« 2013年1月20日 - 2013年1月26日 | トップページ | 2013年2月3日 - 2013年2月9日 »

2013年2月 2日 (土)

2013年2月2日 雨の土曜日です

011


 忙しい土曜日です。昨日今日と暖かい新潟市、というか日本全体かな?今夜からまた冬型という予報ですので車で出てきました。がんばって働きましょう。休みの人はよい休日をお過ごしください。

 写真は先日の十日町行きのときの信越本線の電車の中の広告。けっこう韓国の方もこちらを見に来てくれていますが、日本の受験のゲン担ぎの話です。韓国にもキットカットはありますが、日本語の「きっと勝つ」=「꼭 이기다」にかけて、試験に勝ち抜こうという意味での縁起のいいお菓子とされています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記734 十日町市の中心街へ

037

 十日町の駅前通り、緩やかに上る道を歩きます。雪下ろしをしている商店があります。左の雪の山もそうでしょう。雁木があると歩行者はありがたいのですが、屋根の雪を一度雁木の上に降ろして、それをまた道路まで、と2段階の作業が必要です。道路まで下ろした雪は融雪溝という深いどぶに落として流します。たまに子供やお年寄りが落ちて溺死なんて事故もあります。雪国、たいへんです。


038

 十日町のメインの交差点。117号国道の角です。ちょうど越後交通長岡行きの中距離の路線バスが来ました。2時間に1本くらいのようですが、かなりの距離を走ることになります。ん?小千谷行きだったかもしれません。ごめんなさい。

  第四銀行の支店が見えていますが、新潟県内の地方都市、第四があるあたりが昔からのその町の中心地と言えそうです。


039

 小千谷方面の眺めです。コメントで書いたように、渋滞の無いこの117号、高速代を節約して長野へ行くときによく使います。景色もいい道です。


040

 さっき雁木と書きましたが、これが本来の雁木かな。家ごとに自分の前だけ小さな屋根を設けて通路を確保する雪国の風景です。


041

 裏手には飲み屋もけっこうありました。1時間3000円。高いのか安いのかわかりません。


042

 こんな派手な看板のスナックもあります。


043

 よく見てみるとハングルが。韓国スナックかな?でも取り締まりの厳しい昨今、ビザに問題の無いアジュマしかいないケースがほとんどです。


044

 また117号に出ました。普通の靴を履いてきてしまった上に雨が降っています。屋根のある道ばかり歩きました。それでも知らない街を自分の足で歩くのは愉しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4129 南営洞から厚岩洞へ5

736

 緩やかに曲がって、上る道を歩きます。これ、プリントしたシートなのでしょうか?趣味の良し悪しは別として、韓国ならではの遊び心が感じられます。


737

 交差点、家と家の間、どこからでも南山が見える街です。


738

 角に置いてあるカート、ハルモニかハラボジが小遣い稼ぎに集めてる段ボールでしょう。暗さは全く感じません。わりあいお金持ちが多いと思う黒石洞あたりでもそういうお年寄りを見かけます。


739

 見覚えのあるアパートが見えてきました。厚岩市場の一角に入ってきた感じです。


740

 「豊味四季湯」かな?ガイドブックや観光HPとかでは特定の店ばかり紹介していますが、ソウルの町のあちこちに栄養湯、四季湯とかの看板はあります。


741

 厚岩市場通りに出た角の店。タッカンジョン総角というチキンの店のようです。トサカをつけた男の子の絵、どこかで見たことある感じ。サイバラさんの描く少年かな?とも思います。トサカをつけたからケンチャナというところでしょう。なんか手作り感がいい感じの看板です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月 1日 (金)

普通の韓国を探して4128 大好きな1枚

733


 ソウル市内、普通の町の1枚です。誰もいませんが、小さな商売をやっている店。玉ねぎ、じゃがいも、さつまいも、甘いかぼちゃ。売り物はそんなかな?でも、小さな小屋というか地下室入口?そんな中にはハンガーにかかった服みたいなのも見えます。ハルモニが一人で小遣い稼ぎ、段ボール集めもそうですが、こんなのもその一つかも。微笑ましいというか韓国女子のたくましさが感じられる1枚。気に入っている写真の一つです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記733 十日町駅

028

 十日町駅です。時刻表を見るとわかりますが、越後川口から豊野とか長野までずっと走る列車はほとんど無かったはず。私が乗った列車もここが終点。30分弱の運行です。右の高架線はほくほく線。越後湯沢から富山、金沢方面へ走るはくたか号が走るための路線と言ってもいいでしょう。日本の在来線の最高速度160キロで走る路線です。数年後の北陸新幹線開通後はどうなるのかな?


