« 2013年5月19日 - 2013年5月25日 | トップページ | 2013年6月2日 - 2013年6月8日 »

2013年6月 1日 (土)

2013年6月1日 やっとわかった

006


 少し前の無料新聞の記事です。利益を得るための利用ではないのでご勘弁ください。韓日友好のためですので。

 韓国でよく、日本の賠償に関する話が出てきます。いちばん多いのは屋台とかの飲み屋の席、次がタクシーの中かな? 私の答えは「ずいぶん前に政府同士の話はついているはず」ということ。このため、後からわかった慰安婦問題に関する賠償は政府直接はできず、団体を通してさせてもらおうとしたが、韓国側が「政府が直接謝罪しないとダメだ」と言って賠償を受け取らないと言ってそれっきりになっている。そんな風に説明しますが、まぁ、難しい問題です。

  そんな場面で、しばしば、これはかなりの高率で、「独逸(トgイル、トギル)は~」という話が出てきてしまうのです。大量殺りくしたユダヤ人に対する謝罪、賠償、また逃亡戦犯の捜索など、ドイツが熱心なのは知っていました。大量殺人よりも慰安婦問題のが罪は軽いなんては言いませんが、何でドイツドイツって言うの、といつも感じていたのです。

 で、この記事。無料新聞だけでなく、通常の新聞でもしっかり掲載されてたので多分テレビのニュースでも各局で放映されていたと思われます。韓国のマスコミ、「ドイツと日本を常に比較して戦争の賠償などの問題を報じている」、そんな特徴があるのかもしれません。

 「独逸がユダヤ人への追加賠償金として1兆W以上を支給」という話、日本でどれだけの人が知っているでしょう?韓国では大人の半分以上、もしかして大多数が知っていて、「それに引き替え日本は~」って思ってるとしたら、困ったものです。

 「妄言相次ぐ日本と対照的」と言われてもねぇ。日本のマスコミもちょっと見かたを変えて、こういう点、説明を添えて報道してくれればとも思います。韓国のマスコミが何でもかんでも日本が悪いってふうにちょっと偏ってるのが一番の問題だとは思いますが。

 上にアクリル板を置いて撮影したら見事に反射が。昔学会準備のスライドを作ったときの複写機で無反射ガラスというのがあったのを思い出しました。青字に白い線のグラフだの図、懐かしいなぁ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4298 コリムルギ(尻尾咬み)禁止

023

 どこだか忘れましたが市内バスの中からの1枚、黄色い立札があり「꼬리물기 이젠그만(コリムルギ、もう止めましょう)」だか書いてあります。2年ほど前でしょうか、罰則が加わったのでかなり良くなりましたが、「コリムルギ」というのは前に車が詰まっているにも関わらず交差点に進入することを言います。日本では青信号でも前が詰まってる場合、割合みんなちゃんと待つようにしている感じですよね。でも、韓国、その辺かなりいい加減でした。

 韓国語のコリ=しっぽ、ムルギ=咬むこと、で「コリムルギ」、面白い表現だなぁと思います。

 私の個人的なイメージだとコリムルギが多かったのは東大門の交差点。あとは、ちょっとローカルになりますが鐘岩サゴリ。「ネガモンジョ(私が先!)」とみんな思っていたのでか、ずっと詰まっているのに行けるとこまで交差点に入ってしまう。信号が変わっても今度は左右からの車も通れない。そんな悪循環がありました。

 タクシーに乗っているときにそんな交通マナーの話を技士さんとよくするのですが、この15年でかなり良くなったと思います。 横から入れてくれ、と合流する車への「譲歩の精神」はまだちょっと不足してるかもしれません。1台入れてあげても自分が遅れるのは5mくらい、「人を喜ばせると自分にもいいことが返ってくる」そんなふうに考えて譲り合う、そんなのが大事ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4297 安義市外バスターミナル これもケンチャナヨ?

374

  韓国ファンの方ならすぐわかるはず、この地下鉄路線図、おかしいですよね?

