« 2014年2月23日 - 2014年3月1日 | トップページ | 2014年3月9日 - 2014年3月15日 »

2014年3月 8日 (土)

すばらしい韓国の食事806 韓国の刺身 ヒラメとクロソイ

372

 ソウルは江南、新川のあたりです。このあたりでもテヘラン路というのかな?三成で川を渡った先はほとんど平らな道でこの新川、そして蚕室へ続く大通り、退勤時間でもありかなりの人出でした。

373

 そしてこちらでもしばしばコメントいただく河霜さんとその奥さんとの食事、私の希望で刺身にしました。何度もここで書いているように韓国の刺身は基本的に活魚の一尾買い、でも、一部、フェモドゥムとかがある店もあります。ここでも、ヒラメとウロク(クロソイ)のセットがあったのでそれを注文しました。韓国で刺身屋へ行ったことがある方ならご存知でしょうが、注文の刺身が出る前にツキダシと言われるオマケのおかずがそれこそ何種類も出てくるのです。そして、きっと鉄皿にのったコーンバターが出るのもお決まりです。そんなツキダシを食べて飲みながらしばらく待つと、メインの刺身が出てきます。 あまりツキダシを食べすぎると刺身が来る前にお腹いっぱいになってしまうというのも本当です。

374

 刺身の拡大。春雨のような感じの食材の上に載って出てくるのも韓国式。余計な水気を吸い取ってくれるのを期待しているのかもしれません。上の3分の2くらいがヒラメ、下の一列がクロソイだと思います。それほど大きくないヒラメ1尾にクロソイの半身、そんなところかもしれません。

 上に見えているのは生のにんにくと甘酢漬けのラッキョウ。何故か韓国、刺身の時はらっきょうも出てくるのです。日帝時代の名残でしょうか?ラッキョウは韓国語でもたしかラッキョウだったはず。まぁ、美味しければいい、そんななのでしょう。

 忙しかった土曜日の診療、もうすぐ上がりです。お疲れ様。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4662 清モテル→クイーンモテル→K-citiy Hotel

477

  これでどこだかわかったら相当のソウル通。聖パウロ病院の間の道です。まっすぐ行くとガラス窓いくつかを経てニューブリムホテル、そして清涼里駅です。

478

 これはモテルの部屋。ニューブリムにも何度も泊まった時期がありましたがその隣のモテル、「청모텔」にも何度も泊まりました。その後、経営が変わったのか「Qween Motel」になった話はここでも書きましたが、この2月の訪問ではまた名前と内装が変わり、K-city Hotelになっていました。値段を聞くと5万W。まぁいいかと思って1泊です。

479

 清掃は良好、清潔です。

480

 ただ、一般室には浴槽がありません。これは昔もそうだったかな。

483

 内装がごくごくシンプル。私の後に中国人の若者が旅行に来た知人カップルの部屋を交渉していましたが、まぁ、モテルと言っても普通の安い宿泊施設です。

482

 面白かったのがこれ。浴室の業務用(韓国語では業所用)のシャンプーなど、前のクインモテルのボトルのままでした。

505

 さらにさらに、笑ってしまうのがこれ、、前のクィーンモテルのさらに前の「清モテル」の時のトレーがまだ使われています。

 韓国のスポーツ新聞などを見るとモテルの売買などの不動産広告がたくさんあります。ここ、ソウルの清涼里ですので、100億とかそんなかもしれませんが、ころころ経営が変わる韓国、まったくもって面白い国です。、もちろん、いい意味で、ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4661 華城市鳥岩面雨汀里の大きな木

225

 店も物もたくさんの韓国、京機道華城市鳥岩面の邑内である雨汀里にもこんな商業ビルがあります。「金社長ニm!!」と大声で呼びかけると何人もが振り向くという自営業者が多い韓国です。

227

 幼稚園へおばぁちゃんと行くところ?車道を歩くのは田舎では普通。アパートもでも1棟だけ聳えていますね。

228

 左へ入る道、少し先の広場にカチ(かささぎ)の巣がある大きな木があります。これは見に行かないといけません。

229

 日帝時代、そして韓国戦争を見てきた大木です。葉っぱが無いので何の木だか、植物博士の私もわかりません。

230

 ちょっとした石の囲いの中に丸い井戸のようなもの。これはますます昔のことが知りたくなる状況です。

231

 石のお金のような蓋がされています。何かの重しでしょうか?近くに町の古老がいたら是非とも由来を聞いてみたいこれ、何なのでしょう?この木とこれを見られただけでも雨汀里まで来た甲斐があるというものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月 7日 (金)

