« 2015年2月15日 - 2015年2月21日 | トップページ | 2015年3月1日 - 2015年3月7日 »

2015年2月28日 (土)

普通の韓国を探して5079 「キムチ屋さんに寄ります」

382

 最近はガイドさんもやりにくくなってきたようで、どこか声に元気がありませんでしたが、団体の帰りは金浦空港手前、鉢山洞とかそのへんにある土産品店に寄ってキムチの試食、買い物などの時間をとります。KBSスポーツなんたらの前。何度か来ている店でしょう。


383

 この札が入った証拠。何も買わないでもいいのですが、日本語が上手なアジュマのプレッシャーはかなりのものです。


384

 店内風景。ポッサムキムチや塩辛の試食、いっしょに出るオクスス茶まで勧められます。思ったより賑わっていました。


385

 一例ですが、去年の8月に瓶詰された1年も保存できる黒豆マッコリ(殺菌)が15000W。さすがに大きい瓶なので1500Wの間違いではないですが、せいぜい2000Wくらいのはず。

 調べるとネット通販では日本円500円が相場でした。その日に瓶詰された長寿「生」マッコリが12本買える値段。やはり高いなぁ。韓国の普通の方はこんな高い店があるのはご存知なのでしょうかねぇ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月28日 セウォリパルダ

073

 おはようございます もう明日から3月。タイトルは「歳月は速い」です、特に年とると。

 忙しい土曜日です。荷物があったので車で出てきてしまいましたが、もう自転車復活の季節でしょう。

 正月休みにひいた風邪のせいか、まだ喉がちょっと調子悪くて少し長くしゃべると声が嗄れてしまいます。寒さも昔より堪える感じ。トシのせいかなぁ。できるだけ降っていない日は自転車で来るようにしましょう。

 写真は今回、空き時間に小遠足で訪問した町です。何度かバスで通過しているけっこう大きな町なのですが、降りて歩いた事はありません。自分のイメージだと「川が流れる町」という一言。ターミナル到着直前の写真ですが、やはり「川が流れる町」そのまんまでした。残念ながらあまり琴線に触れるというような風景を探せず、短時間で別経路でソウルへ戻りました。

 さて、ここ、どこでしょう?大きなヒントは「川」と「別経路でソウル」です。

 行きは1時間ちょっとバスに乗っていたのに帰りは30分ちょっとでソウル。ついつい、あっち方面へ行くならここから、という先入観があったのですが、かなり遠回りしてしまいました。私もまだまだです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月27日 (金)

普通の韓国を探して5078 「豊林」閉店でソウル、江南に残る料亭は2つ

334

 大韓歯科矯正学会に行った後、ちょっと江南を歩きました。前にここでも紹介した料亭「豊林」の他にネットで出てくる料亭は「多宝」と「太平」。いずれも2号線、新盆塘線の江南駅の周辺です。

 江南駅サゴリから宇成アパートサゴリ、ベンベンサゴリにかけては李準圭歯科がすぐそばなので何度も歩いています。さて、「多宝」と「太平」はどこなんだろう?とネットの情報と地図を見て大体の目星をつけて行ってみました。

 「豊林」は江南大路の西側、瑞草洞になりますが、もう2つは東側、駅三洞のほうにあります。前者は詳しい地図、成地文化社の7500分の1ソウル道路地図に載っているくらいの有名な店なのでしょう。最初に行ってみました。

 宇成アパートサゴリで大通りを渡り、駅三初等学校の方へ行く道はカルビチムの大衆屋を探して1年ほど前に歩いた道。ラッキー割引マートや高級中国料理店のある通りに入ると、すぐに右に看板が見えました。割合ゆったり敷地をとった韓屋風の2階建て。立派な門があります。前にプンリムでやったように17時過ぎの時間に入って行こうとすると駐車場アジョシに制止されてしまいました。こんな格好をしてるんだけど客になるつもりで来たことを話し、えらい人への取次を頼みました。

 店の名刺をもらい、予約時の連絡先を聞き、ちょっと世間話をすると、何と昨年行った「豊林」はこの1月で閉店したとのことです。ソウルに残る料亭はここと、テヘラン路寄りの「太平」だけだと知りました。

 次は「太平」。「多宝」のある裏通りの次の道を左へ。江南駅の方と言うかテヘラン路の方へしばらく歩きます。普通の家もあったりする案外静かな街でしたが、ありました、「太平」。こちらは風林のようにビルで、入り口に韓国風の門のようなものを設けた建築。

 やはり駐車場アジョシに取り次ぎを依頼し、中へ入れてもらって事務室のようなところで説明。名刺をもらい、よろしく、と挨拶しました。

 いつになるかはわかりませんが、ソウルに残る韓式料亭。また同行者をさがして行ってみたいと思っています。

 わざわざこんな風にしたのは、昨年の豊林でもそうでしたが、直接電話で予約しないといけないこと。外国からの拙い韓国語での予約だといたずらかと思われる可能性がある事からです。実際昨年の風林でもリコンファームの電話がかかってきましたし、前日にこちらからも飛行機が飛ばないとかでない限り行くからよろしく、と電話を入れました。

 基本料金のこと、バンドの事、国楽の演奏と踊りの事なども教えてもらいました。いつ行けるかなぁ。

 

| | コメント (9) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事853 麻浦屋で「特」16000W

241

 地下鉄の乗り換えが面倒なのでタクシーで麻浦へ。最後は私が道を教えてマポオクです。

 一番親しいアジュマはこの日はいませんでした。休みなのか?遅番なのか?でも、漢字のいいアジュマでした。ちょっと奮発して特を注文、キムチとカットゥギを切りながら(わかりますよね?)待ちます。

 ねぎをたっぷり入れて、写真用に肉を持ち上げて1枚。真ん中がチャドルコギです。1枚しか入ってません。どうも、12000Wの普通、20000Wのチャドルタン、この特は中途半端なように感じました。

 クンムルはややコクが足りない感じ。時間帯及び、スープの回転によって多少は味のばらつきはあるのかな?と思って食べ終えましたが美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5077 中国の人は蛇が好き

043

 少し前に決めた韓国行き、安くなってる団体で出かけてきました。旧正月は過ぎましたがやはり中国人がたくさん。ソウル市内中心部は中国人の街のようになってます。

 団体は安いけど行きの免税店、帰りのキムチ屋(土産品店)に寄らないといけません。ある意味「強制連行」です。写真は日本人にはあまりウケないと思うブランドの店、入場制限をするほど中国の方で賑わっていました。かなり派手な色使い、金具使いのバッグなどの店です。


045

 そしてこちらは別の高級ブランド、いろんなものを置いていますが、腕輪?なんか面白いデザインです。蛇みたいだなと思いました。


044

 こちらはモロに蛇。首を一周して自分の尻尾に咬みつく蛇です。イアリング、指輪も同じ蛇のデザイン。別の店でやはり蛇関係のデザインを見かけ、店の方と話したのですが、蛇の柄、中国人も好きだし韓国人も好き。日本でもそうですが「金運の象徴」だとか。

 しかしセットで10万ドル。1200万円のアクセサリー、中国のお金持ちが買うのでしょうかねぇ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月24日 (火)

普通の韓国を探して5076 鍾路区庁前の再開発されてない町

327

 鍾路区庁前、まだ少しだけ昔からの町が残っています。斜めに走るこの道の食堂でも何度か朝食を食べています。いつまで残るのかな?こんな町。


326

 細い路地を抜けて歩きますが、昔の街はほんの少し。記憶にある店もいくつか。ナクチポックムの店が並んでいた通りもなくなってしまいました。ポシンタン、コプチャン、そんな看板が並んでいます。


325

 ビョンチョンは忠南のあの並川?アウネジャントのある町、独立記念館のおひざ元の町です。硫黄オリ(あひる)の店。お昼を食べに入ろうと思いましたがお昼はオリはやっていないとのこと。結局右手のグランソウルモールに入ったのです。


332

 再開発のフェンスと古い飲食店の間の小路。鍾路の古い町、1街あたりはほぼ全滅という感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事852 清進洞再開発ビル・グランソウルモールの「秀河東」で特コムタン

324

 鍾閣駅すぐの再開発ビル、完成していました。もっと西の清進屋とかが入ったビルの並びです。中にはこんな「清進商店街」というモールがあります。上の方が飲食店。主に地下に入っているようです。


328

 エスカレータで降りると広々きれいな地下商街が広がっています。ゆったりしてて高級感があります。
330

 1枚目でも見えていましたが、「秀河東」と言う店。たぶん河東館の系列だろうと思って入店。一人客もぼちぼちいました。ちょっと贅沢して特コムタン。内臓が美味しいのが特です。

 容器の金色、やはり河東館のよう。家賃が高そうですが値段は一緒かな?人工的な味を感じない美味しいスープご飯を楽しむことができました。昔からの河東館のように、先払い(ソンブル)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月23日 (月)

とうちゃんの自転車日記946 出張の夜の気楽さ

110

 家に帰らないでいいってのは実に気楽で、自由な気分になれます。もつ焼き屋で飲んで、スナック1軒。ぶらぶら歩いて駅前へ戻った宇都宮の夜。まだ餃子を食べていないなと思って軽く、遅くまでやってる店にはいりました。


111

 餃子1人前とチューハイ1杯。ここのはごく普通。翌日のみんみんの餃子のような驚きはありませんでした。


112

 ホテルへ戻って軽く入浴。日本のホテルだと仏教、キリスト教の本があるのが普通ですが、このチェーンはちょっと別の宗教の本もあります。また別のチェーンでは右翼系の広報誌があったり。なかなか面白いです。


113

 私が眠り薬に選んだのはこれ。好きな話のところを確認して、あとはぱらぱら周囲を見てるうちに眠くなります。「いつも祈りなさい」はやっていませんが、感謝と喜ぶ気持ちは常に心がけています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記945 やはり新しい電車はいいです

031

 郡山から那須塩原まで新幹線に乗りました。「なすの(那須野)」号専用の出発ホーム11番線からですが、車両は新しいタイプ。特に後方の赤いやつ、後でもつ焼き屋で親しくなったお客さんから聞いたら新しい「こまち」用の電車だとのことですが、わざわざ歩いてそっちに乗りました。


032

 連結部。左はフル規格の新幹線、右は在来線も走る少し細い車両です。


034

 少し細いボディのためか2列2列の4列。一見、グリーン車のようにも見えます。少し前に書いた、ANAの3+3列の飛行機より、小さくても2+2のFDAの飛行機が快適だったのと似ています。300キロで走れる新しい電車、やはりうらやましく感じます。

 3月14日の北陸新幹線開業で我が上越新幹線はさらに減便。1時間に1本なくなる時間帯もできるとか。時刻表は今週末発売。買わないといけません。

 乗り物は大好き、自慢は宇高連絡船の急行扱いのホバークラフトに乗ったこと、布原の3重連だの加太大築堤での後補機付きだの、米坂線の9600だの、古い事ばかりです。コンコルドは高かったというけど乗ってみたかったなぁ。宇宙旅行は、ちょっと怖いので遠慮しときます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して5075 仁荷大学校医科大学病院の広告

2721

 仁荷大病院、一度歯科の先生と会食で会ったことがありました。ちょっと中を見学と思い、案内に従って入口へ向かうとこんな看板がありました。

 脳血管センター長、ナジャンgホ教授だそうです。長髪の教授ニm、日本ではあまりいないのではないかな。

 


271

 心血管教育専門看護師、ホソンミさん。「心筋梗塞症の主要症状」についての解説です。


273

 脳血管教育専門看護師、キmチソンさん。こちらは「脳卒中の初期症状」でした。

 病院敷地内の広告ですが、韓国、日本よりも自由なようで、また医療機関の広告もたくさん。ストレートなのも有名です。

 すぐ脇は韓進宅配の大きな営業所でした。他にも大韓航空の大きな倉庫、研修所などもあります。このあたり、韓進財閥がみんな持ってる埋立地なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

2015年2月22日 嬉しい休みの日曜日です

277

 おはようございます

 休みですが、滅菌、消毒した器材の片付けと、自作第2石膏トラップの掃除に出てきました。これから帰って朝ごはんです。

 今日は全国的に気温が高くなるという予報ですが、低気圧が西からやってくるので夜は雨になるという予報。天気がいいうちに歩ければと考えています。

 昨日の朝起きた時に「あまり寒くないな」って感じました。昨日は7度くらいまで上がったのかな?今朝は起きて窓を開けると全然寒くないのでした。今夜からの低気圧による雨が春の嵐になるかもという話。もうすぐそこに春、そんな気持ちになれそうな日曜日です。

 写真は仁川広域市の仁荷大学校医科大学病院の入り口。タクシー乗り場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記944 旧大谷町 岩好きには楽しい場所

158

 大谷観音前というバス停で下車。でも、大谷観音というのはお寺の中にあるようで、まだ開いていません。そこで自由にその辺を歩くと元の採石場を利用した公園があり、こんな観音様がありました。昭和20年代に戦没者の慰霊のために作られたとか。

 割合新しい石造物、作った人のセンスというか、モノによっては「何これ?」という感じのものもたくさんで、あんまりなのですが、これはいいお顔をしています。帰ってから調べたら東京芸大の先生が元の像を作ったとか。なかなか上手な芸術家さんだったのでしょう。


155

 肩のあたりまで階段で上れます。向こうに見えるのは廃業した旅館かレストランか、そんな観光施設だったようですが、それも奇岩をうまく利用して建てられていたようです。いい天気。気持ちのいい朝です。


172

 このあたり、奇岩怪石の宝庫。石切り場の跡も面白いし、自然のこんな奇岩もあります。宇都宮市よりさらに山に入った場所。また東に山をひかえた場所ですので気温が低く道路はつるつる。何度か転びそうになりながら歩きます。旧大谷町、行ってみる甲斐がある場所です。特に岩好きの方には。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月15日 - 2015年2月21日 | トップページ | 2015年3月1日 - 2015年3月7日 »