« 2013年10月13日 - 2013年10月19日 | トップページ | 2013年10月27日 - 2013年11月2日 »

2013年10月26日 (土)

とうちゃんの自転車日記740 국토종주

277

 慶尚北道義城郡丹密面を走る地方道912号線、こんなふうに赤く塗られた自転車レーンが設けられていました。ばりばり走るサイクラーは車道を走っていましたが、ゆっくり楽しみたい人のためのこんな施設、思うにほんとうに速くできたという感じがします。18年間ソウルと地方を歩いていますが、90年代には、多くの本に書いてあるように、スポーツとしての自転車に乗る人口はほとんどいないと言っていいくらい少なかったのが韓国です。自転車=荷運びの手段、ということで良家の子女はあんなのには乗らない、そんな話もあり、自転車に乗れない大人が今も多いと聞いています。

 それが、2000年代になり、まだまだ中国製のなんちゃってMTBが多いことは多いですが、本格派の、かなりお金をかけた自転車に乗る人も激増しました。輸入の品物はかなり高い韓国なのに、、、高級フレームの自転車だけでなく、高い部品、用品もたくさん売られています。やはり「変化が速い韓国」、こんな点でも言えそうです。

 さて、自転車の絵とともに描かれた文字、「国土」はすぐにわかりましたが、종주はわかりません。後半の주は多分「走」という字、、、最初は一周というような意味で、「周走」なんて言葉があるかとも想像しましたが、ハングルがちょっと違います。「綜走」だとハングルは合ってるけど、そんな言葉あるのでしょうか?  結局帰国後小学館の辞書を引いたらば、なんと「縦走」でした。しかし、国土縦走ができる自転車道が完備してるとしたら、、、自転車道路についても日本は追い越されてしまっているのかもしれません。 「やるとなったら仕事が速い韓国」というのも当たっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 昨日今日と雨、自動車で出勤しています。

013


 おはようございます

 台風は幸いかなり遠くを通過してくれそうですが、昨日からずっと雨で、時折激しく降ります。いつも通り起きて、寝床でラジオをつけたら、地震と津波のニュースばかり、民放に変えたら通常の番組、大事が無くてよかったです。

 6時前に下へ行って、雨具を着て犬の散歩、そして朝食をとり出勤しました。午前はかなり忙しく、午後はちょっとゆったり。明日の休みを楽しみに働きましょう。

 写真は先日の休みに西山町のお寺へ行った時のもの。国道116号線新潟西バイパスからの写真です。一般道では珍しい制限速度80キロ。30数キロもの距離、信号が無いのも日本でトップクラスだか、そんな道です。 左が弥彦、右が角田山。弥彦は弥彦山と多宝山の双耳峰です。小学生の頃に切手集めをしていましたが、佐渡弥彦国定公園のやつ、ご存知の方おられますか?緑と水色の感じ。あの弥彦山の近くで人生の大半を過ごすことになるとは、あの頃は思いもしませんでした。

 晴れるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4504 尚州市中心部 伽耶ミルミョンへ

322

 この尚州、3回行って、けっこうじっくり歩いています。バスターミナル、尚州観光ホテルのある中心部、市庁だの女子中学校がある西側の町、尚州駅、南山公園と弓道場、日本家屋の残る中央市場、北川倭乱戦績地、大体つかめた感じです。


323

 これは何の店かな?と思ったら酒の問屋のよう。焼酎やマッコリを配送する会社のようです。慶北ですのでチャム焼酎なんでしょう。


324

 古い下水の蓋。残念ながら日帝時代のものではないでしょうけど、こういうのも好きです。



325

 流通のいい韓国、国土が狭いというのも理由の一つでしょうが、山の中でも海産物は豊富です。甘浦ふぐ屋なんて店がありました。看板はふぐとアンコウです。


326

 朝鮮時代の古いものを模倣して石を埋め込んだ塀。尚州初等学校の裏側です。


327

 そこで右折。ここでのお昼を楽しみにしてきた伽耶ミルミョンはもうすぐです。


328

 ありゃ、と思ったら伽耶ミル麺のすぐ手前、新しい道を作っていました。韓国、地方都市でもどんどん変わります。1年2年行っていないと、初めての人とおなじような感覚を味わうことになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4503 ソウル濁酒の長寿マッコリ

086

 誰でも知ってる長寿マッコリ、ソウル濁酒という会社の製品で、1000Wちょっとで買える嬉しい酒です。運が良ければその日に瓶詰した、沈殿物ゼロのものも飲めたり、ソウルへ行く楽しみの一つです。これは梨泰院クラウンホテルの部屋ですが、2本、ちょっと蓋が違うのにお気づきでしょうか?

