« 普通の韓国を探して5249 ソウル地下鉄1・4号線倉洞駅 | トップページ | 2015年8月18日 韓国へ行こう »

2015年8月18日 (火)

普通の韓国を探して5250 桑の木がある場所は養蚕をやっていた場所

108

 現在は韓国も日本もほとんど養蚕を辞めてしまっていると思います。蚕を飼って繭を作らせ、絹糸を採って織物を作る。いずれの国でも昔は重要な産業でした。

 我が新潟県の田舎でも、たまに桑の木を見かけますが、そんな土地は多分、昔に養蚕をやっていた場所です。畑として残ってるのはほとんどありませんが、1,2本、大きな木になって残ってる、けっこうあちこちで見かけます。

 これは京機道楊平郡の砥平面から龍門面へ越える峠道の途中のものですが、手前と右の木は桑でした。大昔の韓国のHな映画の題名に桑が出てきたと思いますが、今の若い人、日本でも韓国でも桑の木、そして、養蚕の事、知らない人が多いことと思います。

|

« 普通の韓国を探して5249 ソウル地下鉄1・4号線倉洞駅 | トップページ | 2015年8月18日 韓国へ行こう »

コメント

「桑の葉」という映画ですね。「桑の葉1」と「桑の葉2」がありました。1の女優さんが好きでした。
 私が学生の頃(昭和47年頃)、山梨県の農家に行ったとき、蚕を飼っていて、蚕棚に桑の葉を入れると、「ぱりぱり」という蚕が桑の葉を食べる音が聞こえました。

投稿: shunshun | 2015年8月19日 (水) 20時53分

 コメントありがとうございます

 桑畑、私が子供の頃は茨城だの群馬だのの田舎には少し残っていたと思います。多摩の方にも古い木が残っています。摘みやすいように高くしないようにするのが桑畑でしたよね。

投稿: おとう | 2015年8月20日 (木) 17時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/62106208

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5250 桑の木がある場所は養蚕をやっていた場所:

« 普通の韓国を探して5249 ソウル地下鉄1・4号線倉洞駅 | トップページ | 2015年8月18日 韓国へ行こう »