« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月31日 (土)

普通の韓国を探して4799 慶南昌原市馬山の夜

150

 夕飯を探して馬山の夜を歩きました。まずは前にも行ったことのあるアグチムコルモクへ行ってみます。


151

 この辺がそう。10軒以上20軒以下という感じでアグチム専門店が集まった一角です。乾燥アンコウのアグチムが馬山式ですが、生アンコウのも頼めば可能。さてどこで何を食おうか?お腹を空かせて歩きます。


152

 アグチム通りのつづき。


153

 このあたりが馬山の昔からの繁華街なのでしょう。アグチムコルモクは狭い範囲ですが飲食店はやたらたくさんあります。よくやっていけるなと思う韓国の飲食店です。


154

 モテル併設の歌謡酒店。個室で飲んで騒いで、お金に余裕があって好みの女性いたらモテルの部屋で二次なのかなぁ。男性天国の韓国、そういうのがたくさんあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4798 ソウルのはたらくクルマ2

950

 やはりソウルの忠武路駅近く、ホテルPJのあたりでの写真です。1枚目、大のお気に入りの写真。何か、ソウルの旧市街らしさ溢れる写真だと思いませんか?


967

 荷台を改造、ハンドルを強化した実用車。最近欲しいものもあまり無くなってきた私ですが三千里自転車のジャンボ号は欲しいです。


969

 これは忠武路駅近くでの1枚。印刷所が多いこのあたり、荷台を改造して重たい印刷物を運べるオートバイもたくさん。車が入れない路地が多いせいもありますが、働くクルマの宝庫でもあります。2月の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

2014年5月28日 今日は休みです

260


 おはようございます

 今日は嬉しい休みです。お昼過ぎに戻る予定で出てきました。決めているのはスーパー銭湯か日帰り温泉へ行くこと。車ですので少しだけ遠出するかもしれません。上手にリフレッシュしたいと考えています。

 写真は先日の岡山出張の際の新幹線。新大阪駅もきれいになったし、ホームの数も増えたのですね。合計8本もあり、たくさんの人が東京方面、福岡方面、乗り降りしているのが新鮮に見えました。

 また新大阪岡山間もトンネルは多いですが久しぶりの風景。ずっと車窓風景を楽しむことができました。それと、線路と電車がいいのか、とても速いのに静かで揺れもほとんどありません。リニアモーター車になっても特にありがたいと思わないのではないかなぁ。「飛ばない飛行機」、何だかそんな気分でした。

 韓国贔屓の私ですが、新幹線とKTX、断然新幹線が勝ちです。東海道山陽新幹線、世界一の鉄道と言ってもいいんじゃないかな。また乗りたいと思います。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

とうちゃんの自転車日記829 笠岡ラーメン「坂本」へ行ってみた

092

 何か商業的な、インチキ臭もする飲食店紹介サイトとか、あまり信じないほうなのですが全く知らない土地へ出かけるときはちょっと参考にさせてもらいます。笠岡の名物ってのの一つが笠岡ラーメン。短い滞在ですので、まずは伝統店へと決め、駅前から海沿いの国道に行く跨線橋入り口の「坂本」という店へ行ってみました。

093

 メニューはラーメンとラーメン大盛りのみ。おじさんが1人でやっている店です。ネット情報はいくらでもあるのでここでは私の感想だけを言うと、最初は「何か足りないなぁ」と感じつつも、食べ終わる頃にはだんだん美味しくなり、こういうラーメンもアリかもなぁと思えた1杯です。

 スープは鶏だけのダシ、それもじっくり煮込んだという感じはなく、そばつゆのような甘さがあります。上に載る肉も鶏の煮たやつ。廃鶏を長時間煮たものかとも思いましたが強い鶏味はしません。ごくシンプルで素朴な、カッコつけていうと「和のテイスト」が感じられるラーメンでした。写真、美味しそうでしょう?

207

 食べてから店の写真を撮影。右の白っぽい建物が「坂本」です。おじさん、ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記828 岡山もうどん県?

212

 岡山市の中心部、郵便局前という電車の停留場から表町モールへの道だったかな?こんな自動販売機がありました。だしつゆというか、麺つゆみたいなのの自販機です。色が薄い方は450円、濃い方はあごだしで650円。濃縮タイプのようです。

221

 しかしこれ、1台ではありません。ちょっと歩いたらまたありました。買う人いるのかな?話のタネに1本買おうかな?なんても思いましたがデイパック1つでの出張。結局買いませんでしたが、岡山のつゆ、買ってくれば良かったと後悔しています。

 対岸の香川だけでなく、徳島も、この岡山もうどん圏、さてどんな味のつゆだったのでしょう?結局岡山で食べたのは朝食の笠岡ラーメン、お昼のえびめし、夕食は居酒屋&韓国居酒屋。うどんは食べませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4797 夕飯探して馬山魚市場、アグチム通り

145

 オシジャン(魚市場)というバス停の周辺、その名の通り魚市場もあれば、大宇百貨店、リベラホテルナイト、いくつものモテルがある繁華街です。やっとこ宿が決まり、大きなカバンを部屋に置いて夕飯に出かけました。魚市場の周辺は刺身屋もたくさん。ネオンの色が全体に青っぽい=海産物、って意図なのかなぁ?

146

 2月の写真です。どうも冷たい刺身はなぁと思って勝手知ったる馬山市内、アクチム通りの方へ歩きます。

147

 片づけ始めてる店も多い魚市場を抜けて大通りの方へ。

148

 オドン洞というのがアグチム通りのある町。大通りの向こう側の繁華街の一部です。

1491

 韓国7大都市のひとつとは言いますが、馬山、やや衰退傾向にあるみたい。広い市域全体に人が少ない感じを受けます。有名な自由貿易地域というのもありますが、70年代80年代の話。日本も韓国も生産は外国で、というふうになってしまったんですよね。

 さて、どこで食べようかなぁ、、、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

とうちゃんの自転車日記827 巻からの角田山

012

 最初は巻駅からまっすぐ巻のメインストリート、昔からの旧道に出るつもりでしたが、途中の通りでは五日市の準備中。幸運を感謝して市場通りを歩きました。これは旧道へ出る手前。左から右へと旧街道が走っています。向こうの山は角田山。巻の町の山でもあり、新潟平野を代表する山でもあります。

013

 1枚目の交差点を右へ。左に角田山を望む道を歩きます。田んぼの稲も少し大きくなってきました。用水路は豊富な水量。今頃の新潟平野はほぼ水面と言えます。飛行機から見るとわかります。

015

 巻の町を抜けるあたり。広くも無いけど狭くも無い旧道です。

016

 農道の先が角田山。少しずつ見え方が変化します。

018

 もう少し進んで振り返ると弥彦山(弥彦山+多宝山の双耳峰)が見えてきます。新潟平野のどこからも見える名峰2つです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記826 笠岡市の古い町で

063

 岡山県笠岡市の写真です。初めてきた場所。一番の感想は平地が少ないなぁということ。駅前の一角は区画整理されて道幅も広いですが、その周辺、江戸時代、明治時代からそのままであろう、狭い道が走る町があります。

 写真左手の路地もたぶんそんな道でしょう。

064

 1枚目でもちょっと見えていますが、よく軽トラがやってきました。軽でもこんな感じ。車が通ることは全く考慮していない道だったのでしょう。しかしここ、T字路じゃなくて十字路なんですね。ちょっと面白い。

067

 車が去った後の路地。こんな道、入って行かざるを得ません。予想通り、いい感じの古い町が残っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して4796 ソウルの働くクルマ

760

 すべて忠武路駅近くのホテルPJ周辺での写真です。

 いい写真に駄文は必要ありません。荷台を改造した自転車、バイク。酒を運ぶトラック。眞露のトラック以外は江南ではあまり見かけられない風景ですね。

802

928

942

945

946

  ホテルPJ、少し前に内装を全面改装して1級から特2級に昇格したきれいなホテルです。

 ネット予約で11000円台。前によく利用していた仁寺洞のホテルソンビは9000円台。世林ホテルやアミガインは5000円くらい。でも、設備やサービス、部屋の広さもだいぶ違います。寝るだけと割り切るか?快適さをとるか?場所をどうするか?1泊25000円だのはいりませんが、PJの1万円。納得できるサービスだなと最近考え始めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

2014年5月25日 電車乗ってウォーキング

091

  こんにちは

 今日は休みの日曜日、早めに帰るからと言って犬の散歩の後、出発。新潟駅へ行きました。この時点でまだ行先は決まっていませんでしたが、電車の線路に沿って歩くことにしました。ちょうどいい時間の越後線吉田行きがあったので、それに乗って巻駅。吉田方面へ行くか、新潟方面へ戻るか? 結局あまり時間も無いので新潟方向へ歩きました。

 巻の町から旧街道へ出て、越後曽根、そしてちょっと曽根を歩いて次の駅、越後赤塚まで足を延ばしました。途中、車や自転車ですぐ近くまで行ったけど寄れなかった越後善光寺に参拝。最後は土手の上の道を赤塚まで。しばらく待って越後線で11時頃新潟駅。駅前でお昼を食べて1時前に帰宅しました。

 写真はその時のもの。善光寺参りの後、越後赤塚駅へ向かう 土手の道からの風景です。踏切の音が鳴り始めたので何が来るかな?と思ったらロングシートのE127系。でも、けっこう長い編成が角田山を背景に新潟へ向かって走って行きました。この次の電車で帰ってきたことになりますが、嬉しい湘南カラーの115系。休日ですので新潟へ遊びに出る若者でけっこう混んでいました。

 今はちょっとした用事でまた自転車で出てきた所。その用事も済んだのでこれから帰ります。15時4分時点での万歩計の数値は24660歩。夕方のビールが美味しくなることでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

