« 2013年12月1日 - 2013年12月7日 | トップページ | 2013年12月15日 - 2013年12月21日 »

2013年12月14日 (土)

2013年12月14日 今日の診療はおしまいです

051

 早く終わりましたが、午後もけっこう忙しく働きました。予定よりうまく進んだ仕事もあり、いい充実感を味わっています。今日は院長が最後までの電話番、雑務をやりながら18時まで医院にいます。

 今年の仕事の日は明日から合計で9日。おかげさまで今年もなんとか年を越せそうです。「年を越す」というと思いだされるのが落語「芝浜」のラストの部分。酒を断ってばりばり働き始めて、また店を成功させた主人公が大晦日の日、使用人を先に上がらせて。そこでおかみさんが「済まないけど隠していたことがある~」と切り出して、数年前の財布を持ち出してきて告白。お酒をつけたから飲んでくださいというのに、「よしておこう。夢になるといけねぇ。」と言って断って終わるあれを思い出します。 あと17日、がんばって働いてそんな大晦日を迎えたいものです。

 写真は大阪伊丹空港で、出発する長崎大村空港行きの飛行機に手を振って無事を祈ってくれている空港職員。すべての人たちに感謝しないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4565 上へ行くほど広くなるビル

382


 この1年で3回泊まっていると思う、鍾路5街、アミガインへ向かう道での写真です。鍾路5街駅の西寄りの出口へ上がると保寧薬局という有名な薬局があり、そこから北へ、恵化警察署の方へ入る道、すぐの場所なのですが、こんなビルがあります。

 最近の新しい建築では1階部分よりも上の方が床面積が広いというようなデザインのビルがありますが、ここはそういうタイプではなく、古い建物。でも、1、2階よりも3階のが少し広く、4階はさらに床面積が大きくなっています。左の、小さな別の店の部分は貸しているけど同じ地主さんなのでしょうか、自分とこの土地の上だからいいだろうという感じで作ったのかもしれません。しかしそれほど広い敷地ではないし、エレベータも無さそう。細い階段で上下するのでしょうがとにかく狭そうですよねぇ。

 土地の狭いソウル、何度かここでも紹介しているように、屋塔房と言って屋上に別の家を増築したり、、、とにかく、いろいろ、何でもアリという感じ。違法建築も多いと聞いていますが、いかにもソウルらしい、面白い1枚だと思います。次回はどこらへんの街を歩こうかなぁ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事793 盤柿(반시)という言葉、初めて知りました

701

 청도というのは慶尚道、釜山とテグの間の町で、闘牛を通じて我が新潟県の今は長岡市になっている山古志村とつながりがあるのは知っていました。これ、ソウル駅の改札のところですが、こんな店ができていました。今日の夜まで持ち歩いてもいいですよね?と聞いて買ってみたのが清道盤柿です。後半は昨日、辞書で調べて知ったのですが、日本では普通な「平らな姿の柿」を「パンシ」というのでした。柿の音読みが「シ」というのは日本と一緒ですね、落柿舎とかで覚えました。


012_2_2


013

 清道盤柿、カムまrレンイとあります。切り干し大根のキムチみたいなのをムゥマルレインイというのは知っていましたので、柿の半生干しというところでしょう。


014

 最後の2かけ、冷凍庫の霜がついていますが、なるほど、少しだけ干した柿で、なかなか美味しいものでした。身体にも良さそう。家族にも勧めましたが、ちょうど新潟県の美味しい柿、おけさ柿の時期でしたので美味しい生のが豊富にあり、売れませんでした。結局私がちょっと食べたいときに少しずつ食べてなくなったのです。


015

 冷凍で売っていて、でも、少し干してあるので持ち帰ってまた冷凍すればけっこう長持ちします。「名品」とあるとおり、ちょっと高めかとも思いますが、日本の柿の時期を外せば、なかなか面白い、美味しい土産になりそうです。まぁ、日本よりずっと安く売っている干し柿のが手っ取り早いかもしれませんけど、お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記760 佐世保玉屋 懐かしい昔風のデパート

