« 2014年9月5日 雨の新潟市です | トップページ | 2014年9月6日 忙しい土曜日です »

2014年9月 6日 (土)

普通の韓国を探して4912 在来市場の様変わり

200

 ここでも何度も市場の様子を紹介していますが、区画整理をして立派な屋根を設けてという改善が韓国各所の市場で行われています。ただ、それが直接在来市場の振興に役立ってるかというと空振りのケースも多く、お金をかけたのに櫛の歯が抜けるように空き店舗が増えたり、ということも多い感じです。写真はこの夏の瑞山の市場です。むこうには結構広い駐車場も作られていますが、やはりちょっと寂しい感じがしました。


126

 2000年代前半、慶南の昌寧のチャントです。左に屋根を作る工事をしていたところです。今年も昌寧は訪問しましたが、市場へは行っていないので今の様子はわかりません。昌寧、特に五日市の立つ日の訪問はお勧めです。火旺山の山裾の町、半日で歩けるちょうど良い大きさの歴史ある町です。

  右手の露店で串に刺して売っているのは干した紅合(ホンgハp=ムラサキイガイ)です。大阪の鶴橋の市場でも見かけます。慶南の産物でしょう。


206

 こちらも昔の栄州の市場です。コルモク市場で、五日市とは別ですが、雑多な感じがわかってもらえると思います。

 壇一雄さんの言葉、外国へ行ったら市場へ行って、女を買って、、あと一つは何だったっけ?とにかく韓国の地方都市の市、それぞれ特徴があって面白いものです。

|

« 2014年9月5日 雨の新潟市です | トップページ | 2014年9月6日 忙しい土曜日です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/60267453

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4912 在来市場の様変わり:

« 2014年9月5日 雨の新潟市です | トップページ | 2014年9月6日 忙しい土曜日です »