« 普通の韓国を探して4920 グリルモドゥムソーセージ | トップページ | 普通の韓国を探して4922 達磨寺へ行ってみた2 »

2014年9月18日 (木)

普通の韓国を探して4921 達磨寺へ行ってみた1

285

 韓国の人、身体を動かすのが好きです。軽い登山にしばしば出かけたり。そこまで行かぬまでも近隣公園の薬水ト(ト=場所という意味の固有語、ex.、ジャント)行ったり。そして面白いのはさらにそんなハイキングコースにもアスレチック器具がたくさん置かれていること。このアジョシも山道の途中のアスレチックマシンで体操した後に歩き始めたのでした。

 場所は国立顕忠院の裏山です。通称国立墓地。銅雀駅すぐにある丸い谷全体を使った墓地公園です。その奥からさらに上ると稜線に出ることができ、手軽なハイキングコースになっています。


286

 おっ?!と思ったらお寺のようです。地図で見ると達磨寺(タルマサ)とあります。入ってみました。


288

 こんな感じ、いくつかの建物があります。


289

 稜線のすぐ下の斜面にありますので境内も傾斜があります。黄色いリボン?


290

 ソウル市庁前広場は有名ですが、その他、韓国中の各所でセウォル号沈没事件の追悼リボンがあるのでした。仏教、基督教を問わずなのかな?国中が祈っていた4月末の韓国でした。

|

« 普通の韓国を探して4920 グリルモドゥムソーセージ | トップページ | 普通の韓国を探して4922 達磨寺へ行ってみた2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/60334715

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して4921 達磨寺へ行ってみた1:

« 普通の韓国を探して4920 グリルモドゥムソーセージ | トップページ | 普通の韓国を探して4922 達磨寺へ行ってみた2 »