

 これ、前にアップしましたっけ?三星の自転車置き場です。自転車で通勤する人が増えた証拠。自転車海苔には嬉しい立派な自転車置き場です。


091

 李準圭歯科に向かうべく裏手に回っても、


092

 やはり目立つのは三星。90年代のイメージだと三星よりもラッキー金星(LG)のが強そうな感じでしたが、今や世界一の電機メーカーかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

普通の韓国を探して4213 「王将」

927


 廣橋を渡り、乙支路1街(入口)へ歩く途中の武橋洞です。何度かここでも紹介している按摩施術所、「アリス(?)按摩」という名前になっていました。チャンポンの王将。他にどんな料理があるのか?ちょっと行ってみたいです。大きなビルが立ち並ぶソウルのど真ん中。裏手には会社員が退勤後飲んだり遊んだりする繁華街があります。停車してるのは模範タクシーばかりですね。ソウル、行きたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

とうちゃんの自転車日記776 新潟駅在来線高架化工事

007

 新潟駅東側連絡通路からの写真、1時間ほど前のものです。万代口からすぐが1番線。その南に2・3番線、4・5番線、6・7番線と3本のホームがありましたが、6・7番線の線路を撤去した跡地です。新しく1番線の東側に8・9番線ができ、そこがここの代替ホームになっているのですが、一部通路が狭く、やはり仮住まいという感じは否定できません。


008

 ほぼ同じ時間の西側連絡通路。すでにがっしりした鉄骨の構造物ができています。ホーム1本ずつだと相当時間がかかりそう。今後数年間はずっとどこかが工事中になりそうな新潟駅です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月2日 アジュンマー! オディガー?

310


 本日はオープンデイ。午前に1人だけ予約が入っていますが、研究日です。いっぱいになってきたカルテ棚の整理、写真の整理、そんなのをやりましょう。肌寒い朝でしたが晴れ。けっこう気温も上がるという予報。自転車です。

 写真は忠南の小さな城郭都市のバス停留所。30分ほど走ると終点という市外バスから降りての1枚なのですが、赤いジャンパーのアジュマがこっち見ていますね。終点のちょっとした市まで買い物かな?韓国アジュマ、気合が入ったお顔だったりしますが、話してみれば大抵は話好きの好人物。土地勘のない外国人観光客にはあれこれ世話をやいてくれたりします。バス運転技士、前方席のアジュマ、アジョシ、そして私で、あれこれしゃべりながらの地方バス旅、何度も経験しています。

  お昼休みです。とあるサイトで見たのですが、韓国語ジャーナル、休刊してしまうのですね。44号まで出ていたとか。最初の頃は毎号欠かさず買っていて、付録CDはずいぶんヒアリングの練習に役立ちました。検索で訪れてくれる方が多い写真家「キムギチャン」さんの名前、業績を知ったのもこの雑誌がきっかけです。生前のインタビューも収録されており、中林洞あたりの雑種犬のお話もそこで聞きました。その後写真集を買って、なるほど、山の町の犬をだいぶ撮影されておられるのを知り、自分と似てるなぁなんて感じたものです。昨日ジュンク堂で見ましたが、ちょっと前にハジウォンさんの特集があったみたい。バックナンバーで買っておくかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4212 ソウル夕暮れウォーキング 鍾閣から廣橋へ

886

 昨日の最後のとはちょっと別の1枚、こっちのがうまく撮れたかな?って思います。


889

 まだ一度も上にあがったことはありません。ドラマ「テリョ(日本題パンチ)」の最初の方で、昼間はバイク便、夜はポジャンマチャをやっていたシンミナが芸能プロダクション社長の注文で花束を届けにここの最上階のレストランに行き、マネージャーに入場を断られて、でも、社長さんの言葉で中へ入れて、、といかにも韓国ドラマっぽいシーン。その撮影場所です。


891

 近くからでは全容は写せません。


892

 鍾閣の名前のもと、普信閣。


896

 まだフレームに納まりません。


906

 秋の夜の始まりです。


909

 清渓川に出て、ハンファビルと新韓銀行?ここは昔は朝興銀行本店だったんですよね。いつも組合の示威(デモ)をやっていた、そんな記憶があります。


910

 そこらへんの清渓川にかかる橋が廣橋。昔からの橋のあった場所の橋にはみな昔からの名前が付いているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記775 東京ウォーキング20 代田橋 下高井戸

