« すばらしい韓国の食事949 나나스키(ナナスキ)、美味しいです | トップページ | 普通の韓国を探して5914 磁気浮上列車=リニアモーターカー »

2016年3月18日 (金)

普通の韓国を探して5913 論山市江景邑の黄山屋へ行ってみた

254

 八田さんと言う方のHPで知った、韓国伝統の味を伝える食堂100だったか、韓国の機関が発表した名店リストの中の店、江景の黄山屋へ行ってみました。1931年、昭和6年に開業したという老舗です。

 忠南の最南部、もうすぐ全羅北道という場所にある論山市の江景。市場の町、塩辛の町、日本家屋が多く残る町としても有名ですが、韓食研究家の私にとってはフグ料理の町でもあります。

 前回の訪問で、80年代まで群山から錦江を往復する船が就航していたこの江景。塩辛の町になった理由もその錦絵の水運なのですが、このあたり、群山か数十キロもさかのぼってもまだ汽水域。フグが獲れるとか。そのふぐが名物でもあるのです。

 韓国語のブログ、HPでは有名なこの江景の黄山屋。ご主人の兄弟が大田市の儒城温泉でも店をやってるのですが、どうせなら昔からの河港の船着き場の跡に近い本店で。河霜さんと一緒に行ってみました。

 江景タワーのすぐ下の崖のとこ。河港があった大きな岩が二つある錦江の土手の下にある黄山屋。お昼でしたのでポクタンをそれぞれ頼みましたが、その話はまた後で。

 カンギョンのファンサンオク(ファンサノッk)、念願がかなった訪問でした。

|

« すばらしい韓国の食事949 나나스키(ナナスキ)、美味しいです | トップページ | 普通の韓国を探して5914 磁気浮上列車=リニアモーターカー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/63360979

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5913 論山市江景邑の黄山屋へ行ってみた:

« すばらしい韓国の食事949 나나스키(ナナスキ)、美味しいです | トップページ | 普通の韓国を探して5914 磁気浮上列車=リニアモーターカー »