« 2014年4月27日 - 2014年5月3日 | トップページ | 2014年5月11日 - 2014年5月17日 »

2014年5月10日 (土)

とうちゃんの自転車日記817 칠엽수並木

057_2

「칠」は漢字の「七」

「엽」は漢字の「葉」

「수」は漢字の「樹」

 

 「七葉樹」という韓国語は漢字語で、日本語の方が固有語の「栃の木(とちのき)」なのでした。

 写真は新潟市の紫竹と本馬越の境界の道。街路樹が栃の木で、秋には大きな落ち葉とつるつるの皮無しの栗の実みたいな栃の実で掃除が大変そうな道路です。

 先日行ったソウルの新川駅そば、蚕室側の道路の街路樹がこの栃の木で、ハングルで検索したらやはり街路樹(가로수=カロス、カロスキルのカロス)に多く使われる木だとありました。隣り合う2つの国、植物もけっこう似ています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月10日 「朝は機嫌よく」

001

 医院のそば、よくお昼を食べに行っていた食堂ですが、少し前にご高齢のため、引退、閉店されました。ご夫婦でやっていて野菜炒め定食とかとんかつ定食、大きなオムライス、私は職業柄、食べられませんでしたがニンニクたっぷりの焼肉定食がなどが人気でした。

002

 ショーウィンドウは営業時も使われてはいませんでしたが、置物だの、貼り紙だの。左の日焼けしたのは教育勅語だかです。

003

 ネットで見るとどこかのお坊さんが考えた言葉とされているケースが多いですが、「親父の小言」という既製の印刷物があり、その最初が「朝は機嫌よくしろ」という言葉。これ、当たっています。

 早起きを勧める本は多いけれど、結局一日の基本は朝。早めに起きて、しっかり朝ごはんを食べ、機嫌よく一日をスタートする。私もできれば、と心がけている言葉です。

 その他にも、まぁ当たり前と言えば当たり前ですが、なかなかいいことが書かれています。興味ある方は「親父の小言」で調べてみましょう。全部が気に入らずとも、今の自分に合っているなという言葉がきっとあることでしょう。

 この食堂のおやじさん、「親父の小言」ではないですが、いつもついてるテレビでひどい事件、外交的トラブルなどが報じられると独り言のような感じでぶつぶつ。そして、客にも相槌を促すような感じ、私しか客がいないときなどちょっと困ってしまったりした経験があります。

 でも、私もそんな気持ち、最近わかるような気がしてきました。今の世の中、ちょっと心配なこともあります。また自分自身もいい感じで年を重ねたいものですね。

 それでは忙しい土曜日、スタートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事816 江南の高級韓国料理店2

059

 一昨日あたりのニュースでやっていましたが、「スシ」に次いで「エダマメ」も、世界で通じる日本語になってきたとか。肝臓、膵臓のためにも良い最高の肴だと言われています。新潟大学医学部の解剖で教えておられた藤田先生、「枝豆を毎日食べていたら酒で肝臓を傷めることは無い」とまで仰っていました。そろそろ新潟県の枝豆の季節も始まります。新潟の枝豆、よろしくお願いします。

 と、最初の皿はこんなのでした。韓国ではよく出てくる生の栗と枝豆です。どうやって保存するのかはわかりませんが、栗も身体にいい食品。韓国のスルチプではおなじみの肴でしょう。日本のよりも小さめですが、甘みがあります。カリカリかじるとちょっとの粉っぽさは感じますがこれも「モメチョッタ」、私もいただきました。

060

 次の皿はこれ。2人分ですので量は少なめですが、大蝦(デハ)とタラの芽、チャムドゥルプと言います。同行の先輩、これにつけるチョコチュジャンが気に入ったとのことで、帰りに2本、プレゼントしました。刺身にもおなじみだし、こんなふうにゆでた野菜などにも合います。ただ私は酸っぱいのが苦手ですので、醤油のが好きですが。

065

 私が頼んだ長寿マッコリ。超高級店とも言える店ですのでわざわざ外のコンビニに誰かが走ってくれたようです。前にも書いたように、どんな酒も飲み放題、そんな店です。

066

 沈殿物が皆無の当日の瓶詰品。嬉しいソウルの長寿マッコリでした。

067

 どこの工場だったか?今のこの写真ではわかりません。工場ごとに酵母がちょっとずつ違うので味も違うと言いますが、私は新しくて冷たければそれで充分。1200Wの幸福です。

 写真を見ました。城東区聖水洞ですね。中浪区のほうにもあったと思いますのでソウル特別市東部には2つ醸造所があるようです。私がよく飲むのは道峰区倉洞工場のもの、あとは永登浦区のものかな?ともかく、美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の普通の韓国を探して4740 増えてきたのかな?バスの路線番号表示板