2014年3月7日 8時まで電話番

22

  こんばんは

 診療は終了、スタッフは友人と食事とのことで先に上がり、院長が8時まで留守番です。こんな遅い時間に電話なんか、、、と思っていたら夜間診療であることをご存知の古い患者さんから予約の電話がありました。ちゃんと残ってて良かったなぁと感じる一瞬です。あと16分待って、晩酌の酒を買って帰宅します。明日も明後日も忙しいので適度に、飲みましょう。

 写真は多分、これは初めてだと思う松屋の鉄皿トンテキのおかず部分。店により1月初めに終了したメニューですが、車でちょっと行った場所の店では少し前までやっていました。大人気のメニューですのでまた11月くらいの再開を待ちましょう。 思うのですが、「美味しいものを食べて、ああ、美味しいなぁ」と感じることは大事です。食育だのマクロなんたらだの言いますが、一番大事なのは「美味しいと感じながら食べること」ではないでしょうか? いくら身体に良いと言っても「美味しくないな、これ」と思いながらの食事では吸収もうまく行かず、意味が無いのではないかな。 ともかく毎食美味しいなと思って食べられることには感謝しないといけませんね。

 ひとつ、昨日あった嬉しいことですが、なくしたと思っていた手袋の片方、車の運転席の脇に落ちていました。片方だけの手袋は役に立ちません。捨ててしまおうかとも思っていましたが、探してみるものです。これもラッキーなこと、感謝しないといけません。

 と、ここでまたまた予約変更の電話。うんうん、ツいてる、って思いましょう。さて、あと9分で上がります。それでは皆様、よい週末をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記798 初めて歩く街 福島市2

034

 大好きな昼間の飲み屋街歩きです。夜でもいいけどお金がかかりますよね。こんな古そうな長屋風ビル、心をそそられます。私だけかなぁ。

035

 ずっと駅の方へ向かって続く繁華街。あいにく雨が強くなってきました。

044

 駅正面の大通り方向です。どうも中途半端な再開発をしたけど、あまりうまく行っていない、そんな感じがします。

047

 大通りを渡る場所。韓国居酒屋がありました。青い看板は昔流行ったポーカーゲーム機の店でしょうか?まだあるんですねぇ、福島市。

058

 いい感じの飲み屋が集まる小路。こういうの、好きです。韓国系の店の看板もちょくちょく見かけられましたが、多いのは中国系の店。日本中どこの繁華街もそうかもしれません。  

 あと、気づいたのは風俗紹介無料広告雑誌がすごく多いこと。何種類も立派なのが置かれています。もしかして?と思うのは原発事故の処理関係とかで人が集まる→けっこういいお金をもらう→休みの日には福島市まで遊びに来ていろいろな分野で豪勢にお金を使う。そんなのがあるのかな?

066

 これはだいぶ駅に近い場所。やはり古い飲み屋中心の建物です。福島市の繁華街、夜はどうなんでしょう?行ってみたいなぁ。

072

 福島街歩き、遅めのお昼の後はメインイベント、昼間の奥羽本線、板谷峠越え。15時57分の米沢行き普通列車に乗りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記797 初めて歩く街 福島市1

024

 初めての街を歩くのは楽しいもの。ことに、県庁所在地でありながら通過するだけだった福島市、長くは居られませんが好奇心を持って歩き出します。これは駅前の大通り。でも、昨日書いたようにどこか「狭い」という感じを受ける街です。

026

 しばらく行って少し細くなると古い建物がぽつぽつ。

028

 歯医者さんが入ってるこのビルも古そう。この先左右に走っている道が旧街道なのかな?と思いました。

030

 アーケード付きのこの道です。昼食も食べないといけないので左へ、仙台方面へ歩きます。

031

 少し曲がって続く、たぶん昔からの街道でしょう。ここでまた左へ、駅の方へまた戻ります。お昼を食べるためです。

032

 ちょっとした繁華街になってきました。昼間の飲み屋街に期待です。さてでも、どこで何を食べましょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4660 華城市鳥岩市外バスターミナル

