« 2013年4月28日 - 2013年5月4日 | トップページ | 2013年5月12日 - 2013年5月18日 »

2013年5月11日 (土)

すばらしい韓国の食事754 평래옥でまた水冷麺

028

 マルンネキル、明宝アートホールの前の道、中区区庁の前の道。五壮洞の冷麺屋が集まるあの道、釜山カルビチプのあの道なのですが、ずっと西へ歩けば明洞のメインストリートになる道です。その道の中部警察署の交差点近く、平来屋と書くのかな?行列のできる冷麺屋があります。前に通った時は夜なのに行列。さて、どうなんでしょう?と思って昼間に行ってみました。


030

 最初に出てくるのがこれ。なかなか豪勢に出てきます。おなじみダイコンの酸っぱい漬物と、左のは白菜キムチと鶏肉の茹で肉を和えたもの。初めてかな?最初は何の肉だかわかりませんでした。


032


031


331

 で、水冷麺なのですが、ここのもやはり平壌式なのでしょうか?割合軟らかく、コシがあまり無い麺なのでした。お腹がすいていたのでまぁまぁ美味しく食べましたが、冷麺の麺には2種類あって、平壌式はやや太めのコシが弱めの麺。ハmフンg式は細くて咬みきれないくらいコシが強い麺なのかもしれません。 その店の粉の配合で、麺の質が決まり、でも、2種類の麺を出すのは大変なので、どちらかの麺で、水冷麺、およびビビム冷麺を出しているのかな。ソウル駅のポンピヤンも歯応えの無い麺でしたのでもしかしたらピョンヤン式なのかもしれません。 となると私の好みはハムン式の麺での水冷麺になるのかとも思います。好みの店は平澤の高博士冷麺本店、江南の高級焼き肉店であるポドナムチプのランチ冷麺、ぐっと庶民的な三代プルコギ冷麺の冷麺、そんなのになりますね。

 しかし冷麺、他の、チゲ、湯類に比べるとパンチャンも簡単だし、やはり割高なように思えます。でも、ゆで卵半分にスユク1切れというのは何か懐かしい感じ。今は卵なんて安くていくらでも食べられるけど昔は貴重だったのでしょう。牛肉もそうです。日本の、基本のラーメンの具に共通する、「昔の贅沢感」とかの象徴なのかもしれません。

 忙しかった土曜日も無事終了。もうすぐ上がって帰ります。雨なのに自転車できてしまいました。さて、どうしましょう。明日も忙しいので今夜は早めに寝ましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事753 有名店へ行ってみたけど

240

 ガイドブック、韓国観光Hp、個人ブログなどでも評判のいい冷麺の店、「乙密台」へ行ってみました。本当はここのそばの別の店で別のメニューというつもりだったのですが、改装中。しょうがなく、記憶を頼りに歩くとすぐにありました。上はアパート、下のほうはオフィスと商街、そんなビルの半地下の奥にありました。到着は11時前。アジュマに尋ねると中で待っていいとのこと。この辺のフレキシブルなサービスは韓国のいいところです。


241

 ユクスはまだ温め中なのでちょっと待って、ということで水が出てきます。珍しく醤油が置いてあります。水冷麺を注文して待ちました。


242

 大根の酢漬けとキョジャ(芥子)がすぐに出てきます。このダイコンをぽりぽりやりながら待ちます。


2431

 良い店は厨房が大きいって言いますが、なるほど、店の4分の1は厨房という感じで期待が膨らみました。


2441

 有名店であるためかかなり強気の価格設定。冷麺は10000W。麺サリ(替え玉=麺の追加)は4000Wです。


246

 ユクス登場。でも、メインの水冷麺を待ちました。


247

 で、ステンレスのボウルに入った水冷麺です。なかなか美味しそうな佇まいです。でも、麺がなんか、ヒジキを入れた白滝のような感じです。


248

 マクロで1枚。


249

 鋏は1回だけ、それが私の冷麺の流儀です。

 で、食べ始めたのですが、写真でもわかる通り、麺が太くて縮れ気味。これが軟らかいんです。鋏もいらないくらい。イメージで言えばマルチャンの焼きそばの麺をそのまま食べる感じでボソボソした食感。そしてスープは、、ほとんど味がしません。芥子とか酢とか醤油とか、自分で味を調えるのでしょうか? 私が特にしょっぱいのが好きというわけではないのに、薄い塩水のよう。牛肉の味など化学用語で言うと「痕跡程度」じゃないかなぁ。ともかく冷麺は麺とスープが命ですが、どっちも好みとはかけ離れたものでした。今までの冷麺生活の中でも、最も嬉しくない冷麺です。