 慶南ハミャン郡安義面の小さなバスターミナル、小さいけど新しい、きれいな化粧室を備えた建物でした。売票所にはアジョシ1名。切符を買ってぶらぶらしていたらこのソウルの地下鉄路線図が目につきました。東ソウルに到着して、、さて、どうやってその晩の約束場所へ行くかな?とこれを見ていたら、「あれ?!」って気付きました。

 さて、この路線図、どこがおかしいのでしょう?簡単なソウルリピーター初級の問題です。コメントでの回答、お待ちしております。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事760 ソウル駅で朝ごはん 韓食の基本はテンジャン

087

 早朝、6時台のソウル駅です。まずは、時間に余裕のある汽車の切符を購入します。


088

 それから朝ごはんです。ファストフード含め、いくつかの食堂、朝早くから営業してくれています。


089

 韓食系か?麺類か?やはり朝はしっかり、ご飯ものにすることにして、テンジャンチゲを食べることにしました。多くの韓国人、テンジャンチゲのチゲは省略していたり。ですので、「テンジャンハナ」と言えば普通に通じます。

 ハングルでは「トゥエンジャン」と書きますが、無理するとボロが出ます。普通に「テンジャン」で充分通じますよ。


090

 すぐに出てくるのがこんなパンチャンとコンギパプ。量は少なめですがお代わりを頼めば普通にくれます。おかずは無料なのに、ご飯のお代わりは別会計。これはどんな高級料理店でもそうじゃないかな?


091

 

 韓食、粉食、入り口は2つでも中は一緒なのでした。


092

 テンジャンチゲの値段はやや高めの6500W。普通は5000くらいですが、天下のソウル駅構内、家賃が高いのでしょうがありません。


093

 ぐらぐら煮立ったトゥッペギ登場。いただきます。注文があるごとに1人分ずつ最初から作ってくれるのはありがたいものです。たまに、野菜にしっかり火が通っていないこともあります。ま、ケンチャンタ。

094

 しばらくぐらぐら、まだ食べられません。


095

 スプーンを入れて冷ましますが、まだレンズが曇ります。


096

 やっと撮影できました。普通のアサリの他に中国産冷凍ものでしょうが、コッケが半分。在来式の韓国味噌の香り高いテンジャンチゲ、やはり韓国の食事の基本はこれだと考えています。美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月31日 (金)

普通の韓国を探して4296 黄桃!? 知らなかったこと

399_2

 

 同じ夜の写真です。1枚目はソウル市内のとあるホプ、まぁ、フライドチキンを主とするビールの店のメニューなのですが、右側、その他の肴の項に「황두」というのがあります。カンジャンチキンを注文してさっさと飲み始めてしまったので特に気にも留めませんでしたが、「ファンドゥ」って何だろう?って思っていました。カンジャンチキン、美味しかったです。


450

 さて、宿に帰って寝酒のマッコリを買いに出たときの写真です。観光客の多いスタンダードクラスのホテルの周囲、日本人、そして最近は中国人向けの店が多いんですが、こちらにも「ファンドゥ」があり、黄桃という漢字も併記してあります。さて、黄色い桃、韓国ではあまりとれないはず、輸入だよなぁと思って検索してみたら少しだけありました。韓国の飲み屋、缶詰の黄桃をアレンジして出すのだそうです。中国産ですので100円くらい?それを1000円で出すのですからどんなふうなのか?興味があります。

 昔から韓国人は果物好きで酒の店でも果物を出すのは知っていました。初めてポジャンマチャへ行った97年ころの群山でも、肴としてチャムウェ、まくわうりが出てきましたし、木浦で行ったナイトクラブなんかでも麦酒基本の肴は果物盛り合わせ一皿でした。ホプのアンジュとして、コルベンイムチム、貝の缶詰と野菜、そうめんのチョコチュジャンソース和えが人気なのも知ってはいましたが、缶詰の黄桃を使うというのは韓国다니기18年の私も初めて知りました。果たして輸入の桃缶、どんなふうに出てくるのか?ちょっと頼んでみたいメニューが増えてしまいました。