230

  佐世保市の昔からの繁華街にある玉屋デパートです。前日は長崎の玉屋に行ってみましたが、残念なことに閉店セール中。確か、福岡市の中州の北の端にも玉屋はあったと思うのですが、今はありません。佐賀にもあるのかな?ともかく、長崎の地元系百貨店なのですが、今や珍しくなった屋上の遊園地がありました。


229

 こんな感じ、私が子供の頃の渋谷東横の屋上にもあったような気がします。


231

 学生になって住んだ新潟の大和の屋上にも、こんな雰囲気の小さな遊園地があったような、、、 ともかく、最近では珍しい、昔のデパートの屋上の雰囲気があります。


233

 さらに最上階のかなりの部分が大食堂。何か昔の子供にはあこがれの場所だったデパートそのまんまです。


234

 さらにさらに、この玉屋佐世保店、大食堂のある階の真ん中が吹き抜けですぐ下のおもちゃ売り場が見えるようになっています。何十年前だかわかりませんが、相当考えて、力を入れて作られたデパートなのでしょう。また、できた当時は佐世保市とその周辺の子供の憧れの場所だったことでしょう。

 この佐世保玉屋、地下は無く、でも、1階の食品売り場の一角には、あのお菓子をたくさん載せた開店するやつ。好きなのを選んで量り売りで計算するやつがありました。あれも、今40歳以上くらいの大人には懐かしく、また憧れだったもんです。

 どこかへ行くとデパートがあればきっと入ってみる私、たぶん、ありそうですが、全国の地方系の昔の雰囲気を残したデパートを紹介するHP,ブログ、面白そうです。

 今日は午前は大忙し、午後は少し余裕があるので新しい記事はまた後で。皆様、よい週末をお過ごしください。できれば、歳末助け合い、レイテ島台風災害への募金などにはご協力、お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月13日 (金)

2013年12月13日 この冬3度目の積雪です

004


 おはようございます。

 今朝は車で出てきました。家のあたり、昨夜からの雪が凍って路面が凍結、自転車はちょっと危ない状態でしたので。

 今週は週末もずっと仕事です。年賀状は印刷所に出したし、頑張って働いて来週の休みには小旅行でも、と考えています。感謝、無欲、行動です。今日の夜間診療、けやき通りのイルミネーションの点灯式で駐車場が混みあう可能性が高いため、予約をセーブしていますのでゆったり。明日、明後日は忙しく働いて、その合間に、どこへ行こうか?計画を練りましょう。常に今を大事に、小遣いの範囲でできる楽しみを考えて生活したいものです。

 写真は学校町通り、三献刑場跡に隣接する古い家、朝日の時間です。

 15時10分です。 新潟市、せっかくのイルミネーション点灯式ですが、冷たい雨が降っています。風を伴った雨で、時折激しく降るので、壊れた傘をさしている人がしばしば見かけられます。夕方までにやむといいのですが、天気ばかりは誰にも、どうしようもありません。こんな時は韓国の食堂によくある言葉、テサロニケの手紙より、

항상 기뻐하라. いつも楽しい気持ちでいなさい。

늘 기도하라.  いつも、祈りなさい。

어떤 처지에서등지 감사해라. どんな状況(境遇)にあっても、感謝しなさい。

ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記759 佐世保から伊万里経由で唐津へ

314

 前畑先生の車からの写真です。伊万里を過ぎ、もうすぐ唐津市に入るあたりだったか、マルタイラーメンの工場がありました。佐賀県になるのでしょうが、マルタイ、福岡県の会社だとばかり思っていました。もちろん、いくつかある工場の一つなのかもしれませんけど、九州へ来たんだなぁ、と感じた風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4564 ここ、どこでしょう?