 

 この日の夜、李先生、権氏との会食の際に「超有名店の乙密台、美味しいと思いませんでした」と話したら、韓国の人でもここの麺、あんまりだという方がけっこうおられるとか。ピョンヤン式というのか、とにかく、あの、ツルツルしこしこ、そんな歯応えがある冷麺の麺とは全く違うのです。また帰国後、日本のサイトでいろいろ見ましたが、有名店なので期待して行ったら全然美味しくないという意見もあり、他にもここの冷麺が合わない人、いるのだなと安心しました。

 前々から一度は行っておこうと思っていた有名店へ行ったけど「何これ?」という経験、日本でもあります。味の好みは人それぞれ、あまりネットや本の情報で期待しすぎると空振りすることがある、いい経験になりました。スユク一切れと茹で卵は美味しかったです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年5月11日 こういうのを探すのも面白そう

005

 これ、何ていうのでしょう?新潟県だと朱鷺をイメージしたのがけっこうありますが、いろんな形、絵柄のがあります。もうやっている人いるかな?どこかネットでもカタログみたいなのがあるかもしれませんが、街角のこういうやつ、いろいろ探してみるのも面白そうです。


295

 こちらは韓国。忠清南道洪城で見かけたもので、ちょっと性格は違うかもしれませんが、流石は韓国、遊び心溢れる感じです。携帯電話屋さんだったでしょうか?もっと探すと面白いのがありそうです。

 円安のせいか、北韓問題のせいか、鳥インフルエンザのせいか、連休の谷間の韓国便がガラガラだったことは少し前に書きました。大手で、通常のパンフレットでない臨時の安いツアーの広告が出ましたが、中小の旅行会社でも今朝の新聞広告で数千円ディスカウントしたツアーの案内がありました。

 チャンスの神様は後頭部が禿げていると言います。月末のスタッフの希望でできた連休、ちょっと考えています。個人で飛行機を取るのとほとんど変わらない値段で一番安いホテルの一人部屋割増に参加できます。あまり私には用がない免税店に寄ったり、土産品店に寄ったりはありますが、ガイドさんや日本語ペラペラの海千山千のアジュマとおしゃべりするのもそれなりに楽しいものです。前向きに検討しようと思います。

 本日は土曜日。忙しく働く予定です。午後には少し余裕があるかと思いますので時間があるときに新しい記事をアップしましょう。休みの方、よい週末をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

普通の韓国を探して4254 ラーメンもテイクアウト可能?

4381


 鍾路5街駅か鍾路3街駅の地下商街での写真だったと思いますが、「日本式伝統ラーメン、ウドン専門」とある店「ソノヤ(笑の家)」です。8つメニュー写真があるうち上の6つは麺類。スープのある麺類なのですが、オレンジ色の部分に「包装販売 テイクアウト」とあり、下に小さく「全力をあげて(精誠コッ)包装いたします」と書いてあります。もっとも下の段の「プルコギトシラク(トシラク=弁当)」と「チョバプ(寿司)トシラク」はいいとして、ラーメンやうどん、冷やし蕎麦(ネンgメミル)なんかもテイクアウトできるのでしょうか?

 

 麺はコシが命なんて感じの日本だとそんなテイクアウト(包装)はまず考えられません。所変われば品変わると言いますが、韓国、やはり外国。そしてまた奥の深い、何があるかわからない国でしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記789 会津本郷焼の町

003

 8日水曜日に焼き物を見に行ってきた会津本郷という町です。1本の通りに沿っていくつかの陶磁器を焼く工房、店がある静かな街です。ただ、連休を外して、というかたでしょうか?けっこう私のように歩いている中高年がいました。


005

 焼き物の話は別にして、会津盆地、水が豊富、というイメージがあります。前に若松の飯盛山あたりを歩いた時もそうですが、豊かな森林を持つ山があるためか水が豊富、そんななのかと思います。


006


007


008


010

 家々の間にこんな水路がたくさん。みな結構速く流れています。新潟から2時間ちょっと。会津もなかなか面白そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4253 永遠のライバル???

001

 最近すごく減りはしましたが朝、地下鉄の入り口なので配布されてる無料新聞の記事です。引用ご免なさい。

 「日本のアニメで韓国映画シルミドそっくりの場面があった。真似だ。」という記事ですが、日本では全く報道されていないし、題名を聞いても全く知らないごくマニアックな作品なのではないかと思います。テレビ番組などで、韓国が日本のを真似して、というのはあれこれ昔から報道されていますが、何かこんな小さなことで「鬼の首を取ったような」という表現が適切なような記事。ちょっと失礼ながらかわいく感じてしまいました。


002

 もう一つ、アメリカの人が発表した世界のインスタントラーメンベスト10のうち韓国の製品が3つを占めたという記事。調べてみてはいませんが、残りの7つの内訳はどんななのでしょう?日本製品は入っていないのかな?大体、アメリカでインスタントラーメンがどれだけ売れているのでしょう?そしてこの個人的(?)評価がどれだけ価値を持つのでしょう?

