« 2014年12月28日 - 2015年1月3日 | トップページ | 2015年1月11日 - 2015年1月17日 »

2015年1月10日 (土)

普通の韓国を探して5027 仁荷大付属病院へ行ってみた

267

 ここの前の記事にもありますが、延世大歯科大の教授に連れられての会食の際、仁荷大病院歯科の医長さんと同席しました。名刺を交換し、韓国の先生の決まり文句のように、近くへ来たら寄りなさいと言ってくれて、、、 仁川港沿岸旅客船ターミナルの帰り、ちょっとバスを降りてみたのです。

 昔はこのあたりに市外バスターミナルがあったのですが、とうの昔に新しい市街地の方へ移っています。これはその仁荷大の先生もご存知でした。


266

 この辺は古い埋め立て地。道は広く、大型車がたくさん走ってる街ですが、徐々にこんな高層アパートもできているよう。

 蘇来方面の高層アパート群もすごいですが、どこの都市でも広い、開発可能な方向へどんどん市街地が広がって行くのでしょう。ここから地下歩道で仁荷大病院hの方へ行きます。


268

 。仁荷大学校医科大学の立派な建物ですが、何故か屋上には大韓航空のでっかい看板があります。後で河霜さんに聞いたらば、この仁荷大、医科大以外の大学校も持つ総合大学だそうですが、韓進グループの大学なのだそうです。すごいですね、韓国の財閥。


269

 病院本館への道ですが、左では学部が工事中。裏口なのかなと思いつつ進みます。思い出してみればこの右手の敷地も韓進宅配の大きな荷役センターでした。広大な土地、この辺はみな韓進の持ち物なのかもしれません。


275

 小さな入口でしたが、中は相当の人。こんな寄付金の名簿を見ていたら案内のアガシに話しかけられました。名刺を持ってこなかったので名前はわからず。歯科は2階だとのことでしたが約束もなかったのでこのまま通り抜け。次の目的地、東区区庁前へ向かいました。

 真ん中、寄付金10億以上と言うところに「韓進グループ」と言うひときわ大きな名札。やっぱハンジンの領土なんでしょう、ここって。

 歯科大が無いので名前くらいしか知りませんでしたが、仁荷大、仁川ではかなり幅を利かせてる学校なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事850 牛の骨も大事な食品

375

 韓国でも日本でも、デパ地下の食品売り場は大好き。きっと行きます。これは千戸洞の現代の地下だったと思いますが、値段の札、左から「牛足」、「牛コリ[テール)」「牛サゴル(骨)」、「牛骨」で、一番高いのが牛の脚、次がテールですが、でも、サゴルという骨と一緒の値段です。日本だとテールはかなり高い値段で売られていますが骨はだいたい売ってはいません。

 昔本町市場にあった肉屋でわざわざ牛の脚の骨を買ったことがあります。値段は100円。もしかしたら無料ってことなのかも。でも、切る手間賃が200円だの、かかりました。

 蟹専用の大鍋でスープを取りましたが特にありがたくなかったのかな?煮込んだ後の骨の処理で家内に叱られたことのが記憶に残っています。韓国にはまり始めた90年代の話ですが、日本だとタダ同然の牛の骨がちゃんと値段がついて売られている韓国。やはり外国だなぁって感じます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記924 1日にひとつ、いい事があればオーケー

071

 セミナー翌日、前畑先生が車を出してくれた時の写真。門司港駅そばのホテルの前からの関門海峡です。残念ながら門司港駅は改修工事中で見られませんでしたが、関門海峡を見ただけでもこの日はオーケー、そんな日になりました。