とうちゃんの自転車日記825 岡山県のえびめし

184

 高校時代、バスで渋谷へ出てそこからは銀座線で外苑前にある高校へ通っていました。一浪しましたので、予備校時代も何となく居場所は渋谷でした。ご存知の方も多いと思うのですが、カレーの店「いんでいら」というのがありまして、その店で出す「えびめし」というのが結構好き。何度も食べていました。

 以後、新潟へ来て数十年。なんかの時にあのえびめし、まだ食えるのかなぁ?と思ってネットで調べたことがあります。もともと地上にあったいんでいらは地下に移動、さらに数年前に閉店、そんな情報がみつかりましたが、岡山県で少しだけこのえびめしを出している店があることを知りました。

 今回の岡山行き、是非ともあのえびめしをもう一度、と思ってネットで調べ、笠岡市ウォーキングの途中で行ってみたのです。1枚目、その笠岡市の市民病院前のお店です。

182

 早めの時間だったからか先客は1人。なんか焼肉も出す、奥行きのある店。カウンターに座ってえびめしを注文しました。ほどなく出てきたのがこの写真。真っ黒いエビチャーハンという感じで、キャベツのオイル漬けが付け合せされています。

 さて、あのいんでいらのえびめし、こんなにまっ黒くなかったよなぁと思いつつ食べ始めたら、やっぱり違います。海老と玉ねぎ入りのソース味炒飯です、これ。 いい言い方をするとこんなに油っこくなく、悪く言えばボソボソのピラフ風。海老も端切れっぽくはあれ、もっと大きなもので、色もこんなに黒くない、不思議な食べ物だったと思います。

 ウィキペディアでも、岡山で生き残っていることが出ていて、でも、ソース味の炒めご飯とかいう感じで出ていますが、渋谷いんでいらで70年代に食べていたえびめしは決してソース味ではなかったと思います。ご存知の方、いらっしゃいますでしょうか?昔の渋谷のえびめしを。

 同じく私の19歳の味は銀座線が地下に完全にもぐる直前のあたりにあった博多ラーメンの店「きんしゃい」。これも、当時は東京では珍しかった九州ラーメン。その後日本全国を食べ歩くようになって、あれはちょっと博多ラーメンとは違うよなぁ、と知りましたが、でも、当時は珍しく美味しいラーメンでした。これも、知ってる方おられますか?

 「いんでいら」のえびめし、「きんしゃい」のラーメン、思い出が美化されたのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記824 岡山の印象 鷺がたくさん

128

 笠岡市内を歩いた時の写真です。昨日アップした街の地図にもあったお城があった山の公園の海側部分ですが、森の木々に白いものがたくさん見えました。

129

 望遠にして撮影すると、これ、みな白鷺でした。

 新幹線で岡山に着いて、在来線で笠岡へ。途中、倉敷のあたり、田園地帯にも、駅のそばの町にも幅3mくらいの堀が目立ちました。瀬戸内は日本でも雨が少ない地方。香川県の昔からのため池もそうですが、この岡山でも昔からうまく水を利用するための工夫がなされてきたのでしょう。また昔の水運に利用されたのもあるでしょう。

 とにかく堀が多く、そしてそこにはしばしば灰色とか白い色の鷺がいるのです。まだ魚がいる証拠。水がきれいで、流れている証拠です。うまくできた歴史ある田園地帯という感じでした。

232

 さて、これは岡山市内。繁華街を南北に流れる川に沿う緑道公園のあずまやですが、最初はこれ、デコイというか模型だと思いました。動きませんがこれ、大きな鷺です。新潟県で多いのはカラスと、冬の白鳥くらい。あとは信濃川でカワウが勝手に繁殖して鮎を食べてしまうとか聞いていますが、近くにいる鳥というと烏です。岡山、ちょっといいなぁ、暮らし易そうだなぁと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4795 地下鉄のキアバイ

017

 本で読んでの知識ですが、韓国の地下鉄内でのもぐりの商売を「キアバイ」というそうです。昔からありますが、売ってる品物はころころ変わり流行もあるみたい。季節商品も多かったりします。

 何を売るかは皆やってる人が決めるとか。元締めのところで品物を仕入れて市内の地下鉄に散って行くのでしょう。あまり混んでいる時間でも動けないので商売にならず、あまりにすいている時間でもお客がいないとだめ。ちょうどこれくらいの状態がいいのでしょうね。

 箱には「人参ペス(サロンパスとかのパス)」、「マスク」、「ホリ何とか(ホリ=腰、腰痛防止のコルセットみたいなの)」とあります。人参パスは薄い紙のもので、たくさん入ってて匂いはしますが私が使った感じでは効きませんでした。在来市場の八百屋(蔬菜カゲ)なんかでも置いていたりする韓国ではよく見かけるものです。

034

 こちらは何を売っているのかな?LED照明付き100徳工具 みたいなのを買ったり、カッターの10点セットなんかを買ったりしていますが、人気商品だとけっこう儲かるのかなとも思います。

 しかしこんな商売も昨年地下鉄警備隊みたいなアジョシが回るようになってやりにくくなったと思います。まぁ、生活をかけての仕事、大目に見てもらえることもあるのかもしれません。「バァジュセヨ(見てください→見るだけにしてください→見逃してください」という韓国語もありますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記823 初めて食べたけど、、、

285

 雑誌などではよく見かけていたけどこちらでは出す店がほとんど無いため、食べたことがなかったビーフカツ、大阪駅のそばで食べてみました。

 最初は伊勢丹の上の食堂街で、と考えてエスカレータを乗り継いで上がりましたが、12時前なのにどこの店も入り口外の椅子でおばちゃんたちが並んでいます。神座のラーメンでもいいやと思ったらこちらは外国人観光客ですごい列。もしかしたら日本のガイドブック有名店なのかもしれません。

 結局また下へ降りて阪急の駅の方へ、とある洋食屋さんをみつけカウンターに座りました。注文は念願だったビーフカツランチ。それと、出張終わりのご褒美の生中。 カウンター席に後から来たおじさん、それぞれやはりビーフカツです。関西では一般的な人気のあるメニューなのでしょう。

 最初にスープが出てきて、それはとても美味しかった。上手っていうか、基本が完成してる感じでした。さて出てきたのがライスと写真のカツ。初めから茶色いソースがかかっています。ナイフで全部切ってからいただきます。

 肝心の味ですが、ソース甘過ぎ。肉も薄く、これはまぁ忙しいときに短時間で揚がるようにでしょうがないのでしょうが、どうも期待していた牛肉感がありません。まぁ1350円のランチで美味しい肉に期待してはいけないのかもしれませんが、それならばとんかつのがいいなぁというのが率直な感想でした。

 結局卓上にあった普通のウスターソースを足してまぁまぁ美味しく食べましたが、長年食べたい食べたい食べてみたいと期待していた希望はちょっとふくらみかけてしぼんでしまった感じです。 もっと高い店で高いビーフカツを食べればよかったのかなぁとも思いますが、やっぱりトンカツでいいかもな、、、というところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

2014年5月23日 宗教もいいもんかも?

052

 本日は給料日。ちょっとそんな関連の用事で外を歩いてきました。診療は午後から夜まで。連休明けでちょっと忙しい夜間診療の金曜日になります。 

 いつも朝ごはんは6時くらい。9時を過ぎるとお腹がすいてしまいますので用事の帰りにマクドナルドでサンドウィッチを2つ買いました。一つはすぐ食べてお昼までのつなぎに。一つは診療の合間に夕方食べます。

 そのマクドナルドの店頭でのことでしたが、私の前で注文していた背の高い外国人2名。きちんと背広を着てデイパックを背負っていますが、モルモン教の若者だろうと予想しました。さて、何を注文してるのだろう?と彼らのものが出てきたときに観察。やはりコーヒーではなく、スプライトとアップルパイで、サンドウィッチもあれはフィレオフィッシュかな?3つも出てきていました。

 「ふぅん、やはりコーヒーと肉はだめなんだなぁ、、、食べたくならないのかなぁ?」と思っていたら一人がにこやかに「ハウアーユー?」と挨拶。昨年1年学んだ英会話を活かすチャンス、と思いましたが「ファイン」しか出てきません。以後、日本語でちょっと話しましたが、

 モルモン教の若者たち、皆礼儀正しく、すばらしい日本語を話します。 私はテイクアウトなのでそのまま別れましたが、最後に名前を言ってくれて握手。これは私も英語で名前を返しました。

 真面目に宗教をやっている人たち、やはり私は尊敬します。イスラム教は知りませんが、また、周囲にやたらと勧めるのは好きではないですが、ああいう人たちみたいに生きたいなとは思います。

 話は変わりますが、昨日のお昼前に神戸駅周辺を歩いていたら金光教の教会と看板をあげたお宅の前の掲示板に、

 「食べることは植物や動物の命をもらうことだから、我々人間は 食べさせてもらった動物や植物の命の分もしっかり生きないといけない。」

 そんな事が書いてありました。

 確かに、食べないと死んでしまいますが、食べることは植物や動物の命を奪うことでもあります。 私もちゃんと生きようと思いましたよ。

 

 さて、食べ終えました。今月も普通に働けて、暮らせて、給料もちゃんと出すことができたことに、「感謝、無欲、行動」を念じつつ合掌です。

 写真は本文とは関係ない新潟市古町、閉店したままの大和デパートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記822 初めての場所へ行ってみた

038

 笠岡ってご存知の方、どれくらいおられるでしょうか?岡山県の西の端、広島県の福山の手前、瀬戸内海に面した都市です。小学生の頃鉄道ファンだった私はナローゲージの井笠鉄道の関係で知っていた街です。

 私の部屋にある大事な古い地図、1970年代のものですが、それでもすでに井笠鉄道は消えていました。細く入り込んだ湾の奥の町、でも、最近の地図ではそこがほとんど埋め立てられて川のようになっています。夜行列車で通過はしていますが、自分の眼では見ていない笠岡、ちょっと歩いてみました。写真は駅前です。

040

 広島県福山市方向、西側の風景。すぐ山が迫っています。

039

 東側、商店街のアーチ形の門があります。

041

 駅前にあった地図。今は水路の下、左下の部分が新しい埋め立て地です。東のほうの平地、そこも埋め立てかもしれませんが、そっちに商圏が広がっている感じ。岡山の先輩の先生を訪問した午前に3時間ほど歩いてみました。

042

 まずはこんな商店街から見てみようかな?