 辛ラーメンが世界一の生産量というのは確かで、すごいなぁと思いますし、韓国のラーメン、麺がしっかりしていて伸びにくく私もファンではありますが、どうも手前勝手な記事のように感じてしまいます。

 

 自分の国の良いところを見て、誇りを持ち、時にはアピールすること、日本人はしなさ過ぎ。韓国人はし過ぎなように思えます。また、日本には負けないぞ、という姿勢が行き過ぎることもけっこうある感じ。冷静かつ公平に判断する、韓国マスコミの改善すべき点のように感じています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年5月 9日 (木)

すばらしい韓国の食事752 日韓機内食比較 鶏料理編

001

 新潟とソウル仁川空港を結ぶ大韓航空の路線。毎日飛んでいます。仁川を18時に出て新潟に19時45分頃着く763便。新潟を翌朝の9時30分に出て仁川空港に11時45分頃着く764便です。それぞれ、双方の国で作られた機内食を積んで離陸し、水平飛行に移る頃、サービスされます。1枚目は764便の機内食、新潟交通が運営する万代シルバーホテルの「シルバースカイ」というレストランのもの。2枚目以降、764便が先、763便が後、そんな感じで比較してみましょう。


510

 763便の機内食。キュウリ、ダイコン、この時はヤンパ(玉ねぎ)のチャンアチ(漬物)が添えられています。果物はデルモンテだったかな?大抵パイン。たまにミカンがそのまま出たり。そして両班海苔が最近は付いてきます。


002

 

 日本側は、サンキストのゼリー。小さなバターロールが付きます。なかなか美味しいパンです。この時は奇しくも往復ともに鶏肉料理。タッコギヨリでした。


511

 日本のは冷凍のミックスベジタブルとブロッコリーが添えられていますが、韓国はどかんと肉だけ。皮は除いてありましたが、肉をたっぷりお楽しみくださいというところでしょう。


003


512

 マクロ撮影。どちらも温かい状態でのサーブ。昔に比べるとずいぶん良くなりました。2つの機内食、日韓のお国柄が現れてる面白い写真だと思いませんか?

 本日も休み。家内が美容室へ出かけるのでお昼まで留守番です。午後は歩くかな?昨日の会津本郷焼、気に入ったものは無く、何も買いませんでしたが天気も良く気持ちのいいドライブになりました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年5月 8日 (水)

普通の韓国を探して4252 ここも変わっていました やっぱソウル

350

 マポの大通りの角、麻浦屋へ曲がる角にあるモザイク模様のビルです。ルームサロンとか、高級日式なんかが入っているのですが、何か内装を取り壊した残骸が置いてあります。さて、、、どうしたんだろう?と思いました。


1099

 

 昨年秋の同じ場所の写真です。地下に入る「サケモト」のゲートはそのまんまですが、


351

 やはり「サケモト」が閉めたみたいです。


363

 マポオクの入り口にもガラスの自動門(自動ドア)ができていました。


364

 入るときはこんなふうにここを押して開けます。段差に注意が必要です。ちょっとつまづきました。


379

 食べ終わって、「換乗です」に間に合うかどうか麻浦駅5号線に急ぐ途中、ビルの裏の看板も変わっているのに気づきました。日式「サケモト」は日式「ハナユキ」に変わったようです。

 ソウル、本当にどんどん変化する街ですねぇ。本日は休み。どこか、茶碗を見に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 7日 (火)

普通の韓国を探して4251 麻浦屋のソルロンタンを1050W安く食べに行く方法

365

 小ネタです。3日の朝のこと、宿が乙支路だったもんでいつもの261番のバスに乗りました。ロッテ前で左折して韓国銀行前から南大門市場。翌日に完成記念式典を控えた南大門を見て塩川橋、ソウル駅西部駅。萬里洞コゲを越えてハンギョレ新聞社。孔徳交差点を越えればもう麻浦です。

 この時はいつも直行していたのが何故か自転車がたくさん朝出てくる漢江の方へ行ってみました。何のことは無い、でっかい公営の駐車場と焼肉屋。そしてアパート群があっただけでした。その後7時の開店と同時にマポオクに入店。そして食べているうちに考え付いたのですが、韓国、交通カード(Tマネー)だと、地下鉄とバスの乗り換えが30分以内なら2回まで「換乗です」と機械が言ってくれてタダになります。

