« とうちゃんの自転車日記1118 日帰り遠足 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1119 南富山駅 »

2016年2月15日 (月)

普通の韓国を探して5879 やはり韓国歩きは楽しい

313

 ソウルを朝出て8時半くらいに扶余に到着。定林寺址と博物館を見学して、違う道、東の山際の方の道を回って町へ戻ります。

 写真は駐車場と平屋の建物は定林寺址博物館。百済の文化を紹介する観光都市に指定されてるこのプヨは高い建物の規制があるとか。今でも1400年前と変わらぬ山河を見ることができます。


315

 普通のお宅の奥にこんなのが?やはり儒教の施設かな?個人のものかもしれません。


316

 塀が低いので定林寺址、石塔だけなら公園に入らないでもよく見えます。ぼちぼち入ってきた入場者と比べると結構石塔が大きいのがわかります。

 さて、今度は町歩き。まずは市場へ行ってみましょう。

|

« とうちゃんの自転車日記1118 日帰り遠足 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1119 南富山駅 »

コメント

 扶余、再訪するつもりです。最初の韓国だったのでツアーでしたからほんとに通り過ぎただけ、10年前でした。この石塔もっとじっくり見たいです。帽子の仏様も。そしてのんびりと歩きたいです。でも凄くきれいに整備されているみたいですね。あの頃まだ赤土の土埃がひどかったような。

投稿: kagari | 2016年2月16日 (火) 19時54分

 コメントありがとうございます

 そうですね、公園化されてきれいに整備されました。でも、石塔が広い中にぽつんとあるのは変わりません。へたに復元しないのはいい事でしょう。
 私も2度目の扶余、行って良かったと思いました。たぶん建物、5階建て以上は禁止なのでしょう。静かでいい町でした。

投稿: おとう | 2016年2月17日 (水) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/63213654

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5879 やはり韓国歩きは楽しい:

« とうちゃんの自転車日記1118 日帰り遠足 | トップページ | とうちゃんの自転車日記1119 南富山駅 »