201

 高田馬場駅から始めた東京ウォーキング、主に神田川に沿って、新宿区、中野区、渋谷区の知らない街を歩く旅。そろそろおしまいです。甲州街道を渡って、いかにも駅前通りという感じの道を歩き、代田橋駅を目指します。ちょっと中心部を外れた私鉄の駅の周囲、なかなかいい雰囲気の商店街が残っていたり、いい感じの飲み屋があったり。そんな道も楽しいものです。


202

 京王線の駅です。高架化されておらず、踏切り。下北沢あたりの電車が地下化されたとか聞いていますが、やはり電車は地上を走ってほしいものです。まぁ、大都市はしょうがないのかなぁ。昔の京王線と言えば普通電車は深緑色。急行、特急はクリーム色、そんなイメージがありますが、今や知っている電車は走っていないのかもしれません。

203

 何となく、次の普通電車も通過、というように見えてしまいました。2時間かもうちょっと歩いたのかな?基本的に、座って休むことは食事以外ありませんのでけっこう疲れました。


204

 下高井戸の市場の看板。ネットでちょっと見かけた魚屋さんに期待しましたが、それほどでもありません。かえって家のそばのがんばってる魚屋のほうがいいものがありました。


205

 京王線の踏切がある街、下高井戸です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

2013年4月1日 一日10万歩への挑戦

007

 

 大袈裟なタイトルになりましたが3月25日の項で書いたように、1日で10万歩歩くの、近いうちにやってみようかと考えています。残念ながら今週の水曜日は天気が悪そう。どうせなら気持ちのいい晴れの日にと思います。4月中か5月中か? ほとんどお金はかかりませんし、10万行かなくても達成感は味わえそう。是非とも実行しましょう。

 今日は午前中、文具の買い物だの支払だので外出。あちこち歩いてこんな数値になりました。診療中はほとんどカウントが進みませんので15000ちょっとかな?仕事だった昨日は自転車通勤でしたが、一日雨だったため、6051歩しか歩いていません。それに比べれば充分でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記774 東京ウォーキング19 杉並区和泉

192

 環状7号線。確か1964年の東京オリンピックの頃に整備された道路です。子供の頃の記憶では、すでにできていた覚えしかありませんが、車には大事な道路、横断歩道はありませんので、歩道橋を渡ります。


193

 これは北方向かな?杉並とか中野のほうだと思います。アップした写真を見たら違いました。世田谷方向ですね。首都高の高架がありますので甲州街道との交差点です。左の道から来て、右の方へ進むのでした。


194

 歩道橋を降りたところ。1枚目でもちょっと見えていますが、環七ができる前の旧道が残っています。東京の旧道歩きも面白そうです。


195

 振り返っての新宿方向。一直線の水道道路が淀橋まで通じています。新宿の高層ビル群がちょっと見えます。ここで、何故か、昨日の写真の最後の1枚にあった急に細くなる道になります。


196

 こんな道を通り抜けて、


197

 和泉の、沖縄をフィーチャーした商店街に出ます。すでに自転車で走っている町にようやくたどり着きました。大勝軒というラーメン屋さんも有名。系列店なのでしょうか?新潟にもありますし、一度サンシャインの下の有名店で並んだこともありました。


198

 通ってきた細い道です。


199

 世田谷区はもうすぐ。甲州街道の歩道橋を渡ります。下は国道20号。上は首都高速。その間を歩道橋。東京らしい風景です。

200

 これが下の道。左の2車線は環七に入る車のための道。中の2車線は環七の下をくぐり新宿方面へ向かう道でしょうか?70年代に車で走ったことがあると思うのですが、、、東京の道、ほとんど知りません。

 ウォーキング、例えば、電車でどこか少し離れた町へ行って歩くとか、少し交通費をかけると知らない風景に出会えてなおさら楽しいものです。天気のいい休日、少し電車に乗って知らない街へ。できればデジカメ持って。あまりお金のかからない、楽しい遊びです。2時間歩くとかって、けっこういい運動にもなりますし、その後の食事も美味しくなります。ネットでいろんな情報がわかる時代。「乗って、歩いて、食べて」、そんなウォーキング、皆様もいかがでしょう?Ride walk eat하자.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4211 ソウル夕暮れウォーキング 鍾閣あたり