 食べるのが速い私のこと。マポに到着して30分以内に食べ終えて行きとは違う公共交通にカードで乗れば帰りの分が無料になる→1050W安くマポオクのソルロンタンを食いに「行ける」ってのに気付いたのです。

 食べ終えて急いで5号線の麻浦駅へ急ぎ、改札を通ったら、残念ながら通常通りの1050Wチャージ。もう少し遅く来て、ぶらぶら時間つぶしをしないでそのまま食事していたら、「換乗です」で帰りは無料、できそうです。きっと、いつかまた試してみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月7日 がらがらだった韓国便 円安?北の脅威?鳥類毒感?

007


 写真は空港鉄道仁川空港駅のホーム、スクリーンドアにあったソウル駅行き普通列車(一般列車の時刻表です。こういうの、メモ代わりに撮影できるディーカは便利です。

 

 さて、先日行ってきたソウル。行きの飛行機はお客さん、55人とのことでした。団体さんはいつも通り後ろ半分。個人で買った私とかは前の方で超ゆったり。でも、大韓航空もこれでは大変でしょう。 帰りのチェックイン時にもこのことを話し、「ヒmネセヨ」と言ったらかなり受けました。しかしそんな帰りも半分くらい。確か180人くらい乗れる飛行機なのです。

 同じ理由でか、最新型になって各席ごとにスクリーンがあったタイプだったのが今回は何もなし。上から出てくるスクリーンも無く、まるで国内線光州行きみたいなやつでした。円安のせい?鳥インフルエンザのせい?それとも、北の挑発のせい? 別に韓国、何も変わったところは無く、みなさん普通に過ごしていましたよ。

 こんな時期にちょっと期待してしまうのがツアーのディスカウント。だいぶ前に流行った新型インフルエンザの時には2泊3日で19800円とか24800円とか、申し訳ないくらいに安いのが出たりします。昨日市内をウォーキング中に旅行社に寄ってみたら通常の数か月使うパンフの他にカラーコピー1枚もののディスカウントしたやつが出ていました。同じホテルでも1万円くらい安いです。一人部屋割増を入れても個人で行く飛行機代と変わらない値段(4万円台前半)。少し様子を見て、月末のスタッフの休みの連休、ちょっと考えています。旅行業者さんは大変だけど、チャンスです。節約節約。

  来週から英会話教室に通います。前に韓国語で何度か行っていた新潟国際情報大のオープンキャンパスというやつです。週1ですが、錆びに錆び付いた英語。どんなもんか?楽しみでもあります。謙虚に学ぶ姿勢を忘れずに行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4250 ギクッとしてしまった広告 4号線ソウル駅

436

 韓国の「遊び心」が豊富な点についてはここでも何度も書いていますが、地下ソウル駅の器械と柱の間から白衣のアジョシが身を乗り出してるこれ、最初はほんとの人かと思ってぎくっとしてしまいました。近づいてみると、何のことは無い、厚紙で作られた広告なのですが、遠くからだと変な人に見えてしまいます。


437

 まさに、等身大。


435

 麻薬から抜け出すのの相談?でも、芋づる式に麻薬売買ルートを摘発する目的もありそう。芸能人のクスリの話などたまにニュースで見かけますが、麻薬に関しては日本と韓国、どっちがどうなんでしょう?どうも日本のがいろんな意味での使ってはいけない薬の類を考えると先進国かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事751 チェーン店だけど나주곰탕を食べてみた

451

 帰り際に計算台のアジョシに訪ねてみたらソウル市内に12~3店あるチェーンだけどうちが元祖、本店だという話の「ナジュコムタン」でお昼を食べました。ちょっと気合入れてコムタンコンビという、マンドゥとスユクが付くというセット、12000Wでした。


450

 韓国のスープ料理はトゥッペギという土鍋に入ってて、ぐらぐら煮立った状態で出てきます。ですので、湯気もうもう、それに泡をスプーンで端によけたりしての撮影。それでもなかなかうまく撮れません。脂肪の少ない肉で、この時点では堅そうに見えました。