 追加です。昨日の記事は字が読めるかと思いますが、湊川神社でした。三宮は知っていましたが神戸駅は初めてでしたので、ちょっと途中下車してみたのです。新幹線は快適でしたが、山陽本線の須磨とかのあたり、淡路島への橋が見えたり海が見えたり、楽しい電車での移動になりました。新快速、速いですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して4794 料亭からの帰り道

074

 生まれて初めての韓国料亭で遊んだ後は2次は無しで、地下鉄でホテルへ帰りました。

 このワゴン車、いつもここに停まっているのかな?「全国撤去民連合」とあります。撤去民というのは強制収用などで家を失った人たち?江南の歓楽街になぜ?と思います。

075

 テヘラン路の1本裏の通り、三星電子本社へ続く道です。ルームサロン、飲食店、カペ、まだまだソウルの夜としては早い時間なのでしょう。

076

 平日のせいか、あんまり人は出ていない感じです。

077

 明日の朝までこんななのでしょう。これでいいのかなぁ?

080

 昔に比べると規制が厳しくなったのか、こういうチラシ、名刺サイズの広告とかはかなり減った感じがあります。翌朝、こんな街も大掃除が行われますがまた夜になると散らかってしまうのでしょうね。それがソウルの繁華街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

2014年5月22日 新潟へ帰ってきました

2741

  肌寒い新潟市です。先ほど戻りました。20日の夜行高速バスで大阪へ向かって出発。ほとんど眠れなくて、でも、21日は元気に活動。でも、今日は疲れが溜まり気味で参りました。やはり夜行の高速バスは私には向いていないんだと思います。

 嬉しいことが一つ。21日に先輩の先生といろいろ話したら私が昔から興味があって行きたかった場所へ早起きすれば車を出して連れて行ってくれるというありがたいお話。でも、なんと約束の時間ちょうどに起きた私。電話をかけようと携帯を開いたらちょうど向こうからの電話がかかってきました。何もせずに服を着て荷物をまとめてチェックアウト。遅れたことを謝って出発。車が無いと行けない山の中なので本当にラッキーでした。また、おっかない先輩じゃなかったので良かったです。

 明日からまた仕事を頑張ろう、そう思えるいい気分転換になりました。写真は帰りに今まで利用したことのない駅にちょっと途中下車して の散策の写真。ここ、どこでしょう?ヒントは坂が多い街、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

2014年5月20日 新潟国際情報大学公開講座 韓国語5

679

 こんばんは

  前に書いたようにスタッフの希望で今日は休み。最初は3連休を利用して行ったことのない徳島、高知と回るつもりでしたが、20日今日が韓国語教室の第1回目の授業。最初の講義は出ないとなぁと思い、切符を変更。一日日程を短くしたので欲張らず、岡山の先輩の診療所を見学することにしました。

 家内がちょっと出かけたりで夕方まで留守番。5時のバスで古町。軽く食べて韓国語教室でした。私が申し込んだときは3人ということでしたが、その後けっこう受講者が増えて9人プラス見学1名の10人での授業でした。

 先生はずいぶん前から知っている方。もう10年以上の知り合いです。10人のうち男は私だけ。あとはみな女性でしたが、先生の授業が好きで集まってるとのこと。先生も知り合った場所や時期の違いこそあれ、受講者全員をご存知とのことでした。

 レベルは様々ですが、10人全員、みな結構自分の言葉で話せる方たちです。新潟の韓国語教室のレベルもけっこう上がったなぁと嬉しい気持ちになりました。

 講義は基本的に全部韓国語。私でも先生の言葉が聞き取れないこともありましたが、流石は女性(外国語習得は女性のが強いと言います。当たっています。)、皆けっこうついてきます。今日はイントロダクションという感じでしたが次回から本格的授業。楽しみです。やはり韓国が好きで、お金を払ってでも勉強したいという友達との時間は嬉しいもの。いい講座をとったなぁと感じています。

 

 授業を終えて今日はタクシーを奮発して帰宅。家で風呂に入り、車で医院へ出てきました。もう少ししたら新潟駅万代口へ向かい、夜行の高速バス、韓国語だと深夜優等高速バスに乗り、西へ向かいます。明日の朝大阪、新幹線で岡山の予定。100円ショップで空気を入れて膨らませる枕も買ったし。うん、楽しい出張にしましょう。またここでも報告しますね。

 繰り返しになりますが、韓国が好きで韓国語を学ぼうという意欲たっぷりの仲間との時間。その一体感はまさに、快感です。それじゃ、行ってきます。写真は梨泰院です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4753 テグ西部市外バス停留場

309

 テグの西部市外バスターミナル、地下鉄聖堂池駅からすぐの場所です。何度か書いていますが慶北(慶尚北道のことです)ではターミナルという名前よりも「停留場」という漢字語が多く使われています。

310

 ここの珍しいのはこんなふうに半島式に張り出した乗車場があること。バスが顔を突き合わせる形で入ってくる風景、なかなか他では見られません。右手前、全北方面の行先が書いてありますが、ここ、かなりいろんな会社のバスが見られます。

312

 運転技士さんは休憩中。出番を待つバスたち。

313

 ハレの場所である駅とかターミナル、楽しい気分になるのは私だけではないでしょう。

314

 行ったことがない星州へのバス票。手薄な韓半島南東海岸部を除くと、あとは英陽と高興が行ったことない町です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事821 ハヌソのミッパンチャン

399

 4号線倉洞駅近くの本店の他、ソウル市内にいくつかの支店を持つ焼肉店「ハヌソ」のおかずです。やはり「かっこいい系」なのでしょう、量より見た目、みたいな感じがします。もちろんお代わりオーケーなのでしょうが、私はどっちかと言えば普通の昔からのおかず類のが好みかもしれません。

4001

 パムチムと豆腐。豆腐も中国から韓国経由で伝わったものかな?私がまだ行ったことない高知県の豆腐は長宗我部軍が職人を秀吉の戦争の時にさらってきただかで、韓国風の固めだとか。いつか行ってみたいです。

401

 レンコンは韓国でも普通に食べます。연근、名前も一緒の蓮根です。

402

 こういうチャンアチ、流行ってるのでしょうかねぇ?他の店のおかずでもしばしば見かけます。

407

 水キムチ。汁を飲むと消化を助けるという話、なんとなく実際の効果があると感じ始めています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

2014年5月19日 いい天気です

677

  お昼を食べてきました。須坂屋そばという店、ガイドブックなんかにも小嶋屋とともによく出ているので、ご存知の方も多いかと思いますが、何か新潟市で会議でもあったのか大きな店がかなり混んでいました。もりそばの大、美味しかったです。

 今日は夜間診療ですが、かなり予約が入っており、忙しくなりそうです。スタッフともども、頑張って仕事します。明日はスタッフの希望で休み。3連休になります。夜は新潟国際情報大学の公開講座、昨年は英会話を1年やりましたが、今期はまた韓国語講座に。明日がその1回目ですので、それも楽しみです。

 水曜木曜は前にも書いたようにちょっと出かけて先輩のオフィスを見学。きっぷと宿の準備、大体終わりました。何度か行っている場所ですが、久々の訪問ですので、楽しみです。土産話をお楽しみに。

 さて、休み前の雑務、これから片付けてしまいましょう。写真は梨泰院、どの辺かわかるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事820 ハヌソという店

409

 「하누소(ハヌソ)」というカルビチプ、倉洞駅そばにあるのですが、検索すると仁寺洞だの南大門市場の方だったか、いくつか支店もある有名店のよう。本店はここみたいですが、2度目の訪問、かなり美味しい焼肉店です。

398

 知り合いの食堂アジュマとその子供2人での訪問。前回は生カルビでしたが、今回はヤンニョムカルビ。大人2人と子供2人ですので、3人分を注文です。

403

 これが3人分。肉だけ食うなら2人でも楽々の量ですが、野菜と一緒に食うのが韓国の焼肉。まぁ、適切な量でしょう。非常に大きなマッシュルームと「新松茸」と言われるエリンギ、玉ねぎがついてきます。

404

 肉の質を誤魔化すためにたれに漬け込んだとか悪口書かれてる韓国のカルビですが、この店、韓牛専門というだけあってとてもいい肉です。韓国へ行き始めて22年、カルビもだいぶ食べましたがハヌソのカルビは間違いない、そう感じています。甘すぎることもなく、大変おいしいカルビでした。

408

 店は2階から上。1階にテイクアウトのカルビタンの売り場があり、これも名物のようでした。日本へは持ってこられない(検疫上)けど、カルビタンも手軽でいいですね。食べてみたいです。

411

 これがそのテイクアウト用のカルビタン。ソウルでは有名なのかも。ハヌソの「ハ」はアレアで、幼稚園児は「ホヌソ」だったか「フヌソ」だったか、そんなふうに読んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4752 久々の牡丹市場

020

 新潟からのソウル便は12時前に仁川到着、リムジンバスに乗れば1時間ちょいでソウル市内。この時は三成のKCAT到着で、歩いてグリーングラス観光ホテルへ。部屋が空いていれば早めでもチェックイン可能なのが韓国のいい所。荷物を置いて、夜までの空き時間、何しようか?ということになりました。

 何度か韓国へ来ている先輩の先生ですが、ちょっと面白い所へ、と言ってモラン市場へとお連れしました。宣陵駅から盆塘線に乗れば案外早く行けるんです。30分もかかりません。

 モラン駅に着くとおじさんおばさん、じいちゃんばぁちゃんの人の流れができているのがジャンナル。人が歩く方向へ行けば自然にモランジャンへ行くことができます。写真は地下鉄出口を出たあたり。市が立つ日はこんな賑わいです。

022

 しばらく歩いて右手が牡丹場のジャント(チャント)。私もけっこう久しぶりです。

024

 北の端は固定店、犬焼酎とか黒山羊の店が並んでいます。もともとこのチャントは駐車場。ジャンナル以外に来たことはないけど、普通の日はどんななんでしょう?