 最も狭い場所では700m以下と言う海峡、船の往来がたくさん。向こうの山は本州の山口県。何だか日本地図の中の住人になった気分です。


075

 一応、この日の目的地はここ、下関の赤間神宮です。平家滅亡の地、また日清戦争の講和条約締結の地でもあります。


077

 境内からの関門海峡。向こうが九州です。


072

 赤間神宮駐車場からの関門海峡で、ものすごい潮の流れが肉眼でもよくわかりました。

 左端の赤いマークが1枚目の写真の場所。1枚目の写真の赤いマークが2枚目の赤間神宮の竜宮城のような門です。


081

 この後お昼を食べにと思って行った唐戸市場の駐車場からの関門海峡。大小の船がたくさん通るのです。

 帰ってきてから調べたらここの海流の速度、早い場合は17キロくらいになるとか。流れに乗る船はどんどん進み、逆らう船はなかなか進めない。瀬戸内海などにはそんな流れの速い海峡がたくさんあるのでしょうが、ただ広いだけの日本海しか日頃見ていないので、たいへん新鮮な景色でした。高い所からの景色も楽しいかもしれません。関門海峡、見るに値する景勝地でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 9日 (金)

とうちゃんの自転車日記923 FDAはいい すごくいいです

026

 昨年秋の記事にも書きましたが、新潟福岡、往復で12800円のFDA。前畑先生などからLCC、安いけど席が狭いとか、サービスがカットされてるとか、乗る場所が変な場所だのだとか聞いていたので正直、エクスキューズが必要なのかと思っていましたが、全然普通で、かえって座席などは広くて快適。サービスも普通以上で、この料金でと考えるとかえってこちらが申し訳なく感じるくらいでした。

 新潟9時半、福岡11時半過ぎの予定。帰りは福岡17時25分ですから新潟の人が福岡へ行くには最適の時間。また、いつもの737の3+3列の座席よりも広いくらいの2+2列の椅子。また、飛行時間も少し短めのよう。文句の付けどころはありません。


027

 機内誌で見ましたが9機で静岡、名古屋小牧を中心に飛んでいるとか。少ない飛行機でたくさんの路線をと言うのは大変でしょうが、乗務員さんは途中で交代したりで適度に休憩時間もあるそうです。

 今回の新潟福岡線も、小牧から新潟へ来たのが福岡へ。福岡からは今度は静岡へ。そしてまた福岡へ戻り、新潟へ飛んで名古屋へ戻るとか。飛行機は八面六臂の大活躍です。大手と競合して値段で勝負というのではなく、大手が飛ばない路線を抑えてとか、機内誌に書かれていました。

 また機内誌も、どこか親しみが持てる風。有名人が記事を書いて各地の最高級店と最高級ホテル紹介してという感じではなく、就航地の普通の人も行けそうな店の紹介など、いい感じです。


044

 もうすぐ福岡と言うあたり。最後に福岡空港の混雑で少し待ち時間がありましたが、とにかく、安くて快適でした。年に1~2度は行く福岡ですが、できればこのFDAを利用したいと考えています。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記922 行きたかった場所 宗像大社

038

 もうすぐ福岡空港というあたり、下関上空から玄界灘の上を飛びます。見えるかなぁと思っていたら、見えました。沖ノ島という岩だらけの無人島です。


042

 最大望遠でこんな感じ。コンパクトデジカメの限界です。東西の稜線を持つ山脈のような島です。


046

 で、宗像神社の社務所。すごく立派です。平日なのに駐車場はほぼいっぱい。車を出してくれた前畑先生もこんなに人気の神社だとは知らなかったということでした。


048
 本殿がこれ。境内はそれほど広くありませんが駐車場がものすごく広いお宮です。参拝の後宝物館を見学。10万点以上の国宝があるそうです。

047

 駐車場に戻る際の大鳥居。左の柱に麻生太吉という寄贈者名。ちょっと見てみたら江戸時代末期から昭和の初めまで活躍された麻生セメントの創業者。今の麻生大臣の曽祖父だそうです。筑豊地区の大親分って感じだったのでしょうか。

 1、2枚目の写真がこの宗像大社の一番大事なお宮がある沖ノ島です。本土からも対馬からもけっこう離れた場所。無人島と書きましたが、神職の方が交替で詰めておられるとか。ここへ来たいと思った理由の一つに日本海海戦を肉眼で見ることができた唯一の民間人がこの神社の方だったという歴史事実。日記のようなものが展示されていましたが、何だか、その人になりたかった私です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