703

 写真を整理していると、自分でもどこだかわからない1枚が出てくることがあります。これもその一つ、昔のメモリーまで戻って、周囲の写真を見て、記録ノートをひっくり返してやっとわかることもあったり。天候、時間、季節により同じ町でも違った雰囲気に感じること、よくあります。ましてや変化の速いソウルですので。

 

 さて、どこでしょう?自分でもわかった時には「へぇ?!」と新鮮な気分になった1枚です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4563 마패,마배? どっちでしたっけ?

702

 朝鮮時代の役人の馬を使えるメダルみたいなの、あのデザインですよね。暗行御使とか、そんな人も持っているし、映画「YMCA野球団」でも出てきました。これ、tionまで見えていますがソウル駅前にあったでっかい標柱の下の礎石です。 韓国の人ならすぐにわかるでしょうが、外国人には何の印だかわからないかも。そういえば、鉄道駅も「駅」ですからね。

 なかなか長い(私の場合5日以上)日程がとれないここ数年、できれば1週間くらい、汽車だのバスだので田舎を旅してみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

すばらしい韓国の食事792 小指の先ほどの大きさの天然の牡蠣

283


 買ってくることはできませんでしたが、佐世保の港の岸壁の朝市、やっぱりありました。案外安いものです。おばちゃんが海で一つ一つとって剥いた天然の小粒牡蠣、何というか、味が濃いめで、本当に美味しいです。佐賀とか長崎、福岡、そんな九州北部の隠れた珍味だと考えています。もちろん、玄界灘の対岸、韓国でも採れます。次回、旭ポン酢でも持って行こうかなぁ、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記758 唐津駅前商店街、市場の一角の食堂でチャンポン

321

 禅の一環で始めたお茶、全くの自己流で、好きな時に煎茶なんかを楽しんでいます。できれば、茶碗もほしいなぁと思い、大きなお茶屋さん、陶磁器の店、そんなのがあれば入って茶碗を見たりしています。会津焼の窯を巡ったこともありますが、どうも趣味に合いません。無地で素朴な茶碗、井戸茶碗みたいなのが欲しいのです。この時も帰る日、前畑先生も休みでしたので、車で唐津まで送ってもらい、いくつかの店を回りました。いいなぁと思うものはいくつかありましたが、値段の事情なんかもあって結局買わず、お昼を食べて別れることになりました。写真は唐津駅前の商店街アーケード。韓国の市場もそうですが近年きれいにアーケードを整備した感じ。でも、人は少なめというのも一緒でした。


319

 そんな商店街の中に、また空き家の多い市場の一角、そこにあった食堂でお昼です。皿うどんが無いのでチャンポンを注文。けっこうお昼時、お客さんが来る店でしたので期待通り、なかなか美味しい一杯でした。500円ですので、やはり海産物たっぷりというものではありませんでしたが、野菜の味がよく出たスープも美味しかったです。華僑の食堂店主が留学生の健康を考えて編み出したメニューと言いますが、東日本でももっと食べられればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4562 ソウルの普通の街にいる幸福

038

 コーヒーショップの外テーブルです。世界的大手もあれば、韓国独自のチェーンもたくさん。ソウルだけでなく韓国全土でコーヒーの店がこの10年、一気に増えた感じです。昔あった「原豆カピ(本当のコーヒー豆を炒って挽いたので出したコーヒー)」という言葉も使われなくなったようです。


039

 これは、ポン菓子みたいにはぜて膨らませた米なんかを砂糖の飴でからめた菓子の店。日本で言うとおこしに近いかな?製造直売でどんどん試食もさせているよう。おじさんとおばさん、若い娘さんの3人でがんばっています。


040

 こっちはあの閉店売り尽くしの下着(ソゴッ)の店です。ちょっと高架線が見えるので場所、わかるかな?


041

 駅前ですのでたくさん人が通ります。


042

 キムパプサランは元天国でしょうか?それとも別のチェーンでしたっけ?