 右側は酒のメニュー、ビール類が3000Wというのは普通ですが、マッコリが5000Wはちょっと高いかな?その下、インペリアル、ウィンザー、スコッチブルーというのは国産のブレンドウィスキーです。ウィンザー(ウォンジョ)の17年を話のタネに買ってきていきつけのバーへのお土産にしましたが、やはり話のタネでした。しかしこういう韓国の観光飲み屋、一度入ってみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4295 道路原標の移動

172

 勝手知ったる平澤駅前です。長湖院へのバスに乗るつもりでターミナルの方へ歩き出しました。左に見える韓国のパトカー、ほぼ全部小型の1800ccクラスです。何で日本のパトカーはクラウンとかの高い車が多いのでしょうね?


174

 さて、これ、駅前広場の一角にあったもので、道路原標です。主な都市への距離が書いてありますが、何だか新しい感じです。


173

 横へ回ってみると、一番下の台の石になんか書いてあります。最初は理解できなかったのですが、あとでわかりました。道路の拡幅とかでもともとの位置から移動したようで、その方向と距離が細かく刻んでありました。日本ではどうなのでしょう?道路を広げるために道路原標を動かすってのはあるのでしょうかねぇ?

 美味しいと感じたり、喜んだり、嬉しい気持ちになったりするといい脳内ホルモンが出ると言います。逆に怒ったり、やましい気持ちを持ったりすると悪いのが出てふけそう。こんな小さなことでも、できるだけ嬉しい気持ちを持って生きたいものです。

 追加です。ソウル80キロとあります。在来線の無窮花で50分ちょうど。途中駅での停車時間なども含めた表定速度でも96キロ/時。これはかなりの速さです。日本の在来線の最速区間、昔は琵琶湖の西の線とかだったり?ほくほく線も最高速度はかなり? でも、韓国のごく普通の急行も速いなぁと思います。130キロくらいで走っているのかな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4294 경남 함양군안위면 광풍루

261


  韓国の地方を旅行したことがある方ならおわかりかと思いますが、高速道路網がよく発達していますし、一般国道でも立派な片側2車線のバイパスが各所に走っています。途中の停留所へ寄るときはそんなバイパスを降り、旧国道らしき2車線の道に入り、町の真ん中辺にあるスーパー前で停車、乗降する、そんなです。

 バスの中からの写真ですのでガラスの反射がありますが、ここは慶南の安義という町、昔の名前は堂本里というのもあるみたいですが、きれいな川に沿って町へ入り、橋を渡る手前、小さいけど古びた、すてきな楼閣が見えました。普通の町にさりげなくこんな楼閣がある韓国、なかなかいいものです。しかしこういうの、どうも慶南のほうに多いような気がします。どうなんでしょうね? 名前は「光風楼(광풍루)」、昔の物なので、額には「楼風光」と書いてありました。行ってよかったなぁ、と思える田舎の町です。

 先ほど「光風楼」で検索したら日本語ではほぼ皆無。検索のトップで出てくることはとても嬉しいことですが、またそんなのが一つ増えるかなと楽しみにしています。

 本数は少ないけど瑞草洞南部とか東ソウルから直行するバスもあります。でも、この時は早起きして在来線で金泉、駅裏のターミナルへ歩いて市外バスでコチャン、また市外バスで安義、そんな経路でやってきました。金泉は2度目ですが、金泉とコチャンの間の道は初めてでしたので、そんな行き方にしたのです。

 ちょっと本その他忙しく、更新が途切れがちになるかもしれませんが、どうかよろしく。いつも見に来ていただき、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月30日 (木)

