« 2014年1月5日 - 2014年1月11日 | トップページ | 2014年1月19日 - 2014年1月25日 »

2014年1月18日 (土)

普通の韓国を探して4599 韓半島西海岸では普通の風景

199


 何だかへんなタイトルになりましたが、昨年3月にトリガイを食べに行った忠南洪城の南塘港の風景です。突堤というか船着き場とそこにつながれた漁船の写真ですが、世界一干満の差が大きいという韓半島の西岸では、こんなふうに傾斜した形になっています。

 たとえば、一定の高さであれば、満ち潮の時には沈んでしまったり、引き潮の時には水が無くなってしまい、船を接岸できません。ですので、引き潮の時にはずっと先の低くなったあたりに船をつけ、満ち潮の時には手前の高くなった部分に船をつける。そんなふうにできるように、この傾斜した突堤になっているのです。

 古くは仁川の永宗島船着き場、月尾島からのフェリーが到着したときの写真がこちらでもありますが、韓半島の西海岸ではほとんどの港で、船着き場がこんなふうに傾斜しています。日本だと有明海が有名ですが、確か干満の差は最大4mくらいだったと思います。仁川付近の黄海では確か最大8mだか。 仁川空港からソウル市内へ向かう空港高速の空港大橋のあたりでも広大な、ずっと先まで数キロにもなる干潟を見ることができます。 こんなことも知っていると、旅もより楽しくなることでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月18日 またまた「歳月は速い」

051


 「セウォル(歳月)이 빨다(速い)」、韓国でもよく聞かれる言葉です。本当に年をとるほど時間の経過が速くなる、そう感じますが、李準圭先生のお言葉「歳月が速く感じられるのは無事に過ごせているからだ」というふうに、良い方に考えたいものです。 と、もう1月も半分が過ぎ、もう来週には給与手続をしないといけない時期になりました。今日も忙しい土曜日、しっかり働けば明日は休みの日曜、楽しみです。

 医院の決算関係の雑務がありますが、早いとこ片づけて、休日を自由に使えるように、そんなふうに行きましょう。断捨離後、なるべく物を増やさないように心がけていますが、靴を一足、それと、だいぶ汚れてきたデイパックの買い替えを考えています。明日は混むだろうけど、そんな買い物をと予定してます。「一つ買ったら一つ捨てる」、これも大事かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4598 3:2:1:1 韓中英日

551


 これ、仁川国際空港の出国後の免税店が並ぶ搭乗フロアの通路にあった「免税店の案内図」です。左から韓国語のものが3列、次が中国語が2列、そして英語と日本語が1列ずつ。昨年以後、そして今後の観光客の数を象徴する比だなぁと感じました。

 今回の出張はあまりに安いので団体旅行を利用。一人部屋割増を出しても、往復の航空券代よりはるかに安いのです。日にち限定のツアーではありますが、韓国人気の低下のおかげでしょう。嬉しいような、寂しいような、です。空港からの車では私一人が男、あとは2人組と4人組のアジュマです。みなコアな韓国好きのようで、帰りはすごい荷物。韓流は去り、根強い固定ファンが残った、そんな感じなのかもしれません。

 12時到着の後、行きは青瓦台サランチェという大統領の資料館みたいなところとロッテ免税店にそれぞれ45分くらいずつ立ち寄って、ホテル着は4時半ころ。まぁこれがあるから安いのですが、青瓦台でもロッテ免税店でも元気なのは中国人の団体。リピーターになるほどケチケチ旅行になりがちな日本人よりもパーッとお金を使う中国人さまさまというところかもしれませんね。 「韓国観光旅行」で飯を食う業界の人には日本でも韓国でもこれから厳しい時代が来そうです。

 エクスカーションの話、ホテルとソウルでの話はまたこれから。お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4597 インターネットサービスがすごい韓国の図書館