029

 ここから先へ向かう列車かな?時刻表は見ていませんが110型1両です。


030

 跨線橋上からまた1枚。長野方面です。


032

 降りてから、乗ってきた列車をまた1枚。やはりDCは電車よりも趣があります。火を燃やして走る、それが理由かな?


033


034

 十日町駅前。あいにくの雨です。雁木があるところはいいけど、長靴で来なかったことをちょっと後悔。でも、ま、自由な旅行。歩けるとこだけ歩きましょう。大学勤務時代月1以上に車では来ていましたが自分の足で歩くのは2度目か3度目。楽しい街歩きのスタートです。ここまでの交通費はえちごワンデーパス1500円に、自由周遊区間から出た小千谷から十日町までの乗り越し分570円。合計2070円です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4127 南営洞から厚岩洞へ4

730

 「感性」というとカッコつけ、また、えらそうに聞こえてしまうかもしれませんが、ソウルはじめ韓国の普通の町を歩くと、「いいなぁ」という風景に度々出会うことができます。そんな写真、自分では、そのまま見ているだけでも幸福になれる、そう思います。わかっていただける方がおられたらそれも私の幸福です。


731

 なかなかの立派なお宅です。


732

 この通りもいいでしょう?


734

 ちょっとずつ厚岩市場が近づくと商店などが増えていく感じです。


735

 今回は写真が主役、じっくりご覧いただければと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月31日 (木)

普通の韓国を探して4126 南営洞から厚岩洞へ3

725

 

 普通の観光にはほとんど役に立たないこちらを見に来ていただいてありがとうございます。このシリーズ、写真を順番通りにアップしています。ソウル駅の南、南山の麓に人がる古い町。昔は日本人が多かったと聞く普通の町を歩いた時の写真です。

  赤レンガに2階部分も窓が小さ目。ガラスが高かった時代、日帝時代の建築かもしれません。


726

 学校かな?緑の上下は清掃員さんの冬服なのかもしれません。


727

 

 山の麓ですので傾斜もある街です。ちょっと面白い階段ですよね。


728

 学校のそば?「保護区域」とあります。


729

 前にもアップした幼稚園。ここのための保護区域かな?

 最近HPとか雑誌のムック、ガイドブックで城北洞あたりが良く出ています。日本人観光客が普通に住む韓国の方の迷惑にならないか、やや心配です。観光に行く場所ではないと思うのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事739 久しぶりに黄鶴洞でコプチャンソグムクイ

583

 

 孔陵洞のホプを閉めてから一時は消息不明になっていた知り合いアジュマ、偶然夏にこの黄鶴洞でみつけ、小さなコプチャンクイの店をお母さんと始めたのを知りました。その日は食べたあとなので、挨拶だけ。その次の次の10月の時に行きましたが、またも食事の後。でも、せっかくなので3分の1もいらないから、と頼んでソグムクイと長寿を頼みました。


586

 町のあちこちで日本と同じ看板を見かける韓国リンナイ、がんばっているようです。台所用のガス器具だけでなく、暖房用のボイラーもやっているようで、「キトゥラミ」という韓国生え抜きの会社とともに根付いた仕事をしています。


585

 おなじみ長寿生マッコリ。いろんな地方の、あれこれ能書きが多いマッコリもありますが、基本的にはこれで十分。新鮮さが命という部分もあるので、流通がいいために美味しいってのもあるでしょう。その日に瓶詰されたのを飲めることも多いのですから。


588

 3分の1もいらない、と言ったらお母さんハルモニ、これくらいを出してくれました。別のとこで大体焼いて、鉄板の上にアルミホイルを敷いたとこに玉ねぎ、エリンギを載せたさらに上に載せて出してくれます。野菜やたんみょん(ハルサメ)とともにコチュジャン主体のたれで焼くのもありますが、丸腸(コプチャン)自体の味を楽しめる塩焼きが好きです。

591

 この時はもうちょっとあってもよかったな、と感じてしまいました。マシッケポイジョ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記732 雪国 越後川口から十日町へ

014

 