 ソウル市内に確か6つの醸造所があり、それぞれちょっとずつ違うという話を聞いています。


087

 2本の瓶、キャップも違っています。どっちがどっちだか忘れましたが、片方は道峰区倉2洞、スユリからちょっと行った牛耳3橋という橋のたもとにある倉洞醸造所のもの。ソウル旧市内で飲むとこれに当たる可能性が高いような気がしています。もう一つは中浪区の面牧洞だったか、そちらのものでした。

 往十里にあった配送所の写真、ここの古い記事にあったと思いますが、工場から市内の主な場所にある配送所に送られ、そこから各スーパー、コンビニ、飲食店などへ配達されるものと思われます。中には、私は○○醸造所のものが一番、なんて方もおられそうですが、私は日付が新しくて、冷えていればオーケー。夏でも冬でも美味しい長寿マッコリです。

  追記:長寿マッコリの工場、江東区、恩平区、永登浦区、城東区、中浪区、九老区、道峰区、合計7つでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

2013年10月25日 日帝時代にあった韓国の神社址

085


 2泊3日の旅行だと、大抵中の一日、地方へ出かけます。あまり遠いと交通機関に乗ってる時間ばかりが長くなるので困りますが、なかなかいいものです。少し前に2度目の訪問で天安の南山公園、旧天安神社址が大きく変わっていたこと、ここでも書きましたが、韓国の人たち、けっこうそういう歴史探訪が好きみたいで、ハングルでの検索でいろいろ出てきます。大きな都市の名前に신사(神社)をくっつけて検索すると面白いですよ。

 ソウルは南山公園と漢陽公園(標柱を前にアップ済み、南山ケーブルカーの駅周辺です)、全州神社は多佳公園、光州神社は光州公園、江陵神社は小さかったみたいですが、あの釜山の龍頭山公園も釜山神社の址なのでした。

 街中の一等地にあった日帝強接期の神社址、皆、日帝時代の痕跡を意識して消している、そんな感じですので、天安神社はまだまだ昔の様子が残っていたほうなのでしょう。90年代に見ることができたことを喜ぶしかありません。

 唯一、昔の面影が残っていそうなのが春川神社だそうです。移築かなにかで韓国式の建物を利用しただかで、場所は思ってたとおり世宗ホテルのあるあの山の中腹。今も当時の門だのそのまま残っているとか。もしかしたら石だのに何か刻まれてるのが残っていやしないか?この夏に行って来たばかりですが、またちょっと行ってみたくなりました。ITX青春号に乗れば清涼里から1時間もかからない春川、あまり美味しいものは期待しませんが、古い町が残っているかもしれません。行ってみようかなぁ、、、

 コメントいただいたnaguneさんのお話でこの春行って来た洪川、海美の写真を探してみました。なるほど、お堂の後方に小高い部分があり、立派な階段が伸びています。神社址と言えばそんな感じです。慶福宮の中に総督府の巨大建築を作ってしまった話は有名ですが、ここも、朝鮮時代のお城の中に神社を作ってしまったとすれば、やはり朝鮮の人の気持ちを無視した짓(わざわざ韓国語です)だったと言えましょう。

330

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4502 ソウルの過ごし方

678

 ノクサピョン駅付近、梨泰院の通りと盤浦路の交差点です。歩道の広くなった部分にこんなものがありました。下にキャスターが付いていますが木製のステージのような感じ。かなりの大きさです。何か行事をやるためのものか??でも、上に人や物が載ると撓んでしまいそう、大丈夫かな?とも思えます。

 どうも、観光観光してて敬遠気味だった梨泰院ですが、今年は安いツアーのクラウンホテル、2回も行っています。じっくり歩くと味のある裏通りもあるので、そんな毛嫌いする街ではないなと思うようになりました。

