« 2013年7月14日 - 2013年7月20日 | トップページ | 2013年7月28日 - 2013年8月3日 »

2013年7月27日 (土)

普通の韓国を探して4387 瑞草洞の繁華街

617

 瑞草洞と一口に言っても、かなりの広さがあります。東西は教大駅のあたりから江南駅、南北でもテヘラン路の南ずっと、芸術の殿堂とかがある山の麓まで、とても全部歩くなんて難しい広い範囲です。これは、前の夏にミンオ(オオニベ)を食べに行ったほう。南部ターミナル駅のさらに西の方の町です。繁華街としましたが、夜の町という方が正確かもしれません。


618

 江南ですので、道は広めで規則的。タワーパークの文字は「有料」かな?


6211

 食堂も多いですが、高そうな酒の店、そして女性と一緒に飲める店の類が目立ちます。


622

 遊興酒店とモテルが一緒の建物に、というとエッチな想像をしてしまいますが、そういうの、あるのかなぁ。2次とかいうやつ。と思ったら上は按摩施術所でした。エッチなのは一緒です。


623

 バーとあるけど、どうも一人では入りにくい感じ。大田とか全州、そんな地方都市で何度か酒の店へ行ったことがありますが、いずれも、昼間はカペで夜は酒を出すけどホステスさんは隣には座らない、そんな店でした。これくらいなら入れると今は思いますけど。


624

 そんな街にも露天商、それが韓国、ソウルです。


6251

 ここも地下のルームサロンでしょう。豪華な内装を作るためか比較的家賃の安い地下であることが多いです、ルームって。地方都市だと一戸建てのルームサロンもありますけど。まぁ、旅行者、特に一人旅行者には縁のない飲み屋です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4386 韓国だって掃除、がんばっています

115

 瑞草区のスレギ封筒を載せたリヤカー、そしてプラスティック製の箒です。

 95年の初ソウルの時にも派手な色のプラスティック箒にはびっくりしました。材料が安定して手に入るのと、あとは丈夫さのためでしょうか、その後日本でもホームセンターで見かけるようになりましたが、韓国のが先です。日本が竹材が豊富というのもあるのかなとも思います。


116

 同じ商街の共用スペースの水道前。もう40年も経っているという話ですのでかなり古くなっていましたがここにも箒と廃物利用のバケツ。韓国だって掃除、やるとこではしっかりやっています。

 ゴミ収集は繁華街では早朝の暗いうち。また、道路や歩道の清掃も早朝、黄緑色の作業服を着た人たちががんばっています。また、店とかでも自分の店舗の前とか、やっているでしょう。それでも、韓国の街、ごみが目立つのは出る量が多いからかも。飲食店の広告もばらまかれますし、残念ながらそこらにごみを捨ててしまうお年寄りも少しはいます。あまり韓国以外の外国を知らないからでしょうが、ホーチミン市の中国人地区の市場はすごいなんて話も聞きますし、中国はどうなんでしょう?

 ともかく、手軽に行ける韓国、日本と似てるからなおさら、ごみが多いなんて言われてしまうのだと考えています。世界にはもっとスゴイ町がたくさんあるのではないかなぁ?韓国に10回やそこら行ったくらいで「通」気取りになるのは避けたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記801 ベンチ

135

 福島県の郡山駅前、高速バスの乗り場前にあったベンチです。「ん?!」と思ったら平らではありません。


136

 横から見ると両面三日月型というか、、紡錘形というのかな?とにかく、座面がカーブを描いています。座ってみると座れなくはないけど何だかへんな感じ。もしかしたら、、、ですが、これも浮浪者がごろ寝しないようにという目的なのかもしれません。

 前に、東京神田川ウォーキングの時にも新宿区、渋谷区の小さな公園のベンチだの、仕切りを設けて座れるけれど寝られない、というふうにしてありましたが、福島も気候がいいのでしょうか?韓国語で言う露宿者(路宿者?)が多いのかもしれません。冬場の天候が大変な新潟県ではあんまり、、、やはり暮らしにくいのでしょうね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月26日 (金)

普通の韓国を探して4385 면도칼 2つ似た意味が続く言葉

138

 何度か、ここで、駅前アpとか、○○氏ネ、とか○○家ネとか、同じような意味の言葉が続く韓国語のこと、書いていますが、これもそうでした。 どこかのモテルでもらった安全カミソリですが、韓国語で면도칼,면도기とか言います。ミョンド=面刀。ちょっとおっかない名前ですが、顔とか髭を剃るための剃刀、ミョンドって言うのです。ハングルで書いた前者はミョンド+固有語の刀、刃物という意味の「カル」。包丁で手切りしたうどんであるカルグクスのカルと一緒です。


