« 2015年9月20日 - 2015年9月26日 | トップページ | 2015年10月4日 - 2015年10月10日 »

2015年10月 3日 (土)

普通の韓国を探して5276 平昌オリンピックを応援しよう

428

 セマウル号で帰って来た午後の龍山駅です。江原道の農産物の展示(弘報行事)のようですが、平昌2018冬季オリンピックを応援する行事も兼ねているようでした。


431

 私ももらった韓国玉蜀黍。甘くなくてモチモチした果肉。ちょうどよいおやつになりました。


432

 珍しかったのはこれ。山のブドウかなんかだと思ったら生の、韓国産のオミジャ(五味子)です。

 干して色が濃くなり小さく縮んだものしか見たことなかったし、大抵は北韓産だったり。生のこんなの、あるんですねぇ。ひとつ食べてみたかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5275 朝の龍山駅前

101

 ほとんど消えつつある客車のセマウル号に乗るためにやってきた朝の龍山駅です。宿は会賢でしたので、4号線の新龍山駅で降りて地上に出ました。

 昔からここにあった龍山の目印、国際ビルです。


102_2

 かつては多くのアガシ、アジュマが春をひさいでいた一角も今は再開発で新しいアパート群に変わりつつあります。


103

 横断歩道の脇のスレギトン。江南とは異なり、灰皿付き。


104

 もう一度再開発ビルを振り返ります。駅から見て左手がこの区域。右側は別の建設会社が担当しているようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1031 九国で見かけた自動車

098

 最終日、休診だったので前畑先生が車を出してくれました。あいにくの雨でしたがお願いした目的地は福岡の大宰府にある九州国立博物館ですので大丈夫。

 展示を見て、さて昼食をとって空港へと駐車場に戻るとこの車。昭和40年頃の高級車、プリンスグロリアスーパー6です。


102

 手入れもよく、錆びも皆無。3年経った我が愛車よりも保存がいいかも。大事に乗っておられるのでしょう。ガラスのカーブが艶っぽい、いい時代の車。シトロエンDSにも通じるスタイルです。

 この車、何と釧路ナンバーでした。昔の日本車もちゃんと屋根のある車庫に置いて、しっかり整備すれば50年も乗れるのは大したもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1030 FDAの飛行機、今回は紫色

109

 前もって買っておけばかなり安いFDAの切符。スタッフが休みを申し出てすぐに購入。残念ながら一番安い値段ではなかったのですが、東京へ行くのに毛が生えたくらいの価格で福岡へ行けます。

 ただ、少ない飛行機をフル回転で使っているためか、時間が中途半端だったり。新潟をお昼に出発です。


110

 佐渡の真野湾。佐和田とか真野町の上空です。


112

 島根の中の海だったか、宍道湖だったか、よく見ると小さな空港の滑走路も見えました。出雲空港とは別に、湖の東岸にも小さな空港があるみたいです。

114

 こちらが西岸にある出雲縁結び空港みたいです。滑走路が湖上に突き出しています。

115

 唯一残念だったのは機内誌。年に2回、時刻の改変に合わせての発行だそうで、初夏に名古屋小牧へ行った時と同じものでした。

 1月にやはり福岡へ行った時、良いな、この会社と感じたのですが、やはり安くする努力で機内誌にかけるお金も少ないのでしょう。冬の号がすごく良かったので、せめて季節ごととか、それくらいだといいなというのが正直な感想です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

とうちゃんの自転車日記1029 九州北部を歩いてきました

104

 お昼休みです。写真は昨日の午後早く、福岡空港での軽食。車ではなかったので、ま、ケンチャナというところです。

 歩いてきたのは下関、直方、飯塚(ほんの少し)、桂川(ほんの少し)、鳥栖(ほんの少し)、佐賀(ほんの少し)、武雄市内、そして佐世保市です。

 後半、武雄温泉駅あたりからはずっと雨降りでしたが最後、福岡空港に着くころには上がってくれました。

 飛行機も飛ぶようだし、充実した旅行だったことを喜んでの1杯のお供は福岡名物ゴマ鯖。空港価格で864円。小さな一切れが86円というのははちょっと高かったけど、ま、美味しかったのでオーケー。1296円の幸福を味わいました。

 誰でも皆お金を稼がないといけない。最近そう考えるようにしています。たとえばビジネスホテル。安全で寒くも暑くもない所でゆっくり寝られていつでも風呂に入れて、おまけに片付けないでいい。1泊5000円は当然、かえってありがたいくらいに思わないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月2日 秋夕連休最終日の下関国際フェリーターミナル

176

 おはようございます

 慶南に近い九州へ行ってきました。一度乗りたいと思っている関釜フェリーを見て、翌日はまえはた矯正歯科見学、研修。

 いろいろ見て、歩いて、学んできました。土産話はまた後でアップします。距離的に近いのもあるけど安い交通費で韓国へ行ける九州北部、うらやましいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年9月29日 (火)