224

 写真が多くってすみません。京機道の華城市、鳥岩面の市外バスターミナルです。観光交通時刻表では数字無しの黒丸ですが、ちゃんと出ている小さなターミナルです。旅行をするとき、国内でも外国でも、一日に一つ、「来てよかったな」と思える風景に出合えればオーケー、それくらいに考えていますが、この鳥岩面雨汀里もそんな場所でした。到着時と帰りの写真を合わせてまずはターミナルの紹介です。

 わざわざ行った西水原ターミナルからのバスは1時間に1本も無かったため、タクシーで水原駅。そこでもうろうろバスを探して、やっと見つけた路線で途中の発安里。そこでたまたま見かけた座席バスでここまでやってきました。敷地は小さいけれど、けっこう座席バスがいるターミナルです。

262

 これは再掲、ターミナルの脇です左がターミナルの建物。韓国の工場があるところ、外国人労働者がいると言ってもいいかもしれません。特にソウルから100キロ圏では、まず、外国人のコミュニティが田舎町でも形成されつつあるようです。

264

 同じ道の少し先。いい感じの朝日が当たる細い道、上手く撮れた好きな1枚です。「ターミナルヨルセ(鍵)」、ターミナルの周囲には食堂、美容室、茶房、コーヒーショップ、スーパー、「ターミナル~」という名前の店がけっこうあるのが韓国です。

2631

 人が集まる場所にはナイトの広告あり。それが韓国です。これはどこのかな?

2661

 さて、帰りにターミナルまで来たら驚いたのがこれ。水原行き、さらにはソウルの舎堂行き、かなりの本数で座席バスが走っているのでした。ちょっとがっくり。自分の韓国地方旅行力がまだまだであることを痛感しました。3時間くらいで来た道、1時間ちょっとで帰れるのですから。 韓国、どんな田舎でもソウルへの帰還は比較的容易、そう言えるでしょう。

 最初に私が探していた水原駅33-1という市内バスは左下。それよりもずっと多くの座席バスがあるのでした。

265

 古いターミナルによくある薄暗い待合室です。

2681

 古い古いブラウン管のゲーム機。コンピュータ&スマートポンの普及は日本以上の韓国、誰がやるのでしょう?小さい子供かな?それでもDSだの、けっこう持ってると思うのですが。

2691

 こんな小さなターミナルにも売店があります。切符はほとんど交通カード(Tマネー)でしょうが、手売りの切符もあるのかもしれません。

 雨汀里の町の写真はまた今度。お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

2014年3月6日 少し雪が積もった新潟市です

041

  おはようございます

 今日も休みです。昨日の疲れか、少し遅く起きました。犬は寝ていたのでゴミだしだけやって車の雪を払って出てきました。午後は家内が出かけますが午前はとうちゃんの休み。これからどこかで食べてまずは理髪所へ。その後は買い物かな?

 医院のドアを開けて床上げ部分に上がりスリッパを履くときに手を合わせて「感謝、無欲、行動」と小さく言います。そんな習慣ができました。できるだけシンプルな生活を送りたいものです。普通にいられるだけで感謝、そんな気持ちでいたいです。いいことがあれば、なおさら感謝です。誰に?って聞かれると困りますが、世界じゅうの神様でしょうか。

 写真は昨日、福島市で食べた餃子。宇都宮の続きみたいな地方ですのでけっこうがんばっているみたいで、あちこちに幟が見られました。お腹がすいていたので一つ食べてしまった後での撮影でした。餃子はパスタの一種、そう考えています。美味しかったなぁ。「美味し~い」と感じることも大事ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記796 青春18きっぷ2014春 第1弾

008

 ここ、会津若松駅です。日本では珍しい行き止まりホーム。新潟から来た列車も郡山から来た列車もみな写真正面から来て行き止まりホームに停車します。快速あがの号で2時間ちょっと。普通切符で乗れる優等列車でした。会津若松での時間は30分くらい。トイレへ行って、お菓子を買って、郡山行の快速に乗り換えです。昨年夏に来たときは別の時間だったからか、特急型の電車でしたが、今回は普通のセミクロスの電車でした。

016

 郡山駅です。ここでも接続時間は30分くらい。駅構内を歩いて行動食の笹かまぼこを購入。福島行きの2両編成、東北本線に乗り換えです。昨年夏に矢吹方面へ乗った時は女子高校生の言葉に強く訛りを感じましたが、今回福島方向へ乗ったらあまり感じませんでした。東北訛りというよりもあれは北関東訛りに近かったのかなとも思っています。

