« 2014年8月2日 長岡花火がある週末です | トップページ | すばらしい韓国の食事833 清涼里の美味しい食堂 北京飯店でチャジャン麺 »

2014年8月 3日 (日)

普通の韓国を探して4882 廣蔵市場の屋台に変化が

315


 もう15年以上も通ってる廣蔵市場の屋台群ですが、ちょっと変化がありました。東の方へ続くこのグループ、麻薬キムパプ類似点が増えたこと、一皿の単価の協定価格がかなり上がったことを書いていますが、新しい店がいくつか、それがケコギの店なんです。

 写真右手アジョシが2+2、4人座っている店、「栄養湯」って小さな看板が見えますが、ここの他にも「補身湯」、もしくは「栄養湯」と掲げた店ができています。

 参鶏湯とともに夏の補身食として主にアジョシ、ハラボジに人気があるケコギですが、もしかして中国人観光客が増えたから?かとも思えます。

 補身湯(栄養湯)は10000W、スユク、ムチムは20000Wとありましたがこれも多分公定価格。気軽に広蔵市場でも犬肉料理が食べられるようになったのはケコギファンの一人として嬉しく思えます。次回あたり、きっと行ってみましょう。

 そう言えばここで、多分日本で最初に紹介したと思ってるユッケのチャメチプですが、鍾路沿い、バス停の前に3号店もできてました。日本人、相当行ってるのかな?

|

« 2014年8月2日 長岡花火がある週末です | トップページ | すばらしい韓国の食事833 清涼里の美味しい食堂 北京飯店でチャジャン麺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/60089935

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4882 廣蔵市場の屋台に変化が:

« 2014年8月2日 長岡花火がある週末です | トップページ | すばらしい韓国の食事833 清涼里の美味しい食堂 北京飯店でチャジャン麺 »