026

 大好きな川魚の店。あまり近くだと写真を嫌がられることが多いです。

030

 大好きなヨッジャンス(飴売り芸人)の公演。ガダルカナルタカさんにちょっと似たアジョシが団長のグループ。江陵端午祭にわざわざ行った時もこの団体でしたので韓国ではメジャーなグループなのでしょう。5000Wの飴を買うのも礼儀です。ほとんどの人、買わないけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

普通の韓国を探して4751 韓国ブランドのカーボンバイク

126

  自転車に乗り始めて8年、韓国の自転車事情もずっと観察し続けてきましたが、どんどん韓国でもスポーツとしての自転車、遊びのための自転車が定着してきた感があります。昔は日本でも多いなんちゃってMTB、中国製の安物がほとんどだったのが、最近はレーサーも増え、ちゃんとしたMTBに乗る人も増えてきました。ただ、やっぱり韓国で人気があるのはMTB、これは依然として変わらない感じです。

 でも、先日、宣陵駅だったか三成駅だったか、地下鉄駅の中に大型のこんな広告がありました。フルカーボンのロードバイク、部品はシマノの105、まぁ、初級と中級の間という感じのクラスですが、レーサーの広告でこんなのを見たのは初めてでした。 

 ペダル無しで7キロ台、値段も189万W。ちょっとがんばれば買えなくない値段の韓国ブランドのレーサー、どんどん普及してほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4750 働き者の韓国女性

124

 江南は2号線宣陵駅すぐの場所にあるグリーングラス観光ホテルに泊まった朝の写真です。これは6時13分。大小の会社も多いこのあたり、少ないけれど、また、違法ではあるけれど路上の露店があります。

 朝食と散歩を兼ねて出てみたら、ホテル前の道路で小さなハルモニが開店準備を始めていました。左がホテルです。さて、何の屋台だろう?と思いつつテヘラン路を越えて朝ごはんを食べに行きました。

190

 7時17分の写真です。ホテルに帰ってきたら屋台は完成。トーストを中心とする店のよう。

 韓国の女性、こんな小さな商売をやったり、もっと小さく、商店やコンビニの古い段ボールを小さなリヤカーで集めたり、地下鉄の入り口でキムパプを小さな台の上で売ったり、とにかく、働くのが好きな感じです。お金が無いからという人ももちろんいるでしょうが、働けるうちは自分の小遣い、孫への小遣いくらいは自分で稼ぐ、そんな人が多いのだと思います。

 前記、最も小さな仕事と思われる段ボール集めもハラボジはほとんど見かけず、みなハルモニばかり。思えばそこらの食堂だって年中無休、24時間営業もたくさん。みな韓国アジュマ、韓国ハルモニのがんばりで成り立っているような気もします。

 残念ながら朝飯を食べた後だったのでお客にはなれませんでしたが、小さな仕事をやっている韓国ハルモニを喜ばせたいなぁって思う私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4749 궁(宮)按摩施術所

036

 「ソウル 江南 按摩」のキーワード、今でもしばしば見られますが、テヘラン路の1本北の通りにある立派な按摩施術所、「宮按摩」です。前にもアップしたことがあるかもしれませんが、石造り風の立派な独立した建築です。

 寒さの厳しい韓国、お金持ちの家などではものすごく厚い壁を設けたりしますが、ここも、重厚という言葉そのまま、もしかして中まで石?とも思える建物でした。

186

 これ、同じ建物をテヘラン路側から見たものです。エアコンの室外機がたくさん。もしかして、本当に石造り建築なのかも?と思っての1枚です。

 テヘラン路の駅三、宣陵駅あたりの、特に北側、遊興酒店、按摩、それこそいくらでもあります。地価も物価も高い街ですが、遊ぶにはいい街なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事819 新村ソルロンタンでカルビタン

158

 立派なメニュー、新村ソルロンタンという店名ですが、いろいろあります。ソルロンタンは麻浦屋を知って以来、あまり他では食べる気がしなくなりましたので、カルビタンを注文です。

157

 まず、水と、キムチ類が出てきます。最近は食べ残しを避けるために、こんな壺で出てきて自分たちの食べる分だけ取って、自分で切っていただくという店が増えてきています。善いことだと思います。

159

 ソルロンタン屋ではキムチ、特にカットゥギが大事。どこでも力を入れている感じです。まずはこれくらい取って切っておきます。

169

 ステンレスの容器で保温されていたコンギパプとぐらぐら煮立った状態のカルビタン、けっこう待って出てきました。麺のように見えるのはペンgイポソッ、エノキタケでした。

170

 ナツメも入っています。あとはタンミョン(太めの春雨)だったかな?

171

 カルビはこんな感じ。たっぷりとは言えませんね。

 チェーン店と思われる新村ソルロンタンのカルビタン、美味しくなくはありませんが、とても美味しいという感じでもありません。普通の味、まぁ、早朝から温かいしっかりした朝食が摂れたのでオーケーというところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

普通の韓国を探して4748 江南で、朝の散歩&朝ごはん

150

 宣陵駅近くのホテルに泊まった朝、散策兼朝食で歩いてみました。6時過ぎの写真ですが、流石の江南も早朝は車が少ないです。道の広さがより強く感じられる写真になりました。最初はポスコビル裏の河東館を目指したのですがまだ6時台では開店前。あんまり好みではないけどシンソンソルロンタンもあったよな、と思って駅三洞からデチ洞方面へ歩いたのでした。

151

 横断歩道を渡って同じ方向を望みます。この道、三成路という名前の大通りでちょっと先でテヘラン路と交差します。特別に広いという通りでもありません。江南では普通の大通りです。

 テヘラン路の先は清潭洞方面、やはり江南地区を代表する大通りである島山大路と交差した先は自然に西へ曲がってアプクジョン洞のあの道になる通りです。

152

 南側にはアパートも。地価の高いいい場所、みな億ション、いや韓国だから10億、20億のお宅が入っていることと思います。

153

 この辺だったよなと思って探したシンソンソルロンタン三成店は無くなっており、やはりチェーンの24時間営業、新村ソルロンタンというこの店で食べることにしました。何を食べたかは近日中にアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月17日 今週はずっと仕事です

003

 おはようございます

 今日も明日も仕事、頑張って働きます。月曜も忙しかったかな?でも、来週の休みはちょっと出かける予定があり、楽しみです。1泊ですが住んでる場所を離れるのはいいリフレッシュになります。懐かしい顔に会えるのも楽しみだし、いい休みにできればと考えています。

 最近、禅禅と言わなくなりましたが、医院の玄関で靴を脱ぐときには無欲、感謝、行動って心の中で手を合わせるのは続けています。あとは睡眠薬代わりの本。時には早起きしてベッドにつけた小さなスタンドで読んだりもしています。

 最近の言葉は、ちょっと重複もありますが、現実を認め、泣くなら泣いて今からできることをする。どうしようもないことは心配しないに限る。世の中レットイットビー。そんなです。

 写真は新潟駅。来週は高速バスでの出発になりますが、ほんと、楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4747 江南のルームサロンはいくらかかるの?

044_2

 今回の宿所は先輩と一緒。李準圭歯科にも、料亭「豊林」にも近い江南の安めの宿ということで宣陵駅そばのグリーングラス観光ホテルにしました。三陵公園の緑が見えるホテル前の写真ですが、左になんたらミュージアムという文字とアジョシが1人。さて何だろう?江南は格調高くホテルの地下にミュージアムがあるの?って思いました。

045_2

 MoMAミュージアムってのがその施設の名前です。しかし何でアジョシがいるのだろうとホテルの出入りの度に不思議に思っていました。夜には高級車がやってきて、複数のアジョシが車を移動します。高級レストランと同じ方式、どうもここ、ミュージアムという名前のルームサロンのようです。 

 思い切って値段を聞いてみました。もちろん1人ではダメなので、「先輩と一緒に来てるのだけど2人で遊ぶのにいくらくらいかかるの?」と尋ねたら140万という答えでした。1人あたり70万。料亭の40万も高いですが、ルームサロンはもっと高いのでした。ロト6でも大当たりしたらソウルの友人を誘って行ってみましょう。どんなホステスさんがいるのか?男性としてちょっと興味もありますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4746 動物虐待? ビューティソラケ 大中小

410

  倉洞の駅前にあるEマートのおもちゃ売り場での写真です。え?!何?と思ったのですが、これ、彩色した貝殻に入ったヤドカリでした。

 韓国語ではヤドカリは「ソラケ」、ソラは巻貝の総称、ケはオイのほうのケで蟹のこと。「貝蟹」ということで「ソラケ」、ちょっと面白い韓国語です。

 しかしこれ、日本だと動物虐待なんて話になりそうだなぁと思いました。でも、ヤドカリがいる貝殻にペイントしたら虐待ですが、空の貝にペイントして、そこに入らせればまぁ、いいのかな?とも思えます。