142

 日本でも、図書館の蔵書検索、貸出予約などのネットサービスがありますが、電子大国韓国、もっとスゴイサービスがありました。読める人はわかるように水原での写真、KR水原駅です。ちょうど若い女性が機械の前で立って見ていますが、これ、ネットで連絡、予約した図書館の本を水原駅で借りたり、返却したりできる、そんな設備のようです。左に並ぶたくさんの引き出しが本のケースのよう。

 ネットで検索、貸出手続きをすれば通勤通学途中の水原駅のこの場所で、多分メールで知らされた暗証番号かなんかを打ち込んで自分が申し込んだ本を受け取ったり、返したりできるのでしょう。 図書館側の誰かが申し込まれた本をここまで持ってきて引出型のロッカーに入れておく、これは人間がいちいちやらないといけませんが、利用する側にとっては非常にすばらしい、ありがたいサービス、すごいなぁって感じました。


143

 「地下鉄駅で図書館の本を借りてみませんか!」と、貸し出し、返却方法が書かれています。これだけの設備、相当お金がかかるとは思いますが、韓国の行政、やるときはやる、そして仕事が速い、何でもやってみて、ダメならまたそこで考えればいい、そんな韓国式思考の長点を見た想いです。 日本の公務員さんもがんばりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月17日 (金)

普通の韓国を探して4596 どこかおかしいと思う部分

389

 もうすぐ旧正月、ソルです。デパートでも秋夕前同様にソンムル(贈り物)コーナーができていますし、新聞やテレビでもそんな故郷の家に持って行くお土産の広告が見られます。昔からここでも、10尾で数十万Wもするクルビだの、やはり数十万Wのアワビの詰め合わせ。100万Wを超えることもある牛肉のセットだの、そんな話を紹介していますが、ちょっとすごいのを見つけました。

 たぶん21世紀になってからは初めて泊まる特1級のホテル。内装すべてが何だかキラキラしてて、安宿に泊まることが多い私は落ち着きません。お客さんは韓国人3分の1、欧米人3分の1、中国日本などアジア人3分の1みたいな感じです。玄関前は高級外車の展覧会のよう。何だか庶民には居心地がよくない感じです。

 最終日、早起きしてロビーを探検してると食料品、お菓子の店の前にこんな旧正月贈り物コーナーができていました。分厚いカタログがあったので1冊もらって、部屋で開いてみたら、、、


391

 左ページの「全部入り」みたいなセット、500万Wもします。肉がメインで200~300万?あれこれそろって500万、今のレートだと日本円の50万円以上です。 前から韓国の人、お祝い金だの、秋夕や旧正月の贈り物だの、豪勢にお金を使うなぁ、、、実家への土産に何万円ものご馳走、大変だろうなぁとは思っていましたが、500万Wのセットは初めて見ました。

 特1級の高級ホテルを利用する韓国人向けということでしょうが、今でも世帯収入100万W以下という家庭も多いという韓国。いわゆる「両極化(二極化)」はますます進んでいるのかもしれません。 寒いのに露宿者、物乞いもたくさん。あちこちで段ボールだの、集めれば売れる廃品をリヤカーで集めるお年寄りも見かけられます。テレビのニュースでは放置された廃車に住むハルモニと孫たちの話をやっていました。ナンバーは無いので動かせませんがエンジンは回るのでガソリンを入れればエアコンが使えるのです。

 別にぜんぜんうらやましくもありませんが、韓国のお金持ちの世界、どんななんでしょう?映画やドラマに出てくるような富者が実際たくさんいるのが韓国なのかもしれません。また、「先進国」を目指しながらも苦しい生活を送っている人がけっこういるのも韓国なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4595 田舎の小さなバスターミナル