3461

  昨年秋に、牛耳洞の徳成女子大学校前のバス停での写真を紹介していますが、停車時に速報へ飛び出すブルーバスの乗車口上の路線番号の表示板 、なかなかいい方法だと思います。

 同じソウル市北東部への路線ですので同じ会社かもしれませんが、鍾路だったかな?また目につきました。銀行の名前が小さく書かれているのでスポンサーなのでしょう。通勤通学時以外でもものすごい数のバスが走っているソウル、何台もバス停とその手前に停車する中で自分の乗りたいのを探して走って行って乗る。これはありがたいシステムと言えましょう。徐々に普及することを期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

普通の韓国を探して4739 「냉모밀 판모밀개시」の季節です

460

  5月1日の写真です。

 江南はテヘラン路から南へちょっと入ったあたりのビルの1階にある「イナリ(이나리)」という店です。「ウドン&モミル2900W」と看板にありますが、最近は韓国でも安さを売りにした外食がいろいろ出てきてるのかもしれません。 もっとも、ラーメンが定着しなかった原因として「麺類1杯では寂しすぎる」というのが理由だったという韓国、たぶんいろんなセットメニューがあることでしょう。トンカスなんても書いてありますからね。ひょっとして「いなりずし(유부초밥)」もあるので「イナリ」という店名である可能性もあります。

 カメラを取り出した理由はでも、上に掲げられた横断幕。タイトルがそれですが、「冷モミル・板モミル開始」とありました。ここでも何度か書いていますが、「ネンモミル(ネンメミル)」は「冷やしかけ蕎麦」、「パンモミル」は直訳すると「板蕎麦」ですが、日本で言う「ざる蕎麦」のようなメニューのことです。

 韓国のメミルククス(モミルククス=蕎麦の麺)概してつゆが甘めですが、暑い季節に冷たい蕎麦、案外美味しく食べられるものです。

 本日の訪問者の検索キーワードに「モミル・韓国」があったので空き時間にアップです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記816 新津市秋葉、貞陵洞に似た雰囲気の町

038

 連休中の6日の写真です。秋葉山の軽登山を楽しんで降りてきた秋葉公園入口です。カワセミを見ることができて幸福、そんな朝の写真です。

039

 行きは幸清水、新津高校前から上がりましたが、違う道を歩いてみましょう。尾根の上に見えるのが新津高等学校。韓国の大学のように山の上にある学校です。手前は梨の畑のようですね。

040

 道は充分広いですが、明るい谷に広がるこの秋葉区秋葉町の住宅街、家々ごとに階段があるお宅が多いのです。どこかソウルの貞陵洞の雰囲気があります。

041

 降りてきた方向をふりかえっての1枚。坂であるのがわかります。

042

 行く手も斜面に家々が。浅く広い日当たりのいい谷に広がる町、まさに貞陵洞スタイルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事815 江南の高級韓国料理店

054

 スチョが金色に見えますが、江南の韓国料理の高級店へ行きました。絶対予約が必要な店、3月中にしっかり伝えることをメモして電話で予約。いたずらだと思われないか心配でしたが案の定、リコンファームの電話が1週間前くらいにありました。「飛行機が飛んで行きさえすれば絶対行くよ」と伝えての訪問、最初は麦酒という感じでハイト麦酒をいただきます。

055

 卓上にはこんなマルンアンジュ(マルアンジュ)、日本で言う乾きものです。

056

 全室個室、部屋の隅にはこんなセットがあります。

571

 チョウムチョロムが準備されていますが、洋酒、焼酎、麦酒、正宗(日本酒)、何でも飲み放題です。しかし私は長寿を希望。するとすぐに当日瓶詰された長寿が2本、やってきました。至れり尽くせりのサービスです。まぁ、それだけ料金もするのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4738 清涼里駅前

774

 ロータリーの西の端の横断歩道です。朝の写真なので人通りは少ないけれど昼間はたくさんの人が行き交う場所。歩道には違法なんだけど露店もたくさん出る街です。やはり江南とは違う感じがしますが、好きな街です。右、後ろの高層ビルが現代コア。下の方3回くらいまでは商店が入り、上はアパート。けっこう古いけど、有名な建物でしょう。右手がロータリーです。

785

 国鉄駅へ向かう道。露店の飲食店やらこんな果物屋がたくさん。当たり前のように歩道で商売しています。そういうふうになっている、です。

786

 ロッテヤングプラザから振り返っての風景。ニューブリムホテルとこの時期はクィンモテルかな?どちらも何度も泊まってる宿です。清モテル→クィーンモテル→現K-Cityホテルとなっています。