140

 これは裏面。衛生用「トゥナル」面刀器とあるので、最初は一回用(使い捨て)ならぬ「2日用」=2回くらい使えるやつなのかな?と思ってしまいましたが私の韓国語、まだまだダメです。ハナ、トゥルのトゥと日という意味の固有語ナルをくっつけた言葉だと思ってしまったのでした。何だかおかしいな?と思いつつ小学館の辞典を見てみると、「ナル」は「日」という意味が最初に大きく出ていますが、刃物の刃という意味も2番目に出ていました。「衛生用2枚刃カミソリ」というわけです。英語でもちゃんとそう書いてあります。

 韓国のモテルでもらうカミソリ、今まで大部分は「トルコ(DORCO)」という会社のものでしたが、これは「シェイコ面刀器」、金海市に製造会社があり、販売会社は華城市にあるようです。でも、刃物はやはり日本製が優れていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月26日 歳月이 빠르다.(歳月は速い)

014

 ちょっと前の休みの日、バスに乗ってちょっと遠くへ行き、ウォーキングを楽しみました。見たことない電車に乗って新しい景色を見るのは愉しいものです。


015

 橋上駅から見た駅前通り。車も人も少ないです。遠くには山が見えます。この町、ずいぶん前に亡くなった父の友達の方の故郷。私も東京にいた頃は世話になった方で、いろいろ面白い話も聞かせてもらったり、朝のランニングをやったり。でも、もうずいぶん会っていません。年賀状のやり取りはずっと続いていますが、そんないい先輩の田舎、一度見てみたかったのでした。

 

 地方はどこもいっしょでしょうか。車の時代になり駅前なんかは朝晩の通勤通学時間以外は閑散。でも、昔からの街道があり、古い建物もけっこう残っている静かないい所でした。

 後日、続きを書きますが、この場所、さて、どこだかわかる方、おられますか? コメントお待ちしております。

 と、アップして写真を見たら2枚目の右下、歓迎の看板に地名が出てしまっていました。矢吹という福島県の町へ行ったのでした。ばれたから書いてしまいますが、福島県、案外平地は少なく、田んぼもあるにはあるけれど、新潟平野のように見渡す限りの水田とかはありません。かえって途中の会津盆地のが田んぼは広い感じです。昔は江戸よりも人口が多かったという新潟県の豊かさ(コメがたくさんとれる)をも感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4384 忠北洪城郡西部面梨湖里の農協

249


 この春、南塘港へトリガイを食べに行った時の写真です。洪城はけっこう大きな町、そこから西へ向かい金佐鎮将軍の生家がある葛山面で南へ。南塘とかの海岸に出る手前の梨湖里にあった農協です。日本でもそうですが、田舎の金融機関の王様であり、韓国では多くはハナロマートというスーパーが、規模の大小はあれ、付属しています。こんな田舎に?という感じで今思い出せるのは江原道洪川郡内面とか洪川邑、鉄原郡旧鉄原とか。山の中なのに海産物なんかもしっかりあって感心した記憶があります。

 まだあるのかな?4号線倉洞のでっかい店には驚きましたし(96年ころ)、ウリ農産物を買いましょう、という感じで、国産のいいものをそろえている、そんな感じも持っています。前は鍾路1街にもあったけど、、、あそこは無くなりましたっけ? とにかく、農協の印、韓国の田舎ではおなじみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4383 慶南咸陽郡西上面大南里市外バスターミナル

377


 安義面の中心地堂本里でカルビタンを食べて町をぐるぐる歩いた後はソウル行きの高速バス、というか主に高速道路を走る市外バスに乗りました。安義から中くらいの川に沿って上ります。けっこう観光地になっているようで岩のごろごろした川のそばには駐車場を備えた食堂なんかもけっこうあります。地図を見ると東湖亭、君子亭、居然亭なんて赤い名所の表示がありました。徳裕山の山麓、学者先生が住んでいたとか、そんななのかもしれません。

 さて、直行と記されたバスでしたが、そのまま大田晋州高速道路に入るのかと思ったらインターが見えるとこを過ぎて小さな町に入りました。それがこの写真、西上面の中心地である大南里です。険しい山ではないですが、かなりの田舎。山一つ越えれば全羅北道の長水郡長渓です。韓国の地方のバスの便、そして高速道路、やはりすごいです。運転技士さんの過酷な労働のおかげでしょうが、安いし本数も多いし、かなりの田舎でもバスのネットはできています。一人バスを待つハルモニはどこへ行くのかな?