 どこを歩いていても適度な刺激がある面白い街、それがソウルかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記739 越後観音霊場三十三か所の5番 宝蔵寺

019

 カーナビの指示で到着して見たら、来たことある場所だった、と書きましたが、旧西山町、広い田んぼが広がるいい所です。田中角栄さんの出身地でもあります。大きな送電線の鉄塔は新新潟幹線だったか、東電柏崎刈羽原発から関東に電気を送る高圧線。遠くに見える姿のいい山は刈羽黒姫山。米山のが有名ですが、この黒姫も昔からの信仰を集めるいい山です。


020


022


023


024

 立派なお寺でしょう?早い時間でしたのでそっと入ってそっとお参りさせてもらいました。とにかく、たくさんの石造物があるそんなお寺です。手を合わせて目をつぶると不思議に心が落ち着くものです。年かなぁ、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4501 古い学校は敷地がゆったり

317

 早起きしてセマウル号で亀尾。歩いて亀尾市外バスターミナル。市外バスで善山。タクシーで義城郡丹密面。歩いて洛東江を渡り洛東面。市外バスで尚州市外バスターミナルときて、タクシーで「近いけどすみません」と言って尚州市の中心部へやってきました。中央市場とか古い商店街、尚州観光ホテルなんかがあるすぐ西に尚州初等学校があります。シンプルな名前→一番古い、おそらく日帝時代の国民学校だった初等学校です。

 アップして写真を見たらこれは併設幼稚園のほうの表札でした。


318

 かなり大きな校舎、そして校庭も広々、そんな小学校です。


319

 李舜臣?世宗大王? あとで見たらただの金属彫刻でした。2大像は校舎のほうにきっとあるのでしょう。


320

 日本の学校に比べるとかなりオープンで、お年寄りたちの憩いの場にもなってる感じです。バスを待つ人たちかもしれませんが、町角の椅子同様、誰かとおしゃべりしていたい、韓国の特にハルモニはそんな傾向があると思います。


321

 そんな尚州初等学校の前を東へ。裏の方へ回り込むように歩いて行きました。

 尚州、あまり観光客は行きそうにありませんが、北川戦績地の他、郷校、南山公園、石仏公園、そして日帝時代の日本家屋もけっこう残る面白い街です。地方旅行にも慣れ、大体大きな都市は回ったよ、という方、ソウルからの日帰りも可能ですので、いかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

普通の韓国を探して4500 尚州市外バスターミナル

313

 慶尚北道、南道の名前のもとになった街、尚州です。洛東面の洛東里からバスでやってきました。日本家屋が残る、静かな町です。朝鮮時代は釜山からソウルへの重要な通り道だったのでしょう。


314

 チューブのようなのはターミナル上の駐車場へ上がる車の通路です。でも、最初に来たときは営業していましたが、昨年か一昨年に来たときはもうやっていませんでした。

315

 けっこう大規模な建築なのでなおさら寂しい感じです。


316

 一番商売がやりやすいはずの1階もすべて空き家。なかなか地方都市での商売、たいへんなようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 曇り時々雨の予報です

025


 曇りで時々小雨が降る木曜日です。午前中、12時までに帰るということで出てきました。スーパー銭湯へ行って、少し買い物、そんな予定です。

 昨日は早起きして刈羽地方へ。越後観音霊場三十三か所の一つであるお寺を訪問しました。カーナビ頼りで行ってみたら、なんとかなり前に自転車で来たことがあるお寺です。それほど広くない境内には石仏石造石塔がたくさん。人によってはなんかなぁ、、、と思ってしまいそうなお寺でしたが本堂は立派です。何度かここでも書いている通り、柏崎刈羽地方、江戸時代とかにはかなり栄えた、お金があったことを伺わせるお寺でした。

 今日はのんびり過ごせますが明日からまた忙しい月末です。がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月22日 (火)

2013年10月22日 本日はオープンデイ

001


 どうしても今日にという方の予約が少し入っていますが、研究日の今日はいろいろ雑務を片づけました。扇風機を掃除して、しまったり、石膏印象材関係の流しの掃除、会計関係の用事、雑貨の買い出しなど、大体終了。これから2人患者さんをみて、明日は休みです。 ちょっとまた脚が痛いのですが、明日には何とかなりそう。明後日からは台風の影響も出てきそうなので、できれば明日の水曜日、半日でもいいから歩いてきたいと考えています。

