« 2013年12月15日 - 2013年12月21日 | トップページ | 2013年12月29日 - 2014年1月4日 »

2013年12月28日 (土)

普通の韓国を探して4582 辞書はひいてみるもの

440


 ここでも何度も「幌張馬車」という漢字語を使っていましたが、河霜さんのコメントなどでどうして「幌」?というご指摘を頂いていたり。週に1回くらい手にする小学館を見てみたら、「布張馬車」=포장마차とありました。「毛布」はモポで모포というのは知っていましたが、何となく幌張馬車でも意味が通じてしまうのでずっと誤用していたこと、反省&お詫びいたします。

 写真はカタルシスではないけど鍾路の裏通りのポジャンマチャ。センターマークホテル向かいの場所です。暗くなってきたころの開店準備中に早いお客さんが入ってもうやってる、そんな1枚です。オープン&閉店片付けの専門の仕事があると言いますが、実際見たこともあります。ソウルの商売人、がんばってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月28日 忙しい土曜日です

245


 おはようございます

 今日も忙しいです。時間があれば新しい記事をアップします。

 今日明日働いて正月休み。がんばりましょう。 年末は大掃除だの小さな庭の片付け、金魚の水槽の水の交換だの、いろいろやることがありますが、正月3が日についてちょっと自分で決めたことがあります。「酒を飲まないでたくさん歩く」です。寒さとか天候のために運動不足になりがちな冬期の身体、正月を機会にリセットできればと考えています。 去年の元旦は電車で弥彦神社へ行ったら、踏切事故で帰りは吉田まで雪の中を長靴で歩いたのでした。まぁまぁだった今年のお礼を兼ねてまた行ってみるのも楽しそうです。

 写真は新潟の繁華街、東堀通り8番町。市内中心部の過疎化が進んでしまってます。

 今日の言葉 「ゴミ箱はいっぱいになる前に片づけよう」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

とうちゃんの自転車日記771 旅行をしたい

003

 こういうの、好きです。前に別角度からの写真を紹介していますが、小千谷市の中心部、川が合流ではなく、分けられている場所です。今は流れるままになっていますが、右手のながれには堰が設けられていたようです。


004

 少し移動するとこう。洪水を防ぐためにこちらの水路を新しく設けたのかもしれません。それとも逆でしょうか?案外このあたり、河岸段丘が発達していて川の流れが急だったりしますので。

 前の記事で行きたいところを挙げましたが釧路、網走も行きたいです。北海道は何度も行っていますが知っているのは札幌と小樽、富良野、旭川くらい。本当に広いという東半分はまだ見ていません。知り合いの日本通の韓国人の友人に「日本で好きな場所は?」と尋ねたら答えは釧路市だったんです。あとは瀬戸内海の直島とかあのへん。釧路は意外だったので、きっといい所なのだと期待しています。

 今日、明日、明後日、とても忙しいです。がんばっていい仕事をしたいものです。そうしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4581 食堂の看板

144

 旅行の時、やはりあれを食べたい、これを食べたい、いろいろ調べて綿密に計画を立てたりする方も多いと思いますが、一生懸命計画を立ててハズレに当たるとちょっと残念です。特に日本でのネット情報、ごく一部の店だけ持ち上げられてる、確かにそこ、美味しいんでしょうが、他にも同じくらいの店、いくらでもあると思うんですよね。

 1枚目は中華の店。個人の店で、韓国の人で賑わっている、もしくは、配達用のバイクが並んでいる、そんな店はまずハズレはありません。


145

 「生コギ」は店の名前ではありません。「冷凍していない肉」という意味です。道路上の看板は法律違反なのですが、よほどひどくなければ黙認という感じです。


146

 フグの店。トゥッペギと書いてあるので一人でもオーケーなのでしょう。値段相応ですが、日本でよりも気軽な感じです。


150

 日式「微笑」。立派な看板なのでちょっと高そう。李準圭先生に何度か、いくつか連れて行ってもらっていますが、日本の宴会とかの料理に似ています。ただ、見た目重視という感じ。日本料理は確かにそんな点もあるけど、趣味がちょっと違うところが面白いです。コースで3万とか5万Wとかからもありますので、リピーターの方にはお勧め。ただし日本酒はここでも書いているように日本での値段の4倍くらいもしますので、ビールか焼酎になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4580 忠正路で降りてみた4

170

 また細い道に入りましたが、けっこう飲食店があります。日本人がわざわざ行く街ではありませんが、きっと美味しい店も多いはず。もとい、大抵は韓国の普通の店、美味しいんですよ。