写真を見たら「チェーン店問意」とありますので、天国と似たチェーンのよう。そういえば他でも見かけた名前です。細っこいお姉さんががんばってます。


043

 それほど狭くないけど一方通行のよう。路上駐車もけっこうケンチャナの韓国、上手なハンドルさばきで脇を通り抜けて行きます。デパートなんかの駐車場も特に広くないのに大きな車が多い韓国、ドライバーの運転技術、日本より上かもしれません。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年12月11日 (水)

とうちゃんの自転車日記757 佐世保市 草木ケ原ラーメン

156

 佐世保市の繁華街です。前畑先生のおごりで行ったお昼はラーメンでした。連続皿うどん太麺は3食で終わってしまいました。この店、何度も来ている佐世保ですので前にも来たことがあったと思うのですが、夜だけの営業だとばかり考えていました。


221

 白い豚骨スープの九州のラーメンです。豚骨の匂いはそんなになく、誰でも食べやすいラーメンでした。どっちかと言えば私は久留米の大龍のようなのが好きなのですが、これも美味しかったです。一口食べてしまってからの撮影でした。 マルタイの棒ラーメンの一番普通のやつにそっくり。面白くないのではなく、褒めてるのですが、九州のラーメンの標準という感じの一杯でした。 しかしここの店にもおでんがありました。そういえば富山の丸高屋だかにもあったなぁ。全国的にみるとラーメン屋のおでん、どこの地方にあるのでしょうね?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4561 黄鶴洞の旧道から東廟前へ

101

 私が最も得意とする普通の韓国、ソウル旧市街の下町の写真です。2号線新堂駅北に広がる中央市場のメイン通路を北に抜けた馬場路側の出口に来ると、まっすぐ下る、元駐車場だった古い道の左手に車が通れない幅の旧道があります。何十回来たかわからない、友人も多いソウルの下町です。


102

 2000年ころから再開発が始まり、清渓8街との間にはロッテキャッスルベネチアアパートができました。旧道との対照が不思議なくらいの大アパートです。


103

 坂を下りきった場所です。「冷麺」と看板が見えますがその下に続くのは「機械」。食堂なんかの設備、機器、食器、制服、そんなのの店が多いこの黄鶴洞です。日本でちゃんと冷麺の器械を使って麺を作っている店はほとんど無いのではないかと思います。打つのではなく、煮立ったお湯の大鍋に絞り出して作るのが冷麺です。


104

 コプチャンクイの店が並ぶ町でもあります。左側には屋台が並んでいましたが、全部なくなってしまいました。丸い部分はロッテキャッスルの入り口、その先は清渓川路です。


105

 清渓川路と清渓川、昔はここも高架道路があって、壁のように古いアパートが並んでいました。90年代、タクシーを飛ばしてウォーカーヒルに通った道でもあります。高速道路みたいな道の両側にずっと5階建てくらいの古いアパートが並ぶ風景、あれはあれで面白かったと思います。


106

 清渓川を渡ってさらに北へ。この辺は鍾路区だったかな?前にも書いたように中区、東大門区、鍾路区城北区、そんなのの境界がこの辺です。向こうに見えるちょっとした木々が東廟。改修工事を長いことやっていましたが去年くらいに終わりました。ハラボジ、アジョシ密度が高い街です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

2013年12月10日 もう3分の1、歳月은速い

316


 昨日、印刷屋さんに電話しました。今日の午後にはがきと原稿を持って行きます、と。年賀状のことですが、これから準備します。期限を決めないとなかなか始められない仕事なので、約束を作ってしまったわけです。 案外打ち始めれば速いだろうとは思いつつ、できるだけ気の利いた事を書きたいという気持ちもあります。オープンデイではありませんが、予約が少ない火曜日、本日最大の仕事は診療、2番目は年賀状の原稿書きです。がんばりましょう。