 写真は磐越西線の会津若松行き、快速あがの号が越後石山駅付近を通過する様子。110型2両に、E120型1両の3両編成。磐越西線の新潟側では長い方です。 普通乗車券だけで乗れるのに停車駅は特急並み、快速列車ってありがたいもんです。新潟県内では、米沢行きのべにばな号、このあがの号、新井行きのくびき野号などがありますので、うまく利用して楽しみたいものです。

 さて、18時まで診療です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4499 3466の7枚目の写真

346


 慶北尚州市の中心部、尚州観光ホテル北側の道をきれいに整備された石仏公園のほうに行った左手の家です。

 「普通の韓国を探して3466 慶北尚州の普通の街6」、2011年10月4日の記事ですが、その7枚目、同じ場所のものでした。当時は上記記事の本文にもあるように、普通の家のような按摩施術所だったのが、今年行ったら、廃業してたという訳です。

 

 後ろの「パーク荘モテル」の茶色い建築を目安にこの夏の写真の中から探したのですが、茂っていた木々が整理され、家の外壁などをリフォームした様子ですが、建物自体は按摩施術所だった時と一緒のよう。2つの入り口がある同じ建物です。また右に見えるレンガ造りの門柱は変わっていませんでした。

 2011年の写真でも、もうやっているのかどうかわからない感じでしたが、尚州の男性が遊びに来てた場所が消え、一つの時代が終わったという気持ちです。 働いていたアガシ、いまはどうしているのかなぁ?幸福になってくれていれば、と望んで止みません。

 韓国地方旅行、どこそこへ行ったとか自慢するために行くのはつまりません。面白そうな街は何度も行って変化を楽しむ、そんなふうにできればと考えています。まぁ大体全部行ってしまったからかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4498 もう少し荒れてくるとレインコート

750

 前にもちょっと紹介しましたが、韓国の天気予報、外で頑張ってる記者に敬意を表してか、スタジオ内のアナウンサーも台風の時などはレインウェアを着ます。この時はそれほどの大雨でなかったためか普通のミニドレス。普通っぽい感じのいいお姉さんでした。

 映画、「キラーたちのスダ(日本題は忘れた。ウォンビンやハヤシの親分、鄭ジニョン兄が出るやつ)」で、主人公たちがテレビのアナウンサーにほれ込んでて、その人が出るニュースを楽しみにしてる、みたいなのがありましたけど、私も朝の寝床テレビ、ここ2年ほどは中田さんが楽しみでいつも4チャンネルです。その前はえ~と、、、あの、結婚されたあの人がよかったのですが、さらにその前の時間に出てる中田さんのファンになりました。いつまでもがんばってほしいものです。冬ソナでヨン様に心ときめかせた日本ハルモニ、日本アジュマの気持ち、ちょっとわかります。気に入った人が出てるだけで嬉しい、そんな気持ちです。 

 今週後半もまた台風。その次のも後方に控えてて、、、どうも秋晴れが続かないこの秋ですが、被害が少ないことを祈願いたします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4497 尚州市洛東面洛東里バス停留場

303

 町の真ん中辺と思われる場所には市外バスの停留場、、、ちゃんとありました。


306

 やはりスーパーを兼ねているようです。なかなかハイカラな感じです。


305

 隣には、個人タクシーなんて書いてあって、丸い部分、中に入れますが、今は使われていないふう。作った時はかなり気合を入れて建築施工されたようです。


304

 これが時刻表。ソウル近郊、京機道内とかはバンバンGバスが走っていますが、慶北のそれもかなりの田舎、本数は少なく、経由地として停まってもらっている感じ。一番近い都市である尚州行きも1時間に1本という感じです。


307

 個人タクシーの駐車場でしょうか?奥は茶房(タバン)になっています。マートと同じ名前ですのでかなりの実業家なんでしょう。


308

 チキンとチョッパルの店。この辺だと配達が中心かもしれません。

310

 切符を買って道路の反対側で待つと、逆方向のバスがやってきました。座席、とあります。先ほど本数が少ないと書きましたが、尚州市内バスとして他にももしかしたらあるのかもしれません。韓国の地方交通の主役である市外バスですが、その他に市内と言いつつけっこう田舎までのバス、ありますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