 この後、少し戻って高速道路へ。すぐに全北長水郡、ついこないだ行った感のある茂朱、錦山を経て大田で京釜高速に合流するまではほんとうにガラガラの道でした。「こんな山の中にまで」としばしば感じる韓国の高速道路網、作り過ぎの感さえもあるくらいに発達してきています。地図も毎年変わるのはしょうがないくらいに新しい高速が伸びています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4382 ソウル 乙支路の夕刻

803


 夕方のちょっと暗くなってきた時間の1枚、気に入っている写真です。

 暗さからシャッタースピードが遅いため、バイクがちょっと流れています。乙支路というとついつい1街、ロッテデパートだのホテル、SKビルに外換銀行本店、明洞の街なんかを思い浮かべてしまいがちですが、東へ向かって2街を過ぎ、乙支麺屋なんかがある3街、さらには4街あたりまで行くと南側は印刷関係だの店舗内装関係だのの店、北側は照明機器、電気機器、そして小さな鉄工所と言うか部品工場、そんなのが多い下町らしいトンネになります。 

 細い路地もどこかに通じています。行き止まりだったら戻ればオーケー。もしかしたら日帝時代から同じだった街には私好みの被写体もたくさん。また、朝鮮屋とか又来屋とか、数十年も続く老舗食堂があったり。そんな大型店でなくても地元の人が配達(出前)をとったり、お昼を食べたり、仕事のあとの1杯を楽しんだりする店はまずハズレはないでしょう。

 本日朝での容量は99.91%。一杯になったら上のクラスのブログに切り替えて「普通の韓国」の面白さを伝え続けて参りますので今度ともよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年7月23日 (火)

普通の韓国を探して4381 「チャンピオン」も流行りました

072


 歌手「サイ」です。昨年世界的に流行って日本でも知られるようになりましたが、韓国ではラップ歌手としてずいぶん前から有名。チャンピオンという曲が韓国中で流れていた時期がありました。2000年代前半だったかなぁ。

 焼酎とビールの宣伝スティッカーですね。場所は鍾路2街のあの三星証券タワーから寛勲洞へ斜めに入る2月に火事を出した場所の通り。左手の露店の花屋だったか、靴修理だったか、そんな店の壁にあったものです。

 「~ハm」というのは、形容詞が名詞になったやつ。「ケッkタダ(ハングルはちょっと難しい)」は「きれいな」、「清潔な」という意味の言葉で、初級でも習う有名な単語です。それが名詞になって、でも、焼酎の味の表現だと何が適切でしょう。「スッキリ感」とか「口当たり滑らか」、そんな感じだと思います。

 焼酎の方で「爽やか」というのを出さなかったのは下にビールの宣伝?「シウォナダ」の名詞型があったから。こっちがどちらかと言えば「爽やか」、「爽快」という感じです。 前にも書きました。タクシーの中でお腹が痛くなって、コンビニに駆け込んで化粧室を借り、全部出してスッキリ元気回復、そんな時もシウォナダなのでした。

 でも、わざわざこの1枚を出してきたのはペンキで消されていますが、ベースの板に「연장창고」という文字が見えたからです。後半は「倉庫」、すぐわかりますが、前半の「ヨンジャンg」は何でしょう?まず浮かぶのは「延長」と言う単語。でも、「延長倉庫」では意味が通りません。1週間に1度くらい開く小学館を見たら、、、「道具」という意味の固有語でした。これは多分学院ではなかなか習いません。上級者が韓国で会話しつつ覚えたり、そんな言葉のよう。どれくらい使われているのかはわかりませんが、「ヨンジャン」=道具、一つ賢くなりました。

 ただ今99.92%。ネタ切れではありません。整理しきれない写真が溜まっています。

741

 トォム(オマケ)です。

 同じ通りにあった消火栓です。鍾路から入ってすぐのあたりです。わかるでしょう?こんな感じ。

 ごちゃごちゃした古い町の小型雑種犬。古い韓屋街、住宅街の壁に存在感を発揮してるガスの配管。地面から飛び出してアピールしてる水道メーター、古い古いアパート。ソウルでの写真テーマ、いろいろありますが、消火栓もなかなか面白いと思います。どなたかやってみませんか?写真集。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4380 ソウルの普通の町角

