« 2013年12月29日 - 2014年1月4日 | トップページ | 2014年1月12日 - 2014年1月18日 »

2014年1月11日 (土)

普通の韓国を探して4591 韓国の働く自転車

765

 最近、ジャンボ号だの韓国の実用車の話をしませんでしたが、まだまだ韓国はそんな豪快なのがたくさんあります。特にソウル旧市内の市場だの問屋だの、資材屋だの印刷所なんかが多い街ではまだまだ活躍中。車の入れない細い道が多いのでバイクとともにがんばってます。

 写真は鍾路5街、リースホテルだのアミガインだのの方へ入る斜めの古い道の入り口ですが、鍾路へ向かう道を自転車のアジョシがやってきたので一枚。バイクが買えないので自転車で仕事を始めたけど、やっぱりあまりお金が稼げなくてずっと自転車なんて人もいそうです。

 未だに月収、もしくは世帯収入が100万W以下の家も多いとか。運転手つきのマイバッハだので現代百貨店や新しくなった新世界本店に買いものに来るお嬢様もたくさんいるのに、もう少し経済格差が小さくなればいいのにな、と感じる私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月11日 忙しい土曜日です

006


 おはようございます

 土曜日です。今週は明日も明後日も仕事です。3連休の方はよい休日をお送りください。うちはちょっとずれての3連休、通常祝日は休むのですが、スタッフも快く同意してくれましたので、来週に連休を作りました。それを楽しみにがんばりましょう。

 今朝の新潟は曇り。ちょっと荷物もあったので車で出てきました。写真は父の墓があるお寺です。雪が少ない今年は、長靴ならお墓の前まで行けそうなくらいでした。一昨日からの雪でもう少し積もったとは思いますが、雨が多く、雪が少ない冬が続いています。それでは、新しい記事、お昼休みにでもアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

すばらしい韓国の食事794 マツカワ(マツカワガレイ)にアイナメ

189


 昨年の11月の写真ですが、手前のは新潟のとは色がちょっと違いますが、アイナメ、むこうのカレイみたいなのはそんなに大きくありませんが、マツカワです。福島の松川浦の名前が由来だと思うカレイの仲間、あまり新潟では見かけない高級なカレイです。場所は新川の繁華街だったと思うのですが、刺身屋の水槽でみつけました。

 韓国三大刺身魚はスズキ、ヒラメ、クロソイだと考えていますけど、この他にも美味しい魚ならなんでも食べるのが韓国なんだなぁと感じての1枚です。活けの一尾売りが基本の韓国、なかなか一人だと食べられませんが、多種多様のツキダシから始まる刺身、ちょっと食べたくなりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4590 農協ハナロクラブ倉洞店で

571

 1号線、4号線の倉洞駅の東にある大型マートのはしり、農協ハナロクラブです。90年代からあった店で、昔は大型マートはここくらい。ガイドブックにも出ていた大型店です。最近は市内中心部にもあれこれ出てきたので掲載されていませんが健在で、特に農産物に関しては国産のものをという方針だとかで、中高年にファンが多いと聞いています。日付は9月17日、秋夕の前々日ですので、かなりお客さんがいました。


059

 肉とか魚の売り場は地下。大きなカートをそのまま載せられるエスカレータです。いつもはそうでないのですが、エスカレータの間にも商品が置かれています。日本だとここまではやりませんよね。多分禁止でしょう。「現場の判断」が優先される韓国、何でもやってしまうのはいい点でもあり、短点でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4589 까치みーっけ!

167

 ソウル特別市の西大門区と中区の境界あたりの古い町です。カチがいるのを見つけました。韓国の国の鳥、かささぎです。


168

 あまり近づいて逃げられてしまっても困るので、そっと少しだけ進んで後は望遠任せ。あまり望遠レンズが好きじゃないのですが、この時はしょうがありませんでした。黒白の色分けがはっきりしたなかなかきれいな鳥です。やはり烏の仲間なのかカチガラスという名前もあるみたい。ここまで近づけるのは珍しいですが、ソウル市内でも大きな木があるあたりではそんなに珍しいものではない鳥です。ちょっと韓国のいいなと感じる点の一つです。

 日本の国の鳥は朱鷺。でも、人口の99%以上は見たことも無いはず。国鳥が絶滅しては困るからか中国から輸入して増やしていますが、自然界の生物、個体数が10000を切ると遺伝的な問題も出やすく、絶滅しやすいと聞いています。無理して大金をかけて増やして、というのにはちょっと疑問を感じる私です。