2013年10月21日 今日は秋晴れ

056


 おはようございます

 週末も仕事でしたが、今日の夜間診療も忙しくなりそうです。今週もまた後半に台風が来そうですが、水曜の休みを楽しみにがんばりましょう。

 昨日言っていた自室のベッド足元の小型箪笥にあったホテルのアメニティ類、今朝捨てました。一緒に入っていた無線インターネットのためのPCカードスロットに差し込む器械2枚も燃やさないゴミで出そうかと思いましたが、最近市役所の出張所で始めた小型電気機器の回収ボックスに出せば、少しはリサイクルの役に立つかもしれません。大体、今のノート機、PCカードスロットさえなくなってしまっています。いらない物を長いこととっておいてしまいました。 本の類、洋服はまた時間があるときに選んで整理(=捨てること)しましょう。

 とにかく、身の回りのものが減り、空間が増えるのはいい気持ち、少しでも心が自由になる感じがします。

 物を使わないで楽しめること、、、やはり私の場合、ウォーキング、サイクリングを初めとする旅行でしょうか?でも、自転車ももう少し減らしていいかもしれません。一度に乗れるのは1台だけですから。また、たくさん乗ってくれる人の手に渡れば自転車も幸福でしょうから。

 毎年やっているインフルエンザの予防注射、先ほど電話したら11月1日以降とのことでした。ワクチンの効果かどうかはわかりませんが、この20年くらい、食あたり以外では寝込むような病気をしていません。そんな身体に産んでくれた両親には感謝しないといけませんね。それでは、月末仕事、早く出てきて準備した給与手続の書類から出してしまいましょう。今月も無事に給料を出せて、自分ももらえることに感謝です。

 写真は秋夕前で賑わう廣蔵市場。右手に小さく看板が見えるスニネ(スンヒの家の)ピンデトック屋台に並ぶ韓国の人たちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4496 洛東面洛東里へ

292

 洛丹大橋の西詰めです。やはりこちら側もドライブの人向けの食堂やモテルが集まっています。


293

 いかに韓国が自動車社会になったか、そんなのが感じられます。


295

 さて、私の目的地は村の中心のバス停。先を急ぎましょう。「モッコリ村」というのは、食べる店の集まる場所てな意味でしょう。天気はいいし、さっさか歩きます。


296

 しかし端から町まで、けっこうありました。


297

 北に山をおく洛東面の洛東里です。面事務所はもう少し尚州寄りの上村里と言う所にあります。


298

 チョゲクイの店。海から相当あるであろうに、こんなのもあります。ソウルだってそうですが、ハングルが読めれば、どこでもなんでも食べられるのが韓国かもしれません。


302

 やっと町らしくなってきました。やはりここにも手打ち手チャジャンの店。中華の店もどこでもあるのが韓国です。よほどチャジャン麺、チャムポンが好きなんでしょう。 昔からの国道の旧道に沿って伸びる田舎の町、町の中心のスーパーの前あたりに市外バスの停留所があるのが普通です。韓国の地方を自由旅行したことがある方ならおわかりですよね。そんな店を探して進みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記738 安曇野、松本平、渡来人の痕跡?

011

 便利になったもので、ネットで全然違う地方の市内バスの時間を調べることができます。松本の日矯大会の前日に新潟大の同級生、坂下さんの診療所を訪問したときも、前もって調べておいた美ケ原温泉行きのバスに乗り新井口と言う所で降りて行ってきました。その帰りの写真です。 Y字型に分かれる道、古い道、古い町の証拠です。松本、やはり雲がきれいです。右が坂下歯科になります。


015

 うん、青空に白い雲、しっかり秋、という写真です。


013

 少し下って北へ行って横田町方面へと思っていたら、こんな交番がありました。惣社交番という名前。そういえば、駅前のバスターミナルから乗車したとき、確か「ソウザ方面美ヶ原温泉行き」だか、車内放送がありました。「ソウザ」って聞き慣れない地名、さてどんな字を書くのかな?と思いつつそのまま降りてしまいましたが、松本市の惣社という地名、「ソウザ」と読むのでした。


