« とうちゃんの自転車日記998 こちらも初めて・曙橋 | トップページ | 2015年6月30日 もう今年も半分が過ぎました »

2015年6月30日 (火)

普通の韓国を探して5215 何でも干物にしてしまう韓国

397

 前に似たようなタイトルがあったかも。冬は寒くて天気がいい韓国、かなりの大きさ、厚さの魚も干物にしてしまいます。

 ここでもコウイカのするめだの、分厚いエイの干物を紹介していますし、ハゼだの、マゴチだの、舌平目だの、エツだの、日本では見たことない干物もたくさん。

 面白いのは韓半島西海岸の漁港と観光地の直販場や市場。干物の専門店もあり、魚好きには堪えられません。

 ここで紹介した、江華島の大明港、仁川の蘇来浦口、アンサン市の月串浦口。烏耳島。群山港の直販場、木浦の魚市場など、やはり海産物の種類が多く豊かなのは西海岸。

 ソウルに何度も行っている方、日帰りの遠足で西海岸の海の幸を楽しむのも楽しいかと思いますよ。良く干した干物ならお土産にもできますし。

 写真はソウル、中央市場でのものです。

|

« とうちゃんの自転車日記998 こちらも初めて・曙橋 | トップページ | 2015年6月30日 もう今年も半分が過ぎました »

コメント

干物の炭火焼で1杯!なんて張り紙見たら、つい買ってしまいそうになりますね。上手なキャッチコピーだと思います。

投稿: shunshun | 2015年7月 1日 (水) 00時39分

 ありがとうございます

 ずいぶん前にアップしたサワラの干物で飲んだ店とは別のこんな店。魚は身体にいいという事で流行してるのかもしれません。干物で飲み食いさせる店。

投稿: おとう | 2015年7月 1日 (水) 07時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/61815318

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5215 何でも干物にしてしまう韓国:

« とうちゃんの自転車日記998 こちらも初めて・曙橋 | トップページ | 2015年6月30日 もう今年も半分が過ぎました »