 写真は先日の出張の最後に前畑先生に送ってもらった唐津市の「中里太郎右衛門窯」。立派な、洒落た造りで、展示してある品物もいいものばかり。奥の先代の作品のとこには天皇皇后両陛下が見学してる写真がでっかく飾られています。なかなか思い切れない価格のもので、いいものがありました。唐津駅のすぐ裏です。また行くかもしれません。

  さて原稿、スタッフが出てくる9時半までにできるかな?きっとできる、と思ってスタートしましょう。

 8時28分、できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4560 鍾路5街のバス停留所案内図

220

 最近、何度か泊まっている鍾路5街、古い町という感じではありませんが、なかなかいい場所です。廣蔵市場はかなり観光化してしまっていますが健在だし、1号線があれば充分、さらには重要な路線のバスも通りますので移動が楽です。

 しかし幹線バスがたくさん走るソウルを代表する大通りですので、青のバス、停留所が2つの組に分かれているみたい。それがまた、ちょっと離れていたりします。カードだと乗り換え無料なので、とりあえず目的地方向のに乗って、途中でまた乗り換えるとかもできますが、できれば、直行するバスで行きたい。そう思いつつ、停留所がわからないなんてことが何度かありました。これだけ停留所が分かれていては無理もないかなぁ、、、と思っての1枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記756 佐世保市戸尾市場、「四軒目食堂」で皿うどん太麺

175

 佐世保市の中心部、国道がクランク型に曲がる場所の右手にある戸尾市場です。通称トンネル市場。右手の高くなった場所は前は小学校でしたが、その崖の下、防空壕として掘られた岩穴の中が店になっています。


176

 入り口は一間(180センチ)くらいですが、中は少し広くなっていて長いカウンターがあり、奥は横にも広がって畳敷きの広間になっています。かまぼこ型の空間が岩に掘られた穴であることを示しています。


179

 茶色く塗られた部分は多分、岩そのまんま。奥のへこんだ部分も岩の面そのままを塗装したのでしょう。夏は涼しく、冬は暖かい、そんななのだと思います。


178

カウンターの上にはおでんの鍋。1本ずつ串に刺さっていて、串の本数で計算をするのはどこか韓国風。韓国が九州式なのかもしれませんが、長崎のラーメン店などではおでんが当たり前のように売られています。注文をして、品物が出る前におでんを1つ2つ食べて待つのでしょう。


180

 遅めの朝食でしたが、皿うどん太麺。揚げそばの細麺よりも100円高く650円でしたがここが今回の出張ではベストの食事でした。おばあちゃんがゆっくり、でも丁寧に麺を焼いて、餡をつくってくれます。端から4軒目だったので「四軒目食堂」という名前だとか。どこかおおらかな感じのいい店でした。他のメニューもきっと美味しいのではないかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 9日 (月)

とうちゃんの自転車日記755 長崎の「かんころ」作り

075


 長崎市の新大工町、閉店セール中の玉屋デパート長崎店の裏の商店街で、お菓子屋の店頭で干し芋を作っているのをみつけました。

 長崎は確かジャガイモの生産も盛んな県だし、サツマイモも「かんころ餅」という銘菓があったり。蒸すか茹でるかしてから干すというのは聞いていましたが、実際干してるところを見るのは初めてかも。黄色が濃くなり半乾きのサツマイモ、とても美味しそうでした。 こちらに戻ってから調べたら、乾燥芋の大部分は茨城県産で、長崎のはこの干した芋を「かんころ」と呼び、多くはかんころもちになるとか。ここも菓子屋なので、お菓子にするための加工途中なのかもしれません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記754 長崎市 江山楼の皿うどん太麺「上」