014

 ちょっと逆光ですが、「ソウザ交番」とローマ字でも書いてあります。「社」の字を「ザ」と読むの、韓国語に似ているなぁって感じたのです。やはりこのあたりに「御射山=ミサヤマ」という由緒ある地名があったはず。簡略化されて「三才山」だかいう表記もありますが、「シャ」という恩の漢字を「サ」と読むのは韓国語でも「社」、「射」、「紗」、いくつかあります。

 前に、集落の神社の幟を建てる石の支柱が韓国の단간지주にそっくりと書いたこの松本市周辺、安曇野も、渡来人が多かったことは確認されているはず。この「惣社」という地名も半島からの渡来人由来だったら面白いなぁと思うのです。

 他に総社、惣社で思いつくのは群馬総社という地名、あとは岡山県に総社市だかがあったはず。「養蚕文化」を持ち込んだ渡来人の住んだ場所、そう考えられれば面白いでしょう。岡山の総社あたり、昔養蚕が盛んだったら、、、この推論、けっこう当たっていそうです。


017

 その名前の由来になった神社の説明板です。神社というものも半島からの渡来人が作ったという説もあります。お寺、神社など、明治以後の傾向として、半島由来とかを隠す傾向があると思います。何でなのかなぁ?と思うのですが、日本の古代史に半島からの渡来人が果たしたことはたくさん。国に誇りを持つのはいいことですが、日本人が一番優れている、と言い切ることは間違っています。公平な目で、歴史を学ぶべきだと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

普通の韓国を探して4495 トルソッパプのヒミツ

063

 牛耳洞のとある韓食の店の食事の後半に出てきたトルソッパプです。この日の食事はトッカルビでしたが、なかなか美味しかったです。


064

 で、蓋を開けたところがこれ。何かこの店、男性用と女性用でご飯が違うのだとか。「モメチョッタ(身体にいい)」をアピールしてるのでしょうが、男性用はデチュ(棗)が入ったご飯、特に変わった味はしませんでした。 ヒミツ、ともったいつけたのはこの石釜の口の部分にステンレスの帯というか輪が付いているところです。

 日本の釜飯屋でもそうですが、本来であれば20分とか30分はかかる炊飯、圧力容器だと3分の2か半分の時間で可能なので、多くの店では釜飯調理器と圧力蓋を使ってできるだけ早く炊き上げ、出来上がったらさも普通に炊いたように見せるために、木の蓋などに替えてサービスするのです。

 新潟でも有名な釜飯屋がありますが、そこも、「お待たせします」とことわりつつ10分ちょっとで出てきます。圧力釜でスピード調理というと何だか有難味が失せるのであまり表には出ない話ですが、日本の多くの釜飯は圧力釜で調理されているのでした。「釜飯器」だので検索すると業務用のコンロとか、容器、木の台、蓋、そして、そんな1人分のセットよりも高価な圧力蓋の広告がみつかります。

 何でまた韓国というと、韓国でも最近「トルソッパプ」が流行り。普通の定食は5000Wのところ「500W増しか1000W増しでトルソッパプにできます」、なんて表示も食堂にあったり。でも、日本の小さなアルミのお釜ならともかく、石釜でどうやって密着密封するのだろうかと思っていました。

 あれは冬の報恩の朝飯のトンテタンだったか、トルソッパプを頼んだことがあります。あの時は店の奥に10個くらい一度に炊ける圧力釜飯調理器があったこと、ここでも書いたかもしれませんが、「隠す日本」、「隠さない韓国」なんてふうにも思いました。

 写真の石窯の口に巻かれたステンレスの帯環は、その圧力蓋をしっかり密着させるためのものなのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月20日 雨の日曜日です のんびり働きます

039


 今朝、起きて考えました。断捨離で本だのCDやDVD、VHSだのゲームソフトだのは半分以下になりました。自室の本棚もがらがらにはなりましたが、まだけっこう大事だと思っている本や地図帳、DVDなどが残っています。大きなマッサージチェアがなくなった場所にはばらばらに使っているソファの一部を置いていますが、相変わらず服置き場、そんなです。