262


 中日のエクスカーションの時の1枚です。場所はまだ内緒ですが、遠すぎない田舎へ行ってみました。ずっと前に全州市の色街で見かけた中国人労働者のことを書いたと思いますが、韓国全土、工場のあるところには外国人労働者がいると言っていいでしょう。特にソウルの近郊、京機道の地方都市には外国人の街が形成されつつある感じもします。 この場所はやはり京機道の、バスの終点なのですが、漢字の看板、中国人がやっている中国人のための食堂です。 もちろん不法滞在の人もいるのでしょうが、日本に比べ、外国人労働者の受け入れに積極的な韓国、日本も見習うべきだと考えています。

 韓国国内ならネットなどの下調べ無しでも、自力でどこへでも最短の所要時間で行くことができる、そんなふうに思っていましたが、過信でした。ここへ行くのに、まず手持ちの最後の頃の時刻表で市外バスを調べ、ソウル近郊の大都市の、初めて行く小さい方のターミナルへ。しかし間隔が開き過ぎで、売票所のアガシに聞いたら駅前からもバスがあるとのこと。市外バスでなく、市内バスが頻繁に走ってるのは最近書いている亀尾での経験でわかりましたのでタクシーで駅。駅前のターミナルでものすごい本数の中から探すも見つからず。自願奉仕のおじさんに聞いたら駅前でもいくつかバス乗り場があるとのこと。またまた移動して行ったはいいけど、そこでも数十の番号があり、どれに乗ったらいいのかわかりません。やっとみつけた途中の町へのにとりあえず乗って終点まで行きました。

 ラッキーなことにこの日はその町の五日市の市日だったのでちょっと市と町を見て、派出所でいろいろ聞いていたら、タクシーを勧められました。外へ出ると目の前を座席バスが通ります。「ん?」と思って、まずはタクシー乗り場兼小さなターミナルという感じのところへ行ったら、ちょうど目的地へのバスが出るところ。田舎で1本逃すと30分1時間空いてしまうこともあるので、走って行ってドアをたたいて乗せてもらって、やっとここへ来ることができました。

 ここ、昔は米軍の射爆場があったので有名な町でしたが、今は返還されて静かになった場所です。ソウルからの距離はそれほどでもないのに、えらく苦労しての到着でした。

 市外バス以外の、地方都市の「市内バス」、そしてソウル近郊を縦横に走る「Gバス(京機道のバス)」だの、「座席バス(案外大活躍でソウルかなかなり遠い場所、特に大学がある場所へ行ってる路線があります」)、まだまだとても乗りこなせません。

 帰りはなんと、30分おきに出ているソウル行きの座席バス1本。2300Wで、1時間で帰れた場所へ3時間近くかけて行ったのでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月17日 雪です新潟

482


 おはようございます

 ちょっと用事でソウルへ行ってきました。今日は仕事の準備などで、新しい記事はお昼にでもアップしましょう。

 家を出るときは車の上に4~5センチの新雪。気温が低めのためか新潟にしてはさらっとした軽い雪でしたが、ずっと海寄りにある新潟駅付近、ほとんど雪がありません。ほんの数キロの距離でこれほど違うとは、、、と今朝も思いました。長靴での行動になりそうです。

 写真はソウルのとある場所。広い道とずっと先に見える小高い丘、そこを貫くトンネル。ソウルの方ならすぐにわかる場所、さて、どこでしょう?道の名前でも、町の名前(洞)でも、トンネルの名前でもけっこうです。コメントお待ちしております。それでは、また後で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月13日 (月)

2014年1月13日 祝日診療

021


 おはようございます

 今日は午前中だけ仕事です。お昼を食べて帰宅して午後は自宅で転送電話の電話番をしましょう。明日の診療を今日に持ってきたのでうちは火、水、木の3連休、ちょっと出かけてきます。天気がいいといいなぁ。さて、仕事、がんばりましょう。

 写真は先月長崎へ行くときに乗った全日空の737の座席のテーブルのロックですが、外国の有名な自動車の椅子の会社のよう。何だか堅めのすわり心地ですが快適でした。帰りの飛行機はこれじゃなかったので全部がレカロというわけではないようですが、なかなかやるなぁと思った一件です。 フェイスブック、同期生の掲示板でも画像をアップしていますので、この1枚、もしも再掲でしたらごめんなさい。

