« 2015年10月5日 秋ですねぇ | トップページ | とうちゃんの自転車日記1033 下関 ブルースが似合う街 »

2015年10月 5日 (月)

普通の韓国を探して5280 龍山の朝、もう一度

098

 セマウル号に乗りに行った日の朝です。バックはロッテキャッスルとウリ銀行本店ビルです。

 会賢洞のホテルレックス。やっと東の空が明るくなってきた時間なのにもう出発するお客さん、日本人女性のグループでした。

 韓国旅行人気の低下もあり、夜着、早朝出発のツアーはすごく安いのが東京とかだとあります。ちょっとうらやましいです。


100

 すぐそばの会賢駅から4号線で新龍山へ向かいます。


105

 新龍山から龍山駅へ行く前にカムジャタンの店で朝食。ピョヘジャンクッkを頼んだつもりがファンテ(プクォ)ヘジャンクッkが出てきた店です。このあたり、昔からカムジャタンチプがたくさんありました。


107

 朝食を取りながら切符を確認。行きの無窮花、帰りのセマウル特室、かなり値段が違いますが、後者でも1800円くらい。安いもんです。

 アップした写真で後から気づきましたが、所要時間はどちらも1時間42分。停車駅は少しセマウルのが少ないのですが、ま、韓国の在来線てそんななのです。


115

 店を出てまた再開発地区。だいぶ明るくなってきました。


116

 最後に同じビルのトイレを借用。、ちょっと困った状態。大の方で小用を足しました。

 誰かの本で、韓国、上は綺麗な派手な服を着ていても下着は汚れてるだか、、、確かにそういう部分、あると思います。

 大好きな国だからこそ、見えない部分、見えにくい部分もしっかりやって欲しいものです。サランヘよ、韓国。

|

« 2015年10月5日 秋ですねぇ | トップページ | とうちゃんの自転車日記1033 下関 ブルースが似合う街 »

コメント

韓国人自身も韓国は「外華内貧」の経済だとよく言っていたような気がします。「ボロを着てても心は錦」と言うことばもあり、着物の裏地の派手さにこるような日本人の気質とはちょっと違うところがあるかもしれません。

投稿: 慈雨 | 2015年10月 5日 (月) 12時09分

 コメントありがとうございます

 ここの古い記事でも書いたと思いますが、台湾の街並みは割合慎み深い感じを受けました。ソウルは、ちょっと派手好き。やや無理も感じたりしました。

 この言葉、韓国人の言葉だったような気もします。

投稿: おとう | 2015年10月 5日 (月) 14時45分

「韓国の地方都市」と検索したらこちらのブログにヒットしましたので、ついコメントさせていただきました!

韓国にしょっちゅう行かれてる方なのですね?
羨ましいです。
自分は全羅道が大好きです。
優しい人が多い気がするんですよね、他の地域より。
そんなことない感じた事がありますか?

しかも全羅道は日本とも関わり深い所だそうで。(たぶん統治時代が関係してるのでしょうか?)

投稿: CAMEL | 2015年10月 6日 (火) 00時12分

 コメントありがとうございます

 ご来訪、ありがとうございます。最近は地方中心の旅も少なくなっていますが、古い記事にはいろいろ面白い写真もあると思います。
 右下のバックナンバーで、ここ10年分の記事を見ることができますし、「ブログ内検索」も地方旅にはけっこう役立つと思います。
 「普通の韓国」を好んで歩く方が増えることが私の喜びです。これからもどうかよろしくお願いいたします。

 全羅道は、まずは旧百済と日本との関係。あとは、ソウルサラムと言ってもかなりの部分が70年代、80年代に地方から上京した方とその子供、孫だったりするのですが、中でも全羅道の人が多いようです。
 昔は露骨にあったという全羅道差別で、開発も資本投入も遅れ気味だったため、仕事を求めてソウルへ、というのがあったのかもしれません。
 このためか、ソウルで知り合う人のかなりが全羅道ルーツだったり。私も全羅道が好きです。
 一度酔っ払った慶尚道サナイ(?)による露骨な全羅道への差別発言を聞き、なおさら全羅道応援派になりました。

投稿: おとう | 2015年10月 6日 (火) 06時30分

セマウルもムグンファも大して乗車時間は変わらないことが多いですね.個人的にはローカル色満載のムグンファ号のほうが好きです.それでも,20年ぐらい前よりずいぶん停車駅が少なくなりました(廃止駅多いため).列車チケットですが,あまりレシート方式は買ったことが少ないです.だいたいはいつも自販機で,ほんのわずかですが自販機だと割引になることが多いです.レシート購入時,窓口氏が丁寧にこのように○で確認の説明してくれますね.正直,日本よりも親切のような気がします.

投稿: さいとう | 2015年10月 6日 (火) 20時39分

 そうそう、って思いました。
 飛行機もそうですが、赤鉛筆で念を押す説明。昔の飛行機だのに乗るのに慣れていない人が多かった時代の名残かとも思いますが、鉄道駅で、航空会社のカウンターで、ほぼすべてマークしてくれますね。
 食堂の「マシッケトゥセヨ」とともに、これも韓国のホスピタリティと言えそうです。

投稿: おとう | 2015年10月 7日 (水) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/62413874

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5280 龍山の朝、もう一度:

« 2015年10月5日 秋ですねぇ | トップページ | とうちゃんの自転車日記1033 下関 ブルースが似合う街 »