2013年5月30日 翌朝の常温放置マッコリと携帯電話紛失

 こんばんは

 朝から何だかおなかが膨れる感じ。「おなかが張る」というのはこれかな?という感じで、だいぶ痩せたはずの腹が半そでポロシャツで目だってしまいます。お昼を食べた頃から、さらにお腹がポンポンに。おまけに便意まで催してきました。早いお昼を食べた某ターミナルでトイレへ。その後も何だかお腹が落ち着かず、1時過ぎに某地下鉄駅。さらには宿に戻った集合時間前にもう一度。買ってきた新しい品物を大きなカバンに入れたり、液体もカバンに移したり、荷物をまとめて整理していたらまたトイレへ行かねばなりませんでした。その後、三々五々、同じ旅行者の客が集まって来た頃に気づきました。ズボンの左ポケットに入れていた日本携帯がありません。

 思いつくのはやはりおなかの調子が悪くてのトイレ。そういえば、、、なんか硬い物が床に落ちた音を聞いたような気もしますが、とにかく携帯がなくなってしまいました。すぐにガイドさんが到着、5人揃ってワンボックス車に乗り、鉢山ロータリーに近い「土産物店」へ移動です。さて、どうしよう?電話が無いので電話はかけられないし、古い電話カードがあったけど使えるのか?あれこれ心の中で対策を考えます。唯一探しにいけたホテルのトイレにはありませんでした。地下鉄駅か?それとも川向こうのターミナルのトイレか?ともかく、まずは空港へ着いたら鳴らしてみようと思いました。

 

 しかし何で携帯を落としたのでしょう?生まれて初めてです。やはり何度もズボンを上げ下げした、、、それが関係しています。 夕方になっても相変わらずお腹が膨れ気味、調子悪いです。何でだろう?何かへんなもの食べたかな?と思い起こすと、考えられるのは、前に、熱々のオンドルの床において一晩過ぎたマッコリでの下痢。

 実は旅先の気軽さ、車の運転もしないので今朝も残ってテレビの前に一晩置いておいたマッコリを飲んだのです。韓国のマッコリは基本的に菌が生きてる生マッコリ。常温で何時間も置くと、好き勝手に菌が増えてしまいそう。1年半くらい前の経験も忘れて、「もったいない」の精神で飲んでしまったのでした。

 青山高校山岳部OB会、酒の一滴は血の一滴という言葉があったかどうかわかりませんが、酒は無駄にしてはいけないと信じてきた私。貧乏性もあってか、朝方に残った酒を飲んでしまうこと、前にも書きました。 絶対にそれが原因とは断定できませんが常温で長時間放置した生マッコリ、少なくとも私の腸内細菌とは仲が悪そうです。

 時にはその日の昼間に工場で瓶詰めされた出来立ての生マッコリが飲める韓国ですが、しっかり飲みきるか?もしも残ってしまったら必ず冷蔵庫に入れておいたほうがよさそうです。携帯紛失の顛末は、また稿を改めて。 それじゃ、おやすみなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月28日 (火)

普通の韓国を探して4293 珍しく広めの斜めに走る道

052

 この写真の場所、すぐに分かった方は相当のソウル通。「ああ!あそこか」って人も多いと思いますが、昔河東館があった方へ行く斜めの道です。


051

 ほぼ同じ場所から振り返っての写真、これはみんなわかるでしょう? ロッテとプレジデント。乙支路1街の交差点です。前にも報告したとおり、ロッテの壁面の大広告は中国語になっていました。ちょっと寂しい。


053

 また1枚目の写真の場所、こちらは清渓川方向なのですが、あの斜めの道、古い地図で見ると清渓川の支流、川だったようです。いつごろまでそうだったのかは知りませんが、パンジャチプも多かったという清渓川。昔の姿、見てみたかったです。


054

 文化財登録されているウリ銀行の建物。ここから鍾路にかけて、古い建物がけっこう残っています。昔のソウル、80年代、70年代、見たかったです、ほんと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4292 京釜線平澤駅

166

 ソウル駅から無窮花で50分。平澤駅です。セマウルの一部に停車しない列車があるだろうし、貨物列車も走っています。やはりハングル、読めた方がいいですね。


167

 天安方向です。朝の汽車、けっこう通勤の人がいて立席の人もたくさん。降りる駅が近くなったらデッキへ移動とかも必要です。


168

 新しくなってから一度、牙山市の温陽温泉に泊まった翌朝、バスで来たことがあります。もっと前、古い駅はこのブログの最初の頃に駅前広場でガムを売るアジュマの写真があったと思います。


169

 駅ビルは名古屋駅のように高層ビルが2本立っています。駅前広場自体は変わっていないかな?