 遊び心溢れる韓国とここでも何度か書いていましたが、何でもやってしまう韓国ってのも言えそうです。

 今日は忙しい土曜日。特に午前の前半は大忙し。がんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

普通の韓国を探して4745 江南、テヘラン路で

185_2

 4月30日の早朝の写真です。三成方面へ朝ごはんを食べに行った帰り、テヘラン路を歩いていたら「ビルの谷間」という言葉がぴったりの平屋建ての建築がありました。

 このあたり、江南の開発が始まったのは70年代初めでしょうか?広く、でも上下しながら東西に続くテヘラン路にこんな家があったとは!!あまり江南へは来ない私の嬉しい発見でした。こういうの、大好きです。

 向こうに見える派手な建築はモテル。一本北に並行する裏通りにある建物です。このあたりの裏通り、まさに歓楽街で、遊興酒店、按摩施術所なんかもたくさんあります。さて、個人のお宅?それとも店?そんなふうに想像しながらホテルへ戻りました。

326

 同じ日の11時頃の写真、三成駅からの帰りに裏通りを歩いてみると瓦とか建築資材の店のよう。地価がすごく高そうな江南でこんな平屋建ての建築がぽつんと残ってるの、何だか嬉しくなりました。こういうのが普通の街歩きの醍醐味とも言えましょう。こういうの、大好きです。

485

 写真を追加です。テヘラン路、片側5車線のこんな道。横断歩道の途中にこんな待避所がある大通りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記821 新津の町を歩く

007

 5月6日の新津ウォーキングの最初のあたりです。7時前の新津駅脇の駐車場。5日場の準備中。韓国も日本もこの時期、野菜の苗が目立ちます。

008

 このあたりも自転車で何度も来ています。古い街、大好きです。

009

 お医者さんの建築もすばらしい。

010

 磐越西線の踏切を越えて新津丘陵の端に向かいます。

011

 右へ別れるのは旧道のよう。でもこの時は左手の山が目的地ですので直進。

 休みの日、たとえ半日でも時間があればちょっと電車に乗って知らない町を歩く。そんな楽しみ、これからも続けましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4744 西大門区あたりも坂がたくさん

182

 坂の多いソウル、風水に基づいて山に囲まれた地形を選んだので当然かもしれません。旧城内の四方に山があると言ってもいいでしょう。その中を流れるのが清渓川。唯一往十里方向だけ開けてる感じです。

 麻浦屋での朝食の後、いろいろ寄り道をして宿へ戻る、そんなときの写真です。写真中央遠くの建物はソウル赤十字病院。それで大体の位置がお判りいただけるかと思います。ビルの駐車場への進入路。ちょっとした飾りがある遊び心が素敵です。でもちょっと狭いかな?

183

 ここも、急な坂の交差点。どこでも道を作ってしまう感じの韓国です。室外機の置き場所はケンチャナヨかな。斜め設置でもいいんでしょうかねぇ?

185

 駅へ向かう平地にはけっこう店もたくさん。でもその先は坂。

186

 聖堂と名のつくのは天主教、カトリックの教会です。ソウル市内各所にいくつもの協会がありますが、カトリックはあまり小さいのは無く、大きいのも無く、中くらいのが一定の距離で配置されている感じです。

187

 もうすぐ駅。道が不規則なのは古い町の証拠。このあたりにも日本家屋がけっこうありました。普通の街をただ歩いてるのもソウル観光。料亭遊びもソウル観光。いろんな楽しみ方があっていいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

普通の韓国を探して4743 危機一髪

041

 本やネット、観光掲示板でしばしば見かける韓国のトイレトラブルの話。私はもうすぐ20年にならんとする300泊以上で一度もお目にかかりませんでしたが、初めて詰まったトイレで危機一髪という経験をしました。

 空港からリムジンバスで三成のKCAT。歩いてホテルへ行きチェックイン。最初に割り当てられた部屋は上がってみたらまだドアが開いていて掃除中。ここまでは前にも経験があります。

 一度フロントに降りて「まだ掃除中なんで他の部屋を」と頼んでやっと部屋へ。荷物を置いて小用を足したらば、どうも流れが悪く水位が上がってしまいます。完全に流れてないというのではなく、何だかおかしいな?という状態。そこでもう一度フラッシュレバーを回すと見る見る水位が上がり写真のような状態、便器の縁ぎりぎりでなんとか収まってくれました。

 あわててフロントへ電話。すぐに人を行かせるという返事をもらって待ってると数分ででっかいパコパコを持ったアジョシが来てくれて、2~3回ゴボゴボやったら一件落着です。

042

 清浄な水位はこれくらい。薄まったとはいえ、また自分のモノとはいえ小便が混じった水が浴室に溢れなかったこと、神様に感謝しました。

 たぶん前のお客さんが何か無理な物でも流したのでしょうが、韓国のトイレは詰まりやすい、初体験です。左に見えるステンレスのゴミ箱に紙を捨てる。きちんと守りましたよ。

 今日は休み、沐浴湯へ行きましょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

普通の韓国を探して4742 「에키야」は「駅屋(えきや)」?

474

 江南はテヘラン路の南側、駅三洞になるのか?デチ洞になるのか、そこらへんの町、会社が多いのでとにかく昼の店、夜の店、飲食店だらけです。たまたま見つけたこの店、「ハングルで「エキヤ」とあり、「汽車駅トシラク&カペ」って書いてあります。

 「汽車駅トシラク(弁当)」というと日本の駅弁?とも思いましたが、韓国にも駅弁はありました。過去形にしたのは、車内売りのものはほぼ絶滅したからです。でも、この頃はソウル駅など大きな駅の改札を入ったあたりに、かなりの数の弁当屋ができています。

 特に日本式の駅弁をイメージした物ではなく、一定の包装用容器に詰められた風の弁当の店と解釈すればよいのでしょう。

475

 読める方は読んでみてください。何だか面白そうです。

477

 レモンクリームセウ?トンカストシラクはわかるけど上のサチョンなんたらはわかりません。四川かなぁ?

476

 これは切れちゃっていますが、何丼?左下の字はべつのもので、3枚目の右上のやつだとするとエビフライ丼ですね。

 一日3食しかできないのがもどかしいくらい、韓国の食の研究、面白そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記820 日本海タワーからの帰り道

046_2

 日本海タワーで売っていた水です。90円でした。採水場所は新潟市となっていますが、今までに飲んだミネラルウォーターの中で一番美味しいような気がしました。これも「身土不二」でしょうかねぇ。

036

 タワー入口からの日本海方向。ここでも充分いい景色が楽しめます。なんたって新潟島の最も高い場所のひとつなのですから。ちょうどフジの花盛り。熊蜂がブンブン飛んでいました。音がすごいのと大きさでキャアキャア言ってる人もいましたが、スズメバチとは違い性格は温和です。心配ありません。

049

 来た道を戻るのは好きじゃないので坂の途中で旧猫山宮尾病院のあった坂道へ入ります。右は寄居中学校のグランドとプールです。この先、市内でもトップクラスの急坂を下ります。

050

 坂の途中から。消防署と新潟カトリック教会が見えています。日曜日でしたのでフィリピンの人とかたくさんいそう。行ってみようかとも思いましたが空腹が勝ってしまいました。

051

 向こうに見えるマンションの方から歩いてきました。新潟小学校前。新潟の高級住宅街の一つです。もう少しで中央警察署、日銀前、古町です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4741 한국요리(韓国料理) 풍림(豊林)へ

046

 こんな感じの街、江南の大通りの1本裏の繁華街によくある感じ、お判りの方も多いと思います。ここんとこ連載していた「江南の高級韓国料理店」へ行く途中の写真です。

 もう9年にならんとするこのブログの中で「料亭へ行ってみたい」と何度か書いていたと思いますが、ついに先日の訪問でそんな希望がかなえられました。80年代、90年代前半くらいまで、日本男性が~という伝統がありましたが、そんな店もどんどんなくなり、今では江北にはゼロになってしまいました。でも、いろいろ調べると江南には「太平」、「多宝」、「豊林」、全て江南駅の近くですが、少なくとも3つの韓国料亭が残っているようです。

 李準圭歯科医院へ行くときに見つけたのが「豊林」、高級な飲み屋が並ぶ江南大路の西側の道にあるビルなのですが、2月の訪問の時に入り口まで行き、予約が必要なこととか料金のことなど尋ねてみました。そんなこの春、偶然に新潟大学の先輩から「料亭へ行ってみたい」というメールをいただき、二つ返事で了解。ノートに、予約時に伝えることをメモして準備し、電話予約。ついに念願の料亭での食事を楽しむことができました。

047

 江南の繁華街、どこもこんな感じです。むこうのバスが走る道が江南大路かな?このあたりも李準圭歯科と一緒の瑞草区瑞草洞になります。宇成アパートサゴリのあたりです。

048

 こんな感じ、わかるでしょう?