039


 夕方、18時過ぎの写真です。「春川チプ タッカルビ、タッkハンマリ、タッkカルグクス」という看板。歩道に出すのは本当は禁止ですが、まぁ、よほどでないとソウル中で黙認されています。たぶん、チェーン店。「春川タッカルビ」の流行って2000年くらいからだったでしょうか?まだそこそこいろんな店が残っています、長続きしたほうでしょう。

 

 初めてソウルへ行った95年ころ、これは流行の末期だったのかもしれませんが、「回転寿司」がけっこうありました。近年、日本のチェーンを取り入れた店がまたできたと聞いていますが、流行と言うほどではありません。昔のは割合小規模で、いかにも個人でチェーンに加入して始めた、みたいな感じだったのですが、そういう店、ほぼ姿を消しました。

 次に印象深いのは、今でも残っているけど「チャムチ食い放題の店」。刺身と言えば活魚の1匹買いが普通だった韓国式刺身店の世界に一石を投じたのではないかな?2万Wコース3万Wコース5万Wコースとか、計算方法も画期的だったのだと思います。とはいえ、昔は白っぽいカジキマグロが中心だったと聞いていますが、今も残る鮪専門店、どうなんでしょうね。

 あとは、「王海老(ワンセウ=西海岸で取れる大正海老)ソグムクイ」だの、「ドゥンカルビ」、「チムタク」、最近では「メウンカルビチム」、最後のは、まだ流行ってるかもしれませんが、「春川タッカルビ」は成功した方でしょう。「サムパプ」のチェーンも数年前に流行ったかなぁ。最近では「ソレカルメギサル」に代表される安い内臓肉中心の豚の焼肉店でしょうか。サムギョプサルが分厚くなったのも最近の流行かと思います。

 さてさて、次は何が流行るかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月22日 (月)

普通の韓国を探して4379 水圧が弱いので~

129

 「便所」と書いてあります。韓国語も漢字文化、同じ単語がありますが、最近はあまり見かけない言葉です。「化粧室」と言う言葉が一般的。韓国の方に尋ねたら、やはり「レトロな感じ」をねらって、わざと使ってるとのご意見でした。場所は新村。前に分厚いサムギョプサルを紹介した「カンホドン白丁」の3階です。


130

 「水圧が弱いです。チリ紙はゴミ箱へ、『必ず』、お願いします。」」と書いてあります。読めないと流して詰まらせてしまう人がいそうです。


131

 便器は至って清潔。左にその「スレギトン(ゴミ箱)」が見えています。


132

 ペーパーディスペンサー。


134

 手洗い所とペーパータオル。

 この店、元シルム選手の人気ゲグメン(ギャグマン)であるカンホドンの名前をつけた最新流行人気店ですが、古いビルを改装して作ったためか、やはりこんな「紙を流せないトイレ」でした。外国人観光客の我々がスマートな判断をしないといけない所、まだちょっと韓国にはある、というお話でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4378 金泉市いまむかし

210

 金泉駅東側、京釜線をまたぐ長い歩道橋の途中に掲示されていた昔の金泉の写真(?)です。山は私も上った紫山でしょうか?町の真ん中にある小高い丘と言う感じの山で中腹まで家々が並び、頂上部は公園になっています。京釜線に沿って広がる金泉の街と、北の郊外を通過する高速鉄道がよく見えたと思います。この写真だと左が京釜線が走る在来線の駅のあるほう、右は郊外かな?


211

 合わせて展示されていた最近の金泉市中心部です。中央右手の山が紫山だとすると、同じ方向、場所なのだと思いますが、いくらでも自由になるこちらの図は、1枚目のと同じサイズ、範囲にすればいいのになぁって、日本人の地図好きアジョシは思ってしまいました。まぁ、その辺もケンチャナヨなところがありますね。

 

 KTXが走らないこの京釜線の金泉駅、前にも書いたように駅舎は昔のまま。KTXの駅によくあるようなガラス張りのものになることは多分無さそう。でも、そっちのがいいような気もしている私です。高速鉄道の金泉亀尾の駅は2つの都市の真ん中よりやや金泉寄りの場所だとか。停車する本数も少ないので、在来線の価値はまだまだありそうです、このあたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月14日 - 2013年7月20日 | トップページ | 2013年7月28日 - 2013年8月3日 »