170

 平澤観光ホテル。向こう側左手に高博士冷麺本店があります。


171

 風俗街(?)のほう。まだ現役のようで、朝ですがピンクの灯りが見えました。青少年通行禁止地域の入り口に警察の派出所があります。いろんな意味で必要なのでしょう。

 この後は珍しく駅前にある市外バスターミナルへ向かいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

2013年5月27日 片づけてもうすぐ上がります

701

 鍾路5街の北側の町です。おそらく日帝時代からあったと思われるような古い建物もあれば、でっかいビルもできています。


074

 左のビル、1枚目の真ん中に見えているやつと一緒ですが、「ソウル保証」と上にビル名か?会社名が表示されています。


258

 この写真、すぐ左手先に見えるのが乙支路4街のホテル国都なんですが、遠くの方、梨花洞の山の手前に小さくですが、1、2枚目の写真のビルが見えています。何だか嬉しい写真の整理になりました。

 ソウルの古い町、古い建物の上には多分違法建築である屋塔房がたくさん。でも、そんなソウルも大好きです。それじゃぁ、本日の業務、終了です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4291 경기도 안성시 VEGACITY

217

 京機道の安城市です。90年代後半に一度、また、一昨年あたりにも一度来ています。大昔に来たとき、バスターミナルは街の真ん中。市場に隣接したごちゃごちゃした場所でしたが、2年ほど前に来たら、郊外に移転。普通、ターミナル周囲にはモテルがある韓国なのに、何もありません。周囲は真っ暗で、市街地まではけっこうありそう。天気も悪いし、ということで、Gバスに乗り換えて龍仁へ行ってそこで泊まったのでした。

 今回は昼間の訪問。市内の中心部にある「旧ターミナル」で降りて市場を一回り、その後、歩いて町を見ながらターミナルへと歩き出しました。ゆっくり安城を歩くのは初めて。面白いなぁと思いつつ、たくさんのバスが行き来する方へ歩きましたがなかなか見えません。そのうち、街から出てしまい、中くらいの川に沿って行くとやっと遠くに、建設中と思われる大きな建築が見えてきました。帰ってから地図で見たら3キロくらい。東の郊外の何もないところへ移転したのでした。

 やっとこ着いたターミナルの手前、こんな建築があります。事務所のようですが、もぬけの殻。どうもこの建設中の建物、ターミナル併設の映画館もあるデパート型ショッピングモールとして作っていたのですが、テナントが埋まらないかなんかで運営会社がつぶれてしまい、そのまんまになった風です。 韓国の新聞の経済面を見ると新しいビルの広告がたくさん。絶対成功する、みたいな言葉が書かれていますが、そうはうまく行かないケースもたくさん。ここなんぞ、できる前におじゃんになってしまったのでしょう。


218

 空き家になって相当経過してるみたいです。


219

 1枚目の左の絵のようになるはずだったのでしょうが、骨組みだけできて工事は停まっています。VEGACITYという名前のモールができるはずだったのでしょう?ハングルでの検索ではいくつか出てきました。2007年ころの話のようです。


220

 こちらは駐車場かな?ソウルだと地下深くまで駐車場を作るけど、田舎ですので脇のあたりに地上のものができていました。


221

 ここにもバスが着くようになっているのかな?町からのシャトルバス化もしれません。ともかくここ、今は広大な廃墟でしかありません。一番奥に見える新しい市外バスターミナルはなんとか運営してはいますが、街から遠いし、市内バスに乗らないと来られません。中のテナントもがらがらです。

 古くは江陵、水原、仁川、最近では保寧、原州、そんなターミナルの郊外への移転を見ていますが、便利になったってケースは少なくとも外国人旅行者に対しては無いような気がしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4290 意外な風景に出会える街 ソウル