171

 看板を読みながら歩きます。


172


173

 ふふふ、ありました。日本家屋ですね。


175

 すぐ先のこれも、だいぶ傷んでしまっていますが、日本の家、日本人が作った家でしょう。


176


177

 その先、これも日本家屋のよう。もっとじっくり歩けばこのあたり、まだまだ日帝時代の家、残っていそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

2013年12月26日 旅行に行きたい

083


五島 嵯峨ノ島

対馬

京都

金沢

天童

伊勢

高知

成田

新宮

建功寺

市川大門

ラスベガス

浅草

琴平

大山

笠岡

竹富島

喜界島

仙台

水戸

延吉

出雲大社

 

 メモ用の大判大学ノートに書いてある行きたい場所です。前にも書いたかな?2014年には、この中のいくつか、行ってこられればと考えています。この春、アベノミクスで10年間も損してた株が少しですがプラスに転じました。最近また雲行きが怪しくなってきましたが、部分的に利益確定。家族にプラス分をあげて、自分はどう使おうかな?と考えて結局そのままです。

 ずっと買おうかとも思ってた高い茶碗はやはり私にはまだまだ。機会をみつけ探してみて、気に入ったのがあれば買います。そんなこんなで温存してた分、自分へのご褒美として3回くらいの旅行に使うつもりです。 とりあえず今日は写真受け取りと昨日行けなかったスーパー銭湯かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4579 忠正路で降りてみた3

159

 まぁ、何でもないソウルの普通の人が暮らす普通の街と言ってしまえばそれだけですが、知らない街を歩くのは楽しいものです。


160


161


162

 奥の店の細い字の看板、チュオタンとアグィチムって書いてあります。日本でもおなじみになった感のあるアグチムですが、正式にはアグィ、アグィチムです。


163

 大通りに出てしまうと、また裏道へ戻ります。


164

 階段の奥の朝日を浴びた教会、ソウルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

とうちゃんの自転車日記770 長崎市新地 日本のポジャンマチャ

104


 日本の屋台、県の条例によっていろいろ制限があるようで、福岡県のようにけっこうたくさんある場所もありますし、新潟県のように皆無という自治体もあります。「衛生面が~」ということなのでしょうが、あまりガチガチに縛られると都市ってのはつまらなくなってしまうような気もします。

 写真は長崎県長崎市の新地。左に中華街入口の門が見えますが昔からの市街地の中心部です。 夕方、ホテルに入るときには無かったのが、夜帰ってきたらこんなラーメンの屋台が出ています。何度か書いているように長崎県のラーメン店、ほぼ例外なくおでんだのも置いてあり、一杯やる場所でもあるようです。こんな屋台もその一つなのかもしれません。まだ開店早々でお客さんはいなかったのですが、何時までやっているのかな? 屋台がある都市、何だか好きですし、屋台があれば入ってみたくなる、そんな気持ち、わかるでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 休みです

222


 おはようございます

 休みなので嬉しくて早く起きてしまいました。犬は寝ていたので散歩は家内に任せ、医院へ出てきました。床屋へ行って、沐浴湯へ行って、ちょっとだけ銀行の用事、写真の用事。お昼を食べて帰宅して、午後は私が家で留守番です。韓国語だと留守番のこと、「집보기 」って言います。집は家、 보기は 보다=「見る」 の名詞形。「家を見る(見守る)」=留守番、どこかかわいさが感じられる言葉です。

 写真は佐世保の玉屋デパート前の公園にいた猫。けっこう栄養が良いのか肥っています。長崎、佐世保、どちらの街でも町中の野良猫(?)が目立ちました。韓国では放し飼いの小型の雑種犬、それに似たような九州の野良猫。どちらも楽しい被写体になってくれます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4578 秋夕前夜の写真です

074

 2か月行かないと変わってしまうソウル、この9月の写真ですが、きれいに撮れたのでアップしましょう。秋夕前夜のほとんど真ん丸な月と街灯、そして銀杏の木。鍾路1街、公平ビル前の交差点での1枚です。


075

 銀杏の葉、案外面白く写ってくれるものだなぁと感じます。


077

 もう帰省してしまった人が多いのか、それとも休みだからか、そんなに遅くない時間なのにソウルのど真ん中、車も人も少なめです。


078

 鍾閣交差点、地下鉄駅に入る直前でもう一枚お月様を撮影。


080

 そして1号線で龍山駅。ここも人は少なめでした。90年代まであった昔のあの小さな駅を知ってる人は少ないことと思います。ソウルなのに、どこか地方の駅みたいな埃っぽい駅前広場がありました。今は更地になったあの地図上で台形の一角はほとんど平屋だったような気がします。そこに昼間からポン引きハルモニが男性を誘うのです。ちょっと外国に来た感じはしましたねぇ。