858

 清渓4街で早めの夕ご飯&焼酎2人で1本。その後一人になって乙支路4街、3街、また清渓川路3街から鍾路の繁華街に入り、鍾路に出ました。ここは鍾路の北、おなじみ寛勲洞の、現センターマークホテル前のマウルボスが走る細い道です。夜になるとポジャンマチャが数軒。その中の行きつけ、「カタルシス」で、ウドンと焼酎。いつものご主人と話をしました。


874

 これはその後。公平ビルの角近くの地べたビュー。左にちょこっと見える道は郵政局路。まっすぐ行けば鍾路区庁です。


875


876

 

 駐車違反の警告。よく知りませんが、この段階ではまだいいのかな?打ってる今は黄色いスティッカーの文字は見えません。


882


884

 郵政局路を渡り、公平コムジャンオの角を南へ。鍾閣交差点の方へ歩きます。


885

 鍾閣交差点、三星証券タワー。これも地べたビューです。遠くに韓火ビルが見えますね。明洞は正式には忠武路の一部。日帝時代に開けた明治町だった場所。それ以前からのソウルの中心はこの鍾路です。飲食店の数では明洞の数倍はある繁華街なのではないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月31日 (日)

2013年3月31日 自転車で出て来たのに雪

6841


 仕事の日曜日、自転車で出てきました。テナントビル外看板のカットシート撤去作業があり、それに合わせて早く出勤だったのですが、8時ころから雪が降ってきてしまいました。気温は4~5度はあるので積りはしないと思いますが、帰りの天気が心配です。でも、「天安でソウルの雨を心配するな」とも言います。先の事、心配してもしょうがないことは心配しないに限ります。「心配の民族 日本人」の典型かもしれない私ですが、そんなこと考えずに仕事をしましょう。

 写真はソウル、弘大入口駐車場通りの焼肉店。サムギョプサル4900W。「クイガ(구이가=焼き家?)というチェーン店ですが、店頭に黄色いレーサータイプの自転車が。この10年くらい、楽しみのために自転車に乗る人が増えた韓国です。この冬、断捨離で「玄関自転車」を1台手放しましたが、基本は歩きか自転車で、という生活は続けます。

 午後は早く上がれそう。降っていなければどこか回って帰ります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4210 瑞草洞 ソウル南部市外バスターミナル

654

 南部ターミナルの入り口です。「場外馬券売り場追放」の横断幕。この辺に設置される計画があったのが反対運動でおじゃんになったけど、また裁判で控訴だの。どうも嫌われがちな場外売り場です。お金を持っている人から、一定のルールで遊んでもらって税収というか国の収入を上げるのは、まぁ、私は反対ではありません。場所を決めてカジノ、日本でもいいのではないかと考えています。


648

 中へ入りました。韓国ではあちこちにあるダンキンドーナツ。向こうは粉食とかオデンの店かな?


649

 バーガーキングもあります。


650

 江南とかセントラルシティ、東ソウルよりは小さ目です。


651

 中央にはちゃんと案内所も。ここも昔は薄暗いイメージでしたが、明るく、きれいなバスターミナルになっています。京機道、忠清南北道方面への中距離バスが中心の市外バスターミナルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4209 종로 뒷골목의 화제현장2

477

 もう少し歩いてみました。懐かしい鍾路の道です。焼けはしなかった左側も休業中のよう。


478

 中華の店太苑も休業中です。


479

 新生マートは営業中。よかったです。顔なじみの店です。


480

 ポジャンマチャ村は大丈夫。あまり好きな感じではないので入ったことはないけど。センターマークホテルもしっかり営業しているのでしょう。外観はそのまんまオフィスビルの急造りのホテルです。


481

 朝飯ついでの散策ですので引き返します。


483

 三星証券タワーの麓であることがよくわかります。


484

 再度、火災現場です。


4851


486

 もうすぐ鍾路。李準圭先生にお会いしないといけない用事があるので、遅くとも5月には行かないといけません。どうなっているでしょう?このあたり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月24日 - 2013年3月30日 | トップページ | 2013年4月7日 - 2013年4月13日 »