787

 新しい清涼里駅。立派なビル、15年以上かけて完成した民間資本駅です。この清涼里、ガイドブックにはあまり載りませんが、探せば美味しい店もたくさんあるはず、そう考えています。清涼里に泊まる、何度目かのソウルであれば面白いんじゃないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

とうちゃんの自転車日記815 新津の五日市

007

  おはようございます

 当院の連休最終日です。午前中だけと言って出てきました。電車に乗るか?そのまま歩くか?たくさん歩くつもりです。写真は6日の新津、韓国の五日市のように新潟県内でも昔からの市が立つ場所があります。今は苗がたくさん売られる季節、韓国も日本も一緒です。

 昔から、キムチを売るアジュマがこの市で商売しています。韓国語で何日に市が立つのか聞いてみました。最初はびっくりして韓国語が出てこない様子。驚かせてしまってすみませんでした。1と6のつく日にこの新津のオーイルジャンが立つそうです。

 さて、出かけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

とうちゃんの自転車日記814 生まれて初めて見たもの

025

  7時過ぎの電車に乗って、さてどこへ行こうか?結局午前中に戻ると言ってあったので近場の新津へ行ってきました。子供が小さかったころに車で来たことのがある秋葉山公園です。標高100mにも満たない山ですが、なかなか楽しく歩くことができました。

 そして何よりうれしかったのが、カワセミを初めて見たことです。山とか田舎が好きな私でしたが話に聞くカワセミ、58になる今まで見たことがありませんでした。写真には撮れませんでしたが、この池のそばを通り過ぎたときにチャポンと音がして波紋が立ち、すぐ後に小さな鳥が写真左手の木のあたりに飛んでいきました。はっきり見えたのはくちばしが大きく、とてもきれいに光る青緑の羽です。たぶんカワセミか、その仲間に間違いないでしょう。

 山に上る前、早朝の出来事でしたが、この一件でもう今日がいい日になることが確定した気持ちでした。結局2時間半くらい新津を歩いてお昼前に戻りました。もっと渓流っぽい山の中でないといないと思っていたカワセミ、案外身近な場所にいた、そう感じています。幸福の青い鳥の話もいっしょなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4737 清涼里水産市場から聖パウロ病院前へ

496

 鍾路の続きの大通り、いつも渋滞してる祭基洞の交差点を過ぎてもう少しで清涼里というあたりで南への大通りがあります。そのすぐ手前、魚関係の店が多い市場がある、その通りへ入りました。

497

 奥へ行くと野菜の市場もありますが、朝は早いけど夜も早く、誰もいません。11月、キムジャンの頃は白菜を積んだトラックで賑わう、そんな場所です。

498

 南の方、典農洞へ行く、国鉄をくぐる道の方、更地になっていました。有名な588、昔はこのバス通りの側にもたくさんガラス窓があったのです。

 ずいぶん前にここで同じ場所の違う日の写真をアップしたあのピンクの灯り、今は小路でなく、更地の前になってしまっていますが、まだやっていました。もっとも、変化の速いソウル、今どうなっているかはわかりません。

499

 昔は建物の間の小路だったあの場所です。

500

 世の中そうなってるものだと考えていますので否定しません。日本人だってたくさん遊びに行っている街です。でも、おおっぴらに丸見えの紅灯街、もうすぐ消えてしまいそうですね。

501

 バス通りを渡った場所。ここから宿への道もピンクの蛍光灯。遊びはしないので遠回りして帰ります。青少年通行禁止区域の立札がありますが、90年代、そういう店がずらっと並んでいた時代も、小学生が通学で使う道でした。

 遊ぶのは否定しません。でも、冷やかしは止めましょうよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

2014年5月5日 曇りの新潟市です

070

  おはようございます

 

 うちは今日から4連休、いわゆる後半ってやつです。どこへ行っても混むでしょうから遠出の計画は今のところありません。午後は家内が出かける予定で、ちょっと院長、写真の用事、薬液消毒の片付けなんかで出てきました。のんびりリフレッシュ、でも、できれば軽い運動を、そんな休みにしましょう。

 

 写真は世界3大臭い食べ物の一つ、ホンオフェです。東北、北海道の方なら馴染みがある軟骨の魚、サメとか同様に、白色半透明が並ぶ部分には咬もうと思えば咬める骨があります。

 何と言っても持ち味は写真では写らないアンモニア臭、アンモニアのような匂いではなく、アンモニアそのままの臭いです。 鼻や目に滲みるあの匂いが噛みしめるにつれのどや鼻を刺激します。でも、ムグンジとかいう古漬けの酸っぱいキムチと、ポッサム用の蒸し豚と一緒に食べると得も言われぬ混ざった味。韓国の食事の至宝の一つです。

