« とうちゃんの自転車日記783 夢はかなえられる? | トップページ | 普通の韓国を探して4614 え?往十里?と思いました »

2014年1月26日 (日)

普通の韓国を探して4613 露宿者レスキューの広告

051

 「道で寝ていると永遠に寝ることができます」、とありますが、後半は「死んでしまいますよ」という警告でしょうか?地下鉄7号線の中の広告です。女性の露宿者、子供連れの露宿者、「露宿者」というのは浮浪者、ホームレスという意味ですが、どれくらいいるのでしょう?「ソウル市へ申告されれば即時出動します」ともあり、右に電話番号が記されています。でも、浮浪者の人が地下鉄に乗ることはあまり無いだろうし、見かけた人が連絡してもいいのでしょうか?

 日本より寒い韓国、基督教、仏教などの団体の人が給食活動、無料診療などをやっていますが、まだまだ解決に至りません。何とかうまく行かないかなぁと思っています。物乞い、乞食にお金をあげるのは安易な行為で解決にならないとは言いますが、韓国ではけっこう施し、寄付をすることが多い私です。ソウル市の活動、それから、余裕ある方の協力を望んで止みません。

|

« とうちゃんの自転車日記783 夢はかなえられる? | トップページ | 普通の韓国を探して4614 え?往十里?と思いました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/59011095

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4613 露宿者レスキューの広告:

« とうちゃんの自転車日記783 夢はかなえられる? | トップページ | 普通の韓国を探して4614 え?往十里?と思いました »