581

 乗りこなせる、とまでは行きませんが、ソウルのバスにもだいぶ慣れてきました。何度か書いているように素早く主な経由地を読んで大体の経路をつかみます。失敗したら乗り換えればいいのですから、急いでいるときでなければ大丈夫、そんなふうに思っています。でも、たまに、一方通行の制約などで意外な経路を取る路線も無くはありません。261番が東大門で左折できないためぐるっと回るのも最初は驚いていました。

 

 記録のため、たいてい降りると乗ってきたバスを写真に撮ります。だいたいこっちだろう?と思って乗ったら違う方向へ。まぁ、目的地も遠くは無いので降りてしまえ、とやった時の1連の写真です。鍾路へ出るのかと思ったら左折して東大門の方へ曲がってしまったので下車しました。


059

 バスは行ってしまいましたが、全く知らない場所で降りてしまいました。まぁ、来たことがないというだけで、ちょっと歩けば土地勘のある場所に出られるのはわかっています。でも、知らない場所を歩くのも面白いもの。ちょっと向こうの方へ歩いてみました。


060

 ちょっとハイカラな建物がある交差点です。まだ自分がどこにいるかつかめていません。ここで、鍾路のほうこう、右へ曲がります。


611

 前にリヤカーを引いて廃品回収の古紙を運ぶハルモニの写真をアップしたあたりです。


661

 立派な教会があります。


067

 バイク便の待機場所のようにですが、何故かここにいるバイク、みなプラスティックのバケツ、オイル缶なんかぶら下げています。何なんだろう?


068

 古い建物、敷地はすごい余裕。日帝時代の建築家もしれません。向こうのビルには保寧とあります。割合近くの鍾路5街にある有名な薬局、ポリョン薬局と関係あるのかな?


069

 振り返っての風景ですが、なんだか静かな街です。車も人も少なめ。東大門市場や鍾路も近いのに、何か不思議な街を歩くことができました。

 あとで地図を見ると3枚目の交差点、左右に走るのが大学路です。最初に歩いたのは栗谷路の東の端。いつもはソウル大の病院前でヘファロータリーのほうへ曲がってしまう道なのでした。梨花洞の手前、と言えばいいのかな? 鍾路は掴んだ、と思っていましたが、まだまだです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月26日 (日)

普通の韓国を探して4289 ソウル駅三初等学校 併設幼稚園

225

 カルビチムの名店「大衆屋」を探してタクシーで駅三初等学校へ行きました。タクシー技士さんも知っていたので有名なのかな?単純な名前ですのでこのあたりで一番にできた伝統ある学校なのかもしれません。まぁ、江南ですので、3~40年でしょうけど。

 何も考えずに写真を撮ったのですが、看板は「併設幼稚園」ってあります。公立の幼稚園もあるんですね。私立、公立、どんな割合なのでしょう?

226

 多分、大部分が小学校なのでしょうが、なかなか広く、立派です。江南の新しい街、ほとんど1ブロック全部を使った大きな学校でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4288 なかなかいいホテルPJ

251

 

 忠武路と乙支路の間にあるホテルPJ、旧豊田(プンジョン)ホテルです。数年前に改装され、1級から特2級に昇格したのですが、とてもきれいで、広めです。


256

 薄型テレビによって部屋を広く利用できるようになった感じです。


252


253

 バスルームも広めでした。


255

 こんな小さな鉢植えの植物が3か所にあったかな?虫が心配ですが、嬉しい配慮です。


046

 プレステッジ&ジョイでPJなの?カードキーを当てないとエレベータのボタンが押せないようになっていました。全部の階がそうなのかはわかりませんが、いい部屋にしてくださいとまた頼んだらいいフロアにしてくれたようです。そんな現場の裁量で許されるケンチャナヨサービスは韓国の美点、前にも書きましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月19日 - 2013年5月25日 | トップページ | 2013年6月2日 - 2013年6月8日 »