501

 前にも紹介していますが、写真真ん中のビルが「豊林」です。「6時半に予約したタカトウです。」と伝え、中へ入りました。チマチョゴリ姿のアジュマに案内され、エレベータで上へ。

053

 これが私たちの部屋。オンドルの2人では広すぎるくらいの部屋でした。向こうのドアは男性用の小便器だけの化粧室でした。80年代、90年代に韓国へ行ったことがある男性には懐かしい感じかもしれませんが、初めての私には新鮮。一人ではいけない店、最低2人で予約しないといけませんが、行けたらまた行ってみたいです。

 かがりさんから質問があった料金は2人で79万W。今のレートは980Wとかですので、1人当たり4万円というところ。やっぱり高いです。東京の高い飲み屋だと3万とか5万とかもかかると聞いています。新潟で行ったことがある最高クラスで客単価25000円くらいでしょうか?たくさん料理も出るし、、この半額くらいだったらいいのになぁと先輩と話しながら帰りました。

 料亭文化が衰退してきてるのは事実です。やはり飲食代が高いのがその要因でしょうか?でも、検索すると「るるぶ.com」というのがトップで出てきます。韓国ファンなら一度は行っておいて損はないでしょう。宴会だけでも充分楽しい店でした。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

2014年5月12日 日本海タワーへ行きましょう

010

 新潟島の砂丘の上にある日本海タワー、6月30日でおしまいになると聞いていましたので昨日の朝、家から歩きで行ってきました。医院まで車か自転車とも思いましたが時間はあるし、天気はいいしで全行程歩きです。

 家から新潟駅まではちょっと退屈、駅の中を通り万代口。大通りを歩いて写真は萬代橋からの信濃川、上流方向です。県庁とか角田山、見えるかな?

013

 萬代橋を渡ってからちょっと本町で西へ。営所小路だったかな?そんな道を北へ。この写真のずっと先、もうタワーが見えています。

019

 東中通を渡り、医学部の下のほうへ。大学勤務時代、散々通った道を海の方へ向かいます。この先、坂を上りきった交差点を左へ行くと日本海タワーです。

026

 到着。昭和40年代、新潟島全域へ配水するための給水塔として作られたついでに、上の部分に30分で1回転する展望台を作った、それが日本海タワーです。タワーというより屋上ですが、場所が新潟島の最高地点?砂丘の山の頂上ですので眺望が期待できます。

 私が新潟へ来たのは昭和51年。以後もうすぐ40年にならんとする新潟生活ですが、ここ、一度も来たことがありませんでした。歯学部の学生時代、医局勤務、10年以上もここのすぐそばに毎日いたのに初めてです。

042

 坂を上って庭園の側から建物に入り、エレベータで上がってまた階段を上がって。展望は期待通り。ゆっくり、でも、動いてるのがはっきりわかる速さでドーナツ型の部分が回ります。写真は日本海、護国神社方向。他の方向も本当にすばらしい景色です。

 他に無料で上がれる高層ビルの展望室ができたり、施設の老朽化などでこの6月いっぱいで閉鎖、残念です。多分もう一度か二度、行こうと思います。

 3月いっぱいで売店などが閉鎖、その代り入場無料。木曜定休に気を付けて、新潟市の皆様、新潟へ観光で、もしくは仕事で来られる方、この日本海タワー、お勧めできる新潟の名所ですので、是非ご訪問を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記819 新津駅

053_2

 5月6日の写真です。早起きして新津の秋葉山。帰りも早めで10時台の電車で戻った時のものです。110型DCの列車は磐越西線の普通列車、快速あがの号の後を走るやつです。

054

 昔は蒸気機関車の付け替えが必要だったため、鉄道の要地だった新津、今でもヤードは広大ですし、扇形庫も少しだけ残っています。遠くに気動車と、見たことない白いのが見えます。

055

 めったに使わない望遠で撮ると前に新潟駅でも見かけた試験車でした。旧国鉄色の車両も見えて嬉しい1枚。キハ28か58だといいのですが、まず違います。もう走っていない急行用気動車、どこかに保存してあるのかなぁ?

056

 連休でしたのでばんえつ物語号の運行日。新津から乗る人も多いのか駅弁屋さんも出てきています。乗りたい乗りたいと思いつつ、まだ乗っていません。グリーン車はいつも満席ですが普通車ならたいてい空きはあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事818 江南の高級韓国料理店4

068

 牛の形のステーキ皿にのって出てきたのは牛肉の煮込みか何かでしょうか?私は箸をつけていなかったのでわかりません。パプリカは韓国のお得意ですね。マッシュルームもカルビのお供などでたくさん使われますので大型の立派なものが多いです。

069

 これは前にもアップしたホンオ三合。また食べたいです。

071

 これはニラのプッチム?これも食べませんでした。オマケみたいなものかもしれません。

072

 そしてごく普通の野菜サラダ。缶詰のホワイトアスパラが添えられています。そう言えば韓国、アスパラガスをあまり見かけません。こんなふうに缶詰があるのでしょうが、生は人気が無いのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

とうちゃんの自転車日記818 新津の幸清水

014

 5月6日の秋葉山行きのときの写真です。電車で新津駅。新津の古い町を抜けて秋葉山の麓へ。新津高校への緩やかな上り坂の途中に、こんなのがありました。車や自転車でさんざん走っていた私も知らなかった場所。「幸清水」という泉です。

015_2

 いい水が出なかった新津、もしかしたら石油が混ざっていい水じゃないという意味かなとも思いますが、数十年前に水道ができるまで使われていた自然の湧水だそうです。

016_2

 簡単な小屋があります。

018

 今も少しずつ湧き出しているようですが、飲める感じではありません。

 同じ旧新津市、旧国道脇の桜清水というのは知っていましたが ここは初めて。うまいこと整備して飲めるようになっていればいいのになと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事817 江南の高級韓国料理店3

061

 韓国料理=辛い、というイメージがありますが、高級な店の韓食、辛くない物が多いように感じます。また、量が多く、余るくらいがご馳走という感覚もあまり無い2人分で適切なという感じの料理が出てきます。

 写真が重複しますが、刺身。アワビにサーモンにヒラメかな?日本のツマとも違いますが、野菜や花、韓国式の飾りも楽しいものです。

 サーモンが出てくる寿司屋は2流以下なんて話もありますが、私など美味しいからいいじゃん、と思っています。

062

 日本では食べられなくなってしまったユッケ(ユkフェ)。甘めの味付けでしたが美味しかったです。ここでもケイパを添えた鮭が。日本同様、最近盛んに食べられるようになってきた輸入の冷凍サーモンなのでしょう。

063

 これは韓国らしい一皿。左のエリンギを薄切りしたようなのは高麗ニンジンの生のもの。右の角切りは何だろうと思ったら「マ」、山芋でした。下の小皿の蜂蜜をつけて食べる朝鮮人参は韓国ではおなじみ。特有の匂いがありますが、身体にいいとされる食品です。上の小皿の塩で食べる山芋のほうも、日本ほどには食べませんが、やはりネバネバが身体にいいとされる食品です。ここでも、飾りがたくさん。私はマッコリ中心に飲みながらの歓談でした。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

とうちゃんの自転車日記817 칠엽수並木

057_2

「칠」は漢字の「七」

「엽」は漢字の「葉」

「수」は漢字の「樹」

 

 「七葉樹」という韓国語は漢字語で、日本語の方が固有語の「栃の木(とちのき)」なのでした。

 写真は新潟市の紫竹と本馬越の境界の道。街路樹が栃の木で、秋には大きな落ち葉とつるつるの皮無しの栗の実みたいな栃の実で掃除が大変そうな道路です。

 先日行ったソウルの新川駅そば、蚕室側の道路の街路樹がこの栃の木で、ハングルで検索したらやはり街路樹(가로수=カロス、カロスキルのカロス)に多く使われる木だとありました。隣り合う2つの国、植物もけっこう似ています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月10日 「朝は機嫌よく」

001

 医院のそば、よくお昼を食べに行っていた食堂ですが、少し前にご高齢のため、引退、閉店されました。ご夫婦でやっていて野菜炒め定食とかとんかつ定食、大きなオムライス、私は職業柄、食べられませんでしたがニンニクたっぷりの焼肉定食がなどが人気でした。

002

 ショーウィンドウは営業時も使われてはいませんでしたが、置物だの、貼り紙だの。左の日焼けしたのは教育勅語だかです。

003

 ネットで見るとどこかのお坊さんが考えた言葉とされているケースが多いですが、「親父の小言」という既製の印刷物があり、その最初が「朝は機嫌よくしろ」という言葉。これ、当たっています。

 早起きを勧める本は多いけれど、結局一日の基本は朝。早めに起きて、しっかり朝ごはんを食べ、機嫌よく一日をスタートする。私もできれば、と心がけている言葉です。

 その他にも、まぁ当たり前と言えば当たり前ですが、なかなかいいことが書かれています。興味ある方は「親父の小言」で調べてみましょう。全部が気に入らずとも、今の自分に合っているなという言葉がきっとあることでしょう。

 この食堂のおやじさん、「親父の小言」ではないですが、いつもついてるテレビでひどい事件、外交的トラブルなどが報じられると独り言のような感じでぶつぶつ。そして、客にも相槌を促すような感じ、私しか客がいないときなどちょっと困ってしまったりした経験があります。

 でも、私もそんな気持ち、最近わかるような気がしてきました。今の世の中、ちょっと心配なこともあります。また自分自身もいい感じで年を重ねたいものですね。

 それでは忙しい土曜日、スタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事816 江南の高級韓国料理店2

059

 一昨日あたりのニュースでやっていましたが、「スシ」に次いで「エダマメ」も、世界で通じる日本語になってきたとか。肝臓、膵臓のためにも良い最高の肴だと言われています。新潟大学医学部の解剖で教えておられた藤田先生、「枝豆を毎日食べていたら酒で肝臓を傷めることは無い」とまで仰っていました。そろそろ新潟県の枝豆の季節も始まります。新潟の枝豆、よろしくお願いします。

 と、最初の皿はこんなのでした。韓国ではよく出てくる生の栗と枝豆です。どうやって保存するのかはわかりませんが、栗も身体にいい食品。韓国のスルチプではおなじみの肴でしょう。日本のよりも小さめですが、甘みがあります。カリカリかじるとちょっとの粉っぽさは感じますがこれも「モメチョッタ」、私もいただきました。