169

 外部車両駐車禁止とあるこの施設は韓食のプロを養成する料理学院のようでした。

 追加ですが、1枚目の新しい住居表示のプレートは忠正路、となると中区のようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月10日 年末調整

014


 おはようございます

 写真は5分ほど前のもの、医院からのけやき通りです。気温が低くて窓が凍り付いていたのでガラス越しの撮影ですが、フォーカス、大丈夫かな?一日零下の予報です。昨夜道路が真っ白になった時はどれだけ積もるか心配もしましたが、今朝起きたら雪自体は大したことありませんでした。路面が凍ってるので車で出てきました。

 これから銀行へ行って税金用に準備してある口座から源泉税の特例納付と年末調整のお金を移動します。今年から「年末」という名前ながら1月20日までになったとかで、ゆっくりの納付。スタッフにはでも、時期が遅くなったのを知らずにやきもきさせてしまいました。ちょっとでも臨時収入は嬉しいものですから。

 本日は夜間診療、結構忙しいですががんばりましょう。新しい記事はまた後でアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木)

とうちゃんの自転車日記779 松浦鉄道 佐世保中央駅

130

 佐世保市の繁華街、まだまだがんばっています。土地が狭いせいか巨大な駐車場を備えたショッピングセンターが作りにくいからかも。また唯一そんなタイプのモールができたけど市内中心部の駅の裏ですので、お客さんがまだまだ旧市内にいる、そんなです。

 これは四ケ町というのかな?立派なアーケードの商店街の途中で見つけた面白いもの、駅の入り口です。 地図を見られる方は佐世保市の中心部をご覧ください。JR佐世保線がそのまま北へ、平戸口とか松浦方面へ第3セクターで伸びています。昔はここもJRで、長崎から延々海沿いに走る準急だったか急行に乗ったこともありますが、とにかく、街中を鉄道が走っているのでした。このあたりは高架線で、その駅の入り口のよう。国道を越えるガードがあるのは知っていましたが、駅がこんな商店街の路地にあるとは知りませんでした。


143

 知らない人なら気付かないかも。こんな表示があるだけです。


144

 案外本数はあるようで、大事な路線なんでしょう。時間があればまた乗ってみたい路線です。


145

 路地へ入ってみるとこの先は崖のよう。線路もだから高い場所にあるのでしょう。


147

 古い階段もあります。


146

 これが佐世保中央駅の入り口。入っては見ませんでしたが、ほんとに意外な場所にあるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 8日 (水)

2014年1月8日 雨です、新潟

005


 おはようございます。今日は休み。昨夜は英会話講座の後、また医院にちょっと戻って片づけ物をした後帰宅、ちょっと久々に飲んで寝ました。休みの前夜、嬉しい夜でした。しかし今日は雨。まぁ予報通りなのですが、外を歩くにはやはり問題あり。犬の散歩をして、午後早くに戻ると家内に言って出てきましたが、どうしましょう。

 写真は昨年から歩き始めた越後観音三十三か所霊場の一つ新津の普談寺。ここへ行ったのも秋の雨の日でしたが、いつも車の中に置いてるガイドブックを見て、どこかのお寺へ行こうかななどと考えています。風呂の準備はしてきませんでしたが、近郊の日帰り温泉もいいかもしれません。ともかく、のんびりすることにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記778 長崎も港町

094

 港町、新潟もそうですが、昔から海の男たちのための遊ぶ場所が発達してた、と聞きます。ホテルにチェックインして一休みの後、繁華街へ出てみました。1枚目、ソウルなんかには比べるべくもありませんが、ちょっと複雑な後付け部分のあるようなガスの配管です。


095

 ここは有名な丸山遊郭跡のあたり。道が急に不規則に広くなり、一定の何かの区画がある感じ、全国の花街によくある地形です。正面のこ洒落た建物は交番。男が遊ぶ町にはやはり付き物なのかもしれません。映画「逆転の名手(駅前の明秀?)」でも、そうだし、千戸洞623だったかでもそうだし、、、


096

 韓国料理「ソウル」という店。入ってみたかったけど皿うどん太麺の旅なのでした。


971

 日本の繁華街も明るいです。新潟はそうでもないかな?九州、少し韓半島に似てるのかも?猫がいました。


981

 隠れたつもり?一番軽い警戒態勢かも。


991

 これも、韓国に似たポイント。古い長屋式の飲み屋がいくつか入ってるとこの化粧室。共用なのでしょうが、外部の人が勝手に利用して汚すのを防ぐため、各店舗に鍵を置いてる、そんななのでしょう。韓国の雑居ビルでは普通にある方式です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