082

 大階段からの国際ビルと駅前広場。香港資本の撤退でぽしゃったとい龍山再開発、どうなるのでしょうね。撤去反対住民が立てこもったビルが火事になってたくさんの死者が出た、そんな事件まであったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4577 忠正路で降りてみた2

147

 京義線の線路を越えて、ちょっと歩くと左手にこんな風景が。これもきれいに外装を塗り直してはいますが、けっこう古いアパートのよう。


148

 1枚目左のビルも韓国の古いビルらしいちょっと面白い設計で味があります。狭い敷地を最大限に活用したい、そんな意図が感じられます。後ろの教会の尖塔も写り、ソウル旧市内らしい1枚になりました。


151

 黄色いアパート。一棟だけのよう。けっこうな大きさです。


152

 1階は商店など。人が多い地域らしいです。


154

 通学の子供たちが歩く道、向こうの角にも古そうな建築が。これは日帝時代からのものかもしれません。なかなか立派です。日本人がその力を利用してゆったり建てた感じです。


156

 歯医者さんも入っています。というか今は歯科医院。窓が小さ目なのが昔の建築であることを示しています。昔の話、聞いてみたいけど朝の忙しい時間、へんな外国人が入って行っては迷惑になりそう。でもこれ、きっと日帝建築でしょう。場所は西大門区か?それとも、鍾路区?中区?昔からのソウルの中心に近い場所。日本人が作った町なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

普通の韓国を探して4576 薄利김밥もありました

149

 朱色の看板のキムパプ天国、多少のばらつきはありますが、どこにでもあって、安くて、24時間営業。ほとんどのメニューが包装可能ということで、なかなか便利。日本人観光客のリピーターにも人気のチェーン店ですが、ある程度軌道に乗ってか、チェーンを脱退するケースもけっこうあるようです。元の名前は名乗れませんので、でも、イメージは残したいということか、いろんな名前でそんな店、営業しています。

 これ、忠正路から歩いた時の写真ですので西大門あたりでしょうか、やはりそんな脱退組の店がありました。その名も박리김밥です。前半は「薄利」という漢字語でしょうけど、日本語の「パクリ(模倣する)』にも通じるところがあり、面白くなって1枚というところです。「パクリキムパプ」、でもきっと味は大丈夫でしょう。

 年賀状がほぼ終わると何だか気持ちに余裕が出ます。明日も海外分をちょっとやりに出てきますが、床屋へ行ったり、写真の用事があったり、また更新するかもしれません。いつも見に来ていただき、ありがとうございます。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4575 乾燥野菜の宝庫

027

 食べ物関連ですが、こっちにしました。左に見える切り干し大根は日本でも当たり前、右に見えるカットされた干しシイタケも普通ですが、他の乾燥野菜、サツマイモのつる、里芋の茎(ずいき)、ダイコンの間引いたのの干したやつ(ムゥシレギ)、山菜の一種チナムル(栽培もあり)、さらには乾燥茄子もあったり。これはスーパーのものですので包装もしっかり。多少かさばりますが、安くて面白い土産になると思います。

 京東市場の乾物のあたりへ行くともっと安くさらに種類もいろいろ、ただし包装は黒いビニルポンジに入れるだけですので自分でカバーしないとですが、韓国の干した野菜、すごいです。 昔の冬から春の食べ物が乏しい時期のために発達したのかなとも思いますが、今ではすばらしい食文化なんても言えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 寒いです

301


 車の外気温計は2度。新潟市の測候所は街中の川のそばにあるので多くの地域では天気予報で示される気温より厳しい暑さ寒さです。今日は珍しく予約の多い火曜日、しっかり働きましょう。

 写真は佐世保のホテルで見たMBCの朝のニュース。ソウルの一般道、高速道の混雑状況を現地のカメラ映像をまじえて伝えています。ソウルの朝では毎日見ていたような画像でしたので、佐世保にいながらホテルの部屋ではソウルに来ているような気がしました。

 また後で新しい記事をアップしましょう。それじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

普通の韓国を探して4574 忠正路で降りてみた

134

 5号線の忠正路駅です。2号線との接続駅ですが、直交ではないので乗り換えにけっこう歩くイメージがあります。空港バスでよく通る道ですが、歩くのは多分3回目になります。


135

 1枚目でも見えていますが、最初の目的地はこのアパート。街路樹が茂って見えにくいですが、古いアパートがあるなぁと通る度に感じていました。ちょっと調べると私みたいな古いもの好きの方のHPがあったり。やはり見てる人は見てるんだなぁ。


141

 ここは前にもここでも紹介しています。ソウル駅から新村駅へ走る京義線の線路。今は水色車両基地への引き込み線のような役割が主です。


142

 海や川があると「魚はいないかなぁ?」とついつい見てしまう男子、いませんか?私もその一人。また、線路を見ると何か走ってこないかなぁ?と期待してしまいます。


143

 この線路の脇にもちょっとだけ古い町が残っています。今まではここで小学校のある方、西大門踏切、公園、ソウル駅方面へ線路に沿って歩きましたが、今回は左のほうの山の町へ行ってみました。 つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

とうちゃんの自転車日記769 『新潟 亀萬 閉店』というキーワード

377


 最近、ここを訪れてくれる方のキーワードで、何回か「新潟 亀萬 閉店」というのを見かけました。最後に行ったのは3月頃、まだまだ、50周年までがんばるよ、という言葉を聞いたのに、もしやと思って昨夜、仕事の後、買い物を済ませた足で学校町まで行ってきましたが、残念。暖簾は仕舞われてて、中の電気は点いていましたがやっていないようです。 せっかく来たのにとは思いましたが、中へ入るのもためらわれたので、そのまま近くの店、やはり30数年前によく行っていた「なべちゃん」という店で夕食をとり、亀萬の閉店を確認しました。じいちゃんは元気だけどバァちゃんのどっちかが具合が悪くなり、夏に休んで、その後また一時再開したけどやっぱり閉店してしまったとのことでした。 学生時代の、医局時代の懐かしい店、また一つなくなったのでした。

 しかし「なべちゃん」も、名前が一緒だから同じ人だろうと思って行ってみたらまさに、30数年ぶりの再会。懐かしい話、学校町あたりの飲食店の話。歯学部のお客さんの話など昔のことを思い出しつつ、いい食事になりました。 かつては「とんかつなべちゃん」という揚げ物の店で、よく出前を取ったり、学生時代は2階の雀荘で、よく遊んだ店です。マージャンをやりつつ下から食事を運んでもらったりも多かったです。モンゴイカのぶっとくて四角いフライにソースをたっぷりってのが大好きでした。 

 写真は10月14日のもの、左に亀萬が見えています。何となく片付きすぎてるなぁ、とも思える外観です。昼営業のラーメンをやめたのかな?と思っていました。最初に行ったのは昭和52年です。亀萬のじいちゃんばぁちゃん、お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4573 鍾5 アミガイン前の小路

114


 流石科学の力、ハガキ専用プリンターでの宛名印刷、2時間半ほどで二百数十枚、終了です。ハガキ投函と自転車の回収のため、歩いて医院までやってきました。これから自転車に乗って帰宅して午後は自由時間です。海外向けの手書き分はまた火曜にでもやりましょう。韓国台湾は早く出すとそのまま年末に着いてしまいます。ブラジル分は火曜に出すことにします。

 写真は鍾路5街の北、細い道にあるアミガインの手前のところです。左上の看板の「트」は「韓国ヤクルト」のト。営業所があり、朝早くからヤクルトアジュマがカートの準備などをしています。まっすぐ行くと大学路の方、教会がある通りに抜けられます。 鍾路3街あたりの韓屋が並ぶ古い町もいいですが、このあたりも日帝時代の雰囲気を残した建物がけっこうあるみたい。なかなか楽しい街です。

 干し芋の、あ、欲しい物はあまりありませんが、休みに韓国へ1泊2日ででも行ける定期券があったら、、、欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 休みの日曜日です

133


 ちょっと医院に出てきました。今日は休み。目の前の仕事、できることから片付けるべく、年賀状を取りに来ました。あれこれ考えず、「今日は年賀状の準備、投函をする」、それだけを目標にしましょう。それを終えて時間の余裕があれば遊ぶなり、買い物に行くなり、自由。これから帰宅して宛名印刷を始めましょう。

 写真はソウル、忠正路の2号線と5号線の駅の間にある古い町の飲食店。だんだん昔のソウルの風情が消えていく、そんな感じです。火曜から、ソウルのこのあたりの古い町を紹介していければと思います。それじゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月15日 - 2013年12月21日 | トップページ | 2013年12月29日 - 2014年1月4日 »