021

 初めての福島駅での下車でした。駅前の地下道入り口ですが、何だか狭い、というのが第一印象。駅前広場も、広場と言えるほどの感じではありません。駅の中の名店街みたいなのが繁盛してました。

 福島では2時間半ちょっとの時間があります。初めての街を傘をさして歩き回りました。結構な雨で靴が濡れてしまったなぁ。その後、初めての昼間通る板谷峠です。連続する急勾配、それにトンネル。スイッチバックの遺残がありましたが、今の電車は何事も無く上って行きます。10キロもある駅間距離、人里が見えないそんな峠道。昔はほんとうに難所だったのでしょう。峠のあたりからは積雪が急に増えました。

091

 60センチほどの積雪があった米沢です。ここでも2時間くらいの時間があったため、3度目の米沢歩きになりました。夕食をどうしようか?とも思いましたが、福島でのお昼が遅めで、たくさん食べたため結局朝の新潟駅で買っておいたパンを、べにばな号の中で食べました。8時24分新潟を出発、少し遅れたけど21時20分新潟帰着。万歩計は19185歩。たくさん乗ってたくさん歩いた充実した一日になりました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 5日 (水)

2014年3月5日 雨の水曜日、休日です

383

 おはようございます

 遠足の日は早く起きてしまう、今日もそんな朝でした。天候はあいにくの雨。でも、2300円普通列車乗り放題の旅、楽しんでまいります。一応予定は立てましたが、変更も自由。多くは知った路線ですので、ずっと景色を見ていなくてもオーケー。自由な一日を、お金はあまりかけないけど贅沢な時間を楽しんできたいと思っています。できれば傘は邪魔になるので、しばらく医院で時間をつぶして駅へ向かいましょう。行動食のパンを買って8時過ぎの磐越西線の快速に乗るつもりです。昼間通るのは初めての板谷峠が楽しみです。

 写真は尚州駅。日に数本しか走らない韓国のローカル線の駅です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4659 ケンチャナヨだなぁ

633

  ヒルトン第2オケラ坂を(第1は大宇ビル裏、旧陽洞遊郭の方へ下る道)下りてきて退渓路に出たあたりの食堂のメニュー看板です。セウポックムパプ(えびチャーハン)がジャンバラヤという表示。まぁ、エビが入ってるのは一緒ですが、代表的なケイジャン料理のあれとはだいぶ違うような気もします。後から気づいたのですが、右のやつも「ポックmパッp」という割にはトッパプ風。海物ポックムパプではないような気もします。

 最近はハングルの他に、中国語、英文併記の広告も増えましたが、食堂のご主人とシート出力屋のアジョシが一緒に作った広告、かなりケンチャナヨな部分が多いような気がします。 でも、どこかカワイイ商魂が感じられて、こういうの、好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 4日 (火)

すばらしい韓国の食事805 子宮、子袋、コブクロ、セッキポ、アンポン(アムポン)

895

 廣蔵市場のハルモニチプスンデに久々に行ってみました。前にナジュチプの項でも書きましたが、この廣蔵市場の屋台街、価格表示がされたようです。スンデとかモリコギ、内臓など、肉系のアンジュは一皿7000Wもしくは10000W。チョッパルだのは多くは10000Wが最低と考えた方が良さそうです。私が食べていた時も5000W分と言って断られたアジュマがいました。「今どきの市場で5000Wは無いよっ!!!」となかば怒った風に名物ご主人アジュマが言い放っていましたので。

 私もボられるのは好きじゃないので、値段を確かめるというか交渉します。この時は美味しそうな経産雌豚の太いコブクロがあったのでそれとモリコギで量は少なめにして10000W、それとマッコリ、という注文でした。いろいろ取り合わせて10000W。何だか高くなったなぁとは思いますがまぁ、韓国の人もそんな料金なので納得です。

896

 若い豚の子宮は細いのですが、経産豚のものは何倍も太く、中が茶色っぽくなります。特に二つに分かれた部分が厚くて太くてコリコリした食感で美味しいんです。コブクロのあそこ、わかる方、おられるでしょう? 死んだ父が勤めていた歯医者の先生は戦前に日本大学で学んだ台湾人。正月など毎年招かれてご馳走になっていましたので、コブクロ、ガツ、香腸、子供の時から大好きでした。今でもいいコブクロを見かけると買ってきて台湾風に生姜醤油味で炒めて食べます。ちょっと見えている厚みがあって平らな部分は豚の膣かもしれません。歯ごたえがあってここも美味しかったです。