092

 実は先週の出張、主食は全部皿うどん太麺で、と企てての旅行でした。長崎の華僑の方が留学生の食事として野菜不足にならないようにと開発したという話があるチャンポン、皿うどん、本当に野菜がたっぷりです。大丈夫、と思っての計画でした。大村でのお昼は前の記事の「くしま食堂」、その日の夜は長崎新地中華街の大きな店「江山楼」と言う所に入りました。夜ですのでまずは紹興酒を頼んで、皿うどん太麺、3段階あるうちの中を頼みました。ホールの女性が「太麺だとあんかけでなくなりますが、よろしいですか?」と聞きます。話のタネですのでそのまんま、通してもらいました。


093

 出てきたのがこれ、「上」というのは肉団子の分かな?美味しかったのですが、なんだかあんかけでないと皿うどんという気分になりません。また麺は焼いていない様子。汁なしチャンポンと言った方が近い、そんな1杯でした。やはり皿うどんの上はあんかけでないと、というのが高級店で食べての結論です。 ただ、この店、若女将というのかな?すらっとした背の高い女性が和服を着て店を取り仕切っています。非常にカッコいい「働く女性」でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記753 行きたかった場所 佐世保市の眼鏡岩

312

 地図好きで、行った場所、行って来た場所、行ってみたい場所、あれこれ地図を集めて眺めるのが好きです。先日のセミナーの翌日、前畑先生に送ってもらう時、すぐ近くだからということで佐世保市の北部にある眼鏡岩というのを見に行きました。ちょっと歩くと聞いていたのでなかなか行けないでいたのですが、車で急坂を上がれば駐車場からはほんの少しの距離。長年の夢が果たせたのでした。1枚目、駐車場からの道、北側の風景です。


309

 眼鏡岩前の広場です。銀杏がきれいでしょう。まだよく見えませんね。


310

 これが眼鏡岩。自然が作った奇観と言えましょう。前畑先生の話ではこの地域に地震が少なかった証拠だとのこと。ここも弘法大師の足跡地、ということは鎌倉時代からこれがこのまんまあったわけです。石仏や磨崖仏もたくさん。外国人にも宣伝すればウケるのではないかと思います。


3111

 さらに近寄って1枚。岩と言っても砂岩のような柔らかそうな石です。削りやすいので石仏なんかも多いのでしょうが、本当によく崩れないものです。右の穴をくぐって上がって行けるようでしたが、飛行機の時間もあり車に戻りました。

 他の方のHP、ブログでもたくさんここ、紹介されています。ちょっと探してみてみてください。また、行ける人は行ってみましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4559 さよならサンジュ

3981

 尚州市外バスターミナルです。ずいぶん前の冬に一度、できたばかりの中部内陸高速道路で訪問。練炭灰があちこちにある町をぶらぶらして、金泉へ出てソウルへ戻りました。2度目は2年前の夏。北川戦績地を訪問。そしてのこの夏、亀尾から善山、洛東経由で再訪問。来る度に地方都市でも変化があります。慶尚道名物ミルミョンも食べられるし、イムジンチョンユ倭乱の戦績地はすばらしくきれいな公園。南山にもいい公園がありますし、郊外には博物館もあったり。歴史の街尚州、ソウルからの一日遠足で訪れる価値がある町だと思います。

 写真にあるように自転車都市とも言われるくらい平坦で歩きやすい町でもあります。2年前は3泊4日の中日、1日は江景、論山、2日目はこの尚州に来たのですが、私の韓国地方旅行のうちでもヒットだったと言えましょう。


402

 東ソウル行きの優等高速バス。通常であれば予約なんかしないでも充分乗れます。繰り返しになってしまいますが、自転車都市尚州、いいですよ。まず着いたら北川戦績地でしょうかねぇ。古い記事もたくさんありますので参照ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

とうちゃんの自転車日記752 大村市で皿うどん太麺のお昼

058

 長崎空港は大村市にあります。出口の狭い大村湾ですが、海水はきれいだし、波が静かないい海、市内にこんな施設もありました。


061

 最近凝っている皿うどんの太麺。前にもここで書いたように長崎、特に佐世保あたりはパリパリの細い揚げそばではなく、チャンポンの麺を軽く焼きつけた太麺のが主流なように思えます。92年頃、佐世保駅前の地下道にたくさん店があった頃、初めて食べたのですが、一発で好きになりました。最近ではぽつぽつ知られ始め、大手チェーンでも出すようになったし、新潟のチャンポン屋でも太麺をメニューに加えるようになりました。