とうちゃんの自転車日記1028 慶南のほうへ

027

 おはようございます 器材の片付けに出てきました。

 スタッフの希望でできた3連休、ちょっと出かけてきます。今日の行先、行くのは2度目、泊まるのは初めての街。食べ物がおいしそうなのと、もう一つ日韓交流がらみの昔から見たかったものがあるので行ってきます。楽しみです。

 最終目的地は何度も泊まってる街。割合土地勘も掴んでる場所です。心配していた台風も中国方面へ行ってくれたので天気も大丈夫でしょう。これから帰宅して朝食。ゆっくりの出発です。

 写真は越後石山駅付近を走る快速あがの号。好きな列車です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5274 練習機?それとも美軍の?

4061

 場所は内緒です。汽車に乗っていたらものすごい轟音と共にすぐ脇を飛行機が追い抜いて行きました。急いでカメラを起動してもこんなです。列車も120キロとかそれ以上ですが、やはり飛行機は速いです。


407

 2の矢がこれ。ここから先は秘密なのでしょう。ずっとフェンスが続いてしまいました。日本だと千歳とか、三沢とか、百里?なかなかジェット戦闘機を近くで見ることはありません。ニュースを検索すると某美軍飛行場の滑走路の補修のために一時的に韓国空軍の飛行場に美軍機が宿を借りてるとか、なんてのがありました。

 航空機ファンの方だと1枚目の写真でなんて飛行機だかわかるのかな?お分かりの方、コメントお待ちしております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年9月28日 (月)

とうちゃんの自転車日記1027 分水から粟生津へ

052

 先週の水曜日の写真です。踏切、だんだん減って行ってるもので、東京なんかだとどんどんなくなってるはず。でも、何だか好きなんですよね。立ち入ってはいけない鉄道の世界にちょっとだけ入れる感じ。さしかかったときに警報音が鳴り始めるのも何だかドキドキしませんか?


054

 踏切の先、ちょっと行くと昔のままの細い道になります。


055

 最初の集落の中ほどにこんなのが。酒呑童子って実在の人物だったの?


057

 ここからしばらくは田んぼの中を突っ切って遠くに見える西川の土手に上がります。退屈と言えば退屈ですが、天気がいい日に車が少ない田舎。景色もいいとくれば苦になりません。

059

 4枚目にも見えています。ちょっと望遠を使ってしまいましたが、ゴールである粟生津駅の目標がこれ。116号線の脇にある「オリロー」という非常用下降器の工場の試験用の塔。

 このちょっと先、左が目的地です。あと2キロというところかな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5273 案外珍しいような気がする

221
 冬の早朝のイテウォンです。韓国人大好きのクレーンゲーム機に挟まれてコカコーラの赤い自動販売機。これ、案外珍しいです。

 一番多いのはロッテ七星の緑の自販機でしょうか?いろんな品を入れた大型の含め、地下鉄駅でもよく見かけます。あとは、ローカルなカップのコーヒーの機械。

 自国産業保護とかあるのかなぁとも思う一件です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月27日 (日)

普通の韓国を探して5272 ソウルメトロの社員食堂?

075

 ソウルメトロ4号線の倉洞駅です。4号線と1号線の乗換駅ですが、1号線はこの部分ではKRの線路です。

 4号の西口の出口そば、今まで何度も通った場所なのに今回初めて気づきました。通路の奥に食堂があります。

 細やかな看板を見ると、4000W前後で食べられる粉食中心の店ですが、白飯(日替わり定食)もあるよう。「一般人歓迎」とあるので職員の食堂のようですが、一度行ってみたくなりました。
 前に南部ターミナルの中の運転技士さん向けの食堂で「一般人歓迎」を見ましたが、安くて美味しい、そんなのが期待できそうな職員向け食堂です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5271 日本では鴛鴦、韓国では鸚哥

555

 夜、宿に戻ると、大抵はマッコリをやりながらテレビを見ます。飲酒運転の車にひき逃げされた男性が亡くなり、救護が速ければ助かったであろうに、というプログラムの中で、その後夫婦を「インコ夫婦」と言っていました。

 うんと仲がいい、いつも一緒の夫婦という場合、日本だと「おしどり夫婦」です。韓国ではインコなの?と思い翌日会った韓国人の友人の先生に話したら、そうだという答え。

 なんか、似ているけど違う。インコ夫婦とおしどり夫婦、これでもそう感じました。

 写真はスユ市場の鳥獣店。セキセイインコが放し飼いになっています。小さいのでも賢くてよく慣れると言います。こんな小型の愛玩動物も韓国、日本、似ていますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月20日 - 2015年9月26日 | トップページ | 2015年10月4日 - 2015年10月10日 »