894

 飲み物はこれ。2月21日の長寿マッコリ。これは、2月21日のお昼の写真。そのまんま工場から届いたばかりの均一な真白い色の長寿でした。

897

 ハルモニチプスンデの裏には、ここ、何屋だったかな?モニョキムパプの固定店ができていました。何度も書いているようにこの廣蔵市場のどこでも麻薬キムパプを売っているのです。ちょっとフクザツな気分ですね。

 

 タイトルはコブクロのいろんな呼び名。光州なんかではセッキポ、これはソウルでも通じます。また、アムポン(あmポン)という名前もあるみたい。この時はそのアmポンという言葉で注文しました。もう15年も通ってるんだよ、俺のことわかる?と聞きましたが、調子の良い答え。たぶん、けっこう来るイルボン観光客の一人なんだろうなぁ、、、

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して4658 4号線倉洞 高架下のポジャンマチャ村

416

 上に見えるのは4号線。この倉洞から終点のタンコゲまでは地下鉄が地上の高架線を走ります。その下にはテントが。どうやらポジャンマチャ村のようです。

417

 未成年者は入れないよ、という掲示。でも、韓国映画を見るとけっこう高校生の飲酒シーンが出てきます。思い出すのは「潜伏勤務」、「頭師父一体」、「海賊、ディスコ王になる」あたり。でも、家に帰ると顔が赤くなってばれるのであまり飲酒は盛んでないように思えます。喫煙は日本同様、けっこうやってるみたいですけど。

418

 しっかり掲示してあるメニュー。あれこれ日本の居酒屋のように頼めば高くなりますが、普通に韓国式に飲む分には安いもんです。

419

 いろいろ食べてみたいメニューがありますね。でも、ポジャンマチャ、美味しいものを食べるというよりは、足りない酔いをプラスする、そんな場所のように思えます。ですので、飲み物はたいてい焼酎です。

420

 倉洞駅方向の風景。もう開店準備を始めた店があるようです。宿がこの辺とかでないと、帰りが大変そうでちょっと行きにくいかなぁ、ここ。でも、ソウルのあっちこっちにまだまだ屋台、ポジャンマチャは残っています。少し言葉ができれば、まず安心して飲めるでしょう。かえって明洞とか南大門、外人が多い街のがぼる店は多いと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4657 旅行に行くといつも早起き

148

 朝の5時頃の写真です。2泊3日の中日を有効に、ということで、前夜夜更かししていても早起きしてしまう私。これはどこへ行った時かな?

149

 この写真で場所が分かった方、多いと思いますが、あの三豊商街とか、鍾路から退渓路まで続くビルの下です。70年代の建築でしょうか?まだソウルに今ほど大きなビルが無かった時代に、延々1キロ近くも続く(大通りで途切れてはいますが一直線です)大建築ですので、昔は相当目立ったことでしょう。

150

 放置自転車のかごにゴミ。これは日本でもよくある風景。放置する人、ごみを捨てる人、どっちも困ったものです。

151

 もうすぐ退渓路というあたり、まだ灯りが点いている遊興酒店です。女性従業員、男性従業員、まだいるのかな?あまり韓国の夜の世界については知りませんが、ご苦労様です。

152

 退渓路を渡って大韓劇場前。24時間営業の粉食チプでテンジャンを食べてソウル駅へ向かったのかな?天安だったか、洪城だったか、どこへ行った朝だったかは覚えていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

普通の韓国を探して4656 馬山魚市場 アミアンモテル

139

 ソウル駅からKTXに乗り、馬山駅には4時台に到着。便利になったものです。馬山駅からバスで馬山南部市外バスターミナル。気に入ったモテルが無いので歩いて新馬山を見て、魚市場あたり。そろそろ疲れてきたので大宇デパートそばのここに決めました。割合新しい感じ。4万Wでした。普通の旅行の老夫婦なんかと一緒のエレベータ。韓国のモテル、別に普通の安くて手軽な宿泊施設です。

