« 普通の韓国を探して5080 話のタネ しあわせバター | トップページ | 2015年3月1日 わりあいゆったりの日曜日です »

2015年3月 1日 (日)

普通の韓国を探して5081 遠足の行先はマッコリで有名な抱川でした

074

 2日目の午前、通過は何度もしてるけど歩いた事の無い町として残っていた抱川へ行ってみたのです。バスがぐるっと回れるだけの小さなターミナルに東ソウル市外バスターミナルからのバスで1時間ちょっとかかって到着したところです。

 終点は新鉄原(葛末)、途中、昔の基地村で有名だった雲川里を経由するバスでした。金化(瓦水里)、六丹里、東松、あとは、、、昔はけっこう来ていた江原道の最西部ですが、ちょっとした事情でここ数年訪問していません。ここポチョンはその行き帰りで何度か通った場所。昨日の記事の「川が流れる町」です。そう言えば二東にカルビも食べに行ったなぁ。白雲渓谷経由で史倉里へも行きましたがそんな時に通った町です。


075

 小さな売票所もあります。ソウルからもそんなに遠くないので頻繁に紫色の市外バスが走っている場所ですが、帰りはスユ里行きのバスに乗りました。 

 これも昨日の記事の話ですがソウルも大きな都市。東ソウルは北半分の東寄りですが、バスはぐるっと回って南楊州の方へ出てから北上します。混雑するソウル市内を避けてでしょうが、こちら、江原道側からは議政府まで一般道を走ればあとは高速道路みたいな道ができています。行きは1時間以上、帰りは30分ちょっと。違う経路で、と書きましたがソウル市北東部のスユまではあっという間でした。

 何度も韓国へ行って自由に歩けるつもりでいましたが、スユリ経由を思いつかなかったのはまだまだ慣れていない証拠、そんな風に感じた小遠足でした。

|

« 普通の韓国を探して5080 話のタネ しあわせバター | トップページ | 2015年3月1日 わりあいゆったりの日曜日です »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/61211617

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5081 遠足の行先はマッコリで有名な抱川でした:

« 普通の韓国を探して5080 話のタネ しあわせバター | トップページ | 2015年3月1日 わりあいゆったりの日曜日です »