 なるべくお金をかけないで旅行をする、ということで今回もえちごワンデーパス1500円を利用しました。上越線方面で行けるのは小千谷まで。そこから先は乗り越しして十日町市へ行ってみました。アルバイトで毎月行っていましたので車では何度も通っている場所です。でも、自分の足で歩いたことはほとんどない、そんな中魚沼郡の中核となる都市です。新潟から電車で長岡。上越線越後中里行に乗り換えて越後川口。そこからまた飯山線に乗りかえます。1枚目は越後川口駅。線路と線路の間にはこんな雪の山ができていました。地下道を通って向こう側の飯山線のホームに出ます。珍しく3両と長い編成の110型DC。後でまた写真をアップしますが新潟市近郊のとは違うタイプのもの。長野のディーゼルカーでした。


025

 飯山線最初の駅がこの内ヶ巻。小さな無人の駅舎は雪が落ちるようになったタイプのものですが、その周囲の積雪量を見るとこの地方の雪の多さがわかります。車窓風景の半分は雪の壁、そんな状態でした。この日も飯山線、除雪のために一部の列車が運休という案内があったくらいです。


045

 こちらは十日町市内。家は雪下ろしをしないと潰れてしまうので元の状態ではありません。空地の雪がこのあたりの積雪量です。2トントラックの屋根の高さは2mちょっとでしょうか?最近はそんなに降っていないので3割くらいは雪が締まって潰れていますので一時は250センチくらいはあったものと思われます。あいにくの小雨でしたが、あちこちで雪下ろしをしています。ここらあたりに比べれば新潟市の雪は大人と赤ちゃんくらいなもんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

普通の韓国を探して4125 新しいタンゴルカゲ

582

 夏に偶然見つけた知り合いのアジュマの店です。最初に会ったのは90年代末。中央市場裏手の馬場路にあったコプチャンポジャンマチャをやっていた時期。その後、歌謡酒店の厨房アジュマを経てチェーンのホプを孔陵洞で開業。何年やったのかな?果実チャンサアジュマの鐘岩洞の店に比べ、行きにくい場所ですが何度か訪問。その後2年ほど前に店を閉め、また昨年夏に自宅そばでこの店をオープン。亭主の浮気で離婚して2人の子供をがんばって育てた、たくましい寡婦アジュマです。


592

 入店時、メインのテーブルには若者のグループ。江原道方面へ遊びに行く相談をしながら飲んでいました。


593


594

 店内はこんな。でも、一生懸命商売しようという姿勢がひしひし伝わってきます。


581

 私の席はここ。入り口の脇に仮設の床を作った2人席。何を食べたかは次回のお楽しみです。

 もちろん、何億もお金をかけた店もたくさん。でも、こんなささやかな商売もあり。自営業者の多い韓国です。次回もきっと行ってみます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

普通の韓国を探して4124 心の余裕?

6141


 韓国の公衆化粧室、写真の順番、時間で見ると、多分地下鉄1号線東廟駅のものです。少し駅間距離が長めだった東大門と新設洞の間に、6号線との接続も考慮して新しくできた駅なのでまだきれいです。で、わざわざ撮ったのは小便器の上に小さな額の絵が飾られていること。もちろん韓国の全部の公衆トイレにこんな絵があるというわけではありませんが、地方のバスターミナルなんかでもけっこう見かける光景です。

 昨年秋にここでも紹介したコエックスのシネコンのように小さな鉢植えを置いてあったり、利用する側への小さなサービスの心が感じられて嬉しく、微笑ましく感じます。遊び心にも通じるかもしれません。

 全体として社会の施設の整備、インフラというのかな?やはり日本のが一歩前を進んでいます。でも、韓国のほうが、遊び心というか心の余裕を持っている、そんなふうにも思えます。相変わらず小便中にカーッ、ペッ!!と痰を吐くアジョシ、ハラボジがいて、便器の上にそんな痕跡があったりすることもありますが、着実に韓国は、日本に追い付いてきていますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事739 ほぼ日本食(ハングルの解説は省略)

098


 ソウルの中心部、マルンネキルの明洞寄り、白病院とかあるコルベンイ通りのあたりの1枚です。

 

 上から牛丼、うどん、オデン(魚肉練り製品の総称)うどん、ざるそば、おにぎり、というラインアップ、全部日本由来のというか、気軽な日本食です。これも日帝残滓?でも、完全に根付いた食事でしょう。やはり切っても切れない2つの国だと思います。

