« 普通の韓国を探して5037 中林洞からソウル駅西部駅へ | トップページ | 普通の韓国を探して5039 「木工所」がありました »

2015年1月17日 (土)

普通の韓国を探して5038 露店商売はたいへんだ

394


 12月24日、クリスマスイブの10時くらいの写真です。

 5号線アチャ山駅の1番出口を出たところ。こんな靴の露店がありました。お客さんと商談中?それ以外の時間は向こうに見える小さな天幕の中で待っているのでしょうか。寒いソウル、冬場の露天商もたいへんです。

 こんな感じの商売、駅の地下街でも見かけますが、「無条件万W」という貼り紙をよく見ます。日本語で言えば「1000円均一」に相当します。要は安いよ安いよということ。

 靴だの、服だの。今回、宿が明洞だったのでロッテ本店も行きましたが、冬のブーツ、1足40万50万あたりが普通に並べられています。いいものを買って長く使う、言うのは簡単ですが、韓国の値段、日本より高い感じを受ける部分もたくさん。庶民は安いのを買ってダメになったらすぐまた買う。そんなのが実情なのかもしれません。

 また、少し前に書いた高級カルビ店前のかぼちゃ飴売りのハルモニもいたり、冬場の露店商売は大変そう。何とかうまく行かないものかな、、、って感じることがしばしばあります。

|

« 普通の韓国を探して5037 中林洞からソウル駅西部駅へ | トップページ | 普通の韓国を探して5039 「木工所」がありました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/60986504

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5038 露店商売はたいへんだ:

« 普通の韓国を探して5037 中林洞からソウル駅西部駅へ | トップページ | 普通の韓国を探して5039 「木工所」がありました »