« 普通の韓国を探して5993 彌阿駅あたり | トップページ | とうちゃんの自転車日記1145 6月1日の新潟古町通り »

2016年5月31日 (火)

普通の韓国を探して5934 配管2点

079

 ソウル、清渓5街です。何度かとりあげている韓国のガスの配管の面白さ。これはまだまだシンプルな方ですが、やはり「どこか片付いていない感」を感じます。シャッターの青、赤、黄も韓国ですね。これも大昔からです。


083

 同じあたりのこれは?下のコンクリートの台といえ、出口から横に伸ばしたパイプといえ、どうしてこんな形になるの?

 もっとうまく、というと失礼か、、、とにかく、行き当たりばったり感、後付けケンチャナ感、日本ではあまり見かけられない光景です。

|

« 普通の韓国を探して5993 彌阿駅あたり | トップページ | とうちゃんの自転車日記1145 6月1日の新潟古町通り »

コメント

あっははは(笑)
後付けケンチャナ感、確かに大ありですヽ(´▽`)/
憎めない職人さんの仕事ぶり。

投稿: ajuma | 2016年5月31日 (火) 19時15分

下の写真は連結送水管かなと思いますが
横向けだと差しにくいですね

火災などの場合 消防のポンプ車がここから連結して
内部に水を送るシステムになっているはずです。

日本の場合正面向いていてプレートに系統毎に整列しています。

上の写真ですが日本も昔はガスは隠蔽配管が出来なかったですが、最近は隠蔽してもよいようです。

韓国の場合ガス配管はまだ技術的に隠蔽できないのでは
ないでしょうか。

投稿: jkr | 2016年6月 2日 (木) 12時23分

 コメントありがとうございます

 韓国のガス配管、古い記事でもいくつか写真がありますが、なかなかの見ものです。「これでいいや感」満点です。

投稿: おとう | 2016年6月 3日 (金) 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/63709068

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して5934 配管2点:

« 普通の韓国を探して5993 彌阿駅あたり | トップページ | とうちゃんの自転車日記1145 6月1日の新潟古町通り »