 牛丼、日本の有名チェーンが何度か乗り込んだけどダメだったと聞いていますが、こういうオリジナルの店のもの、どんな味なのでしょう?一度食べてみようかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年1月29日 今日はのんびりです

071


 おはようございます

 

 冬型もひと段落という予報ですが、少しだけ雪が舞う曇り空の新潟です。予約は少なめですが、テナントの契約の用事、月末なので支払関係。確定申告前の会計の用事。それとちょっと母校、新潟大歯学部に出かけるかもしれません。

 明日明後日は休み。年初めに1泊2日20230円だったか、すごく安いツアーの広告が出てて、どうしようかなぁ、、、と迷っていたらさすがに売り切れてしまいました。東京往復の新幹線代でも2万円くらい。それで外国へ行って2人一部屋とはいえ1泊2日の旅行。安いですよねぇ。申し込めばよかった、と思っても今からは無理ですので、水曜一日出かけるよ、と家内に言って、明日は小旅行を考えています。空いてる時間、時刻表、地図、そんなのを見るのも楽しいものです。

 

 お金をかけて遊ぶのは簡単。あまりお金をかけないで楽しむ技術を身に着けたいものです。

 写真は秋の学会の時の帰りの特急いなほ号。JRもたいへんです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して4123 南営洞から厚岩洞へ2

720

 新潟韓国教育院で「福徳房」という言葉を教わりました。日本で言う不動産屋さんのことです。でも、最近では韓国でもそんな看板、だんだん減ってきたような気がします。左角の店、「~不動産」という看板をあげています。 前の訪韓のときにも歩いた道、逆に南営駅の方から歩いています。南山の麓に広がる町です。


721

 眺めがひらけた交差点などでは南山とソウルタワーが見える、そんな街です。偶然ですがここでも左に「不動産」の看板。再建築とか再開発の予定されている地域では不動産屋さんが増える韓国です。


722

 もと学校の建物のようにも見えますが、教育施設管理作業~だか見えますね。ともあれ、三叉路のある昔からの道を歩くのは愉しいものです。


723

 ここも三叉路。効率優先で考えられた新しい街の道路では意識的に公園のように作られた場所以外は道路は直交。でも、見通しが効いていない道を歩く方が楽しいと思いませんか?


724

 何でもないソウルの町の写真でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

普通の韓国を探して4122 東廟アプから黄鶴洞へ

572

 大ドンウォン膾(刺身)市場(대동원회시장)、鍾路3街の店で食べた話はすでに書いていますがチェーン店なのかもしれません。同じ名前の同じような店がドンミョアプ駅のそばにもありました。膨大なツキダシを省略して刺身だけ食わせる気軽な店。流行っているのかも? あのたくさんの食べきれないツキダシ、たくさん食べてしまうと肝心の刺身が出てくるころには腹いっぱいになってしまうツキダシは韓国の方でももったいないって思ってるのかもしれません。

 知り合いのアジュマがまた黄鶴洞、中央市場北口のそばでコプチャンクイの店を始めたのでそこへ行ったときの道です。


573

 このあたり、ドンミョアプ駅の北にも、黄鶴洞、清渓7街にも立派なアパート、ロッテケッスルがあります。これは鍾路のほうかな?だとすると「ロッテキャッスル天地人」というアパートになります。3棟の高層マンションがそれぞれ天地人なのでしょう。


575


576

 東廟の東の路地。ソウルには少なくなった旅館がある小路です。地べたビューも決まってくれました。このあたりまで中心地を外れると裏通りはちょっと暗いです。でも、治安のいいソウル、ぜんぜん不安なく歩けますよ。


577

 これは清渓川に出たあたりかな?なかなか変わらない信号を待って横断歩道で渡ります。


578

 清渓川と清渓川路を渡れば黄鶴洞。左手にはロッテキャッスルベネチアが聳え立っていますが、我がホームグラウンドです。路上の商売がかなり規制されましたがコプチャンクイ専門の店はまだけっこう残っています。急に明るくなりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4121 今度は南営洞から厚岩洞へ1

716

 淑大入口駅からまた古い道を歩いてみました。少し前にシリーズでアップしたあたり、今度は逆方向から歩いてみたのです。古そうな教会。いつごろからあったのでしょう?


