« 普通の韓国を探して4649 한국에 있으면 그냥 행복. | トップページ | 普通の韓国を探して4651 西大門駅のあたり »

2014年2月27日 (木)

普通の韓国を探して4650 鉄道ファンの目

447

 科学者のはしくれ、だと今でも思っています。よく観察して、持っている知識を動員して判断する、そんな気持ちを仕事でも、遊びでも、常に持っていたいと考えています。唯一、ギャンブルではその能力があまり発揮できていませんけど。

 最近知ったのが社会学という分野。ちょっとした縁で知り合った釜山大学校の教授ニムのテーマは釜山の山腹道路。研究対象は何でもいいとのこと。これこそ私に向いていた、と感じています。

 で、1枚目の写真、京釜線の倭館駅での1枚です。韓国戦争の激戦地で洛東江を挟んでの大攻防戦。昔は右岸にあったという倭館は米軍の爆撃で跡形もなくなり、現在は左岸に倭館の町があります。ずいぶん前にここでも紹介した多富洞とともに戦績紀念館がここにもあります。穴を掘ったら銃弾とか出てこないかな?なんても思う歴史の町ですが、その駅にあった貨車。3軸のボギー車でした。

 もともとボギー車が主流の韓国の貨車ですが、2軸が普通。片側の台車に3本の車輪があるのは普通じゃないな?と気付いたのです。荷重は70トンと表示してあります。

448

 

 反対側の線に停車中の貨物列車を見るとやはり2軸。積載可能重量も50トンで、1枚目とは違います。

 普通と違うものを見たときに「何でだろう?」と考えるのが科学者の大事なこと。歯科医師でもそうです。一人一人違う人間の身体、同じように力をかけていても歯の動きが違う、そんな時には「何でだろう?」と考えて、考察、工夫、実践。そんな風にして技術も向上します。

446

  3軸の貨車の全景です。ちょっと字が小さいけれど、真ん中辺に「25th Transportation Batallion 」とあります。帰国後英和辞典を見たらバタリオンは「大隊」。英語で検索すると、この倭館には第25輸送大隊という米軍の部隊が配置されているようです。バスに乗ってても汽車に乗っててもどこなのかは気づきませんでしたが、やはり今でもこのあたり、韓半島の大事な軍事上の要衝なのでしょう。

 これ、たぶん戦車などを運ぶ車両なのでしょう。一件落着です。

|

« 普通の韓国を探して4649 한국에 있으면 그냥 행복. | トップページ | 普通の韓国を探して4651 西大門駅のあたり »

コメント

 うーん!きめ細かい観察ってこういうことなんですね。70トンとは普通の荷重ではないですよね。
そこから想像が膨らんで、一つの推量に到達するってことですね。戦車!納得。思考の経緯も興味深かったです。

投稿: かがり | 2014年3月 1日 (土) 10時04分

いやまぁ、鉄道ファンの目、ということでしょう。3軸の台車、日本ではまず見かけないものですので、ほぅ!と思ったのです。

昔の戦車はみな50トン以上あったと思いますが、最近のは技術も進んでもっと軽くなったのではないかな?それでも2台積載するのは難しいかもしれません。

投稿: おとう | 2014年3月 1日 (土) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/59205787

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4650 鉄道ファンの目:

« 普通の韓国を探して4649 한국에 있으면 그냥 행복. | トップページ | 普通の韓国を探して4651 西大門駅のあたり »