 追加です。これをアップして院長机の前にある鏡を見たら、右の眉毛の1本が15mmくらいに長くなってきました。理髪所のご主人に聞いた話ですが、耳の毛と眉毛が発達するのは老化の一つだとか。ちょっとショックで、急いで鋏で切っておきました。気をつけないといけない年齢なのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4594 日本にもあったらいい チッkジュース

181


 人が集まるところに露店あり、それが韓国です。칡즙とありますように、ここでも何度か紹介している「チッk」の絞り汁の店です。地中から掘り出した葛の根っこはまるで丸太のよう。それを万力のような機械でつぶして絞り出した茶色いジュースが身体にいい、特に酒飲みの肝臓にいいとされていて、沐浴湯の脱衣場の冷蔵ケースにはきっとある、そんな飲み物です。

 器械は見えませんが、茶色い円筒形の重ねられたやつが絞りかすの葛の根です。ちょっと土臭い、でも少し甘い、そんな1000Wの葛の根ジュース、日本でもあればいいのになと思うとうちゃんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4593 これ、何だかわかりますか?

2391

 丈夫そうな黒いプラスティックのホースが複雑に配管されています。向こう側に海が見えるのがわかるかな? これ、刺身屋村(たくさん刺身屋が集まる場所)などで海水を常に各店舗へ給水するためのパイプです。日本だとあまり見かけないか、それとももっと隠されているか? ケンチャナヨの韓国ではそのまんまむき出しでした。

 前に鷺梁津市場に新鮮な海水を運んできたタンク車の写真を紹介しましたが、韓国では魚、貝、蟹など、活けが基本です。そのために各地で海水関係の商売があるのだと思います。店が休みの日とか、やっていない深夜なんかでも商品はしっかり生かしておかないといけませんので、新鮮な海水の補給、とても大事な仕事なのでしょう。

 下の写真は近所の店の水槽です。まだ営業時間前でしたが、泥棒の少ない韓国、商品はそのまんま。上の桶から下の桶へうまいこと水を巡らせる配置になっているのでしょう。


207

 セチョゲ(トリガイ)で有名な洪城郡の南塘港での写真でした。昨年3月はここで「トリガイだけでお腹いっぱい」をやりました。この正月は飲まない正月でしたがネット通販で買った「アカガイだけでお腹いっぱい」をやりました。2回とも感想は、「いくら好きな物でも多すぎると飽きる」です。高い美味しいもの好きなものでも、やはり1つか2つ寿司屋とかでいただく方が美味しいのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

とうちゃんの自転車日記781 佐世保ホテルリソル

1181

 ビジネスホテルシリーズですが、1枚目、JR松浦鉄道佐世保駅前です。90年代前半に比べればえらくきれいになりました。昔はここ、小さな地下道があり、そこにいくつかの美味しい食堂があったのですが、今の若い人、知らないだろうなぁ。右手にそびえる窓がたくさんの建物がホテルリソルです。もう10年以上たっていると思いますが、比較的新しくできたというイメージを持っています。5回以上10回以下、そんなくらい泊まってるホテルです。ここの1階は佐世保のバスターミナルになっていて、福岡行きだののバス、市内バスが出ています。そんな便利な場所のきれいなホテルです。


248

 10年以上は経っていますが、流石に日本の宿、メンテも清掃もきちんとしてます。全く問題ありません。


249

 狭いけど必要充分なユニットバスとトイレ。温水洗浄便座がリモコン式でした。


247

 窓から手だけだして目測で撮影した佐世保駅と佐世保港。米海軍の揚陸強襲艦ボンノムリシャールだったかな?そんな大型の軍用艦が停泊していました。

 診療は終了、片付けて早めに上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月12日 車で出てきました

009


 おはようございます

 写真は7時47分のもの。まだ薄暗い新潟市、雪です。家のあたりはもっと多かったのですが、海岸に2キロほど近づいただけで何分の1かに積雪は少なくなります。午後から明日にかけて冬型が強まるとの予報ですのでお昼は医院常備の長靴で出かけることになるかもしれません。また後で同じアングルの写真をアップするかもしれません。