 これは場内にある「くしま食堂」という店の皿うどん太麺。600円でしたが、けっこうしっかり食べ応えもあり、長崎での最初の食事、いいものになりました。


060

 せっかく来たので、ということでちょっと参戦。写真が残ってるってことはこれ、ハズレです。タクシーの運転手さんの話ではまた客が増加しているという大村ボートですが、他の公営競技に比べ、のどかでのんびりしてるボート競走、面白いですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4558 尚州街歩き8 尚州郷校

394

 神谷丹路さんの本を読むと、韓国各地にある郷校の訪問、そしてそこで行われていた行事についての話が結構出てきます。勉強不足の私は、儒教の会館みたいな意味を持つ施設であるということくらいしか知りませんが、古い町には大小の差はあれ、このヒャンギョ、あることは見て、知っていました。昔からの大事な都市であった尚州郷校、なかなか立派です。でも、、、何もやっていないし、誰もいません。そんな所に勝手に入って見学できるのは韓国の大らかな、懐の広さを感じさせますが。


393

 割合新しいものですが、立派な建築です。お寺のように赤青緑に塗られていないのはちょっと好きです。神谷さんの本でも確かこの尚州の話はあったはず。北川戦績地は公園のようになっていましたが、こちらはそのまんま。これも好感が持てます。

396

 ここが一番大事なお堂かな?3つの通路と門、人間は真ん中は通れない、これは神谷さんの本で知っていました。


395

 練炭以前の、薪のオンドルの焚口でしょうか。こういうところまで忠実に昔のままに復元、何か行事があるときにまた見学に来られればいいなぁと思いつつ、また町へ戻ることにしました。

 ここで、ハプニング。2人の韓国アジョシに話しかけられ、「日本の海産物の放射能汚染問題」について、ちょっと厳しい話を挑まれてしまいました。正直、まだこの時(8月中旬)は日本では何も報道されておらず、ちゃんと検査をして市場で売られているということしか知りませんでしたので、ちょっと困りました。韓国ではこの前後、かなり大きく報道され、輸入禁止になったのです。 言葉も完全ではない私ですので、検査結果を信じて普通に食べていますよ、ということでしか応戦できませんでしたが、結局このアジョシたちの車に乗せてもらい、尚州初等学校の前まで送ってもらえたのです。名著「ディープコリア」にもありますが、韓国を歩いていて、日韓問題、いろんなことで、いちゃもんというと済みませんが、日本が悪い、という話を持ちかけられ、いろいろ文句を言われたけど最後は急に態度が変わって、送ってもらったり食事をご馳走になったり。案外あるのかもしれません。

 年賀状の原稿を考えに出てきました。今年は何を書こうかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月8日 休みの日曜日です

195


 おはようございます

 今日は休み、ちょっと雑務の資料を取りに車で出てきました。今は青空も見えていますが、今日は遠出はせず、家中心になりそう。できることから片づけるようにしましょう。「感謝、無欲、行動」です。

 写真はソウルの地下鉄駅にあった新聞回収箱。しかしながらこの1~2年、スマートポンの普及で、無料新聞が激減し、これもあまり役に立たなくなってしまっています。アルバイトで古新聞回収をやっていたハラボジ、ハルモニの小遣い稼ぎもできなくなりました。何度も書いているように、本当に変化が速い国が韓国です。1年行かないでいると浦島太郎、2年以上行かないでいたら別の国、大げさですがそんな感じもしています。

 それでは、醤油を買って帰宅します。皆様、よい休日をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月1日 - 2013年12月7日 | トップページ | 2013年12月15日 - 2013年12月21日 »