« 普通の韓国を探して5093 日本式居酒屋の店頭の空き瓶 | トップページ | 普通の韓国を探して5095 艶やかなソウルの夜 »

2015年3月 8日 (日)

普通の韓国を探して5094 抱川を歩いてみた2

082

 もうすぐ川と言うあたり、やはり夜の店が多い感じ。そんな場所で犬に吠えられてしまいました。


083

 ご主人様に侵入者を知らせてるつもりかもしれません。遠くなのに警戒されてしまいました。これも、元がどんな犬種なのか飼い主もわからない小型の雑種犬でしょう。


084

 「川のある町」抱川のあの川、、、念願の場所、という感慨は特にない感じです。河川敷は他の韓国の地方都市でもよくあるように駐車場になっています。

 日本のようにコンクリで固められてという川が少ない韓国ですが、逆に河川敷は駐車場とか遊歩道。この辺の比較も面白く思います。


085

 三角の頂点に建てられたモテル。こういうの、好きです。


087

 川岸まで降りてみましたが案外きれいじゃない川です。魚が泳ぐ姿を期待しましたがいません。


088

 下水はできてるのかな?不完全なのかな?こんな排水も流れ込んでいます。

 ちょっと意外だったのがこの川、北に向かって流れています。なんとなく南楊州から北へ来たこのあたり、ずっと谷に沿ってバスは走ってきましたので、川は南の漢江へ流れ込んでいるのだろうと思っていましたが、逆です。 今地図を見てみたら、やはりこの抱川川は北へ流れ、その後、西へ方向を変え、全谷近くの青山面で漢灘江に合流し臨津江になって西海に注いでいるのでした。青山面、インスニさんの故郷でしたっけ?

|

« 普通の韓国を探して5093 日本式居酒屋の店頭の空き瓶 | トップページ | 普通の韓国を探して5095 艶やかなソウルの夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/61247784

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5094 抱川を歩いてみた2:

« 普通の韓国を探して5093 日本式居酒屋の店頭の空き瓶 | トップページ | 普通の韓国を探して5095 艶やかなソウルの夜 »