2014年1月7日 외국어공부

002

 89年に李準圭先生とアリゾナで出会ったのを契機に興味を持った韓国。90年代になっていろんな本を買って韓国のこと、韓国語のこと、いろいろ始めました。学院に通い始めたのは97年でしたので、それまでは独学。今思うに、一番役に立ったと思うのは日本交通公社の「一人歩きの韓国語自遊自在」という小型の会話集とそのカセットテープです。本に出ているいろんな場面での例文が、テープでは韓国語と日本語と続けて収録されています。最近広告をたくさんみかけるスピードラーニングという英会話CDがありますが、本当にたくさん聞けば、きっといいと思います。 主に車の中でのヒアリングですが、意味が分からないままに頭に入って覚えてしまう部分がけっこうあるのです。その数年後に学院で教わって、やっと文章として理解できた、そんなのもたくさん。単に音の面白さだけで頭に入っていた言葉もありました。「チョルムニドゥリ」=若い人達、なんてのがその一つです。40過ぎて始めた韓国語の割に、今でも「日本人にしては発音がいい」としばしば褒めてもらえるのは、最初にたくさん「聞いた」のが一因かなと考えています。

 タイトルは「外国語工夫」、勉強という言葉は日本だけの漢字語で新しくできたもの。韓国語では「いろいろやってみて学ぶこと」ということで、「工夫」という漢字語を使います。 断捨離で「なるべく身の回りのものを少なく」と考えていますが、正月休みに写真の本を買いました。同じ一人歩きシリーズの台湾語です。残念ながら今はCDとかが無く、どうやってネイティブの発音を聞くかが問題ですが、台湾の映画とかのDVDを探してみようかとも考えています。まぁ、「シジャギ半イダ」という言葉もありますので、ぼちぼち学んで行きましょう。今夜は仕事の後、英会話。韓国語を始める前はそこそこできたと思っているのですが、少しずつ錆がとれてきたような気もします。まぁ、楽しみながら続けましょう。

 今日はオープンデイではないのですが、予約は少なめ。雑務をできることから片付けてしまいましょう。それでは、皆様の一日が良い日でありますよう、祈願いたします。

  診療準備終了です。ちょっと覗いた韓国語のところで、知らない言葉を見つけ、週一くらいで開く小学館の辞典をひいてみました。その言葉とは「동고동락」。漢字語で「同苦同楽」なのでした。日本語で言うと「苦楽を共にする」がぴったり。でもさて、「고락」というのはあるのかな?と見てみたら、ありました。「고락을 같이 하던 친구」という例文まであります。試しに「同苦」は直接変換できました。私が知らなかっただけなのですね。 最後の予約の方、ちょっと時間がかかりそうなので英会話講座には遅刻しそうですが、外国語の勉強、なかなか楽しいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4588 亀尾市外バスターミナルへ

139

 昔、飛行機で一緒になった会社員の方の話ですが、金浦から亀尾の工場までタクシーで行くと言っていました。KTXも無かった時代、ソウル駅まで出てセマウルの切符を買ってというよりも、楽で早かったのでしょう。韓国のタクシー、日本の4分の1くらいの料金だし、会社のお金が出るのでしょう。でもちょっとすごいなと感じました。40万Wとかもかかりそうです。

 韓国、お金がある人だとけっこう長距離でもタクシーに乗るみたいで、やはり空港から長湖院とか、史倉里とか、春川とか、知人がタクシーを利用する話を聞いています。

 さて、モテルが多い→ターミナルが近い、そんな街になってきました。日本男子が好きな按摩もあります。ここまで来る人はそうはいないでしょうけど。


1402

 韓国の地方交通の主役はバスですので、ターミナルの周囲には人が集まる、モテルができる、飲食店も増える、そんな町、たくさんあります。オリはあひる、コディはカワニナ。オルゲンイという地方が多いと思います。


141

 配達用バイクが停まってるのは中華の店。


142

 前を行くアジュマもターミナルを目指してる感じです。


1432

 看板だらけのビル。韓国してます。ハナツアーが入っていますね。


1442

 これは何を撮ったのだろう?写真が小さい今はわかりません。カルククスとソコギクッパプの店でした。


1452

 けっこう歩きましたが、やっと亀尾市外バスターミナルに到着です。しかし前にも書きましたが、亀尾から善山、30分ほどの距離でもあり、わざわざここまで来て市外バスに乗らずとも市内バスが頻繁に往復しているのでした。韓国地方旅なら任せて、と思っていた私もまだまだです。

