« 2014年7月7日 NEOGURIってもしや? | トップページ | 普通の韓国を探して4847 初めての場所 星州 »

2014年7月 8日 (火)

普通の韓国を探して4846 忠南泰安郡安興の廃教会堂を訪ねて

265

 バス停へ戻ってきました。向こうに見えるのが新津島への橋です。泰安からのバスは右車線でこの道を降り、中央の道をやってきて停留所。そして写真右手へ曲がってまた橋の方へ戻って渡ります。

 干物を干す台に置かれた白いのは残念ながら魚ではなく作業用の軍手でした。
 

266

 1本バスを見送ったので次の便まで1時間弱ありました。安興城址へ行けたらと思ってバス停前の坂道を上がってみます。


267

 だんだん安興の町を見下ろす感じになってきました。向こうが新津島です。


268

 汗をかきながら登ると一軒の廃屋と教会。教会もどうやら使われていない様子です。信者が不足でやっていけなかったのでしょう。また新津島への橋ができて、観光、漁業の中心がここから新津島の安興外港に移っての人口減とかもあったのかもしれません。


269

 夜来たらこわそうですが昼間ですので何でもありません。細い道を相当登らないといけないので脚が弱い人はちょっと来られません。そんな位置も、信者不足に関係ありそうな場所でした。

 少し前の町中からの写真も合わせてご覧ください。この後、もっと上って安興城に行けないかこのお堂の裏へ行ってみましたが道はありませんでした。ここまで来る途中、山道の十字路があったのでそっちへ戻って見ます。つづく。

|

« 2014年7月7日 NEOGURIってもしや? | トップページ | 普通の韓国を探して4847 初めての場所 星州 »

コメント

 勿体ない位立派な廃墟ですね。こういうものってなんかオーラがあるんですね。昼間でもちょっと怖いです。

投稿: かがり | 2014年7月 8日 (火) 22時00分

 そうですね、左の牧師さんのお宅もなかなか立派です。車は入れない山の中腹ですので、建設は大変だったでしょう?景色はいいけれど、信者さんも行くのが大変、そんな場所でした。水はどうしていたんでしょう?電気はありましたけど。

投稿: おとう | 2014年7月 9日 (水) 06時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/59947161

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4846 忠南泰安郡安興の廃教会堂を訪ねて:

« 2014年7月7日 NEOGURIってもしや? | トップページ | 普通の韓国を探して4847 初めての場所 星州 »