« 2015年9月13日 - 2015年9月19日 | トップページ | 2015年9月27日 - 2015年10月3日 »

2015年9月26日 (土)

すばらしい韓国の食事930 初めて見た「울외나나스끼」

545

 韓食ライター八田さんのページでちょっと見て覚えていた韓国の奈良漬である「ナナスキ」、スユ伝統市場の塩辛だのおかずを売る店で初めて見ました。

 日帝時代の名残の「ナラヅケ」が「ナナスキ」として残ってる面白いケースです。

 ちょっと韓国語で検索してみるとたくさん出てきます。白瓜(ウルウェ)を塩漬けしてから酒粕にまた漬けて作るチャンアチの一つ。「飯泥棒」なんて記載も見かけられたり。

 子供の頃は日本酒の匂いが苦手で食べられなかった奈良漬け。大人になって飲むようになったら平気になり、でも、あまり甘いのは苦手。

 さて、韓国の奈良漬、いったいどんな味なんでしょう?

 上からぶら下がってる看板は、順にアガミジョッ、モンゲジョッ、トハジョッ、クルジョッ。アガミは多分スケソウダラの鰓とか内臓、モンゲはホヤ、トハはアミ、クルは牡蠣。それぞれ塩辛として売っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1027 越後線沿線ウォーク完了

020

 寺泊柏崎50キロ歩きマラソンに始まった越後線ウォーク、最後に残った寺泊粟生津間を23日に歩いてきました。

 越後線寺泊(旧大河津)駅からスタートです。


029

 多分、100回以上通ってる分水の大河津橋を歩いて渡るのは初めて。歩道は上流側にだけあります。自転車で通る人はいますが、歩いての人はほとんどいないようです。


045

 分水の町に入り、分水駅でトイレを借ります。


047

 新しい国道116号ではなく、旧道に入る踏切を渡ります。


050

 分水の街中を流れる西川。旧道はこの川に沿っています。


056

 町外れで開けた大展望。左から良寛さんが住んだ国上山、双耳峰の弥彦山と多宝山。一番遠くが角田山です。


069

 西川の土手の上を走る旧街道。歩き続けると山の見え方が少しずつ変化します。


073

 旧道沿いの酒屋さん。まだ現役です。


074

 だんだん近づく弥彦山。


076

 昔から地図で見て、どんな所だろうと想像してた旧吉田町郷土資料館。江戸時代末期の私塾の跡なのでした。儒教と漢文を主に学ぶ学校だったそうです。


078

 越後線粟生津駅。これで越後線新潟柏崎間、完歩です。快い疲れと達成感を持って新潟へ戻りました。次は歩きかけの新潟新発田間の白新線です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月25日 (金)

すばらしい韓国の食事929 オボクチェンバン 五福?

457

 4か月ぶりの韓国、今回は河霜さんがご馳走してくれる番。新川駅待ち合わせで北韓料理の「平家チプ」だったかな?江南を中心に数店あるチェーンのレストランのようでした。

 すみません、写真を見たら「平家屋」でした。


461

 これがオボクチェンバン。メールをいただいた時、クジョルパンとごっちゃになり、あんまりあれば面白くないよなって勘違いしてしまいましたが北韓料理の辛くない鍋です。

 チェンバンは普通はお盆。黄銅色の浅い鍋だからチェンバンなのでしょう。

 下には白菜、タケノコ、エリンギ(新松茸)、シメジ、そんなのを敷き詰めた上には牛肉、牛肉の煎、マンドゥ(ぎょうざ)、茹で卵、そんなのがのった具だくさんの鍋です。

 スープは牛肉のユクス。塩味ですがいいスープ。真ん中にあるヤンニョム醤油を使ってもいいし、別に醤油さしもあります。

 韓国にしては珍しい、全く辛くない鍋。昔、ソルロンタン屋のスユクでこういうタイプ、煮ながら食べるのを経験していますが、いい食事になりました。ご馳走様、河霜さん。次回は江北で、私がおごる番。よろしく。

 タイトルに入れた「五福」は違いますね、오ではなく、어でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5270 4号線倉洞駅西口

771_2

 右が4号線の倉洞駅。このあたりから終点のタンコゲ駅までは地上の高架線を走ります。左のビル、昔ここでも紹介したテジカルビの店があったのですが1年も経たないのになくなっています。簡単に商売を始めるけど、ダメだとなると簡単にたたむ。そんな韓国です。


078_2

 ネイチャーリパブリックという化粧品の店は場所がいいからかずっと変わっていませんが左の「倉洞チャムポン」は新しくできた店です。ここ数年、チャムポン専門店は流行してますね。


079_2

 左の路地の奥の店の看板。海産物を刺身店ほどツキダシは無いけど安くという店のよう。そういうのも大東原フェチプみたいに流行りかも。


081_2

 これは日本語、「オドリ」とあります。普通に通じるのかな?しかし写真はクルマエビ、今頃が旬の韓国のエビはデハと呼ばれる大正えび。ほんとにクルマエビが出てくるのかな?