1401

 エレベータを降りると、、、こんなのまだあったのですね。VHSの再生機、ちゃんとありました。

141

 浴室です。ジェットバスは予想通り、壊れていました。あまり小さい浴槽では沐浴せず、大きな風呂のあるサウナや沐浴湯へ行くのが好きな韓国人ですので、シャワーだけの宿も結構あります。そこそこのホテルでもシャワーだけだったりすることもあるので、浴槽があるだけでもオーケーです。

142

 電気敷き毛布がありました。上にかけるのは薄いのだけ、それが韓国です。高級ホテルは羽根布団だったりもしますけど。

144

  フロントで渡されるお泊りセット。ホテルのネーム入りで、ちゃんと避妊具も入っていました。こういうのを集めてみるのも面白い韓国趣味かもしれません。江陵の端午祭のときに泊まったモテルのこのケース、まだ貯金通帳入れに重宝しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年3月3日 青春18きっぷ旅第1回はどこへ?

158

  普通列車なら1日2300円で乗り放題という青春18きっぷ、この春のを買いました。すでに使用期間が始まっています。夏の期間よりも短いので計画的に使わないといけません。1回目は明後日の水曜日を考えているのですが、昨日の休み、あれこれ時刻表を見ながら行先を検討しました。

 今のところ第1候補は福島市。ちょうどこの春、転医する患者さんが行く街です。新幹線、高速道路で通過したことは何度もありますが、自分の脚で歩いたことはありません。「街の真ん中に小さな山がある都市」というのがイメージです。往復同じ経路はつまらないので、磐越西線のあがの号で会津若松、郡山、福島。帰りは福島から米沢に出て米坂線のべにばな号で、と考えています。もしくはこの逆コース。

 昔の鉄道ファンなら4110型という古い機関車が活躍した板谷峠越えをご存知だと思います。福島市を見ることの他に、この鉄道名所でもある板谷峠越えがテーマ。奥羽本線の在来線、本数が少ないのですが、是非とも昔の難所、見てきたいと考えています。郡山先回りを考えたのはこの板谷峠を上る方向で考えたのが理由です。

 写真は佐世保市、「昼間の飲み屋街」。これも私の好きなテーマの一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4655 南旨の小さなバスターミナルへ

242

 1週間ほど前の記事の答えです。1枚目はクマ(テグのクと馬山の馬)高速道路の南旨という出口。右に青いタンクが見えていますが、高速を降りてきた車全部に両側から液体が噴射されます。

243

 これがこないだの写真。バスの窓はこんなふうに細かい水滴で覆われます。韓国の冬のバスが汚れ気味になる理由の一つでもあります。

244

 少し後に停車した南旨ターミナルでの状態はこんな。外が見えるようになってきました。これ、韓国の田舎、畜産が盛んな場所で見られる口蹄疫の防疫、車の消毒です。慶南北部から慶北南部のこのあたり、肉牛がたくさん飼われていて、牛肉の名産地の一つでもあります。外国、また国内の他の地方から口蹄疫のバイラスが入ってこないように、車はどこかでこの防疫処置を受けているのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

すばらしい韓国の食事804 屋外で食べるといつもより美味しい

988

 昨日の記事の続きです。帰国日のお昼は、ソウル駅で麻薬キムパプを食べました。テーブルも無いので例の黒ビニル袋を開き、パッケージを開けて芥子醤油を上からふりまき、タクアンもコブクロから出してばらばらのっけていただきます。長めの爪楊枝があるので大丈夫。 一見、すごい食べ物のようですが、普通に美味しい。特に芥子醤油が酢飯でないご飯によく合います。

 前にも書いたように元祖は母女キムパプだけでなく、東寄りの屋台街でもたくさん「麻薬キムパプ」を名乗る店、もしくは屋台での販売があります。わざわざ食べに行くほどでもないけど、かなり美味しい。そんな面白いメニュー、私もファンになってしまいました。

990

 気持ちのいい青空の下での飯。普通より美味しく感じます。公園へ行って、お湯を沸かしてカップめんを食べるとかでも、家で食べるより美味しく感じそう。人間が遺伝子の中で持っている「野生」が少しだけ目を覚ますのかもしれません。

989

 やはり宗教の勧誘?ソウル駅前、いつ行っても楽しい。私にとってはそんな場所でもあります。

 今日は休み。小雨が降っていますが寒くはありません。車でどこか行ってみるかもしれません。まずはどこかで何か食べましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月23日 - 2014年3月1日 | トップページ | 2014年3月9日 - 2014年3月15日 »