 小雪だった中越方面も先週末から雪が増えてきました。新潟県は広いので、新潟市はこんなものでも、多いところではすでに2mオーバー。特に西日本へ行くと、「新潟!? 雪、大変でしょう?」としばしば聞かれてしまい、解説を始める私です。

 昨日は忙しかったですが、今日はゆったり。夕方は少し早く上がれそうです。私にとってはたくさんの患者さんですが、患者さんにとってドクターは私一人です。一人一人最善を尽くさないといけません。

010

 お昼を食べて戻ってきてのんびりしてたら雷がなり始め、バラバラバラっと霰の音。ほんの1分ほどでこんなふうに路面が白くなりました。午後から明日にかけて冬型が強まるという予報です。あまり降らないといいのですが、まぁその辺は心配してもどうなるものでもありません。午後の最初は空き、2時から予約が入っています。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記780 佐世保の繁華街

126

 「繁華街」と言いつつ裏通りにあった小さな堀の写真です。長崎もそうでしたが佐世保もリアス式海岸の深い湾の奥の都市。良港ではありますが平地が少ないため、山の中腹まで家々が立ち並ぶ風景で、新潟なんかから行くとそのまんま、珍しい景観が楽しめます。また、両都市とも、わずかな平地にはこんな、海水も入ってきて干満がありそうな水路というか川がありました。流れがあるのか案外きれいです。これも珍しく感じての1枚です。


1271

 これが佐世保も昔からの繁華街、四ケ町、三ケ町アーケードの入り口。昔の重要な道をそのまま利用しているのか新しい国道がここでクランク状にまがって山側(右手)を走るようになっています。ほとんど営業中という感じでまだまだ元気な昔からの繁華街、ちょっと嬉しく感じつつ歩けます。


1281

 これが右へクランクする国道。小高い部分は昔は小学校でした。その崖下は戸尾市場、通称トンネル市場で、いい店がたくさんあります。一部、数年前に火事で焼けてしまいました。昔は年に1~2度行っていた佐世保ですが、この訪問の前はちょうどその火事の直前でした。


1291

 四ケ町アーケード内の餃子の王将。店ごとに考案したメニューがあるのが面白い店で、私もファン。昨日のお昼も駅前の王将でした。残念な事件がありましたが、頑張ってほしいものです。応援しています。高いなぁと思うメニューも無くはないけれど、いいメニューもたくさん。今日も行くかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して4592 亀尾総合バスターミナル

148

 クミのターミナルです。駅からはけっこう距離がありますが、歩けない場所ではありません。案外がらんとしていました。やはり重要な鉄道が走っているから、長距離は鉄道でという人も多いのかも。切符売り場(売票所)は自動販売機があり、窓口は1つだけ。人件費の節約なのでしょう。もっと小さいターミナルだと自販機だけというのも経験しています。


1492

 待合室と乗り場への出口。まあ結構大きいターミナルです。


150

 ソウル行きの高速バスは別に切符売り場があります。これもよくあります。群山なんかは隣の別の建物だったり。まぁ、韓国全土、ソウル行きは本数の多少はあれ、どこからでもあると言っていいでしょう。


153

 慶北の重要都市のひとつですので、こんなバス、全羅南道の大きなバス会社のものもありました。地方旅行好きの方にはおなじみのクムホです。


152

 私が乗るのは10番だったかな?ここから慶北のさらに北部へ行く路線の乗り場です。何度も書きましたが、善山は実は亀尾市内ですので各停の市内バスが頻繁に、安い料金で走っていたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月5日 - 2014年1月11日 | トップページ | 2014年1月19日 - 2014年1月25日 »