2015年1月7日 インターネットは便利です

111
 

 大韓航空の新しいHPの画面です。先月の23日朝のKE764が飛ぶかどうかは前日22日のKE763が新潟に来るかにかかっています。強い冬型の気候。積雪はそれほどでもなかったけど、機材繰りが大事な飛行機。さて、764便、飛ぶかな?と見ていたら、けっこう遅れてこんな画面になりました。

 よし、きっと行ける、そう思って電源を切り、帰宅したのでした。

 今朝もJRや佐渡汽船では遅れや欠航のニュースがありますが、新潟空港HPでは今のところ欠航や遅れの情報は無し。曇りで風は強いですが、降雪はありません。もう少ししたら空港へ向かいましょう。きっと飛ぶ、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5026 韓国語の中に残る日本語

115

 4号線の会賢駅だったか明洞駅だか、地下商街の店に貼ってあった紙です。

 面白いなと思ったのは縦書きの3文字。「正札制」ですよね。読み方は音読みですが、これ、多分日帝時代の日本語の遺残でしょう。

 昨夜の韓国語学院の授業、教科書の「新聞」の項でしたが、漢字語の話が中心に。最後に先生が配ってくれたプリントは日本と韓国で違う漢字語のものでした。

 韓国語を学ぶ日本人にとって漢字と漢字語はとてもありがたいとっかかりになります。でも、全く違う部分もたくさん。

 中国、韓国、日本と伝来した漢字ですので、中国寄りの漢字語がたくさん残る韓国ですが、この100年くらいにできた新しい漢字語は日本と同じ、日本寄りと言えそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事849 하누소でヤンニョムカルビ

093

 ㅎの下の「・」はアレアという文字で、現在の「ㅏ」、どなたかに教えてもらいましたが「アレ」=下に付く「ア」、ハヌソというわりあい高級なカルビチプの倉洞本店です。1F部分は駐車場。やはり高そうな車が並んでいて、駐車場アジョシも常駐。ここだけでは足りないので近辺にある駐車場への移動駐車サービスもあるようでした。


094

 最初に出てくるオマケのおかず。


095

 葉っぱのムチム。もちろん、キムチ類、水キムチなんかもたくさん出てきます。


097

 昨日の記事でも書いたカルビタンに付く麺。スープが熱いうちでないとほぐれないのですぐに投入すべしとアジュマが指示してくれる冷麺の麺です。


098

 まずはアルミカップにごま油とマヌル丸ごと。よく焼けば匂いはそんなに残りません。初日の夕食でしたので私もいただきました。


099

 42000Wだったかのヤンニョムカルビ。韓牛牛という店名のように、在来種の国産肉牛、かなり美味しいです。脂は少なめですが日本の和牛に慣れた(?)私も美味しいと感じる肉です。

 洋ポソッと言われるマッシュルーム。私も昔李準圭先生に教わりましたが、逆さにして焼いて、傘の内側に出てくる水が栄養とい説、韓国の幼稚園児も知っていました。信じれば薬、です。

 生カルビだと58000W。ちょっと食べると2万円という店です。やはり韓国でも高い店は高い、でも美味しい。そんなでしょう。「ハヌソ」の仁寺洞店、会賢店もきっとお勧めできる店だと想像しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 6日 (火)

2015年1月6日 遠くへ行きたい

015

 昔、「遠くへ行きたい」ってテレビ番組がありました。「新日本紀行」ってのもありましたよね。最近では「小さな旅」とか、そんなシンプルな旅行番組が好きです。

 家内に言わせると「見てて面白いの」?って聞かれますが、面白いです。旅行が仕事だったらいいなぁっても思います。とにかく知らない場所を歩きたい、そう考えています。

 ずいぶん前の記事に書きましたが明日明後日の休みはフジドリームというLCCの切符をネット予約してあるので出張の予定。楽しみです。

 これも、何度か書いていると思いますが、ちょっと先に休みができた、そんな時は、先に切符を買ってしまうってのがいい選択。特に飛行機は、うんと前だと安いのに、だんだん高くなって、結局断念ってことになりがち。2月にもスタッフの希望で連休ができ、どうしうようか考え中。韓国は用事が無くもないのですが、ちょうど旧正月に当たるため、どこか国内、暖かい地方へ安い切符で行けたらななんて考えています。