 昔は善山が大きな町でこのあたりの中心。鉄道の時代になって亀尾は工業団地もでき、今では亀尾市の一部が善山になってしまった。そんな話を後でタクシー技士さんから聞きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記777 新発田市の古い町

025

 寂れたメインストリートを歩いた後は駅へ戻ります。同じ道を歩くのは面白くないので1本西側の通りを歩きました。御幸町、大栄町というほうです。車で、自転車で何度か来たとはいえ、この道は初めて。新しい道のようですが、面白く歩きました。


026

 もうすぐ駅というあたり、目星をつけて細い道へ。町内会館みたいなところの敷地を抜け、稲荷神社。その先、こんな立派な古い家を見つけました。戦前のものでしょう。今は澄む人もいないようですが大邸宅と言っていいでしょう。


027

 大きなガラスが無かった時代の窓枠です。これはソウルで日帝建築を見つける時にも大事なポイントです。昔の木造の小学校なんかもそうでしたよね。しかし、ここ、どなたの家だったのでしょう?観光には関係なくても普通の街の本物の魅力があります。


028

 その先、やはり複雑な細い道を歩きます。駅の場所は大体頭の中に入っていますので抜けられれば大丈夫。


029

 突き当りのようでも道はどこかへ続きます。


030

 右へ曲がったらどこかで見た風景。清水園という江戸時代の大名が作った庭園です。新発田市は山の麓ですので地下水が豊富。また水路もたくさん。そんな水を利用したという庭園で、ここは観光地です。


032

 出てきた場所は自転車でも来ていた足軽長屋前。江戸時代の下級武士の集合住宅です。お土産屋さんはもう店を開けていました。ここから新発田駅はもうすぐそこ。2時間ほどの新発田の町歩きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

普通の韓国を探して4587 亀尾市を歩く

133_2

 奇しくもこちらも韓国の地方都市の記事になりました。慶北の亀尾市の中心部です。人工はどれくらいでしょう?郊外に大きな工業団地ができて発展したという都市です。地域対立の話になると大統領がいなかった全羅道に対し大統領、特に朴大統領の影響でか、ここのあたりの工業団地のことが出てきます。朴大統領の生家もこの近くだったはずです。タバンの看板、携帯電話の店、「オレー」という看板はほんとにどこでも目につきます。KTのことだと河霜さんに教わりました。日本で言えばドコモの店ですね。


134_2

 これも携帯電話関係、あとは韓国でやたら多いスポーツファッションの店。いい場所には韓国、国外、スポーツブランドの服、靴の店が並ぶのは韓国の特徴かもしれません。


135_2

 やはり地方都市、車は少なめです。信号も横断歩道も無いこの辺、地元の人にならって車が来ない時をうかがって横断しました。


136_2

 ミンムルジャンオ、ウナギの店です。漢字は一緒ですね。向こうの建物はモテルかな?バスターミナルが近づいたしるしでしょう。日本のモテルとは違う、庶民の宿泊施設です。受験の親子も、出張の会社員も、お坊さんも、そして我々日本人の地方旅行者も泊まります。モテルのおかげで気軽に、安全に地方旅ができると言っても過言イアニmニダ。


137_2

 モテルに按摩、左の店はルームサロンというか、ビジネスクラブのよう。まぁ、ターミナル周囲の繁華街になってきました。


138_2

 牛三ギョp、牛ばら肉の焼肉の店です。チェーンかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記776 新発田市の繁華街

005

 どこの県も似たようなものかもしれませんが、新潟県の地方都市の繁華街というか昔からの中心部、かなりさびしい状態のところが多いです。特にこの新発田、駅前から商店街が長く続くため、なおさら寂れた感じがしてしまいます。昔からの城下町、近郷近在からたくさんの人が集まる街だったのでしょうが、今は車でみな新潟市、もしくは郊外のバイパス沿いのショッピングモールだのへ行ってしまうのでしょう。1枚目、新発田駅前です。


012

 諏訪神社のお参りを終え、そのメインストリートへ戻ります。屋根も付いた立派な商店街がかなりの長さで続く町です。


013

 もうすぐ、新発田一番の交差点というあたりです。第四銀行の支店がある場所が大抵はその都市の昔からの中心、そんな感じです。


014

 ここがそこ。大きな交差点になっています。


016

 その後も商店街は続きます。この辺で新発田銘菓だというごままんじゅうというのを買いました。


015

 この建物は元は映画館だのが入っていたよう。でもほとんど空き家状態。いくら正月だとはいえ、この車、人の少なさには驚きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月29日 - 2014年1月4日 | トップページ | 2014年1月12日 - 2014年1月18日 »