« 2014年12月30日 仕事納め、大掃除です | トップページ | とうちゃんの自転車日記918 2泊3日24800円 »

2014年12月30日 (火)

普通の韓国を探して5022 ちょっとした疑問

388


 日本の焼肉屋さん、大抵「上ミノ」ってメニューがありますが、この「上ミノ」と「上」ではないただの「ミノ」を置いてる店はほとんど無いはず。大阪あたりでは少しあるかもしれませんが、日本のミノはほとんど「上ミノ」でしょう。

 この上ミノ、韓国でも「特양」という名前であることが多いような気がします。日本よりも「ヤンg」とか「ヤンgクイ」というメニューを見かけるような気もしますが、やはり基本的に白くて分厚くて、でもコリコリしつつも柔らかいやつは「特ヤンg」って名前になるみたい。

 日本でも韓国でも「ミノ」は上もしくは特が付くのは何ででしょうね?

 写真は先日蠶室というか、芳イ(草かんむりに「夷」)洞になるのかな、江南のソコプチャンの店で食べたもの。けっこう高いですが、美味しい上ミノ、もとい、「特ヤン」でした。

|

« 2014年12月30日 仕事納め、大掃除です | トップページ | とうちゃんの自転車日記918 2泊3日24800円 »

コメント

ミノとは牛の第一胃でしたか、私は牛肉はあまり食べないのですが美味であることはわかります。第二胃のハチノス、第三胃、第四胃のセンマイやギアラと呼ばれるものは見た目がすごくて(もっとも調理前の状態を見かけることはほとんどない、と思いますが)ちょっと食べるのは勇気が要ります。

上や特が付くのは寿司屋さんなどで「特上」「上」があって、「並」などの表記をあまり見かけないのと同じかもしれません。

投稿: 慈雨 | 2014年12月31日 (水) 17時11分

 そうですね、縁起担ぎというか景気付けみたいなものかもしれません。しかし2つの国で同じ素材でどちらも「高級」と言うのが付くのはミノだけ。ちょっと面白いなと感じています。家内に話すとそんなことどうでもいい、って言われてしまいますが。

投稿: おとう | 2015年1月 2日 (金) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/60890338

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5022 ちょっとした疑問:

« 2014年12月30日 仕事納め、大掃除です | トップページ | とうちゃんの自転車日記918 2泊3日24800円 »