 食べるなら結構な値段(3万とか、5万Wとか、10万W以上)はしますが、しっかりしたいい店で「洪魚三合」として食べましょう。決して私が最初にやったように、ノリャンジン市場で買って醤油をつけてホンオフェだけで、というのはお勧めしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事814 あれ?!変わった?と感じた1食

431

 90年代、清渓川高架道路の下の水下洞にあった古い韓屋だった頃によく通ったコムタンの名店と言われた「河東館」、江南の三成と宣陵の間のポスコセンター裏に江南店を出したことはすでに書いています。5年以上前になるでしょうが、新潟大学歯学部矯正科のみなさんを案内したこともありますが、ちょっと味が変わったように感じました。

 ポスコビルの東側。デチ洞になるのかな?7時開店の広大な店で、120席とかもありそう。前はテーブルでお金を払ったと思いますが、今は入り口の計算台で先払い、食券を買って席に着きます。

 ちょっと待って出てきたのがこれ。エクスプローラさんではありませんが、豚も牛も、変に透き通っててもダメ、不自然に濁っていてもダメ。半透明がいい、そんな感じです。

430

 入れ放題の葱を入れ、一口すすって塩を足します。

432

 果たして、、、キムチとカットゥギは非常に美味しいのですが、スープがあんまり味がしません。旨味が無いというか脂っこいわりにコクが無い。もちろん、まずくは無いのですが、あの店美味しいよ、と人に話したくなる1杯ではなくなってしまっていました。

 同じ日のお昼に河霜さんにも話したのですが、江南店、昔の水下洞のあの頃の味ではないと言っておられました。大学の後輩を連れて行った時、江南店の開店直後はまぁまぁ美味しかったと思うのですが、ちょっと残念に感じた一食でした。

 普通で13000W。値段は老舗の江南価格です。やっぱり確実にうまい牛のスープは麻浦屋かもしれません。

 そうそう、ポスコビルの反対側、広い通りにあったシンソンソルロンタンの三成店もなくなっていたと思います。代わりにやはりチェーンの新村ソルロンタンというきれいな店が並びにできていました。そこでの一食はまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

2014年5月3日 明日からまた連休です

221  

 最後の予約の方が終わりました。これから片付けして上がります。うちは明日から木曜までが連休。どこ行っても混むのであまり遠出はしないと思いますがリフレッシュに努めましょう。できるだけ身体を動かせればとも考えています。

 先回の出張の中日、3万歩以上歩きました。写真は朝のものですが、銅雀の国立墓地、正式名称は国立顕忠院の入り口です。後ろに山をめぐらせて、どこか天安の独立記念館にも似た感じ。韓国戦争で戦死した方を祭る場所です。前前から行ってみたかった場所の一つで、天気が良かったのもあり、楽しく歩けました。

 さて、スタッフと片付けです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4736 第2ロッテワールド

523

  あまり江南には行かない私ですので、知りませんでしたが、蚕室駅のそばにこんなビルが建設中でした。もしかしたらもっと低い時期にここでも写真を載せていたかもしれませんが、かなり遠くからでも見える高層ビル、まだこれで半分くらいだとか。

 ちょっとネットで見ると123階建て、555mとあります。でも、そこに、工事中の事故や欠陥工事の記事も出ています。一昨日は地下鉄が追突してしまった韓国、地震が起きたりする可能性もゼロではありません。完成まで、間違ったケンチャナヨが無いことを期待しています。

 本日も仕事、けっこう忙しい日曜日。夕方までしっかり働きましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事813 飲む前にはお粥

058

  江南にある高級韓国料理店へ新潟大の先輩と行った時の写真です。 韓国のちょっとした料理、カルビの場合もありますし、少し前にここでも紹介した鮑料理専門店、また李準圭先生が何度か連れて行ってくれている日式の店。要はご馳走っぽい料理の店では最初にお粥が出ることがしばしばあります。

 聞いた話ですが、酒を飲む前に胃の粘膜の保護のためにお粥を食べる、そんな風習が韓国ではあるのです。私にしては珍しく予約が必要な高級料理店。やはり最初はお粥でした。何か日本ではめったに食べない粥。韓国行くとけっこう食べたりもしますが、酒宴の前のお粥の習慣、どれだけ効果があるかはわかりませんが、日本の韓国料理の店でもやればいいのになぁって思いますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月27日 - 2014年5月3日 | トップページ | 2014年5月11日 - 2014年5月17日 »