080

 看板の洪水。右はEマートの駐車場です。その奥の鉄骨、この倉洞も民資駅の工事がずっと前から行われていますが休止中?往十里ほど広い土地も無いので難しいのかもしれませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月24日 (木)

2015年9月24日 4日間の休みは長すぎるかな

460

 おはようございます

 水木休みの当院ですので、今日も休み。特に遠出はしなかったので、4連休はちょっと長すぎるように感じています。旅行とかしてたにしても3日くらいがちょうど良いかもしれません。

 銀行が休みなので忘れていた給与関係の仕事、ネットバンキングでいつでもできたのを思い出し、ちょっと出てきたところです。明日は給料日、院長も法人ではありませんが、一定の給料制にしてるので、楽しみです。

 写真は韓国での食事のおかず、キュウリの漬物です。発酵させた漬物はキムチ、させない漬物は「チ(ジ)」とか、「チャンアチ」というみたいです。

 「たくあん」という言葉が残ってるのは日帝残滓なので、「タンムジ」が奨励されていますが、これも、「タン」=甘い、「ム(ムゥ)」=大根、「ジ(=チ)」で、「甘いダイコンの漬物」という意味。

 キュウリは「オイ」ですので、きゅうりの漬物、いろんなタイプがありますが、写真のものは「オイチ」となり、「美味ちぃオイチ」という言葉があるかどうか、、、無いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月21日 (月)

2015年9月21日 さて、何しよう?連休です。

074

 消毒した器材の片付けと、自家製の第1石膏トラップの掃除に出てきました。いい天気。嬉しい休日です。

 町内会の役員をやってるうち、敬老の日の行事で家内が午前中、お祝いの品を配る仕事があり、電話番はとうちゃん。その後も何だかんだ、今日は家内が出かけたりですが、明日からは完全フリー。どこに歩きに行こうか?家で地図を見ながら考えましょう。

 写真はどこだかわかりますか?会賢洞の宿にチェックイン。遅い昼ごはんを食べたあと、乗り換えが面倒なのでタクシーでここへ来ました。

 4号線会賢駅からだと最短経路では2回乗り換えないといけません。遠回りで1回乗り換えのルートもあるにはありますが、時間があれば歩きでも行ける場所。交通費の安い韓国でしたのでタクシーです。

 目的は知人に頼まれた野菜の種の購入でした。さて、どこでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月20日 (日)

すばらしい韓国の食事928 初日のお昼

056

 新潟からのソウル仁川空港行き764便は11時45分頃到着です。入国、税関で、出るのは早くても12時過ぎくらい。バスか空港鉄道でソウルまで行くと1時過ぎ。私にしては遅めの昼食をどうしようか?という時間です。

 写真は今回の宿、会賢洞のホテルレックスの退渓路側の高層アパート。「リーダーズビュー南山」というのかな?高そうなアパートの下は商業施設になっています。

 何度か倉洞本店での食事を紹介してる韓牛専門の焼肉店「ハヌソ」の看板が見えています。カタカナもありますね。「ハヌソ」は「韓牛소」という繰り返し語。ハの母音はアレアです。

 このハヌソ会賢「南大門店」、いくつかの日本語のブログにも出ていますがほぼ全部がカルビタンの話。本来カルビを食べて、、、の店なのに、日本人はあまり高いカルビを食べないのかカルビタンばかり。

 まぁ、お昼ならしょうがないけど、夜だとしたら、店のアジュマは日本人はケチだ、とちょっと煙たがってるんじゃないか、心配です。


057

 で、お昼だからカルビタンも許されるだろうと行ってみたのですが、2時過ぎだったせいか、店のアジュマが6~7人、奥の厨房前のテーブルで食事中。「カルビタン、ダメ?」と聞くとやはりダメ。