 大事だと思ってるキムギチャン先生写真集「路地裏の風景(コルモクアン風景)」だの、荒木のぶよしさんの写真集「ソウル」だのも、この前見たのはいつかなぁ?と思うとずいぶん見ていません。クローゼットには先日夏の半そでをしまいましたが、冬物でずいぶん着ていないコートやジャンパーがけっこうあります。やはりまだまだモノを持ちすぎている私でしょう。

 今度は「絶対必要なもの」を考えました。=毎日使うもの、とも言えましょう。

*まずは、ベッドと寝具、寝具は最低限でいいでしょうが、必要です。ガンジーさんも持っていました。

*次にテレビ。少しだけではありますが、毎日見ます。枕元の目覚まし時計と小型のラジオも必要です。

*あとは、、、テレビを置いている台になってる小型の箪笥は家族のものやベッド用のシーツなどが入っています。でも他に入ってる、常備薬に綿棒だの。韓国や日本のホテルから持ってきたアメニティの類はほとんど捨ててよさそう。

*椅子はあってもいい。でも、無くてもよさそう。

*最低限の暖房器具(冷房設備は私の部屋にはありません)

*雨風をしのげる屋根と、風を入れ、外を見たりする窓。

*必要充分な生活費

*少し楽しめるくらいの食費

*本当にやりたいことのために使う娯楽教養費

*多すぎない服

 そんなこんなで、まだまだ捨てられるもの、数年間使わないでいるものなど、けっこうありそうです。使わない物、使わなかった物を捨てるの、気持ちいですよ、ホント。

 写真は16才を過ぎたあさこ。彼女はあまり持ち物を持っていない分、自由です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記737 新潟、長野、松本

002

003

 新潟からの長野行高速バス、途中米山で休憩をとります。後から自衛隊の車両がぞろぞろ。並んで停車しました。あちらも休憩のようですが、駐車時に車止めを右前輪にするのが決まりのようです。安全第一、新しい発見でした。


004

 長野駅前に着いて、松本行きの高速バスの時間を見たら行ったばかり。結局JRで行くことにして、長野駅ホームの立ち食いそばで月見そば。320円でしたが、そこは長野県、心なしか美味しく感じました。少なくとも新潟よりも安いです。できればおばちゃん、卵を真ん中にのせてほしかったなぁ。


005

 しなの号です。2編成くっつけての運行のよう、私には珍しい電車、嬉しい移動です。ただ、自由席が2両しか無いのはちょっと少ないかなと感じました。


009

 かわって松本市。坂下歯科そばの住宅街風景。青空に雲がきれいです。すっかり秋という感じです。前に訪問したとき、自転車を借りて松本の山の麓を走ったことがあります。向こうに見える目立つ格好の木が坂下歯科の場所の目印、そんなふうにして知らない場所を走りました。


027

 坂下さんに会って、見学して、歩きで学会会場の下見に向かいます。ここは旧遊郭だったという横田という町。温泉を掘って少し旅館などがあります。かつての姿は、、、ほとんど見られず、道路の区画だけがその名残をとどめています。


032

 信州大病院のドクターヘリ、これは、前にもアップしましたね。


037

 腹ごしらえ。チャーメンという塩味の焼きそばでしたが、美味しかったです。新潟にもあれば嬉しいなぁ。


038

 松本ローカルの安い中華の店、「テンホウ」でのおやつでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4494 낙단대교を歩いて渡る

266

 観水楼から見た橋のたもとの食堂村です。そろそろ洛東面に行くことにしましょう。小山を下ります。


278

 さて、洛丹大橋です。


279

 軍部隊の警告かと思ったら高圧電線についての韓国電力の看板でした。


280

 これを渡れば洛東面です。


282

 下流方向、新しいバイパスの橋でしょうか?いい景色です。


285

 上流方向には堰があります。右手が観水楼です。


287

 洛東の村が見えてきました。ここも後方に山がある風水の村のようです。


289

 河川敷の公園には、、、ああ、やっぱり韓国、でっかい虎がいますね。大人も無邪気なところのある韓国、遊び心溢れる国、大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月13日 - 2013年10月19日 | トップページ | 2013年10月27日 - 2013年11月2日 »