717

 南山を望む、気持ちのいい街です。

718

 これも気に入っている1枚。尖塔の先がちょっと切れてしまいましたが、ソウルの秋らしいきれいな青空に、、、何ていうのかな?構図がばっちり決まった1枚です。黄色いのは家庭用の水道タンクかな?


719

 バイクの店だったかな?こんな広告写真を見るとアジョシはぎくっとしてしまいますよね。これも、いいなぁと思っての1枚。いいなぁ、ってのは韓国らしいってことですよ、言っておきますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

普通の韓国を探して4120 鍾路2街夜景

854

  東京もそうですが、家を離れてどこかへ行くといい刺激になります。人が多い→歩くだけで疲れる、と、地方に住む者はそんなでもありますが、何だか元気をもらえる感じ。やはり韓国好きだからか、東京以上にこんな街を歩くだけで、気分が高揚する感じです。


855


856


857

 次回の予約があります。宿はやっぱり鍾路沿い、でも初めての安い宿。元気に歩いて、さらなる元気をもらって来たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4119 やっぱり鍾路が好き

847


 光化門広場から始まり、再開発で大きく変わった北側の清進洞、南側は瑞麟洞、武橋洞があって、鍾閣の交差点。2街に入ると北は公平洞、寛勲洞、仁寺洞、南側は貫鉄洞。YMCA、タプコル公園、仁寺洞入り口を過ぎて楽園商街東通り(私が命名)を過ぎれば鍾路3街。時事YBM、国一館を過ぎると世運商街の北の端。麦畑があった場所。4街の右折専用車路のある交差点を過ぎるともう広場市場の西の端。薬局の多い町、鍾路5街駅を過ぎるともう広義の東大門市場になります。

 狭義の東大門市場とも思える東大門綜合市場を過ぎるといつも渋滞していた東大門の交差点。そして1号線東大門駅、新しくできた東廟駅の北は昌信洞。朝鮮族とか外国人の店が目に付いてきて、昔は人力市場があった町。その先は新設洞のロータリーがあって、いつも水の無い川、頭上の高架道路(内部循環路)を過ぎると祭基洞駅。地図を見ないでも映画、「将軍の息子1,2,3」の舞台になった鍾路は大体頭に入っています。

 映画の中で、「ソウルの心臓」、「韓国の心臓」、まぁ、そこを日本人に蹂躙させてはいけない、なんて話だった訳ですが、やっぱり鍾路あたりが好きです。でも、東側はどこらへんまでを鍾路というのでしょう?まだわかりません。やはり散々歩いている黄鶴洞の北は清渓川7街とか8街と呼ぶのに、鍾路は東大門を過ぎれば。6、7、8街とは言いません。となると、正式にはソウル城郭の内側、すなわち、東大門の手前、6街かな?そこまでが鍾路なのかな?と思います。 例に挙げた清渓川路は日帝時代以後に川を暗渠化して新しくできた道だから7、8街がある。ダニエル黄さんでしたか、退渓路も計画的に新しく作られた大通りだと教えてもらった記憶があります。鍾路は光化門広場から東大門手前の6街まで、なのかもしれません。

 写真は、、、ありきたりの観光客だと行かないかな?いわゆる鍾路の一番賑やかなあたり、2街の南の一角です。明洞は11時くらいになれば人通りも少なくなり、タクシーで買い物から戻る大きな袋をいくつも抱えた日本人チョルムニ、アジュマ、ハルモニが目に付くくらい。でも、その北約500m、乙支路と清渓川路、2つの大通りを越えて行った鍾路はまだまだ夜はこれから。そんなソウルの本物の繁華街の1枚です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年1月27日 ちょっと用事で出てきました

603


 消毒(滅菌と消毒は別なんです)した器材の片付けに出てきました。けっこう風が強く一時的には吹雪いた昨夜から今朝ですが新潟市の積雪自体はそれほどでもなく、車なら凍結に注意すれば楽々、そんな状態です。これからヨドバシ行ってガソリン入れて、ちょっと雑貨の買い物をします。

 「ブラウン観光ホテル+バス」というキーワードが最近目立ちますので、すぐ前を頻繁に通る利用しやすい系統の路線図をアップします。152番、なかなか便利そうな路線です。と、でも、上にちょっと見える103番のが普通の観光にはいいかもしれません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年1月20日 - 2013年1月26日 | トップページ | 2013年2月3日 - 2013年2月9日 »