 結局同じ地下にある小さな食堂へ行ったらここもお昼の最後のよう。ビビムパッpならできるけど、ということでお願いしました。

 どこでも同じように思えてしまってた代表的韓食メニューの一つですが、その店ごとの具の面白さに最近目覚めています。

 その日のおかずを少しずつのっけて、最後に目玉焼きを載せて、コチュジャンで味付け。ここも店のアジュマの腕(料理ソmシ)を感じるいい具材でした。


059

 こんなふうに混ぜて、いただきます。


060

 このアジュマ、料理上手だなと思った理由もう一つ。このヨルムキムチの味もなかなかでした。漬けるのが大変な白菜キムチよりも、量をコントロールしやすいヨルムキムチは漬けやすそう。美味しいヨルムキムチの美味しさにも最近目覚めた私です。いいのはすごくいい。そう思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事927 韓国の秋の別味、銭魚(こはだ)と、ちょっと珍しい小魚

553

 別味、ピョルミと読みますが、日本語で言えば珍味ともちょっと違う「格別の味のもの」という感じかな?そんなのの一つ、秋の風物詩銭魚(コハダ)です。

 こんなふうに活けで売られてるのが普通。銀色の平たい魚体に黒い点があるのが特徴。死んだのもありますが、そういうのは焼いて食べるのでしょう?セコシと言って、筒切りの刺身か、三枚にしたのを細切りの刺身で食べるのと、クイ、焼き魚で食べるのが一般的です。


554

 スユ市場の同じ店、上の水槽には左に、これも韓国の西海岸の秋の味、「大蝦(デハ、たぶん大正エビ)」の活けと、右は、珍しい魚が池で売られています。

 多分あれだろうと思って検索したら当たり、福岡の名物、「あぶってかも」の材料であるスズメダイでした。これも胸鰭のとこの黒い丸が特徴です。

 福岡には何度も行って、泊まって、飲んで食べていますが、あぶってかもはまだ未経験。小さい魚とは言え塩焼きをそのままかぶりつくというのは骨が硬くないかな?と心配になります。

 どうやって食べるの?と聞けばよかったですが、今秋の日矯大会は福岡市の開催。あったらちょっと食べてみようかな?と思いました。

 韓半島は九州のすぐそば。海産物は共通のものがたくさん。これもよく似た日韓の食文化なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月20日 今日頑張れば4連休です

234

 おはようございます

 忙しい日曜日です。休みが多い9月、どうしても患者さんの予約が集中しがち。いつもはゆったりの日曜午後も忙しくなりそうです。

 でも明日から当院の連休4日間。特に予定はありませんが、できるだけ身体を動かせればと考えています。

 毎日飛ばない新潟ソウル便ですが、明日出発で月火水と行けなくもありません。でも、飛行機代が高そう。出かけるとしても近場でのんびりと行きましょう。

 写真はソウル、李準圭先生とテジカルビを食べた時のパンチャンの一つ。エイの煮ものです。

 新潟でも割合普通に売られているエイ、カスベとか言いますが、やはりこんな風に煮付けて食べます。今度コチュジャン味、もしくはキムチ味で煮てみましょうか。どうやっても美味しくできそうですし、とてもよく似た日韓の食事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1026 亀田への田んぼ道

010

 休日の水曜日朝のウォーキングの時の写真です。越後石山駅付近から亀田方面へ向かう道に入りました。見通しのいい道は遠いって言います。ずっと向こうの建物が新潟明訓高校。一直線に田んぼの中を走る道です。


011

 歩いていると遠くに走行音。亀田駅を出たDCの通勤列車で、5両編成。もともとローカル線で時には単行で運用されることも多いディーゼルカー。これだけつながるとちょっと嬉しい鉄道ファンの私です。


012

 望遠で1枚。一番後ろがちょっと新しいタイプのE120型、あとはもうベテランの域になる110型DCです。


015

 見送ってると今度は新潟方面からのやはりDC列車。こちらはちょっと古いタイプのキハ46とかが中心の列車で、でも4両編成。多分90%以上が電車であるこの信越本線では嬉しい風景です。


017

 やっと到着した明訓高校前。次女がお世話になった学校です。今は中学も併設。かなりの学生が亀田駅から歩いてきます。患者さんも何人かいるはず。

 この後は亀田駅を通り抜けて、今度は栗の木川沿いに石山、そして自宅に戻りました。2時間ちょっと、14000歩くらいのウォーキングでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月13日 - 2015年9月19日 | トップページ | 2015年9月27日 - 2015年10月3日 »