060

 次の皿はこれ。2人分ですので量は少なめですが、大蝦(デハ)とタラの芽、チャムドゥルプと言います。同行の先輩、これにつけるチョコチュジャンが気に入ったとのことで、帰りに2本、プレゼントしました。刺身にもおなじみだし、こんなふうにゆでた野菜などにも合います。ただ私は酸っぱいのが苦手ですので、醤油のが好きですが。

065

 私が頼んだ長寿マッコリ。超高級店とも言える店ですのでわざわざ外のコンビニに誰かが走ってくれたようです。前にも書いたように、どんな酒も飲み放題、そんな店です。

066

 沈殿物が皆無の当日の瓶詰品。嬉しいソウルの長寿マッコリでした。

067

 どこの工場だったか?今のこの写真ではわかりません。工場ごとに酵母がちょっとずつ違うので味も違うと言いますが、私は新しくて冷たければそれで充分。1200Wの幸福です。

 写真を見ました。城東区聖水洞ですね。中浪区のほうにもあったと思いますのでソウル特別市東部には2つ醸造所があるようです。私がよく飲むのは道峰区倉洞工場のもの、あとは永登浦区のものかな?ともかく、美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の普通の韓国を探して4740 増えてきたのかな?バスの路線番号表示板

3461

  昨年秋に、牛耳洞の徳成女子大学校前のバス停での写真を紹介していますが、停車時に速報へ飛び出すブルーバスの乗車口上の路線番号の表示板 、なかなかいい方法だと思います。

 同じソウル市北東部への路線ですので同じ会社かもしれませんが、鍾路だったかな?また目につきました。銀行の名前が小さく書かれているのでスポンサーなのでしょう。通勤通学時以外でもものすごい数のバスが走っているソウル、何台もバス停とその手前に停車する中で自分の乗りたいのを探して走って行って乗る。これはありがたいシステムと言えましょう。徐々に普及することを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

普通の韓国を探して4739 「냉모밀 판모밀개시」の季節です

460

  5月1日の写真です。

 江南はテヘラン路から南へちょっと入ったあたりのビルの1階にある「イナリ(이나리)」という店です。「ウドン&モミル2900W」と看板にありますが、最近は韓国でも安さを売りにした外食がいろいろ出てきてるのかもしれません。 もっとも、ラーメンが定着しなかった原因として「麺類1杯では寂しすぎる」というのが理由だったという韓国、たぶんいろんなセットメニューがあることでしょう。トンカスなんても書いてありますからね。ひょっとして「いなりずし(유부초밥)」もあるので「イナリ」という店名である可能性もあります。

 カメラを取り出した理由はでも、上に掲げられた横断幕。タイトルがそれですが、「冷モミル・板モミル開始」とありました。ここでも何度か書いていますが、「ネンモミル(ネンメミル)」は「冷やしかけ蕎麦」、「パンモミル」は直訳すると「板蕎麦」ですが、日本で言う「ざる蕎麦」のようなメニューのことです。

 韓国のメミルククス(モミルククス=蕎麦の麺)概してつゆが甘めですが、暑い季節に冷たい蕎麦、案外美味しく食べられるものです。

 本日の訪問者の検索キーワードに「モミル・韓国」があったので空き時間にアップです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記816 新津市秋葉、貞陵洞に似た雰囲気の町

038

 連休中の6日の写真です。秋葉山の軽登山を楽しんで降りてきた秋葉公園入口です。カワセミを見ることができて幸福、そんな朝の写真です。

039

 行きは幸清水、新津高校前から上がりましたが、違う道を歩いてみましょう。尾根の上に見えるのが新津高等学校。韓国の大学のように山の上にある学校です。手前は梨の畑のようですね。

040

 道は充分広いですが、明るい谷に広がるこの秋葉区秋葉町の住宅街、家々ごとに階段があるお宅が多いのです。どこかソウルの貞陵洞の雰囲気があります。

041

 降りてきた方向をふりかえっての1枚。坂であるのがわかります。

042

 行く手も斜面に家々が。浅く広い日当たりのいい谷に広がる町、まさに貞陵洞スタイルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事815 江南の高級韓国料理店

054

 スチョが金色に見えますが、江南の韓国料理の高級店へ行きました。絶対予約が必要な店、3月中にしっかり伝えることをメモして電話で予約。いたずらだと思われないか心配でしたが案の定、リコンファームの電話が1週間前くらいにありました。「飛行機が飛んで行きさえすれば絶対行くよ」と伝えての訪問、最初は麦酒という感じでハイト麦酒をいただきます。

055

 卓上にはこんなマルンアンジュ(マルアンジュ)、日本で言う乾きものです。

056

 全室個室、部屋の隅にはこんなセットがあります。

571

 チョウムチョロムが準備されていますが、洋酒、焼酎、麦酒、正宗(日本酒)、何でも飲み放題です。しかし私は長寿を希望。するとすぐに当日瓶詰された長寿が2本、やってきました。至れり尽くせりのサービスです。まぁ、それだけ料金もするのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4738 清涼里駅前

774

 ロータリーの西の端の横断歩道です。朝の写真なので人通りは少ないけれど昼間はたくさんの人が行き交う場所。歩道には違法なんだけど露店もたくさん出る街です。やはり江南とは違う感じがしますが、好きな街です。右、後ろの高層ビルが現代コア。下の方3回くらいまでは商店が入り、上はアパート。けっこう古いけど、有名な建物でしょう。右手がロータリーです。

785

 国鉄駅へ向かう道。露店の飲食店やらこんな果物屋がたくさん。当たり前のように歩道で商売しています。そういうふうになっている、です。

786

 ロッテヤングプラザから振り返っての風景。ニューブリムホテルとこの時期はクィンモテルかな?どちらも何度も泊まってる宿です。清モテル→クィーンモテル→現K-Cityホテルとなっています。

787

 新しい清涼里駅。立派なビル、15年以上かけて完成した民間資本駅です。この清涼里、ガイドブックにはあまり載りませんが、探せば美味しい店もたくさんあるはず、そう考えています。清涼里に泊まる、何度目かのソウルであれば面白いんじゃないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

とうちゃんの自転車日記815 新津の五日市

007

  おはようございます

 当院の連休最終日です。午前中だけと言って出てきました。電車に乗るか?そのまま歩くか?たくさん歩くつもりです。写真は6日の新津、韓国の五日市のように新潟県内でも昔からの市が立つ場所があります。今は苗がたくさん売られる季節、韓国も日本も一緒です。

 昔から、キムチを売るアジュマがこの市で商売しています。韓国語で何日に市が立つのか聞いてみました。最初はびっくりして韓国語が出てこない様子。驚かせてしまってすみませんでした。1と6のつく日にこの新津のオーイルジャンが立つそうです。

 さて、出かけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

とうちゃんの自転車日記814 生まれて初めて見たもの

025

  7時過ぎの電車に乗って、さてどこへ行こうか?結局午前中に戻ると言ってあったので近場の新津へ行ってきました。子供が小さかったころに車で来たことのがある秋葉山公園です。標高100mにも満たない山ですが、なかなか楽しく歩くことができました。

 そして何よりうれしかったのが、カワセミを初めて見たことです。山とか田舎が好きな私でしたが話に聞くカワセミ、58になる今まで見たことがありませんでした。写真には撮れませんでしたが、この池のそばを通り過ぎたときにチャポンと音がして波紋が立ち、すぐ後に小さな鳥が写真左手の木のあたりに飛んでいきました。はっきり見えたのはくちばしが大きく、とてもきれいに光る青緑の羽です。たぶんカワセミか、その仲間に間違いないでしょう。

 山に上る前、早朝の出来事でしたが、この一件でもう今日がいい日になることが確定した気持ちでした。結局2時間半くらい新津を歩いてお昼前に戻りました。もっと渓流っぽい山の中でないといないと思っていたカワセミ、案外身近な場所にいた、そう感じています。幸福の青い鳥の話もいっしょなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4737 清涼里水産市場から聖パウロ病院前へ

496

 鍾路の続きの大通り、いつも渋滞してる祭基洞の交差点を過ぎてもう少しで清涼里というあたりで南への大通りがあります。そのすぐ手前、魚関係の店が多い市場がある、その通りへ入りました。

497

 奥へ行くと野菜の市場もありますが、朝は早いけど夜も早く、誰もいません。11月、キムジャンの頃は白菜を積んだトラックで賑わう、そんな場所です。

498

 南の方、典農洞へ行く、国鉄をくぐる道の方、更地になっていました。有名な588、昔はこのバス通りの側にもたくさんガラス窓があったのです。

 ずいぶん前にここで同じ場所の違う日の写真をアップしたあのピンクの灯り、今は小路でなく、更地の前になってしまっていますが、まだやっていました。もっとも、変化の速いソウル、今どうなっているかはわかりません。

499

 昔は建物の間の小路だったあの場所です。

500

 世の中そうなってるものだと考えていますので否定しません。日本人だってたくさん遊びに行っている街です。でも、おおっぴらに丸見えの紅灯街、もうすぐ消えてしまいそうですね。

501

 バス通りを渡った場所。ここから宿への道もピンクの蛍光灯。遊びはしないので遠回りして帰ります。青少年通行禁止区域の立札がありますが、90年代、そういう店がずらっと並んでいた時代も、小学生が通学で使う道でした。

 遊ぶのは否定しません。でも、冷やかしは止めましょうよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

2014年5月5日 曇りの新潟市です

070

  おはようございます

 

