« 普通の韓国を探して4921 達磨寺へ行ってみた1 | トップページ | 普通の韓国を探して4923약수터(薬水ト) »

2014年9月19日 (金)

普通の韓国を探して4922 達磨寺へ行ってみた2

291

 日本で言う本堂が大雄殿なのでしょう。お参りして見学を続けます。


292

 国立墓地をぐるりと取り巻く稜線上の小さなピーク直下にこのお寺、あるようです。さらに上れそうではありますが、李準圭先生との約束があるのでそろそろ宿へ戻る時間も考えないといけません。


294

 こちらは建築中のお堂。これも赤と緑になるのでしょう。なんとなく塗らない方がいいと思うのですが、それが韓国の仏教なら仕方ありません。


295


296

 山の斜面を利用したこんな穴倉みたいなのもあります。少林窟という名前。奥にはやはり仏様かな?


297

 山門は上に上がれるようになっています。ブチョニムオシンナル(仏様がいらっしゃった日)の飾りが目立ちますね。

|

« 普通の韓国を探して4921 達磨寺へ行ってみた1 | トップページ | 普通の韓国を探して4923약수터(薬水ト) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/60339265

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4922 達磨寺へ行ってみた2:

« 普通の韓国を探して4921 達磨寺へ行ってみた1 | トップページ | 普通の韓国を探して4923약수터(薬水ト) »