452

 マンドゥとスユク。牛の頭肉いわゆるモリコギのようで、皮の部分のゼラチンがとろん、そんな感じです。


453

 モリコギ拡大。


454

 マンドゥ拡大。蒸し餃子です。


445

 スープはまるで鍾路の迎春屋そっくり。上手すぎるというかやや人工的な何かを感じますが透明で美味しい。肉はかなりたっぷり入っていて、牛のほお肉が中心だとのこと。牛の頭だけで作ったスープというと昆池岩のソモリクッパプが有名ですが、あれよりかなり洗練されたスープです。ソウル市内に12,3店、南部ターミナル駅そばで見かけていますがあとはどこにあるのだろう?チェーンのソルロンタンよりは面白いなと感じました。また行くかもしれません。場所は東廟アプから少し新設洞方面へ行った大きな交差点を渡った場所。韓国観光サイトでも紹介されてるかもしれません。美味しかったです。

 ナジュは羅州。全羅南道にある都市の名前。牛の名産地でもあります。お城のあった羅州と河港の町栄山浦、2つに分かれている街で、市外バスターミナルも2つ、それぞれにあったのを90年代末の旅行で覚えています。何度も通りすぎるだけで、本場では食べたことがないのですが、ゆっくり歩いてみたい町の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

普通の韓国を探して4249 こんなのもありました

367

 シンギムチ(古漬けの酸っぱいキムチ)、パギムチ(細い青葱のキムチ)がお好きな方は注文時に(注文時に頼めば)お出しします。(その他のキムチも)お食べになる分量だけ分けて召し上がっていただければ、感謝いたします。 そんなことが書いてあります。

 ここでも何度も紹介しているマポのマポオク、今回も最終日の朝食に行ってきました。もう完全に顔見知りの朝番のアジュマ、「パギムチはお召し上がりになりますか?」と聞いてきたのです。「お願いします」と一度は言いましたが、これを見て「やはり結構です」と言い直し、この店の以前の豪勢な出し方がだんだん変わってきたのに気づきました。

 以前はけっこう大きめの皿に普通の白菜キムチ、古漬けの白菜キムチ、結構な量の青葱キムチ、そして大きく切ったカットゥギ(韓国大根のキムチ)が出てきました。日本の焼肉屋的感覚で言うと400円のキムチの皿が4種類出てくる、みたいな感じです。また、薬味の葱も大きな穴あきボウルにそれこそたくさん出てきましたが、この1~2年、ちょっと変わってきていたのです。ついに今回、こんな表示をするようになったのは良いことでしょう。頼めば今まで通り、何でもやってくれるのですから。

  店の経営上とかの問題もあるにはあるのでしょうが、初めからたくさん出てきて、中にはたくさん残してというお客さんもたくさん。「もったいない」という気持ち、だんだん韓国の食堂でも一般的になってきたのかもしれません。

 この店についても一部のブログ、掲示板などで、キムチの品数が、とか、葱の量が、なんて話もたまに見かけますが、韓国語で頼めば何でもやってくれます。日本人のための店ではなく、韓国人の常連さんだけで充分やっていける店です。本やテレビでも出てしまいましたので日本人も見かけるようになりました。でも、事情を知らないで、勝手なことを書かれるのは店には大きな迷惑です。他の日本人が行くようになった店でも、経営側、韓国人客側に「まったく日本人には困ったものだ」なんて思われてるところもあるかもしれません。

 「たくさんのおかずが無料で出てきてお代わりも自由。それが韓国」って思ってしまってる日本人も多いはず。 言葉ができないでの相互理解不足での小さなトラブルを帰国後、悪口として書く。そんなのは困ったものです。「安いから韓国へ行く」ってのはそろそろやめるべき時期に来たと考えています。


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4248 いい方向へも変わって行く韓国

366_3

 「食べ残さない正しい実践」、「初めから半量での注文をしましょう」とあります。

  これ、ソウルの美食家の間でも知られる、とある有名な食堂の柱に貼ってあった広告です。小学館の辞典を引いてみたけど반차림は載っていません。でも、パンは普通の「半」。チャリムは、、、私が知ってる言葉は「オッチャリム」とかしかありませんが、周囲の文章から考えると「半分の量での提供」ってことでしょう。

 広告主はソウル特別市。昔から言われていましたが、食堂で残って捨てる量の多さにはさすがの韓国の人たちももったいないという気持ちがあったのでしょう。「包装(持ち帰り)」を推進する運動もしくは広告が出てきていますし、初めから食べきれないなら「半量」での注文をしましょうということ。いいことだと思います。

 心配なのはケチな日本人が代金は半額にならないの?なんて書いてしまいそうなこと。いまだに、「3人なんだけど小食なので2人分の注文でいいですか?」なんて質問が韓国旅行サイトの掲示板で出てきます。たくさんのパンチャンだの、無料のお代わりだの、そんなのみんな含めての代金が韓国式。日本人、そういうとこ細かすぎると感じてる私です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年4月28日 - 2013年5月4日 | トップページ | 2013年5月12日 - 2013年5月18日 »