« とうちゃんの自転車日記950 内野町 地蛸のわたの煮付け | トップページ | 普通の韓国を探して5098 抱川の町を歩いてみた4 »

2015年3月10日 (火)

普通の韓国を探して5097 용각산と카베진코와

366

 バスの中からの写真で、ちょうど木が入ってしまいましたが、大学路から鍾路へ向かう大通りのあたり、「保寧ビル」があり、正面からはっきり見たのは初めてかも。大きな看板の薬、わが日本の「龍角散」です。「微細モンジにも有効」みたいに書いてありますが、喉咽頭部の繊毛の動きを活発にしてのどをスッキリさせる漢方薬、私もいつも持っています。韓国での発売元がこの保寧グループなのでしょう。有名なのでしょうかねぇ?龍角散。


027

 こちらは同じ出張での朝鮮日報の広告。おっ、見たことあるラベルと思ったらそのまんま、キャベジンコーワでした。韓国式に言うとカベジンになっていますが、こちらは上の端に「興和」という漢字の商標も出ていました。

 

 食堂アジュマに前に「サンテFX」だかを頼まれたことがありますが、日本の薬、案外韓国でも人気なのかもしれません。

|

« とうちゃんの自転車日記950 内野町 地蛸のわたの煮付け | トップページ | 普通の韓国を探して5098 抱川の町を歩いてみた4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/61258202

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5097 용각산と카베진코와:

« とうちゃんの自転車日記950 内野町 地蛸のわたの煮付け | トップページ | 普通の韓国を探して5098 抱川の町を歩いてみた4 »