« 普通の韓国を探して5101 ソウル地下鉄2号線ウォーク | トップページ | とうちゃんの自転車日記951 駅前飲み屋街の野良猫 »

2015年3月15日 (日)

普通の韓国を探して5102 初めて見ました。補身湯の露店商

367

 スユ里からのバスでウォンナム洞というバス停で降りました。昌慶宮路という一方通行の道、鍾路4街のあたりです。鍾路に出て上へ。天主教鍾路教会を過ぎ、宗廟公園。タプコル公園同様、天気のいい日の公園はハラボジ天国です。


368

 東大門方向、ドゥーサンタワーはずいぶん昔からの東大門のランドマークです。


3691

 鍾路3街駅手前、小さ目の屋台を押して行くハルモニ。これ、何と補身湯(補養湯)の露店販売なのでした。

 最近韓方医学のこと、ケコギの効果などについてここでも書いてきましたが、ケコギ支持層はどんどん高齢化。ということで信奉者の多いソウル市内中心部、鍾路のあたりでの新しい商売なのかもしれません。

 こんな小さなスープ(湯)の露店商、河東の市外バスターミナル前でのジェチョpクッk(しじみ汁」だけ売る小さな店を見たことがありますが、露店での補身湯というのは韓国通い20年、初めて見ました。タプコル公園へ移動するのかな?とも思いました。

|

« 普通の韓国を探して5101 ソウル地下鉄2号線ウォーク | トップページ | とうちゃんの自転車日記951 駅前飲み屋街の野良猫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/61283120

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5102 初めて見ました。補身湯の露店商:

« 普通の韓国を探して5101 ソウル地下鉄2号線ウォーク | トップページ | とうちゃんの自転車日記951 駅前飲み屋街の野良猫 »