 うちは今日から4連休、いわゆる後半ってやつです。どこへ行っても混むでしょうから遠出の計画は今のところありません。午後は家内が出かける予定で、ちょっと院長、写真の用事、薬液消毒の片付けなんかで出てきました。のんびりリフレッシュ、でも、できれば軽い運動を、そんな休みにしましょう。

 

 写真は世界3大臭い食べ物の一つ、ホンオフェです。東北、北海道の方なら馴染みがある軟骨の魚、サメとか同様に、白色半透明が並ぶ部分には咬もうと思えば咬める骨があります。

 何と言っても持ち味は写真では写らないアンモニア臭、アンモニアのような匂いではなく、アンモニアそのままの臭いです。 鼻や目に滲みるあの匂いが噛みしめるにつれのどや鼻を刺激します。でも、ムグンジとかいう古漬けの酸っぱいキムチと、ポッサム用の蒸し豚と一緒に食べると得も言われぬ混ざった味。韓国の食事の至宝の一つです。

 食べるなら結構な値段(3万とか、5万Wとか、10万W以上)はしますが、しっかりしたいい店で「洪魚三合」として食べましょう。決して私が最初にやったように、ノリャンジン市場で買って醤油をつけてホンオフェだけで、というのはお勧めしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事814 あれ?!変わった?と感じた1食

431

 90年代、清渓川高架道路の下の水下洞にあった古い韓屋だった頃によく通ったコムタンの名店と言われた「河東館」、江南の三成と宣陵の間のポスコセンター裏に江南店を出したことはすでに書いています。5年以上前になるでしょうが、新潟大学歯学部矯正科のみなさんを案内したこともありますが、ちょっと味が変わったように感じました。

 ポスコビルの東側。デチ洞になるのかな?7時開店の広大な店で、120席とかもありそう。前はテーブルでお金を払ったと思いますが、今は入り口の計算台で先払い、食券を買って席に着きます。

 ちょっと待って出てきたのがこれ。エクスプローラさんではありませんが、豚も牛も、変に透き通っててもダメ、不自然に濁っていてもダメ。半透明がいい、そんな感じです。

430

 入れ放題の葱を入れ、一口すすって塩を足します。

432

 果たして、、、キムチとカットゥギは非常に美味しいのですが、スープがあんまり味がしません。旨味が無いというか脂っこいわりにコクが無い。もちろん、まずくは無いのですが、あの店美味しいよ、と人に話したくなる1杯ではなくなってしまっていました。

 同じ日のお昼に河霜さんにも話したのですが、江南店、昔の水下洞のあの頃の味ではないと言っておられました。大学の後輩を連れて行った時、江南店の開店直後はまぁまぁ美味しかったと思うのですが、ちょっと残念に感じた一食でした。

 普通で13000W。値段は老舗の江南価格です。やっぱり確実にうまい牛のスープは麻浦屋かもしれません。

 そうそう、ポスコビルの反対側、広い通りにあったシンソンソルロンタンの三成店もなくなっていたと思います。代わりにやはりチェーンの新村ソルロンタンというきれいな店が並びにできていました。そこでの一食はまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

2014年5月3日 明日からまた連休です

221  

 最後の予約の方が終わりました。これから片付けして上がります。うちは明日から木曜までが連休。どこ行っても混むのであまり遠出はしないと思いますがリフレッシュに努めましょう。できるだけ身体を動かせればとも考えています。

 先回の出張の中日、3万歩以上歩きました。写真は朝のものですが、銅雀の国立墓地、正式名称は国立顕忠院の入り口です。後ろに山をめぐらせて、どこか天安の独立記念館にも似た感じ。韓国戦争で戦死した方を祭る場所です。前前から行ってみたかった場所の一つで、天気が良かったのもあり、楽しく歩けました。

 さて、スタッフと片付けです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4736 第2ロッテワールド

523

  あまり江南には行かない私ですので、知りませんでしたが、蚕室駅のそばにこんなビルが建設中でした。もしかしたらもっと低い時期にここでも写真を載せていたかもしれませんが、かなり遠くからでも見える高層ビル、まだこれで半分くらいだとか。

 ちょっとネットで見ると123階建て、555mとあります。でも、そこに、工事中の事故や欠陥工事の記事も出ています。一昨日は地下鉄が追突してしまった韓国、地震が起きたりする可能性もゼロではありません。完成まで、間違ったケンチャナヨが無いことを期待しています。

 本日も仕事、けっこう忙しい日曜日。夕方までしっかり働きましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事813 飲む前にはお粥

058

  江南にある高級韓国料理店へ新潟大の先輩と行った時の写真です。 韓国のちょっとした料理、カルビの場合もありますし、少し前にここでも紹介した鮑料理専門店、また李準圭先生が何度か連れて行ってくれている日式の店。要はご馳走っぽい料理の店では最初にお粥が出ることがしばしばあります。

 聞いた話ですが、酒を飲む前に胃の粘膜の保護のためにお粥を食べる、そんな風習が韓国ではあるのです。私にしては珍しく予約が必要な高級料理店。やはり最初はお粥でした。何か日本ではめったに食べない粥。韓国行くとけっこう食べたりもしますが、酒宴の前のお粥の習慣、どれだけ効果があるかはわかりませんが、日本の韓国料理の店でもやればいいのになぁって思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

2014年5月2日 강남も面白いかも

487

 今回の旅行は前にも書いたように大学の先輩の先生と李準圭歯科を訪問するのが目的でした。それと、行ってみたかった店があるので、宿は江南にとりました。

 何度も書いているように、江南(강남)と言えるのは瑞草区、江南区、松坡区の3つだけ。漢江の南でも銅雀区、永登浦区、九老区、江東区とかは江南ではありません。河霜さんのお話では、韓国の税金のかなりの部分をこの3つのカンナム(江南)を構成する区で払っているとか。

 写真はカンナムを東西に走るメインストリートの一つ、テヘラン路の朝です。これだけ広い道が夕方などには大渋滞。お昼時の歩道は点心(昼食)を食べに出てくる会社員で一杯に。ソウルの旧市内、城内とかの古い町と比べると別の国に来たみたい。そんな印象もあります。

315

 でも、江南も、1本裏手の通りは食堂だの遊興酒店だのがいっぱい。江南駅の交差点の周囲、地図では右上になる論山見(山+見=ヒョン=峠の固有語)洞、右下になる駅三洞、左下になる瑞草洞、左上になる盤浦洞、すべてが繁華街、そんな場所です。

 表通りはキッチリ整備されてるのですが、裏通りの飲食店街では、こんな風景も。真四角のと長四角の2つは昔の看板を撤去した土台でしょうか?パイプは何のためのものでしょう?とにかく、片付けの得意な日本では、特に東京の中央区、千代田区あたりでは、こんな写真は多分撮れません。

 大通りのビルが並ぶ町から1本裏に入ればこんな町。めったに江南には泊まらない私も、やっぱりここは韓国なんだなぁと思っての撮影でした。

 本日は夜間診療、院長は朝から出てきて出張の片付けだの、雑務をやっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事812 홍어삼합

069

  ホンオサムハプ(ホンgオサmハp)です。久しぶりに食べましたが、なかなか美味しかった。もしかしたら外国人用で王初歩用の発酵の浅いものだったかもしれません。でも、噛みしめるにつれ鼻と喉を刺激するアンモニア臭はしっかり感じられました。シンキムチでなかったのですが、充分楽しめました。

 野菜たっぷりで世界一の健康食である韓食のいろいろを楽しめる店へ行ったのですが、後日、改めて紹介しましょう。「美味しいものを少しずつ」という店、今までで一番高級な韓国の食事でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4735 「같은 하늘 아래」 라는 말

282

  新潟大学歯学部、韓国式に言えば新潟大学校歯科大学の先輩と李準圭歯科を訪問してきました。私以上にアクティブな、また気の置けない方ですので2人で楽しく韓国の歯科事情など、勉強してきました。最終日、帰国前のお昼はこちらをいつも見ていてくれる河霜さんと一緒。いい3日間になりました。

 その、昨日のお昼に韓式中華を食べながら話したのですが、韓国人はロマンティックなのが好き、そんなのが言えると思います。韓国ドラマもそうですし、映画もそう。また、本屋で詩集がかなりの場所を占めて売られているのもそう。歌もそうかな? とにかく、日本人よりも平均してロマンチストが多い、そんなふうに思います。

 タイトルは「同じ空の下」という意味ですが、この言葉も決まり文句のように、歌詞やドラマなどに出てくる言葉です。テレビを見ていて気づいたのですが、昔私も持っていたMTVのチョソンモの名曲「アシナヨ」だったか、「같은 하늘 아래 그대와 내가~(同じ空の下にあなたと私が~) 」という部分、私も好きです。

 また、やはりファンだったHOTの名曲「ケンディ(キャンディー)」でも、サビの直前に「우리 같은 하는 아래서 있었지~(俺たちは同じ空の下にいたじゃないか~)?」という歌詞。次に思い出すのはドラマ「オンマヤヌナヤ」というアンジェウクの出てくるのの中で、「같은 하는 아래에 살아 있다면 우리 사랑엔 이별이 란 없어~(同じ空の下に生きている限り、私たちの愛に「離別」は無い)」という歌がありました。

 「同じ空の下」、なかなかいい言葉です。

 写真は銅雀の国立顕忠院(国立墓地)の奥の地図上で丸い形になった稜線からの黒石洞方向、漢江の見える風景です。標高は150m以上。汗をかきながら登ったご褒美の景色でした。左遠方の山は鷺梁津公園がある山、金永三元大統領と偶然お会いできた山です。こんないい景色を見ると、いいホテルの高層階とかに泊まってみたいなとかも思います。景色も値段のうち、そんなふうに考えることができます。

 恒常、「感謝、無欲、行動」でいきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »