« 2015年10月11日 - 2015年10月17日 | トップページ | 2015年10月25日 - 2015年10月31日 »

2015年10月24日 (土)

普通の韓国を探して5294 礼山の町を歩いてみた5 笑福カルビへ

280

 市場通りから普通の街へ戻ります。農資材綜合マート、田舎にはそんな店が必ずあります。


281

 かなり大きな笑福カルビ。この辺で何だか聞いたことがあったような、無かったような、とにかく礼山のカルビチプ、有名なところがあったのを思い出しました。


282

 こちらは2階。団体用の宴会場入口のよう。「大統領のマッチプ(美味しい店)」の絵が描いてあります。間違いありません。


283

 これは再掲ですが、入り口はこちらでした。アウディで来てる男性2人と話し、開店時間が10時半なのを聞きました。


284

 準備中の入り口、かなり大きい店です。


285

 メニューが入り口に掲示。カルビ専門店なのに「カキ刺身」があるのは韓国です。

 カルビタンなら1人でも大丈夫そう。ということで、ちょっと歩いて時間をつぶしてここで食べて、礼山駅へ向かうことにしました。

 日本語の検索ではあまり出てきませんが、소복갈비、韓国語で探すとたいへんな有名店であることがわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

2015年10月23日 10万歩/週はなかなかたいへん

095

 おはようございます

 2週間分のメモリーがある歩数計をいつもポケットに入れていますが、目標の週10万歩はなかなか行きません。これから寒くなると尚更でしょう。イチロー選手の言葉だったか、目標は達成可能なあたりに定めて、続けることが大事だ、だか言いますので、7万位にしとくかな?

 話は変わりますがiphoneに万歩計が付いてるんですね。階段を上ったのまで記録されます。大きいタイプなのでいつも持ってるわけではありませんが、すごいですね。どうやって階段を上がった分を記録するのでしょう?

 夜間診療の金曜日ですが、給与支給日。手続きはネットバンキングで楽になりましたが、今年から義務付けられた住民税の納付があるので銀行へ行かないといけません。

 あ、「行かないといけない」じゃなくてウォーキング出来るって考えましょう。「無欲、感謝、行動」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5293 江南夜景

239

 李準圭先生との夕食の後です。瑞草区瑞草洞、高そうな店がたくさん。でも、変化の早い韓国、ちょくちょく看板が変わります。


240

 ぶらぶらバス停へ向かって歩きます。


241

 有名なポドナムチプの本店。バレーパーキングというのでしたっけ?駐車場アジョシにキーを預ける方式。韓国の高級店では普通に見られます。


242

 江南大路に出たところ。ベンベンサゴリ。向こう側は江南区駅三洞だったと思います。ソウルを代表する大通りの一つ。歩道も10m近い幅です。

 バス専用車線がありますが、夕方とかはバスの洪水。写真はけっこう遅めの時間ですが、たくさんのバスが見えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5292 礼山の町を歩いてみた4

265

 少し前に紹介したククス製造所の並びに、またありました。このあたり、麺で有名なのかもしれません。


268

 市の日ではないけどけっこう露店も、人も多いです。豊かな西海に近いこのあたりの五日市、市の立つ日に来てみたいものです。


275

 農協のCD機コーナーかな?


277

 しかしこんな田舎の市場通りにもコンビニができています。


279

 また町の中心の方へ戻りましょう。ただの田舎町の写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月21日 (水)

普通の韓国を探して5291 三星建設

130

 龍山駅前の再開発地域、北半分は三星建設がやっているようでした。2棟のビルがつながってる形になるのかな。


131

 南側は別の会社の担当のようです。少し後から始まった様子。


1291

 1枚目の左、工事関係者の出入り口、何か厳重に出入りが管理されてるのかな?東京やソウルのビルでもありますよね。入構証がいるやつ。


1281

 でも大型車の出入り口はこんなふうにオープン。どこかちぐはぐなのも韓国風かも。未安ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

すばらしい韓国の食事931 ソウルでカツ丼

560

 前にもちょっと紹介したソウルの牛耳洞手前、徳成女子大学校正門前にある食堂「朋子ネ(ネ=~の家、店、そんな固有語)」でお昼を食べました。店の前にいる女性はお客さんかと思ったらバイトの学生さんでした。


562

 6000Wだったかな?ほんとに普通の日本式のカツ丼です。ただ、カツを煮るつゆの味が甘くないんです。正直に感想を言ったらご主人のトモコさん、「関西の味なんです」という答えでした。

 関東のカツ丼は蕎麦屋由来が多いため、甘めのつゆ。関西ではうどん圏でもあるため甘さが抑えられたうどんつゆ風になってるのだとか。

 最近でも岡山だの山口だの九州だのへ行っていますが、カツ丼なんてどこでも一緒、という感じで食べたことがありません。西日本のカツ丼、今度食べてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5290 アリス 아리수 아리水?

126

 龍山駅前の再開発区域、工事用のフェンスにこんな広告がありました。

 「オゾンと炭で高度浄水処理された世界最高の水『アリス』」とあります。ソウル市の水道水の宣伝でしょう。

 昔は水道水をそのままでは飲まず、食堂にはテーブルごとに大きなヤカンが置かれ、中には麦茶が入っていました。ガイドブックにもしっかり書いてあった習わしですが、この15年くらいはほとんど見なくなりました。古い韓国旅行者の方はご存知ですよね。

 その麦茶が姿を消した原因は2000年前後から急速に普及したミネラルウォーター。普通の家庭でも大きなボトルのディスペンサーがけっこう普及しています。コンビニや駅の売店でも普通に売っているし、食堂にはまずディスペンサーがあるし。

 世界最高と銘打ってるのはなかなかですが、やはり今から水道水を普通に飲むようにはならないと予想しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年10月19日 (月)

2015年10月19日 ソウルから扶余までどれくらい?

1271

 何度もここで「韓国の地方交通の主役はバス」と書いていますが、KTXができるまでは韓国の鉄道、実際時間がかかっていました。バスのが早いからバスで行く。そんなだったのです。

 でも、2002年から走り始めたKTX、徐々に走る路線、それとまっすぐ走れる専用線ができてきたので、現在はKTXで行けるところは完全にバスより早くなったと言えましょう。

 前にかがりさんからいただいたコメントへの返信の中で、新しく五松から先の湖南線方面への列車が走る専用線ができ、その公州駅は公州と扶余の真ん中辺にあるため、プヨ(扶余}までかなり速く行けるようになったはず、と書きました。

 時刻表で見てみると速い列車は1時間6分。そこから多分駅前で長々客待ちしてるテクシ技士さんに交渉してプヨまで。汽車からタクシーへの乗り継ぎ時間を含めても充分2時間以内。上手くいけば100分くらいで行けるかな?なんて考えています。

 ソウルから幸信までKTX特室で、というのはまだ私以外に聞いていません。こっちはもう誰かやってるかな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1044 新潟鉄道沿線ウォークをやっています

017

 マラソンをやってみたい→42キロ走るには42キロ歩けないといけない→50キロくらい歩いてみよう。ということで旧大河津駅から越後線沿いに旧道を52キロ。12時間くらいかけて歩きました。

 その後、新潟市の小学2年生が遠足で登る田上町の護摩堂山へ歩いて行って上るウォーキング。ついでに信越本線に沿って新潟から長岡までを3回に分けて歩きました。続いて越後線沿線も何回かに分けて踏破。今は白新線の新潟新発田間を歩いています。

 写真は先週の休み、2駅分だけ、新崎から東新潟まで歩いた時の東新潟駅。残るは豊栄から新発田までの区間。寒くなる前に歩いてしまいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5289 礼山の町を歩いてみた3 五日市の場所?

258

 町の中心と思われる交差点から東へ。斜めに交わる道があり、バス停がある様子です。


259

 昔からの町のはずれでしょうか。こんな田舎にもアパートがあります。


260

 鋭角に交わる道を振り返ります。どうも五日市の開かれる通りみたいです。


261

 農業関係の店があるのは地方の町の特徴。「4季節農資材マート」という店。


262

 人が集まる場所ですので、毎日やってる商店も並んでいます。「オッサゲパヌンチプ」=服を安く売る店、というストレートなネーミング、面白いです。


263

 広い道。この日は市日ではなさそうですが、多分、ここがイェサン五日市の開催場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月18日 (日)

普通の韓国を探して5288 ククス屋を初めて見ました

266

 ここでも何度か話題にしていますが昔の韓国ドラマで「華麗なる時節(日本題華麗なる時代)」というのがありました。まだ貧しかった1970年とか、そんな時代が舞台であったドラマです。リュスンボムさん、コンヒョジンさんが出ていて、実際にお二人、結婚されたのでしたっけ?

 そのドラマの中で、韓国の脇役の名優だと思うアジョシがいました。その仕事がククス屋。麺料理を売る食堂でなく、乾麺を作る小さな個人工場です。

 韓国滞在も長い私、市場とかもたくさん歩いていますが、そのドラマの中で出てきた麺をぶら下げて乾燥させる風景、礼山の五日市のジャントの一角で初めて見たのです。

 トラックの移動販売で韓国在来の素麺とかの乾麺を売るのは見たことがありますが、小さい店でそんな乾麺のククスを作ってるところを見ることができただけでも、この日の遠足は成功。神様に感謝です。

 オマケ、韓国語で「時代」というと大きな歴史的なレベルのこと。個人とか家庭、そんなレベルでは「時節」というのです。

 もひとつオマケですが、「BYC」というのは男性用下着のブランド。悪口サイトでは「BVD」の真似とか書かれていますが、多分当たり。でも、それくらいいいじゃん、って思う私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1043 弓野窯へ行ってみた

052

 佐賀駅でお昼を食べて電話で見学を申し込んだ弓野窯というところへ行きました。

特急を奮発して武雄温泉駅。特急に合わせて出る嬉野温泉方面へのバスで30分弱。嬉野市との境のすぐ手前、長崎への高速と佐世保への高速が合流する場所のそばです。


046

 弓野集落をめざし、旧道に入って左へ山を上ります。


047

 こちらが弓野窯。右が先生のお宅で、左が工房と窯。竹藪の中の静かな場所です。


054

 佐賀県、福岡県あたり、有名な柿右衛門さんのものはあちこちで展示、販売されていますが、こちらの中島宏さんは弟子を取らず、一人でやっている方。興味のある方は検索してみて下さい。彫りの模様が入った青磁が印象的な先生です。

 唯一、武雄温泉駅で展示されていた作品。白いけど青磁です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記1042 松浦鉄道に乗って見た

060

 20回くらいは来てると思う佐世保ですが、最初は鉄道、最近の10年くらいは高速バスが多かったです。多分2010年くらいに高架化された佐世保駅。何だか新鮮な気分です。


059

 久々の鉄道での佐世保。ついでに松浦鉄道で市内中心部まで行ってみます。昔は国鉄。長崎から松浦線経由で博多へ行く準急に70年代に乗っていると思います。


061

 高架線をごとごと走って佐世保中央駅はすぐ。女性の駅員さんが運転士さんと話しています。


062

 この先、この鉄道は佐世保市内の中心部で国道の上を渡り、山あいを縫うように北へ向かいます。


065

 駅から出るとこんな小路。


063

 振り返って駅の入り口。佐世保の繁華街である四ケ町アーケードのど真ん中に出る駅です。

 山が多い佐世保とか長崎、地図好きにも面白い都市です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月11日 - 2015年10月17日 | トップページ | 2015年10月25日 - 2015年10月31日 »