« 普通の韓国を探して5133韓国の삼립빵(三立パン) | トップページ | とうちゃんの自転車日記960 笠間駅待合室のハクセキレイ »

2015年4月11日 (土)

普通の韓国を探して5134 托鉢僧?・ソムジンガンミンムルジャンオ店頭で

204

 少し前にちょっと書いた黄鶴洞モクチャコルモクの「ソムジン江ミンムルジャンオ」という鰻屋です。一度入店してヤンニョムクイとソグムクイ、ふつうの蒲焼きと白焼きを食べました。それぞれ15000Wくらいだったかな?ちょっと贅沢してご主人といろいろ話した店です。

 ぐるっと回って戻ってきたら坊さんが店の前で携帯用木魚をポクポクやりながらお経をやっていました。さて、ご主人、どうするのかな?と思ってみていましたが托鉢に協力はしなかったようでした。

 こういうの、日本でもたまに見かけますが特に信心深くない家にとってはちょっと困りますよね。何か出すまでずっとやってるのかな。どういう坊さんかわからないし、キリスト教の盛んな韓国ですので、成功率はどうなんでしょ?乞食行という修行の一種とはいえ結局今の時代、米とかをあげるわけにもいかないだろうし、徐々に減って行くように思えます。

 追記です。10年とかも前のこの店の鰻、古い記事(すばらしい韓国の食事52)にありましたが1匹8000Wとありました。今はいくらなのでしょうね?

|

« 普通の韓国を探して5133韓国の삼립빵(三立パン) | トップページ | とうちゃんの自転車日記960 笠間駅待合室のハクセキレイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/61421181

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5134 托鉢僧?・ソムジンガンミンムルジャンオ店頭で:

« 普通の韓国を探して5133韓国の삼립빵(三立パン) | トップページ | とうちゃんの自転車日記960 笠間駅待合室のハクセキレイ »