« 2014年2月2日 休みの日曜です | トップページ | 普通の韓国を探して4625 またまたナイトの広告ポスター »

2014年2月 3日 (月)

普通の韓国を探して4624 双門駅から倉洞駅へ2

294

 アパート群とその中に立つ煙突。たぶん集中暖房のためのものです。アパートが好まれる理由の一つが冬の暖房が簡単で楽なことと聞いています。隣の騒音とか、どうなのかな?とも思いますが、韓国の人、アパートが好きなようです。


295

 道路の向かい側もアパート群。このあたりはソウルの北東部にあたり、割合新しい時期にできた街です。1号線の向こう側、ノウォン区の上渓、中渓、下渓洞のほうもほぼアパート群。でも、江南に比べれば間取りも小さい庶民向けのものも多いと聞いています。前にここで紹介した「ソウル航空写真地図」では、各アパートの棟ごとの部屋の広さまで出ていました。

 新しい街の特徴として、公園緑地がわりあい整備されていることもあげられます。八角の東屋は韓国どこでも見られるものです。陽気のいい日にはアジュマやハルモニが集まっておしゃべりする場所。でも、こんなソウルではどうなんでしょう?


296

 一方通行の道、ちょっと後でその理由がわかりました。右手の部分、4号線が地上に出る場所なのでした。


297

 正面から見るとこんなです。左の道は倉洞駅からこちらへ来る車。右が倉洞駅方向へ行く車の道です。


298

 こちらは通常の大通り。左が線路沿いの一方通行路。


299

 だんだん鉄道が高くなってきます。1枚目と同じアパートですが、外付けのエアコン室外機がたくさん見えています。ソウルの中心部でもそうですが、古いビル、古いアパートの特徴として外壁にたくさんくっついたエアコン室外機があるのでした。

|

« 2014年2月2日 休みの日曜です | トップページ | 普通の韓国を探して4625 またまたナイトの広告ポスター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/59062652

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4624 双門駅から倉洞駅へ2:

« 2014年2月2日 休みの日曜です | トップページ | 普通の韓国を探して4625 またまたナイトの広告ポスター »