« 普通の韓国を探して4607 西水原市外バスターミナル | トップページ | 普通の韓国を探して4609 特1級ホテルでも、夜は長寿 »

2014年1月24日 (金)

普通の韓国を探して4608 明洞屋台のご出勤

023

 明洞の東側、三一路です。時間はちょうど4時くらい。東の、忠武路のほうから信号の合間にぞろぞろこんな屋台が明洞に移動して行きます。あまり明洞は行かないのですが、始めてみる風景。良かったなぁと思いました。 送迎車の運転技士さんと他のアジュマグループのチェックイン待ちの時間でしたが、飽きずに過ごすことができました。


027

 なかなかすごい風景でしょう。少し後でガイドさんに話を聴いたのですが、昼間は通行の邪魔だから、露天商は禁止されているが、夜の営業時間に合わせて16時から店開きの準備に入るとのこと。なるほど、夜はこういう屋台が明洞にたくさん出現するのでしょう。いずれも、新型の重そうな屋台ですが、バッテリーとモーター駆動装置が付いているようでアジョシ一人で軽々と動きます。

 また、夜、店じまいの後はどこかへ片づけるのでしょうが、いったいどこにこの明洞屋台の基地があるのでしょう?どなたかご存知の方、おられますか?何百日も過ごしてるソウルですが、知らないこと、知らない風景、まだまだありますね。

 余談をプラス。最近中国人観光客の激増で、ソウル市内中心部の宿泊施設がまだ足らず、オフィスビルやオピステルなんかを急造改装して、ホテルにするのが増えています。窓のない部屋があったり、非常階段が少なかったり、私個人的には心配で、避けているのですが、1枚目の写真の大通りの向こう側の建設中の建物もホテルになるのだそうです。これはまだ、初めから作っているのでいい方でしょう。送迎車ドライバーアジョシからの情報でした。

|

« 普通の韓国を探して4607 西水原市外バスターミナル | トップページ | 普通の韓国を探して4609 特1級ホテルでも、夜は長寿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/58999343

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4608 明洞屋台のご出勤:

« 普通の韓国を探して4607 西水原市外バスターミナル | トップページ | 普通の韓国を探して4609 特1級ホテルでも、夜は長寿 »