 写真は1月3日の越後線吉田駅。湘南カラーの115系も徐々にいなくなってしまうのでしょう。半自動で、ドアは手で開け閉め。発車時にだけ自動で閉まります。寒い地方の電車ならではの事です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事848 ハヌソでカルビタン

096

 南大門市場の南の会賢洞、それと仁寺洞に支店があるハヌソの倉洞本店です。カルビの他に、私はカルビタンが食べてみたくて別に注文しました。カルビ1人前4~5万Wの韓牛を売りにしてる高級店です。いくつかフロアごとにタイプが違い、韓定食も出すみたい。勝手に上に上がったら予約してますか?と聞かれ、いつもの2階に戻りました。けっこう賑わってて、食堂アジュマの娘さんの同級生もいたり。たまの贅沢って感じなのかもしれません。

 さて、カルビタンですが、店の名前は「韓牛소」というとおり国産肉牛の店。肉はなかなかです。でも、スープが、やはりカルビだけだと単調に感じてしまいます。牛スープの店としてはやはり私の知る範囲では麻浦屋がトップですね。鍾路の迎春屋のようなダシダっぽさはありません。かなり美味しいのは確かです。

 面白かったのは別添えで出てくる麺が、よくある素麺ではなく冷麺であったこと。ですので、出てくるや否や、店のアジュマはすぐにトゥッペギに入れるように言います。でないとほぐれないのだそうです。 私もカルビを食べますので娘さん2人にこのカルビタンも分けてあげたのですが、麺がもっとほしいとのことで、アジュマが「麺だけくれる?」と頼みましたが、スープが熱いうちでないとダメと断られました。カルビタンに冷麺の麺。ちょっと新しい経験でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5025 何年ぶりかの千戸洞

370

 河霜さんとの約束時間にはまだ時間があったので10年以上行っていなかったかな?千戸市場へ行ってみました。私が何度か行っていた後に、日本語の本が出て千戸市場とその奥にある飲食店が紹介され、少しは日本人も行くようになった感があるソウル市南東部の下町です。

 1枚目、これ、何でしょうね?やはり外国、何だかわからない設備があります。


371

 ソルロンタンチプ。中央地図のソウル市内交通地図にもたくさん飲食店が出ていますがソルロンタンチプもたくさん。本やネットでも紹介されていない美味しい店もまだまだあるのかもしれません。でも、韓国のネット検索で大体は網羅できるかも。日本同様、「美味しい店」の紹介、報告は掃いて捨てるほどありますので。


372

 大通りに戻りました。ここ10年ちょっと、韓国のゴルフブームで、練習場、室内練習場としてのスクリーンゴルフ、たくさんできました。こんな所にも?って思いました。


373

 そろそろ駅の方、現代百貨店方向へ戻ります。10年前は無かった大きな建築がたくさん。ここへ何度か通ったのはウォーカーヒルで遊んで、ちょっと知らない町へ行ってみるかというのがきっかけ。昔は現代の建物ばかりが目立つ街でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 5日 (月)

普通の韓国を探して5024 串うどん?

513

 何度か韓国へ行ったことがある方なら韓国のオデン、ご存知だと思います。多くは露店の屋台で、太めの串に刺して煮込まれたもので、薄い油揚げのような形のを折りたたんで串刺しにしたものが一番一般的。あの魚肉練り製品をプサンオムクとも言います。オ=魚で、ムk=材料をすりおろして練ったものを固めた食べ物です。

 これは仁川空港出国後の搭乗待合室そばの軽食の店の看板ですが、「コチウドン」というメニューがありました。 コチ=串のこと。焼き鳥とかをコチクイ(串焼き)とか言いますし、この10年くらい東大門あたりを皮切りに流行りだした朝鮮族の延辺料理はヤンコチ。ヤン=羊肉で、羊の串焼きという訳です。

