« 2014年5月5日 曇りの新潟市です | トップページ | とうちゃんの自転車日記814 生まれて初めて見たもの »

2014年5月 6日 (火)

普通の韓国を探して4737 清涼里水産市場から聖パウロ病院前へ

496

 鍾路の続きの大通り、いつも渋滞してる祭基洞の交差点を過ぎてもう少しで清涼里というあたりで南への大通りがあります。そのすぐ手前、魚関係の店が多い市場がある、その通りへ入りました。

497

 奥へ行くと野菜の市場もありますが、朝は早いけど夜も早く、誰もいません。11月、キムジャンの頃は白菜を積んだトラックで賑わう、そんな場所です。

498

 南の方、典農洞へ行く、国鉄をくぐる道の方、更地になっていました。有名な588、昔はこのバス通りの側にもたくさんガラス窓があったのです。

 ずいぶん前にここで同じ場所の違う日の写真をアップしたあのピンクの灯り、今は小路でなく、更地の前になってしまっていますが、まだやっていました。もっとも、変化の速いソウル、今どうなっているかはわかりません。

499

 昔は建物の間の小路だったあの場所です。

500

 世の中そうなってるものだと考えていますので否定しません。日本人だってたくさん遊びに行っている街です。でも、おおっぴらに丸見えの紅灯街、もうすぐ消えてしまいそうですね。

501

 バス通りを渡った場所。ここから宿への道もピンクの蛍光灯。遊びはしないので遠回りして帰ります。青少年通行禁止区域の立札がありますが、90年代、そういう店がずらっと並んでいた時代も、小学生が通学で使う道でした。

 遊ぶのは否定しません。でも、冷やかしは止めましょうよ。

|

« 2014年5月5日 曇りの新潟市です | トップページ | とうちゃんの自転車日記814 生まれて初めて見たもの »

コメント

 知らないで夜ピンクの灯の店の前に出てしまったことがありました。びっくりしてすぐ道を変えましたが、今となると懐かしいです。これも記憶の中に存在するようになるんですね。
 しかし、夜の清涼里、そういうところがあるせいか路地の闇がなんか艶やかな気がするのは旅人の感傷でしょうか。おとうさんの写真からもそういう雰囲気が漂っている気がしますが。

投稿: かがり | 2014年5月 6日 (火) 09時25分

 写真を褒めていただけると嬉しいです。

 私の腕というか、それよりもたくさんあちこち歩ける脚がいいせいかもしれません。あとは最近のコンパクトデジカメの手振れ防止機能のおかげでしょう。

投稿: おとう | 2014年5月 6日 (火) 15時59分

おとうさん、大変ご無沙汰しております。
49号線繋がりの当地いわき市は、春の花々が真っ盛りです。
清涼里水産市場は思い出深い、何かノスタルジックが漂う場所ですよね。87年初訪韓・初ソウル泊をしたのが富林ホテル。この市場へ見物に行ったら、何やら店先でアジュメが肉を切っていました。私と顔が会いニコリ。アジュメ:XXX???韓国語が全く分かりませんでしたw 肉を見たら、小動物?の大腿部が・・・ 何と湯通した犬を、そこで切り分けていたんです。話には聞いていたけど、、
それと市場の脇や道向かいにピンクの灯り。場所がら需要が有ったんでしょうね~ アノ混沌とした雰囲気がたまらなく好きでした。

投稿: kelly | 2014年5月 8日 (木) 09時28分

 コメントありがとうございます

 87年のこのあたりをご存知とはうらやましいです。95年の初ソウルのときでも、最後の写真のバス通り沿いに店がたくさんで、びっくりしたものです。

投稿: おとう | 2014年5月 8日 (木) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/59593212

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4737 清涼里水産市場から聖パウロ病院前へ:

« 2014年5月5日 曇りの新潟市です | トップページ | とうちゃんの自転車日記814 生まれて初めて見たもの »