« 2013年2月10日 - 2013年2月16日 | トップページ | 2013年2月24日 - 2013年3月2日 »

2013年2月23日 (土)

普通の韓国を探して4161 ソウルの散歩道 東子洞 ソウル駅前旧陽洞遊郭跡 ヒルトン

775

 初めてソウルへ来た95年の9月秋夕前。宿は空港の案内所で紹介された駅三洞の荘でしたが、李準圭歯科を訪問して夕食をご馳走になった翌日、一番最初にこの辺へ来ました。安重根義士紀念館訪問のためです。地下鉄でソウル駅まで来て、地図で見ると近い道を歩くつもりが急坂と南山公園の階段でびっくり。まだ若かった時代ですがヒーヒー言いながら歩いた記憶があります。


776

 左はソウル駅駅前。右へかなりの坂道を上ります。


777

 一つ上って今度は右へ、さらに坂道が続きます。ヒルトンの真下、この写真の左側むこうは旧陽洞遊郭。4~5階建ての古いビルが集まる地域で、簡易旅館なんかも兼ねていたようです。出稼ぎにきた朝鮮族の人たちが多かったとも聞いています。


778

 さらに上ると陽洞の上には大宇ビルの雄姿。けっこう古い建物ですが今も存在感は充分。昔はすごく目立ったことと思います。


779

 ヒルトンの従業員用入り口へ向かう近道です。カボチャが植えられた斜面を仮設の階段で上がります。


780

 旧陽洞遊郭跡の真上にあたる場所をさらに上ります。まだ簡易旅館をやってるのか?「プル操心(火の用心、プルは固有語で火)」とそのまんか書いてあります。


781

 

 従業員用入り口、従業員用理髪室入り口からちょっと上がればもうヒルトン入り口。でも、下りはいいけど上りは、、、やはりけっこう堪える坂道でした。労働組合の示威(デモ)をやっていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4160 韓国ファン、そして鉄道ファン

937


 ネタは整理しきれないくらいありますが、そろそろこのブログの容量がいっぱいになってきてしまいました。さて、どうしようか?と考え中です。デジカメの画像をコンピュータに読み込んで、その中からブログ掲載用に写真サイズを小さくして、3つあるフォルダに分けておいてあるのですが、どうしても半端なのが生じてしまい、たまに在庫整理が必要になります。

 今回の1枚もそんな中の一つ。「どこだかわかりますか?と言ってもたぶん、この近所に住んでいる方しかわからないでしょう。場所は慶北の永川市郊外です。何でこんな写真が面白いの?と大抵の方は思うでしょうがここ、線路が3方向に分かれる場所なのです。自分も汽車に乗っての写真ですが、向こうに見える踏切は中央線。永川から義城とかを経由して安東、栄州、堤川、原州、ソウルへ向かう線路。私が乗っているのは釜田から慶州経由で東テグへ向かうセマウルでしたので、テグ線。そんな分岐の踏切を撮影したのでした。

 この他にも中央線から来て永川に行かずに直接東テグ方向へ走る線路もあるので、その写真も撮ったと思うのですが、もう掲載してしまったのか?これ1枚だけ残っていました。こんなふうに鉄道が3方向から来て、どちらにも直接進める三角形になった線路、この永川の他、三浪津、大田、嶺東線のペクサン、あとは栄州、そのくらいだったでしょうか? たまにしか列車が来ない韓国の鉄道ですが、線路が三つ又になっているその真ん中で汽車を眺める、何だか面白そうだと思いませんか? 思わないかなぁ、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月23日 忙しい土曜日です

014


 積雪量は大したことないものの予報通り暴風雪の夜でした。西向きの窓は凍り付いて開きません。寝床の中でラジオを聞いていたら6時前に臨時ニュース。何かと思ったら雪のため、飯山線は始発から運休というローカルニュースでした。

 今はやんでいますが雲は厚く黒く、今日も暴風雪との予報。車で出勤です。今月で一番忙しい日になりそうな土曜日ですが、明日の休みの日曜を楽しみにしっかり働きましょう。時間があれば新しい記事をアップします。皆様よい週末を。写真は新潟交通の高速バス。終点高田駅前です。

015


016

  写真を追加しました。7時46分の映像です。とにかく天候が変わりやすい日本海側の冬です。今はもっと明るく、陽がさしていますが10分後には吹雪かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

とうちゃんの自転車日記747 町ごとにある「味」

043

 先日の上越行きの帰り、ちょっと日帰り温泉に寄ってみました。柏崎市の海岸にある「ソルトスパ潮風」という施設です。塩分の濃い温泉です。柏崎駅で降りて駅前の通りを歩いて海の方へ。これが柏崎のメインストリート、本町通りって言うのかな?町名では東本町、西本町と分かれています。再開発でかなり立派な建物を作った感じですが人も車も少ない繁華街です。


044

 さらに海の方へ行くとお宮があり、前も面白いなぁと感じていたのですが、お好み焼きの店がぽつんとあるのです。いつかは行ってみたい、そんな店です。


045

 ここからは入浴後の帰り道。前にもちょっと紹介しましたが旧遊郭のあたり、駅前とは別の飲み屋街があるのですが、かなり寂れた感じです。


046

 板を打ち付けてあるドア。


048

 ここも空き家のよう。


047

 直江津にもありましたが、華やかなりし頃の名残のゲート。韓国スナックかな?と思う名前も見かけられました。


049

 通り抜けてから振り返ると「湯の街通り」という名前のようです。

050

 夜に来たらどんなかなぁ?なんて思いながら温まった身体を冷やさぬよう、さっさと歩いて駅へ向かいました。

 古い飲み屋街を歩くのが好きです。夜に訪れてちょっと飲めたらもっと面白いですが、禅の生活、限られた小遣いをもっと有効に使う道があるはず。今はソウルの知り合いのコプチャンチプで15000Wで飲む方を選びます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4159 韓国の都市は明るい

070

 最近またテレビで見た記憶があるのですが、人工衛星から見た東アジア。山地の多い日本に比べ、狭くて、比較的山が少ない韓国というか韓半島の南半分、とても明るく映っていました。特にソウルとその周辺は明るく光っていました。それに比べ、北韓は暗いです。人が普通に住んでいる地域としては世界でも最も暗い国なのではないでしょうか?ピョンヤンとその周辺の灯りも本当にささやかなものでした。まるで北韓の地図の形で真っ黒くなっている。中国東北部と比べてもその暗さは明らかでした。

 

 しかし韓国の都市、商業地域、明るいです。96年、ソウルから近郊へ出かけはじめたころの水原の夜、八達門の周辺の明るさに驚きましたし、98年かそれくらい、大田の駅前の繁華街の照明の明るさにも驚きました。とにかく、目立つように、必要以上に、眩しいくらいに明るい照明の店が並んでいました。電気の無駄遣い?とも思えるほどです。


071

 1、2枚目は鍾路。すでに7時過ぎですがいろんな照明が合わさってか、明るいです。広告のネオンとか、明るすぎて写真にならないなんてこともしばしばあります。人間の目の素晴らしさを感じます。


102


103

 こちらはソウル駅前。ちょっと裏通りとか住宅街に入ればそうでもなくなりますが、韓国の街、明るいのが好きなんだなぁって思います。一部で節電の動きもありますが、まだまだ日本の地方都市から行った私なんかには必要以上に明るくしている、そう感じる韓国の大都市です。田舎は真っ暗だったりするんですけどねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4158 どんどん増えるユニクロ

710

 ここ数年何度かここでもユニクロの広告、店、アップしていますが、どんどん増えています。広告もすごく目立ちます。ごてごてしていないポスター、韓国では効果的かもしれません。日本での感覚よりもちょっと高級な感じかもしれませんが、比較的質のいい、シンプルな服を気軽に買える店、そんな位置づけで人気が出てきてるのだと思います。

 かく言う私もかなりのユニクロファン、というか、とにかく入りやすく買いやすい、そんな上手な商売をやっていると思います。店員さんはほとんど寄ってこず、自由に選んで、適当に戻しても気兼ねしないで済みますし、綿パンの丈詰めも簡単。4足1000円とかの靴下、3つ1000円とかのパンツ。気づいてみると普段着は上から下まで、外から中までユニクロになっていました。

 昔は、韓国で目立つ日本企業の看板というと「リンナイ」と「オリンパス」くらいでした。あとは「ヤクルト」かな?この10年ちょっとで日本車の広告が増えたし、、、さらにはこのユニクロ。「いいものはいい」という感じで日本ブランドが韓国で目につくようになるのは何だか嬉しいものです。1年前まで乗っていた現代車が日本でだめだったのは残念ですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月21日 (木)

普通の韓国を探して4157 韓国 ソウル 派出所(地区隊)のバイクと自転車

706

 麻浦区って割合西の方。区の名前のマポは区全体で見ると東の端だったと思います。少し東へ行くとすぐに龍山区。ちょっと前に紹介した龍江地区隊(派出所)にオートバイと自転車が置いてありました。ここも建物の外に椅子があります。都市、地方を問わず、韓国の街角には屋内で不要となった椅子があることが多く、店主アジョシがすわっていたり、そこらの家のハルモニが集まっておしゃべりの花を咲かせたりする。日本にはあまり見かけない風景です。


707

 自転車の前には小さな箱が取り付けてあります。何を入れるのかな?


708

 箱の横には韓国お得意の標語が、

 정선을 다 하는 국민의 경찰

 

 精誠を尽くす国民の警察

 タ ハダは直訳すると「全部する」ですが、「最善をタハダ」とも言いますので、日本語の「尽くす」、「精一杯やる」が適切でしょう。

 映画、トゥーカプスなんかでは、賄賂を受け取ったり、不法な路上の露店商売なんかを見逃す代わりにいろいろ無理をしたりする昔の警察の短点が描写されていますが、私が知る範囲、95年以後の韓国の警察、親切で丁寧、そう感じるばかりです。古い記事にありますが、井邑で駅前の派出所でモテルについて尋ねたら、若い青年巡警、ターミナルのそばの新しくてきれいな荘を紹介してくれたばかりでなく、女友達に電話して私をそこまで案内するのを手配してくれました。詳しい地図があったので自分でも行けたのですが、親切に甘えさせてもらったのでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月21日 沐浴湯간다.

 郊外ならリッター20キロは走る小型車でドライブと思って出かけた昨日ですが、予報は当たっていました。朝、新潟市を出るときはほとんど積雪は無かったのですが49号で水原あたりまで行くとかなりの雪と凍結。会津への峠はもっと大変だろうと思い、方向転換、白根へ出て8号、17号と走るもこちらも長岡を過ぎると猛烈な雪です。トシのせいか、昼間でも大雪で視界が悪い状態でのドライブ、疲れます。結局魚沼方面へのドライブも中止、お昼には帰ってきました。途中、ラジオでは高速道路の閉鎖、各地での事故渋滞の情報だらけ。長靴も車の中に用意して行きましたが、おとなしく過ごすことになりました。

 今日は午前だけ外出オーケー。スーパー銭湯へ行ってお昼に戻ります。

 咸という字、韓国語では함と読みますが、韓国でこの字が付く地名をあげてみると

경남 함양

전남 함평

경북 함창

경남 함안

 

 日本ではほとんど使われない漢字ですが、行ったことがあるのは全南の함평だけ。함양ㅗは2度ほど通ったことがあるだけ。慶北、尚州の北に함창があり、あまり日本人が行かなさそうな町。ちょっと行ってみたくなりました。暇だとこんなこと、考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月20日 (水)

普通の韓国を探して4156 KALリムジン

1170

 2+1の大きめの座席を持つ高級リムジンバスです。空港バスなので右前方には荷物置き場があるので優等高速の車よりも座席数は少なく24人かそのくらいの定員。高級ホテルやターミナルを回って仁川空港とソウルを結びます。タクシーだと7万かそれくらい。人数がいたらタクシーとあまり変わらないかもしれません。

 今日は休み。一日暴風雪という予報だったけど出かけてみます。昨夜、寝床の中であれこれ地図を見たり時刻表を見たり。でも、まだ行先は決まっていません。車で駅のそばにある医院まで出てきましたが、公共交通機関で行くか、燃費がいい小型車で行くか?実はまだ決まっていません。でも、気楽な休日、どこか他の街へ出かけること、私の楽しみです。7時10分の高速バスに乗ろうかな?というのが今のところ第一候補。行先は、、、お楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月19日 (火)

2013年2月19日 オープンデイ

141


 午後にちょっとだけ、どうしても今日に、という方の予約が入っていますが、午前はオープン。でも、月末の用事、年度末関係の用事などで外へ出たり、来客があったり。まぁ、明日の休みを楽しみにがんばりましょう。

 写真は長岡市の南部、上越線越後滝谷と小千谷の間の風景で、不通になっていた只見線用のディーゼルカーの回送運転のものです。塗色が新潟地区のものでなく、福島というか東北の色なのでしょうか、新潟市では見られない車両です。ずっと動かさないで置くとダメになるのか?本来の只見線ではなく、上越線のすいている線路で毎日動かしているのかもしれません。

 

 お金のかかる遠くへの宿泊を伴う旅行はなかなかできませんが、日帰りの公共交通機関、特に高速バスやフリー切符なんかを使った大人の遠足、できるだけ楽しみたいと思ってます。木曜は家内の休み、水曜はとうちゃんの休みの予定。365日対応のたかとう矯正歯科医院です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記746 直江津町歩き3

032

 上越市の直江津、中央町の名の通り昔からの中心地です。銀行や信金の支店があったり、昔からあったと思われる病院があったりします。正面の建物は富寿司の直江津店でした。高田に本店のある寿司屋さんですが、新潟市にもいくつか支店があり、駅前店、万代店にはたまにお昼を食べに行きます。回転寿司の店もある、そんなに高くないチェーンです。


033

 また八坂神社の入り口。帰りは反対側を歩きました。


034

 古いビル。ちょっと寂れた古い繁華街を歩くの、大好きです。夜の様子も見たいけど、なかなか宿泊しての探訪はお金がかかりますので。


036


037

 もうすぐ駅というあたり、菓子店が多いなぁって感じました。最後の写真の店は地方紙の夕刊にもよく広告を見かける「継続だんご」という銘菓の店。新潟では売っていないので買おうかな?と思いつつ、通り過ぎてしまいました。今思えば一番小さいやつだけでも、買ってくればよかったと思ってます。

 この上越地方、どうも菓子屋が多いように思えます。医局勤務時代、出張で毎月行っていましたが、そこの先生もご実家は菓子屋さんだとか。城下町の高田と港町の直江津が合併した上越市、昔はこのあたりの一大中心地だったのでしょう。高田の仲町通りもなかなかの繁華街です。

 

 大きな新潟県、北から城下町村上、城下町新発田、港町新潟、鉄道の街新津、織物の街五泉、金物の街三条と燕、城下町長岡、農産物、牛市の街柏崎、港町直江津、城下町高田。このうち、長岡だけは空襲で丸焼けになり、大きく変わりましたが、昔からのその地域の中心となる街、そんな普通の町の魅力がまだまだ残っています。観光に力を入れる中で、普通の町歩き、の魅力、もう少しアピールしてもいいのでは?って思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4155 桃花洞?麻浦と南営の間のあたり

701

 まぁ、韓国、ソウルの普通の町の写真です。丘の上まで古い家々がぎっしり建っていた記憶、90年代後半に麻浦、孔徳あたりを通った時に見ていますが、そんな面影は全く無い街になりました。弘大のほうからの貨物線の面影もほとんど残っていないと思います。

 遠くに見える高層アパートは孔徳交差点のところのやつです。


702

 この7~8年でものすごく増えたコーヒーショップの中の一つ「コーヒービーン」、最初は「ティーリーフ&コーヒービーン(日本語)」だったのですが、お茶は人気が出なかったのかも。他にもいろんなチェーンがあります。


703


704

 北倉洞純豆腐というのはチェーン店?韓国観光HPでよく見かける名前です。スンドゥブってたいていはどこでも美味しいと思うのですが、日本人、どうしてもガイドブックや観光サイトで紹介されたところばかり行くのですよね。また、そういう「観光客が多い店」も時代とともに変わっていきます。明洞のあの、細い小路のヘムルタンの店とか、一時はさんざんの評判を観光サイトで書かれていましたが、今はあまり見かけません。自分の目で見て、自分の足で歩く観光客が増えてきたのも一因かもしれません。


705

 右、立札だけ見えていますが、「交番」、「派出所」ではなく、「地区隊」という名称になっています。これも日帝残滓の排除なのでしょうか?昔は韓国を紹介する本でも書かれていた言葉だと思うのですが。もう龍江洞なんですね、ここらへん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月18日 (月)

普通の韓国を探して4154 2月17日夜 鍾路で火事? 

636

 中国料理「太苑」、入ったことはありませんが、お昼時は近所の会社員とかで大混みの店です。

 お昼休み、韓国観光HPを見ていたら仁寺洞というかソウル特別市の鍾路で火事があったとか。今回の写真の道のようです。行きつけのポジャンマチャ「カタルシス」からの帰りの写真だと思いますが、鍾路タワー、三星証券ビルの裏を斜めに入る道。いくつか入ったことのある店もある通り。新しい街になってしまうのは、、、ちょっと寂しいなぁ、と旅行者は感じます。ホテルソンビに泊まったことある方なら、この通り、何度も通っていることと思います。どう変わるのでしょう?


637

 たくさんの飲食店、室内幌張馬車とかが並ぶちょっと曲がった古い道です。


638

 韓国の繁華街は明るいんです。


639

 もうすぐ鍾路に出るあたり。


641

 おなじみ鍾閣駅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4153 もうすぐ1号線東廟駅

610

 「次回はきっと食べに来るからね」と夏に言ったので、別に食事をした後だったけど訪問した黄鶴洞のコプチャンクイの店を出て、また東廟駅へ戻りました。もうすぐそこは鍾路。明るいネオンが増えてきます。


6111

 「ノレ銀行」という看板、いわゆる歌謡酒店です。個室のカラオケで酒が飲める店。通常の「ノレバン(ノレ房)」はアルコール禁止ですが、未成年が入れない、酒を飲むカラオケの店、韓国にはたくさんあります。奥の店もそうかな?それとも、旅館かな?左手の入り口の上に「トウミ常時待機」とありますので、ホステスさんも一緒に飲んで歌える、そんな業態なんでしょうが、前にも書いた通り、厨房アジュマを相手に早い誰もいない時間にビールの小瓶を数本飲んで数万W。一度だけ見学したことがあります。

 オレンジ色の看板は「ノレタウン」とありますね。別の店なのか?同じ店なのか?韓国の看板、「~専門」の例もあり、かなりいい加減だったりします。特に個人経営の場合には。


6121

 黄鶴洞の再開発で大規模なロッテキャッスルができたのに、すぐそばのここ、東廟駅前にもロッテキャッスル天地人という3棟の高層アパートがあります。やっぱ高いんでしょうねぇ。


6131

 

 何を撮ったのか?地下鉄駅の入り口に入る前でしょうが、こんなくらい路地もあります。でも、ほんと、ソウルの治安は万全と言ってもいいくらいですので、大丈夫。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記745 直江津町歩き2

024

 床屋さんです。古いのかそうでもないのかわからない建物です。まぁ、昔からの店なのでしょう。新潟県、床屋と美容室が多いって聞いています。それほどおしゃれな人が多いとは思わないのですが、昔はそうだったのかなぁ。


261

 橋の方へ行くと菓子屋さん。ここで、あ、と思ったのは、「水ようかん」の張り紙があること。他の和菓子屋さんでも見ていましたので、思い出したのですが、有名な福井県の水ようかん。冬の寒い時期、水ようかんを食べるとか。ここ直江津もそうなのかも。そういう風習があるのかもしれません。江戸期の海運とかの関係で?とも思いましたが、とにかく、冬の水ようかんが風物詩、福井以外にもあるのかもしれませんが、ここ直江津もその一つかも。


027

 橋を渡らず、線路の方へ行くとJR関係の施設が多い町。この小さなスーパーもJR系の店で、お茶を買いました。今の電気機関車は乗務員は交替しますが、機関車自体は相当長く走れます。昔の蒸気機関車は、航続距離はずっと短かったはず。100キロ以内くらいでの機関車の交代が(一部の超特急とかを除く)あったようで、新潟県内でも新津とか長岡、そしてここ直江津はそんな機関区のあった鉄道の街だったのでしょう。坂町にもターンテーブルがあったと思いますし、村上も機関区があったのでしたっけ?


281

 そんなJR関係の場所の中に小さなお宮。前にここで、北越紀州製紙の工場群の中の諏訪神社と焼島稲荷を紹介していますが、神様は動かせない、そんな気持ちが日本人の心の中にあるのかもしれません。


291

 8の字型に戻ってまた中央町のほうへ。そんなに人も車も通りそうにない場所にラーメン屋さん。あの角を左へ曲がりまた駅の方へ戻りましょう。


030

 と、金魚屋さんがありました。新潟だと旧亀田町なんかにいくつかあったと思いますが、昔から観賞魚を飼う、そんな小さな贅沢、日本人は楽しんでいたのかなぁと思います。


311

 前の写真にも見えていますが、金魚屋さんの脇に小さな川と橋。富山市街歩きでもそうでしたが、古い町を流れる小さな川、そして、橋。街歩きの楽しみの一つです。昔はきれいで、金魚の飼育とか保管、そんな水の理由でこの店がここにあったのかな?などと思いつつウォーキングを続けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4152 どこへ行こうか?

1216

 

 A4の大学ノートがメモ兼日記、あれこれやりたいこと、買いたいもの、行きたい場所なんかを書いています。韓国の行きたい場所、最近のメモだと、

楊平 玉泉 北韓式冷麺

龍仁 王スンデ(マクチャンスンデ)

泰安郡 安興城

瑞山 鳥飛山浮石寺

燕岐郡正義面 正義駅石塔

栄州 サメ料理

金堤市

慶南ハミャン郡 安義面

平澤市 大秋里、安中邑、平澤港

華城市 朝岩里、梅香里

倭館 戦績紀念館

 美味しい食べ物があったり、見たい史跡、施設があったり、中にはちょっと危ない(うろうろしてたり写真を撮ったりすると逮捕されてしまう)場所も含まれているのですが、書くだけならセーフ。まぁ、自分の夢としてメモしています。交通費の安い韓国、宿泊費も節約すれば、かなり安く旅行できます。1週間くらいのんびり韓半島を旅行できたらぁと思いますが、そんな旅は一度だけ。5月の連休またぎで行ったことがあるくらい。新潟からソウル、飛行機で釜山へ飛び、韓半島南岸に沿って晋州、河東、救礼、順天、海南、木浦、光州、コチャン、金堤、全州、群山、徐川、保寧、大川港から安眠島、泰安、瑞山、牙山(温陽)、平澤、ソウルだったかなぁ。口蹄疫が流行った時期(何度も経験していますが)で、田舎にも検問所が設けられていました。

 

 単に地図の塗りつぶしではなく、自分が行ってみたい場所を歩く、そんな旅行をしたいです。写真はソウル、たぶん倉洞駅周辺の繁華街でした。

 다음엔  언제 갈 수 있을까?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

とうちゃんの自転車日記744 直江津町歩き1

019

 200キロを大きく超える海岸線を持つ新潟県。一番北の市は村上市ですが、そこから山形県境まではまだ数十キロあります。北東から南西に、新発田市、そして県庁所在地の新潟市、加茂市、燕市、三条市、長岡市。ここで東京へ向かう道とは分かれて、柏崎市があって、けっこう離れて上越市。ここで長野へ行く道を分けて、けっこう離れて糸魚川市が最後の市ですが、そこから富山県境までも40キロ近くあります。ですので、新潟市に住んでいても普通の人はめったに上越市とかは行きません。 先週の、偶然できた休み、一番安い高速バスで上越市へ行ってみました。

 1枚目は直江津駅前。古い旅館であったいかや旅館、新しく立て直してホテルセンチュリーイカヤになったのだったかな。糸魚川市に「えびや」旅館があることは前にもここで紹介しました。


038

 いかやの前で振り返っての直江津駅。ハイカラな橋上駅になっています。豪雪で知られる上越地方ですが、ここは海辺。たとえば長岡とか柏崎でも海岸部はほとんど雪がないのに、山間部、旧小国とか旧高柳では2m以上の積雪なんてことになります。基本的に海辺は雪があまり降りません。


020

 駅正面の通りを歩き始めます。この先、標識のところを左へ行くとイトーヨーカドーとか、軍ちゃんという人気海鮮居酒屋がありますが、今日は古い繁華街のほうへまっすぐ進みます。


021

 左側にあった八坂神社というお宮。参道の周囲、境内だったと思われる場所が飲み屋街になっています。昼間でしたので閑散としていましたが夜はそれなりに賑わうのかも。


022

 地方都市の常で、ど真ん中だったと思う場所に大きな駐車場を持つコンビニができていました。元はけっこう大きな店だったくらいの敷地です。


023

 その先、もしかして三業地?そんな名残のようにも思える門の残骸があります。大昔このあたりの料亭のお嬢さんが患者さんだったことがありますが、いくつかそんな店もあるのかもしれません。上越市中央という町です。


025

 前の写真の門のあたりで振り返った写真。「オッパ」という韓国居酒屋がありました。こんな、というと失礼をお詫びしないといけませんが、地方のそんなに大きくない都市にも韓国の店がある。やっぱり、日本人も韓国人、韓国料理が好きなんじゃないの?って思ってしまう私です。まだ時間が早く、やっていませんでした。いつかどんな店なのか、行ってみたいです。たぶん、ビザに問題の無い日本人の旦那さんと結婚したアジュマがやってるのでしょうが、韓国の人と話せるだけで幸福な私ですので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4151 ちょっと飲んでの夕食の後の楽しみ

081

 一人で行って何が楽しいの?と思う方もおられるかもしれませんが、楽しいんですよねぇ。夕食で、ちょっとだけ飲んで、ソウルの町をぶらぶら。明洞なんかは行きませんが、普通のソウルを歩く、嬉しい時間です。どこだかわからない街の写真と言えば当たってはいますが、けっこう今のデジカメ、夜景もうまく撮れます。今回は写真中心にお楽しみください。

 1枚目、乙支路4街あたりです。緑茶ホットクの屋台かな?ソウルの街、何でもあります。


092

 マルンネキルを歩いてきて白病院のあたり。行列のできる冷麺の店がありました。日本ではたぶん知られていないと思いますが、ちょっと歩けば明洞、そのうち観光サイトに紹介されてしまうのかなぁ。


093

 同じあたりでタクシー。ヘテじゃなくてヘチ?愛称なんでしょうか?ギラリと光ったボディが素敵です。


094

 明洞には入らず、北へ。乙支路2街のホプ、コルベンイ、チキン通りです。


095

 進行方向? と思ったら道を渡って来た方向の1枚。まっすぐ行けば退渓路、極東ビルのほうです。


096

 また乙支路に出たあたりかな?この辺も昔に比べるとどんどん新しい高層ビルができています。また、今も建設中だったりします。


100

 

 観光バス。何で撮ったのかな?最近は中国の観光客が激増。専用の観光バスをあちこちで見かけるようになりました。写真を見たら「ハイスト学院」とあります。予備校でしょうか?

101

 鍾路かな? 東京とか大阪も一緒じゃん、と思うかもしれませんが、私にとって、ソウル、やはり違う空気を感じます。新しい立派なビル街でも、どこか違うんですよねぇ。少し飲んでソウルを歩く。真冬でもそうしてる私です。エスコートアガシに財布を預けてソウルを歩く、そんな時代はとうの昔でしょう。

 これも乙支路でした。壁面デコボコのSKビルが目印です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4150 嫌いな国ナンバー1

6811

 残念ながら、「韓国人の嫌いな国」、「日本人の嫌いな国」とかの調査でお互いかなり上位になった、なんて結果があると思いますが、なんだかんだ言っても、民間では「好き」なんじゃないかと思うんですよね。写真は麻浦屋のはす向かい、ホプの看板ですが、アサヒにキリン。さらには昔から、日本ではとっくに作られなくなった札幌のカーブした缶のビールがあったり。韓国国産に比べかなり高いのに、どこのコンビニでも日本のビールは売っています。

 日本でも、味は変えているとはいえ、韓国ブランドの焼酎が必ずありますし、昔の個々の記事、「スミノフは韓国製」の検索で逆引きすると「まずい」なんて悪口も書かれていますが、多分、、「気のせい」です。


715

 やはり麻浦から南営洞へ向かう普通の町にあった居酒屋の店頭ですが、最近では日本酒も人気だとか。かなり高いらしいですが、昔の韓国語友達、日本酒の韓国での販売を頑張っていたりという話も聞いています。

 好きだけど、素直に好きと言えない、お互いそんな部分、あると思いませんか?好きになろうと思って好きになったのではないのだから、嫌いになろうったって、嫌いにはなれません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年2月10日 - 2013年2月16日 | トップページ | 2013年2月24日 - 2013年3月2日 »