 しかし、何でコチウドン?と思いました。


515

 ひらがなでは「おでんうどん」とあります。私も何度か食べたことがありますが、通常のうどんに、すぐそばの鍋で煮て売られてるオデンを串から抜いて切ってのせたものがオデンウドンです。

 さて、この「串うどん」合ってるのか?間違ってるのか?どうなんでしょう。英語のSkewered dishを調べてみると串刺しにされた食べ物という感じ。オデンは韓国でも多くは串に刺されて売っていますが、このメニューの命名、オデンが消えてしまってオデンを刺している「串」の名前だけが残ってしまってるのかな?と思いました。

 さて、韓国の皆様、この解釈、いかがでしょう?「おでんウドン」ならぬ「コチウドン」他でもあるのでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5023 景品王国韓国

374


 ソウルの千戸洞での1枚です。携帯電話屋でしょうか、歩道にトイレットペーパと辛ラーメンがずらり。こんなのの他にも前に河霜さんにいただいた買い物用カートだったり、買ってくれたらこれあげるよ、というのが盛んな韓国です。

 割賦元金0Wとも書いてあります。日本も韓国も携帯の新しい契約は大事なのでしょう。依然、普通の折り畳み携帯を壊れるまで使うつもりの私ですが、半額くらいのスマートフォンというヤフーの広告はちょっと気になります。

 宣伝のため、多分無料でメーカーから提供されるのであろう婦人雑誌の付録も有名ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記921 E129系電車

003

 新潟地区の普通電車は40年くらいも使ってる115系か、ロングシートで面白くないE125系でしたが、12月からこのE129系と言う新しい電車が走りはじめました。

 45年も前、新潟に来た時も80何系だったか、古い木造の電車がピンクと黄色の面白い色で走っていましたが、地方って、首都圏のお古とかが回ってくるのが多かったようです。でも、前記E125とこのE129は新車で配置されたよう。初めて乗ったのがこの1月3日でした。2両と4両のユニットがあるのかもしれません。


006

 車内はこんなふう。これでもセミクロスと言うのか、ロングシート部分とクロスシート部分が分かれています。


007

 運転席側はこんなふう。実際乗ってみた感想はとにかく静かです。線路の状態にも左右されますが、音も無く加速するのは流石、最新型でしょう。115系は個体差もありますが、バネがへたってるのかかなり上下動するのもあったり。徐々にこれに置き換えられるのでしょうが、今度は115系がありがたくなっていくのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

とうちゃんの自転車日記920 弥彦神社へ行って来た

004

 昨日朝、7時過ぎの新潟駅前です。ちょっとした吹雪状態。帰省された方か、写真を撮ってる人が何人か見かけられました。景色が見えるだけ大したことない雪だとも言えるのですが。


009

 越後線、弥彦線と乗り継いでやってきた弥彦です。弥彦線の西燕、吉田間は何もない吹きさらしの田んぼの中を走るのでちょっと風が強いと徐行運転。さらに、単線ですのでそれが重なりすぐに遅れが出て、それが接続する越後線にもという状況で。弥彦着は7分遅れの9時26分でした。

 本数が少ない弥彦線。予定していたのは9時19分に弥彦着で、10時5分の同じ電車で吉田へ戻ること。次の電車は12時過ぎなので2時間も弥彦にいて、やることもありません。

 それが遅れて、ただでさえ40分くらいしか無い弥彦での時間が減少。神社まで行くか迷いましたが、最後は走ることになってもここまで来たら行くと決めて歩き出します。


012

 案外空いている本殿でお参りし、駅へ。


014

 帰りは下り坂ですので小走りに歩き、けっこう余裕を持って弥彦駅に戻れました。元旦のやればできる、ということを学びました。

 踏切事故で電車が止まり、雪の中を吉田まで歩いたのは一昨年だったかなぁ。ともあれ、今年の初詣、つつがなく行って来ることができました。

 暮れからちょっと風邪気味。今日は大人しく身体を休めて明日からの仕事始めに備えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月28日 - 2015年1月3日 | トップページ | 2015年1月11日 - 2015年1月17日 »